« 2009年5月31日 - 2009年6月6日 | トップページ | 2009年6月14日 - 2009年6月20日 »

2009年6月13日 (土)

普通の韓国を探して2245 長項市外バスターミナル

2009_0409ixus82060383 2009_0409ixus82060382 2009_0409ixus82060381 2009_0409ixus82060380 2009_0409ixus82060379

 錦江の河口に群山と向かい合って位置する町、長項です。ターミナルへの道を聞いたアジュマに、「群山行はもうすぐだから急いで行きなさいよ」と言われて行ったのですが廃墟みたいなさびしい状態でした。自販機もなく、切符売り場にも人はおらず、一人のアジョシが鞄を首にかけて切符を売っています。私は群山の市内バスでしたので現金乗車でしたが、旅行慣れしていない人が市外バスに、ということになるとちょっと困るかもしれません。生きていたのは化粧室だけ、という感じでした。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2244 こちらにおわすお方をどなたと心得る!

2009_0612ixus820110469  昨夜出張から戻りました。今日はスタッフが研修会で休診、年に数えるほどしかない休みの土曜日です。

 写真はソウル市内、場所は伏せさせていただきますが、眺めの良い公園です。朝は裏山(ドンサン)に登ったり、薬水を汲みに山に入ったり、川沿いの遊歩道を歩いたり、公園のアスレチック器具で体操したり、日本人以上に身体を動かすのが好きな韓国人のじいちゃんばぁちゃんをたくさん見かけます。

 気持良く晴れた朝ですのでこちらも行交う度に挨拶をしながら運動公園を歩いていたらおばさんばぁちゃん含む5人のグループに会いました。アニョンハセヨ?と挨拶したら気持のいい挨拶が返ってきます。私も一休みと思い、デイパックの水を飲んで、話しかけてみました。日本から来て、韓国を愛していて、携帯もLG電子で車は現代車、観光名所よりも普通の韓国が好きで国内のヨギチョギを歩いている、と自己紹介。

 すると、1人だけまじっていたじいちゃんが日本語で話してきました。日本のどこから来ましたか?なんていうので会話が始まります。私は外国語ができるんだぞ、とちょっと自慢げに日本語を話すおじさん、じいちゃんにはしばしば出会うので、そんな人の一人かと思い、むこうは日本語、こちらは韓国語であれこれしゃべっていると、そのうち、見かねたのでしょうか?仲間のアジュマから、ここにおられるお方は、、、という話が出たのです。

 韓国人の大人なら100%知っていると思う方。日本人でもかなりこの方、わかりますよね?さすがに土下座はしませんでしたが、パンマルをお詫びし、光栄です、嬉しいですと申し上げ、一緒に写真を撮ってもらい握手をして別れました。思うに、この場所のすぐ近くで珍しく若い男性が数人、やはり体操をしていましたが、たぶん警護の係官だったのでしょう。それくらい高年者ばかりが目立つ韓国の朝の公園です。

 しかし本当に偶然。マメに歩いているからでしょうが、この出会い、韓国好きの私には何よりの幸運に巡り合えた気がします。この調子で福券も大当たり、といけばいいですよねぇ。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2009年6月10日 (水)

普通の韓国を探して2243 悲しい習性・錦江河口堰群山側取り付け部分

2009_0409ixus82060405 2009_0409ixus82060406

 カメラを持っていて、何か線路を走ってくるものがあると、急いで取り出して電源を入れ、ダメ元でもシャッターを切る。そんな習性が身に付いているようです。

 大風と小雨の中、本数が減った渡船で長項へ渡り、次の船までの時間がもったいないので歩いて長項貨物駅、長項市外バスターミナルときて群山の市内バスで群山ターミナルへ戻ることにしました。河口堰を降りたあたりで信号待ちの時、群山線長項線直通のムグンファが取り付け部分の勾配を轟音を立てて登ってきたのでバスの降車口からの2枚です。

 こんなの撮ってどうすんの?と自分でも後で思った写真です。鉄道ファンの血は健在のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2242 なぜか多いコンド

2009_0409ixus82060103  前から感じてることなのですが、韓国ってコンドミニアム、多いみたいです。

 共同所有の別荘マンション?それとも会員制って考えればいいの?私もよくは知りませんが、韓国では今でも販売の広告を見かけますし、あちこちの観光地っぽい行先で立派なコンドを見かけます。フェニックスパーク(フェニックスリゾート)、茂朱、南原の川の南側、今はそんな所しか浮かびませんが、日本では、皆名前は聞いたことがあるけどちょっと縁遠いコンド、先日行った辺山半島の格浦でもこのでっかいのの他、いくつかみかけました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月 9日 (火)

普通の韓国を探して2241 聖パウロ病院

350 351

 清涼里の聖パウロ病院、裏通りをまたぐように2つの建物から成っています。この辺、ピンクの灯りのともる店がまだ少しだけ残っているので大抵は表の大通りを通ります。

 1枚目は東大門区指定のゴミ袋。病院の2つの建物の間の道です。真っすぐ行くとニューブリムホテル。ちょっとピンクの光が道路に漏れているのが見えます。遊ぶ気が無いのに前を通るのはなんだか気が引けてしまいなかなかできません。

 2枚目はニューブリムホテルの部屋からの聖パウロ病院です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2240 報恩の夕暮れ

045 046 047

 忠北の町、ボウンです。ターミナルに着いたのが7時前。でも、西にある韓国は遅くまで明るく、やっと暗くなってきたという感じです。あ、4月末の写真です。

 ターミナルから少し南にあるモテル目指して歩く道。けっこう大きな川の土手の道です。1枚目は右手にあった古めのアパート。地方であり、かつ古めですので韓国でよく見かける高層建築ではありません。でも、そんなのにも味がある。そう思います。2枚目は川の側。この道、けっこう昔の時期にできたバイパスなのでしょう。向こう岸は新しい背の高いアパートがたくさん。韓国どこへ行ってもある風景です。

 3枚目、このブログを始めた頃、日本の中の韓国という項の最初にアップした「江陵国道」のものと似ていて、やはり「報恩国道」とあります。その地域の国道事務所とかのことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記350 貨物列車

91_2 010_3 111_2 012_2

 休みの日、天気さえ良ければ行動は自転車です。デジカメもポケットに突っ込んで走ります。東新潟中学校そばの陸橋を通りかかったらおじさんが2人、一人は一眼レフに三脚で北方向にカメラを構えてます。あ!北越製紙の貨物列車の時間なんだな、と思い、私も自転車を停めて待ちます。

 今回は当たり前の方向でなく、見送る方向での撮影。たまにしか通らない貨物列車は見ているだけでもうれしい風景でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

普通の韓国を探して2239 きれいな写真でしょう? 新林10洞 パムゴルの冬

Newdeca3_189  家の機械にあった古い写真を見ていたらこんなのが出てきました。もしかしたら前にアップしていたかもしれませんが、青緑色の屋根、すごくきれいな色です。川も凍りつき、薬水トの泉も凍りつくソウルの真冬の写真。量は大したことないけれど降ったら溶けない粉雪。きりりと寒い冬の様子、うまく捉えることができた1枚かな?と思います。仲間内のメーリングリストで好評だったのでこちらにもアップです。いかがでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記349 新潟市民病院、旧建物の取り壊し

005  新潟バイパス側から見た新潟市民病院の前の建築を取り壊してるとこです。どれくらい使ったのかな?確かに廊下とか狭く、暗い感じがしていましたが、うちからはすぐ近く。幸いお世話になったことはほとんどありませんが、新しいとこはずいぶん遠くなってしまいました。

 廃墟、廃屋マニアがいると聞きますが、なんとなくそんな気持ち、私もわかります。よく知っている建物の取り壊し、なんだか寂しいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2238 서울특별시 동대문구 용두동

2721 273 276 277

 タイトルはソウル特別市東大門区龍頭洞です。

 1枚目は2号線支線に新しくできた龍頭駅のエスカレーター。ホームプラス東大門店の地下にも直結している駅です。

 2枚目はその出たところ。右側にホームプラス。大きな交差点の角です。ここから京東市場の方へまわって裏道に入るか、東大門区庁のほうへ回るかは自由。竜頭洞の普通の街を、聖パウロ病院の建物を目標に歩けば清涼里の青果市場へはすぐです。

 3枚目、途中の韓屋のある路地。4枚目は古い龍頭アパートという看板のあるアパート。こんな普通の街を歩いている方が楽しい私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2237 南大門市場

132 142 121

 初めてソウルへ行った時、95年の9月初めでしたが、宿は李準圭先生の診療所のそば、、でもない、駅三駅そばの山水荘(山水ホテル)という荘旅館でした。

 夕方、ムジゲ綜合商街にある李準圭歯科を訪問、見学、アクチムをご馳走になって宿へ戻り、2泊3日の中日は5時過ぎから午前1時前までソウルを歩きまわりました。7万歩も歩いたのです。その時も東大門市場、南大門市場、安重根義士記念館、南山公園、明洞、竜山電子商街、今にしてみれば当たり前の誰でも行く場所ですが、思い切りソウルを楽しんだのでした。

 観光客も大抵は行く南大門市場、今でもたまに行きます。日本人と見破る商売の人、本当によくわかりますよね。

 1枚目、上に張られたロープに付いた旗を撮ったつもりが、韓国アジュマを見事にとらえてしまいました。未安です、アジュマ。

 2枚目は髪しばり、というかゴム。韓国の色です。3枚目はおもちゃやが多いあたり、ポンデギが入った紙コップを持って走ってきた男の子をとらえたつもりがちょっと遅れてのシャッターでした。何でもその土地の物を食べる、そんなつもりで旅行していますが、どうもポンデギ、食べられなくはないけど、好きじゃないです。これも、韓国の方には未安です。勘弁ね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記348 踏切のたのしみ

012

 写真は信越線越後石山駅付近の踏切です。自転車なのですぐそばからの撮影。磐越西線のDCなので小当たりです。

 昨日は休みの日曜、早目の夕食の後も少し乗りました。18時37分にやはりこの越後石山駅のそばの踏切で停車しましたが、何が来るかな?と楽しみに待っているとEF81149の単機回送でした。古い塗装で色あせた感じのもあるEF81ですが、149号機はつやがありピカピカでした。休日運休の電車のスジを走っているのかもしれませんが珍しい列車です。でも、知っている人は知っている、この単機回送、すぐ後に来るばんえつ物語号のC57の回送に使う機関車なのでした。

 もともと大きな機関区のあった新津、確認してはいないけどやはりターンテーブルのある会津若松。ところが新潟駅には現役の転車台がありません。このため休日に運行するSLばんえつ物語号、朝はやはりEF81が引く回送列車で新津から新潟までC57を最後尾に付けた状態で走ります。新潟駅でEF81を切り離せば、新津、会津若松方向を向いたばんえつ物語号が準備完了。9時ころに新潟を出て会津若松まで走り、会津若松で機関車の方向を変えて新潟へ7時前に戻ってきます。

 昨夜の単機回送は先に新潟駅へ行ってこのばんえつ物語号を待ち、到着後にSL列車の新津側=最後尾に付き、お客さんを下ろしたばんえつ物語号を新津までまたまた逆に引っ張って帰って行く、そんな役目の機関車なのでした。

 休みの朝に自転車に乗っているとたまにこの、逆方向にけん引されるC57を見かけることがあります。大きな動輪のクランク、逆まわりでも大丈夫なのかな?なんて思いながら嬉しい気持ちで眺めていますが電気機関車に逆向きに引っ張って行かれるC57,やはりちょっと情けないなぁ、機関車もそう感じているのではないかな?なんて思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

とうちゃんの自転車日記347 寺泊港佐渡汽船ターミナル

161 171

 佐渡への船、新潟西港から両津港へのカーフェリーとジェットフォイル、直江津港から小木港へのカーフェリー、もう一つ、寺泊港から赤泊への高速船、この3つのルートがあります。

 佐渡へは大学勤務時代に仕事で行っていたことがありますが、知っているのは両津市内と佐和田のあたりくらい。けっこう大きな島ですが、ほとんど知らないと言ってもいいでしょう。そこで考えているのがこの寺泊赤泊航路です。

 新潟を1番の越後線で出発、寺泊駅で自転車を組み立ててちょっとした山越えで寺泊港。そこから船で佐渡へ渡り、赤泊から、周辺を走って同じ道で戻るか、小佐渡を回って両津へ出るか、小木へ出ると直江津はすごく遠いので、これは却下。そんなことを考えています。

 1枚目は佐渡汽船の小さなターミナル。2枚目は漁港のほう。駐車場は無料のがあるみたいなので車でここまで来て、船に乗ってというのもアリ。近いうちにこんなサイクリング、実行できたらと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2236 清州・市外バス対高速バスの競争

029  東ソウルターミナルでバスに乗る時、あれ?!と思いました。いつも持ち歩いている観光交通時刻表に記載された値段と違っていたのです。のんびりしてる時刻表よりも実際のバス代が高いというのはたまにあったような気がしますが、逆は初めて。まぁ、安い分にはいいやと思いながら清州までやってきました。

 少し前のコメントで清州高速バスターミナルのことを教えてもらいましたが、どうも市外バスの市場に高速バスが参入してきた、そんなのかもしれません。写真は清州ターミナルの構内にあった看板ですが、メインの路線と思われるソウルへの料金が割引とありました。すぐそばにある高速バスターミナルからのソウル行きとの競合のため、料金を値下げしているのかな?と思います。

 大抵は最新型のバスを使っている高速バスに比べ、市外バスの車両はちょっと古い、型落ちした元高速バスの車だったりします。特に優等の料金が設定してないのに優等の3列シート28人乗りだったりすることもあったり。韓国の大型路線バスの中古市場があるのでしょう。

 昔からの市外バスと高速バス、行先の違い(江南の高速ターミナル、南部ターミナル、東ソウルターミナルなど)はあれ、けっこう熾烈な競争があるのかな?と感じた一件です。

 アップしてみたら画像が荒れ気味でした。暗い屋内の縦の写真を縮小したためかもしれません。ごめんなさい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2235 報恩市外バスターミナルとその周辺

043 041 042 044

 初めて行った町はやはり楽しいです。案外近いけどあまり行っていなかった忠清北道、東ソウル市外バスターミナルから清州市外バスターミナル。そこで乗り換えて報恩へと到着です。ソウル直通も本数は少なくなりますがあるようでした。

 1枚目、バスターミナルの建物です。テナントはやはりうまっていません。高速道路の発達も急速な韓国。まだまだ主役はバスだと思いますが日常の買い物だの、車の利用も多いのでしょう。前に子供用の切符を買ってしまって、2枚にしてバスに乗った話を書きましたが、売票所は無人で自販機でした。

 2,3枚目はターミナル前の道。2枚目は左というか東方向、すぐに大きな川になっています。3枚目は右。西方向ですが、町の中心部はこっち側のよう。

 まずは宿を決めて荷物を置き、歩きだすのが私のやり方ですので、モテル探しですが、4枚目、ターミナルの南に割合新しくできた感じのモテルがありました。全部の荷物を抱えてそっちへ歩き出します。さて、この보은、どんなとこかな?何を食べようかな?なんて思いながら宿へ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月31日 - 2009年6月6日 | トップページ | 2009年6月14日 - 2009年6月20日 »