« 2009年6月7日 - 2009年6月13日 | トップページ | 2009年6月21日 - 2009年6月27日 »

2009年6月20日 (土)

普通の韓国を探して2254 ソウルの街角、さてどこでしょう?

034  道路が広いソウル、坂が多いソウル、それぞれの町にそれぞれの特徴があります。やはり外国だな、と感じる点です。今回の写真、何度か私も通っている場所ですが、なんかこの辺の道路、わかりにくいです。

 広いこの道自体が坂道、向こう側に立体交差の道、それが特徴ですけど、ここ、どこだかお分かりの方、おられますか? ヒントは「峠」です。バスの番号で調べればわかりますね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2253 忠清北道、報恩の朝

118 119 120 121 122

 朝早くモテルや荘旅館をチェックアウトするときはフロントの前に鍵を置いてそのまま出ます。ゆっくりソウルへもどればいいのですができればどこか、まだ行ったことのない町を少し歩きたい、ということで、7時のバスに乗ることにして6時ころ出発。町を歩いて、どこかで朝ごはんを食べて7時前にターミナル、そんなつもりで歩きだしました。

 前日は夕暮れ時の到着でしたので、すぐに暗くなってしまいました。復習という感じでボウンの町を歩きます。あまり観光で来る場所でもないし、工場も無いので出張で来る人も少ない。外国人労働者もあまりいない。そんな静かな盆地の町でした。しかし中華の店と、キムパプ天国と、カムジャタンの店は韓国、どこへ行ってもあるなぁって思います。そして、店のコマーシャルカラーは赤なんですよねぇ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記355 ソウルの自転車・踏十里サゴリ

094

 骨董品商街へ行くべく新設洞から2号線の支線に乗り龍踏駅で下車。地下鉄なのですが地上駅です。整備中の駅前広場を抜け、非常に大きな交差点の横断歩道で踏十里方面、シティパレスホテル方面へ渡ります。と、そこで車と一緒に左折車線のトップに停車したのが写真の自転車。最近はMTB、ロード、ソウル市内でもヘルメットかぶってサイクルジャージを着た自転車乗りをしばしば見かけるようになりました。

 さかした師匠にこれを見せたら、サイズが合ってない、小さいじゃないか、ということでしたが、確かにそうかもしれません。拡大してみるとフレームはウィリエールというやつ。機種は不明ですが、前後のホイールがイーストンのEC90という二十万くらいはするやつですので、全体でも高いやつなのでしょう。この後、信号が変わると颯爽と走って行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

普通の韓国を探して2252 パンクしても走るソウルのバス

206 207

 明洞から中央市場まで退渓路を走るバスに乗りました。明洞で乗った時、お客さんが大声でパンクを知らせると技士さん、一度降りてタイヤをけっ飛ばし、なんか悪態をつきました。でもそのまま発車。右に車体を傾けながらも運行です。途中、営業所へ携帯で連絡。結局どうなったかは聞き取れませんでしたが、なんとか私の降りる中央市場まで行って下車。さて、この後、どうなったのでしょう。2枚目でも少し傾いているのわかりますよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2251 ソウル地下鉄出札口(売票所)の無人化

135  少し前から伝えられてはいましたがソウルの地下鉄、切符売場の無人化が進められています。今回の訪問でも出札窓口は閉鎖されており、自動販売機だけ、カードだけに移行していました。ですので駅員さんはその機械の操作を説明する人が1,2名、そんなふうになっています。

 老人の無料優待券も住民登録証を機械に当てての1回用カードになっていて、ちょっとした混乱もあったようです。私も今回、けっこう入っていたTマネーをなくしてしまい、新しいのを買おうと思ったら窓口は閉鎖。結局機械の扱いの説明の方に2500Wを渡し、新しいカードを買い、自分で充填して使用しました。慣れれば簡単ですが、なんか面倒になったような気もする一件です。

 こういう案内文、案外読みやすいのでいい勉強になります。みなさん読んでみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記354 三角地駅前の龍山MTB

259 260

 何度か訪問しているソウルのスポーツ自転車専門店、용산MTB、また行ってみました。残念ながらご主人、スタッフの方は昼食に出かけたとのこと。奥さんだけが店でお昼御飯を食べていました。

 店名はMTBと付きますがロードも扱っています。また、店頭には最近ソウルで増えつつあるミニベロも置いてありました。だんだんスポーツとしての自転車が普及しつつある韓国、自転車道路などの建設は日本より速いかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

すばらしい韓国の食事472 キムパプ天国の野菜キムパプ

2009_0612ixus820110357 2009_0612ixus820110358

 韓国全土、どこの街でも人が集まる場所にあるのがチェーンの食堂、キムパプ天国です。基本のキムパプのほかに、セコギ、チージュ、チャムチ(ツナ)など、いろんなのがあるし、普通のメニューも豊富、基本は24時間営業、便利な店です。

 基本の即席キムパプは1000Wか1500W、なんかそれだけを頼むのがすまなく感じるので大抵はちょっと具の入ったのを頼みます。今回は野菜キムパプ、2500Wだったか3000Wだったか、注文を受けてからアジュマが作ってくれます。それを包装にしてもらって宿の部屋へ持ち帰り、軽いおやつとして食べました。

 肝心の味ですが、マヨネーズの味とピーマン?それとも辛くないプッコチュ?そんなのの生の味が印象的です。別に嫌いではないのですがやっぱこれも韓国の味だな、というところです。

 2枚目の写真でわかりますが、キムパプ天国のキムパプ、ご飯の量は一緒で、あとは具により太さが決まるよう。だから、高いのは太めになる、そうなのだと推定されます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2250 排気口のクルクル

2009_0409ixus82060504  前に光州、ヤンドン市場の項でこればっか製造販売の店の写真をアップしましたが、今回はソウル。チョンゲチョン7街の写真です。あんまり日本ではこれ、見かけませんが、韓国では新しいアパートなんかでも屋上の排気塔というか煙突みたいなとこにこれが付いて回っていたりします。なんていう名前かはわかりませんが、これも、韓国らしい1枚になりました。

 今日は休み。残念ながら雨が降っています。午前中は沐浴湯(スーパー銭湯)へ行くことになりそうです。少し足を延ばして日帰り温泉もいいかもしれません。

 そうそう! 昨日ラッキョウを漬けました。まず最初は塩漬けですが、塩漬けが食べてみたかったのです。近所の産直の店で砂がついたのの小袋を購入、洗って、薄皮剥いて、茎側と根っこ側を包丁で落として、最後にまた洗って乾燥。そして塩で漬け込みます。けっこう手間がかかります。大きい袋を買わないでよかったなと思いながら作業を終えました。1か月で漬け上がるといいますがその前にポリポリかじって酒の肴にと考えています。350円の幸福です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

とうちゃんの自転車日記353 出雲崎の民家

031

 源之助作の馬頭観音像のそば、内陸側、沢田という集落へ戻る途中の景色です。今や葺き替えが難しい茅葺き屋根の民家、どんどん減少中なのでしょう。そんな風景もできるだけ味わっておきたいものです。

 朝食を済ませ、自転車に空気を入れて出てきました。メールをチェックして、お昼過ぎまで走ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事471 麻浦屋のチャドルタン

2009_0612ixus820110427 2009_0612ixus820110428 2009_0612ixus820110429 2009_0612ixus820110430 2009_0612ixus820110431

 前回は私はチャドルタンを注文したのに店のアジュマが聞き違え、ソルロンタンの普通が出てきた話、ここで書きました。まぁ行く度に最近は顔出してる店ですが今度こそ、で、18000Wのチャドルタンを頼みました。

 1人用の食事で10000Wを超えたものというと、昔から高いケアルビビムパッp、高級な牛テールを使ったコリコムタン、あとは、、、補身湯の特とかだと10000Wオーバー、ケコギスユクも20000Wとかかな。まぁ、18000Wの特別な肉のソルロンタン、今のレートでは1500円ですが、ちょっと前の7円台の時期なら2500円とかの食事です。

 さて、いつもどおり、まず水と湯呑が出て、注文。すぐにパギムチ、カットゥギ、浅漬け白菜キムチ、古漬け白菜キムチ、4種のキムチ類と大きなざるのネギ、そしてはさみが出てきます。あ、と思ったのがつけだれの小皿。トガニタンでよくありますが肉をつけだれに付けて食べるのでしょう。期待は高まります。

 そして出てきたのが1枚目。すでにネギを入れてかき混ぜてあります。塩はスッカラッk半分か、もう少し。よく混ぜていただきます。

 肉の種類の違いの他、量も多めのようです。肉を持ち上げて2枚目。さて、食べようかなと、思ったらアジュマがとんできました。1切れの肉、厚さは5,6mmで、幅がけっこうあり、片側に白い結合組織部分がありますが、それをハサミで半分に切って食べるように言われました。ここの店のハサミ、キムチを切るだけのものではないようです。そして、付けだれにも葱と茶色っぽいコチュカルを入れて、食べるのでした。

 4枚目は半分に切った肉ですので、1枚全体の大きさがわかります。で、5枚目の通り、完食。いつも通りのクンムルは最高の牛のスープ。肉ももちろん、いつもの、というかどこでも出るぱさぱさのもも肉よりも美味しいですが、18000Wは大ぜいたく。9000Wの差は、、、ちょっとなぁとは思います。次回はその間のもの。前回注文を間違えて詫びられた時にいろいろ質問したソルロンタンの特、「いい肉を入れてある」というのを試します。

 この店のクンムルの味はホント、すごく美味しいです。何であんなに美味しいのか、、わかりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2249 東大門・ソウルブルーボス261番の車窓から

2009_0409ixus82060440 2009_0409ixus82060441 2009_0409ixus82060442

 最近よく乗っていた青いバスの261番に乗っての写真です。ガラスの反射が大敵なのですがわりあいきれいに撮れました。

 韓国の大きな交差点、いろいろ交通規制も多く、バスやタクシーも日本では見られないような動きをします。不慣れな観光客の方が遠回りされた、なんて誤解することもありそうです。

 で、この261番、清涼里から新設洞、ドンミョアプときて、東大門ロータリーでは直進。でも、鍾路に入ってすぐ右折、また右折、右折をして東大門ロータリーを北から直進して、東大門運動場で右折して乙支路に入るのです。その先はロッテ、南大門、西部駅、万里洞コゲ、孔徳、麻浦と行くので麻浦屋へ行くのに便利なんです。

 1枚目は西に向かって渋滞の中を進んでいたときのもの。旧ソウル城郭の脇にある梨花女子大(梨大)の病院。何病院て書いてあるかは今の段階では写真が小さくて読めませんので、皆さん練習で読んでみてください。2枚目もそう。冬の青空に映える病院建築です。

 3枚目は、右折右折右折で回ってきたロータリーの北の道。チェーンの食堂でしょうか?開店準備中の店と東大門市場のドゥーサンタワーです。今回の3枚は家の機械にあった好きな写真です。本日休診、明日も休診です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

すばらしい韓国の食事470 初夏の風物詩・山いちごと桑の実 

277

 場所は、中央市場前か、南大門市場南側の通り、果物の露店に今頃だけ見られる品物がありました。サンタルギと呼ばれる野イチゴと、大きく立派な桑の実です。どちらもすごく大きなものですので、ハルモニが小遣い稼ぎに山に入って、というのではなく、商品作物として栽培されている果実かもしれませんが、日本では市場に出ることは少ないと思います。山イチゴは前に買ったことがあります。桑は日本で食べていますが、こんなのが買える韓国、ちょっとうらやましく思いました。

 トマトは韓国では果物の仲間、というのは有名ですが、チェリートマト(プチトマト)も見えますね。お茶飲みながらプチトマトを出してもらったこともある韓国です。

 アメリカンチェリーは升に入れて展示してあります。そういえば韓国、さくらんぼはあまり見たことがないような気がします。新潟産のサクランボもでてきた時期、電気代が一番かからない時期、自転車にも一番の時期です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記352 DE10が引く貨物列車

014 015 161

 今や北越製紙専用みたいになっている新潟市の貨物線です。30キロくらいでしょうか?ごとんごとんとゆっくり走る貨物列車を陸橋の上から見送るのはなかなかいいもんです。DE10は主に入れ替え用の機関車ですので本線を80キロで走るとかはできないのでしょうが、日によってはかなりの長さの列車を牽引する力持ちです。しかし昔から思うのですが、D52が1200トン牽引を目指して作られた、とかのこの1200トン、積み荷の重さなのでしょうか?それとも貨車の自重を含めての数字なのでしょうか? あ、1200トンとD52は、正確な数値ではありません。2000トンだったような気もします。

 話題が変わりますが機関車が貨車などを引くとき、やはり直線が一番抵抗が少なく、カーブだとレールと車輪の抵抗があって大変だとか。S字カーブはもっと引く力がいるなんて話もありました。これで思い当たるのが雪道での発進。FR車だと特にそうなのですが、前輪が曲がっていると=ハンドルが切れていると、発進できず、後輪はスリップしてしまいます。FF車でも、雪からの脱出等、ハンドルはまずまっすぐに、というのが原則。似たようなことなのだろうなと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2248 서울特別시 종로구 가회동・ 자수박물관부근

1371_2 1381 1391 1401

タイトルは「ソウル特別市鍾路区嘉会洞・刺繍博物館付近」です。

 普通の韓国と食べ物と石仏、石塔、自然の風景、そんなのが好きな私が珍しく博物館を訪問です。実は前回の訪問でも淑明女子大学の博物館へ行ったり、今回もいわゆる北村にある博物館を訪問、世話になった先生に韓国刺繍の作品をと、探しているのです。仁寺洞のお土産屋、サムジキルとかでもぽつぽつ韓国刺繍を見かけますがやはりお土産用クラスです。できれば本物を、と思っていますが骨董品店ではあまり見かけません。この博物館(2枚目)でも主には展示。少しだけ有名な先生のものを販売もしているようです。 お!これはいいな、と思った10センチ角くらいの小品、値段を聞いたら200万Wでした。ちょっとさすがに予算オーバーです。

 この辺は3号線安国駅の北側。あまり行ったことのない町です。韓国のHPの案内図を見ながら安国駅からマウルボスに乗って緩やかな坂を上ります。冬ソナの舞台になった高校のそばに刺繍博物館があります。バスを降りて、階段を上ると、大韓航空の機内誌やガイドブックで見たような立派な韓屋が並ぶ町になります。あまり趣味じゃないなぁ、、と感じながらの訪問でしたが伝統的な立派な韓国家屋の町、純粋に美しいなと思い、何枚かシャッターを切りました。南山を望める3枚目は気に入っている1枚です。みなさんはどれがお好みでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

2009年6月15日 韓国で行きたい場所、見たいもの 

100

 持っている地図の多くに、行った場所というか経路をマークし、また実際に自分の足で歩いたり、泊まったり、食べたりした町に目印を付けています。けっこう外国人にしては歩いている方だと思いますが、何度かここでも書いているように、観光名所にはあまり興味がなく、普通の韓国人に会って、話して、そんな人が住む町を歩いてみたい。そんなのが私のやり方です。

 たくさんの線、○印が描かれた地図を韓国の方に見せると、驚かれるとともに、今まで行った中で一番よかった場所はどこだ?また行きたいと思う場所はどこだ?なんて質問もよく受けます。そんなときの答えは

*麗水市

*釜山の昔の港、チャガルチ市場のあたり

*海南からワン島、珍島にかけてのあたり

 そんな場所が好きです、と答えています。慶州市安康の奥の玉山書院の13層石塔の場所にもまた行きたいかな?そんなです。

 まだ行っていなくて行きたい場所は半島のあちこちにある島々。ペンニョン島とか延坪島とか、北に近いほうも行きたいし、古群山列島の仙遊島とかも行きたい。半島南部の島々にも行きたいし、ウルルン島にも行きたいですが、なかなか長い日程がとれませんので果たせていません。そうそう、チュジャ島も一泊して歩いてみたいです。

 あとは、南の方、山清郡でしたか、宮原さんの本に出ていた石を積み上げた古墳であるクヒョン王陵。これは特定した日でないとだめですが、江陵端午祭も見てみたいです。

 写真は踏十里、シティパレスホテル脇の路地にあったふぐとあんこうの店の看板。フグの絵は他の韓国のフグの店で見かける意匠。アンコウは、、看板屋さんが想像で描いたようにも思えるもの。ケンチャナヨの韓国らしいなと感じての1枚です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事469 会賢洞2街・マポソルロンタン専門

1941 1951 1961 197 198 193

 회현동 2가  마포설렁탕がタイトルです。南山の麓にある店です。

 帰国日の食事は極力ニンニクを抜くようにしています。まぁ、なるべくではありますが、生のは絶対避けるようにしています。今回はちょっと贅沢してソルロンタンの特。それでもマポオクの並みたいな値段ですが、元気の出る朝食になりました。

 1枚目、百歳酒の宣伝、まだソンガンホなんですね。なんか新型が出たみたいで、その両方を宣伝するポスターでした。

 2枚目がそのソルロンタンの特。肉が多いのだと思いますが、肉の部位もちがうのかもしれません。3,4枚目はストロボなしとあり。無しの方がフォーカスが決まればきれいな感じになります。 5枚目は肉。よくあるパサパサのモモ肉とも違うみたい。麻浦屋のチャドル肉にも似ていてかなり結合組織の部分を含みます。若干、やはり値段相応にオーストラリアかニュージーランド牛の匂いがあります。でも量はほんとうにたっぷり。最後は飽きてしまうくらいの肉が入った特ソルロンタンでした。

 最後は建物の外観。地味ですがちゃんと先客もいました。もしかして安くて肉たっぷり、そんなのが人気の店なのかも。スープもキムチも工場で作って冷蔵バンで運ぶチェーン店よりはずっといい一杯だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

普通の韓国を探して2247 ソウル風物市場(서울풍물시장)へ行ってみた

116 117 1181 1191 1201 1221 1211 1231

 約1年前にできたというガラクタ市へ行ってみました。最寄駅は新設洞。2号線の駅がい近いかな?また、すぐそこは清渓川8街ですのでウォンハルモニポッサム本家もすぐそばです。

 友人の希望で、ちょっとした探し物。長安坪、踏十里の骨董品商街へ行った後にダメだろうなと思っての訪問。やはりガラクタ、バッタものが多い感じです。目的の品物はありませんでした。日本人観光客の姿はほとんど見かけませんでした。地下鉄内、駅などにも広告が出ていますが、主に韓国人向けの施設なのかもしれません。

 誰がこんなの買うの?と思うような物もたくさん。見に行く分には面白いかもしれません。また飲食店棟もかなり大きく、平日だったのですいていましたが、食べ物の値段、かなり安かったです。

 名著「ディープコリア」なんかにいろいろ出ていますが、韓国の家庭、どういう趣味なの?という、ま、外国なのでそれを悪くは言えませんけど、日本人的感覚から見ると趣味の良くない絵、飾り物、、家具、そんなのがあります。そういう方面が好きな方にはお勧めです。たとえば3枚目、巨大な額に入った白頭山の天池の絵です。値段を聞いてみればよかったかな?

 私が興味あったのは6,8枚目とかの登山関係、自転車関係の店。かなりたくさんありました。昔から人気の登山に加え、サイクルスポーツも徐々に人気が出ているのは自転車乗りにとり、嬉しいことでした。で、実は自転車用のライトを3つも買いました。ちょっと残念なのは日本でもそうですが韓国固有のオリジナルなものはほとんどありません。みなヨーロッパとかの有名チームのレプリカという感じ。韓国らしいウェア、帽子なんかがあれば欲しいのですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2246 충북괴산・普通の街角

184 185 189

 忠清北道のケサンという町です。ターミナル、大きめの街だと郊外に移転していることが多いのですが、小さなとこは昔からのそこの中心部にあることが多いように思えます。

 1枚目は昔は日本でもそうだったと思うけど、どこの町にも1つはあった時計宝石店です。看板がなんか、趣があります。2枚目はもしかしたら日本家屋?と思った角の建物。3枚目は報勲会館とありますので、在郷軍人会館というところでしょうか。小さな町ですがなかなか存在感があります。

 この辺も町の周囲にはアパートもいくつかありますが、高い建物の少ない旧市街、ぶらぶら歩くのもいいものです。天気はいいし、ここは韓国。これ以上の楽しみはありません。

 本日は超多忙、簡単な更新です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記351 NL-833・パナソニック自動点灯自転車ライト

021 022

 私の自転車の師匠である松本の坂下先生が教えてくれた自転車用のライト、なかなかのすぐれモノです。

 最初に使っていたのはトピークだったかキャットアイだったか、ゴムバンドで留める小型のやつ。しかし付けておいたら2回続けて盗まれてしまいました。その次に使い始めたのはバーハンドルにブラケットで付ける明るいもの。キャットアイのEL500,520,510と購入。500は走行中固定がしっかりしていなくてぶっとばして回収不能。今までは520と510の2灯で走ってました。

 最近、いいよ、と聞いて購入、取り付けたのがこのママチャリ用のやつ。電池式ですが、電池代はサンヨーのエネループなので大丈夫。暗くなると自動で点くし明るさも充分。低い位置からの光は渡邊俊介投手ばりの効き目を発揮して、これ一つでも大丈夫なくらいです。 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2009年6月7日 - 2009年6月13日 | トップページ | 2009年6月21日 - 2009年6月27日 »