« 2009年6月14日 - 2009年6月20日 | トップページ | 2009年6月28日 - 2009年7月4日 »

2009年6月27日 (土)

すばらしい韓国の食事474 飲んでみました、メッコール

019

 先日紹介したメッコール、飲んでみました。自転車で走って帰ってきたときですのできっと美味しく飲める条件は整っていたとは思うのですが、皆様にいただいたコメントどおり、あまり清涼飲料水という感じではなくやや粉っぽいしつこい甘さを感じました。確かに麦の匂い、麦茶とも違うけど、麦こがしの粉に似た香りがあります。でもコーラとは言えない、、とにかくヘンな飲み物だというしかありません。氷が溶けてきて少し薄まると飲みやすくはなりましたが、積極的にまた買って飲もうという気は起きませんね。

 購入したのは麻浦、マポオクのはす向かいのファミリーマートだったと思います。興味のある方は試してみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2270 ガイドブックを買いました

007 008 010

 誰かに聞かれた時に推薦しているのがこの昭文社の「個人旅行シリーズ」です。本屋へ行く度に新しいの出ないかな出ないかな?って探していたのが先日ついに発行。日付は確か7月4日でした。

 買ってきてまずやるのが2枚目。旅した経路、泊まったり見物したり食べたり、自分の足で歩いたことのある町のチェックです。書き漏れもあるかもしれませんが、ま、そこはケンチャナ。3枚目、拡大写真ですが、北との国境付近、ソウルの北のあたりです。休戦ラインの北側も南側も2500m幅のどちらの国も立ち入れない区域があります。こんな事実上の国境線は最近の地図帳には書いていないことが多いのですが、この地図にはしっかり出ていますね。この辺ももともと地図である昭文社のガイドブックの良い点だと思います。

 あとは、軽くなった、との触れ込み通り、紙が変わりました。次回の出張のときに持っていくつもりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2269 報恩のモテル

049 048 079 077 078 801

 古い安ホテルよりも新しいモテル、という感じがしますが、モテルと言ってもまぁ、いろいろ。豪華で広いとこ、簡素で狭いとこ、また立地によって料金も様々、でも、新しげなところを選べば、まずケンチャナヨです。

 今回の写真はボウンのターミナルのそばのもの。外観から想像したよりもずっと簡素なつくりでした。4枚目の窓が閉まらず、冬はちょっと寒いかもしれませんが、5枚目のように二重窓になってるし、電気式毛布もあるようですので、これもケンチャナヨです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2268 長漢坪骨董品商街

110 111 113 108 109 112

 長安洞?長漢坪?なんだかよくわかりませんが、5号線の踏十里から東にかけての町、自動車用品の店と骨董品の店がたくさん集まっている場所です。

 世話になった先生への刺繍作品を探しに行ってみたのですが、骨董品て、古いもの。やはりメインは陶磁器、古家具、絵や額、そして石でできたもの、古い生活用品、そんなのが主なようで、なかなか布でできたものってありません。まぁ、いい経験になりました。

 しかしこの辺、ほんとうにガラクタみたいなのもあります。5枚目なんかどう見てもただの土管です。日帝時代の常滑焼?なんても思いますがこれ、売り物なんでしょうかねぇ?6枚目はそんなサンガに隣接するモテルの入口。壁石みたいなの、これは単なる建築材料なのかな?まぁ、そういうのに興味がある方なら1日いても飽きないであろう、そんな町でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記359 メモリーからコンピュータへの読み込み

61  初めてのデジカメはカシオのQV10というやつだったかな?本体の中にメモリーがあるやつでした。あんまり使わず、子供のおもちゃになってしまいました。次がフジのファインピクス2500だか。これは使いました。ただ、メモリーがなんだか脆弱で、せっかくの記録が読めなくなってしまったり、でもこの辺から普及が加速しだした感じです。次が、、フジのF455だったかな?この辺から小型化、ポケットに入るサイズになり、かなり使いやすくなりました。その後は壊れるたびに買い替えてのイクシを3台とG10、キャノン派になって今に至っています。

 メモリーからのコンピュータへの画像の移動はずっと写真の右にあるようなPCカードアダプターでやっていました。メモリーの機種ごとに買わないといけないのですが、これが結構高い、数千円もしました。先日、ヨドバシへ行ってみたら、左のようなUSB経由のになっています。メモリーの抜き差しがちょっと危うい感じ、しないでもありませんが、今のところ大丈夫。世の中どんどん変わるものです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

普通の韓国を探して2267 主張するソウルのガスメーター

013 234

 誰にも負けない韓国への愛を持って韓国を歩く私ですが、今までここで、「元が何だか誰もわからなくなった小型の雑種犬」とか、いくつかのシリーズもの、それを見つけたらきっと撮る、そんなテーマがありました。

 最近もしかしてこれは面白い?と思うのにガスのメーターがあります。何度か大形の邪魔っけな水道メーターを紹介していますが、今回の2枚はガスのメーターが不思議な存在感を持っているのに興味を持っての同じ日の2まいです。

 1枚目は黒石洞、2枚目は黄鶴洞、ぜんぜん離れた町の、形も異なる都市ガスのメーターですが、それぞれしっかりした自己主張が感じ取れます。言い替えれば一定の規格化がされていない感じ。大体ガス会社はどうなってるのかな?現地在住の方、ご存じでしたら教えてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2266 5万Wチャリ、バッソ?(5万ウォン札、見たことある?)

033 034

 休みの昨日、前にもちょっとここでも紹介した円光大に留学してる先生とお会いできました。23日に一時帰国された方です。いろいろ韓国についての話をして、楽しい時間でした。

 彼がトイレに立ったときに、質問を思い出しました。「今週出たという5万W紙幣、見ましたか?」という質問です。しばらくして戻った彼、たかとうさんに見せたかったものがあるんですよ、と切り出してきました。さて、なんだろう?50000W札のことは置いといて、別の興味がわきました。でも、彼が取り出したのがこれ、シンサイムダンが描かれた新しい5万W札でした。彼もなかなかの韓国ファン、韓医を目指す人物です。考えることは同じなんだなぁって、お互い笑ってしまいました。居酒屋のメニューの上でのマクロ撮影、見えるかな??なんだか私にはパックネ女史に似てるような気がします。ここをご覧の方なら、おわかりですよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記358 ビアンキROME、パンク

015 017

 日本だけの限定、日本規格モデルである台湾ビアンキのローマ、最近はROMEでなくROMAという名前になったみたい。なんかチョンスロウン名前です。初代ROMEでよかったなって思ってます。

 昨日、ちょっと走ってたら写真の通り、パンク。さてどうしようかと考えながら歩いて、結局医院まで戻り、自分で修理をしました。「パンク修理、正確にはチューブ交換とチューブ修理の経験ができてよかった」くらいに考えないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

普通の韓国を探して2265 問診票・韓国と新型インフルエンザ

2009_0612ixus820110318_2

 韓国入国時の問診票です。日本のと大体内容は似ていますが、座席の位置を記入するのは韓国側のが詳しい点です。いわゆる「濃厚接触者」の追いかけ調査のためでしょう。実際翌日の夜、ちょうど鐘岩洞のホプで話していた時に保健なんたらセンターから携帯に電話がかかってきました。ホテルにいなかったから携帯に来たのかな?国際通話になりますのに、ご苦労様です。韓国語で受け答えして、褒めてもらえました。ふふふっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2264 漢江の流れ

2009_0612ixus820110457 2009_0612ixus820110458 2009_0612ixus820110459 2009_0612ixus820110460

 やはりいい景色を見るのはいいもんです。特に広い水面は気持ちが大きくなる感じがします。今回は解説抜き、ソウルの雄大な漢江を前景にした風景をお楽しみください。

 本日も休み。すでに金魚の水槽の水替えをして、後は草取りという大事な仕事がありますが、気持ちは自転車の方に行ってしまっている晴れの日の朝です。しかし5月6月の雑草の生命力、大したものです。入れ替わり立ち替わり、何かが勢力を伸ばしてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2263 瑞草区瑞草洞・永東中学校

2009_0612ixus820110372 2009_0612ixus820110371 2009_0612ixus820110373

 李準圭先生の診療所、ムジゲアパートの一角にあるムジゲ綜合商街という建物の中にあります。地下鉄駅で言うと2号線の江南駅、3号線の南部ターミナル駅、良才駅の真ん中辺。歩くとちょっとしっかりの距離です。一番多い行き方は南部ターミナルからマウルボスでしょうか。でも、このときは久々のヤンジェ駅からの歩きでした。江南大路を歩くのは面白くないので1本西側の通りを行きます。硬球を金属バットで打つ音が聞こえたら、、学校がありました。

 1枚目、門柱の表札を見たら永東中学校とあります。江南の中心部の呼び名でもあるヨンドンという名前、もしかしたら名門校なのかな?と思いました。嬉しい事に2枚目、ソウル市指定の自転車通学テスト校だか、そんな表示もありました。3枚目は校舎の様子。夕方の6時ころでしたので部活で野球なのかな?しかし中学校なのに硬球です。

 本での知識ですが勉強が大変な韓国、日本のように中学生、高校生が部活に熱心に、というのは少ないと聞いています。たとえばこの野球でも、日本だと全国数千の高校野球部が甲子園の予選に出ます。部員11名の弱小校が記録的コールド負け、なんて新聞記事も見かけますが、韓国の高校野球大会、はじめっから5~60校しか出ないとか。要は本気で野球をやる人しか高校野球をやらない、多くの人は部活なんかやらずに大学目指して猛勉強、そんなふうなのだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

2009年6月24日 ラッキョウ

003

 前からやってみたかったことをやりました。先週の休みでしたので1週間前ですが、近所の産直の店でラッキョウを購入、自分で漬けてみたのです。

 最近の市販品はほとんど中国産。国産品はかなり高かったり。別に中国産でもしょうがないとは思うのですが、甘酢漬けではなく塩漬けを食べてみたかったのです。たまたま行った店で400gの小さな袋があったので「何でもやってみよう」という気持ちから購入。失敗しても350円ですので。

 本などで調べると、まず皮をむいて、根っこと茎を切り、洗って、乾かして、10%くらいの量の塩で漬ける。1か月くらいで完成で。その後にまた3%くらいの塩水で塩抜きしてから甘酢なりなんなりに再度漬けるという話です。なかなか面倒くさいです。

 実際やってみると、まず皮むきがけっこう面倒。さらに1個ずつ根っこ側と茎の側を包丁で切って、とやっているとたったの400gでも飽きてしまうくらいです。ラッキョウの値段、手間賃が多いのかな、なんて感じながらシール容器に漬け込み、ぼちぼち食べています。

 目的の塩漬けとしてはかなりしょっぱめ。酒の肴につまむつもりならば日持ちを考えず、もっと少ない塩で漬け、短期間に食べるようにすればよかったのだと、一つ賢くなりました。休みの今朝も1つ、ぽりぽりかじりましたが、さて、残りはどうしようか?梅酢なんてありませんし、量もそんなにありませんので梅干しを利用してインスタント梅酢漬けモドキでも漬けようかと考えています。

 釣りとか男の料理は狩猟本能の表れだとか。けっこう食いものに関してはがんばるとうちゃんです。

 写真は漬け込み準備を終え、乾燥中のものです。美味しそうでしょ?

 ちなみに韓国でもラッキョウは魚関係の料理のツキダシの一つとしてしばしば出てきます。韓国語でもらっきょうはラッキョかなぁ?それはちょっとわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2262 食べられないものを買いました

001

 医院のブラッシングコーナーです。これ、ポジャギというやつ、先日の出張で買ってきました。韓国の食に関する本、実際の食品、地図、DVDなどの映像ソフトなどを買う私、珍しく食べられないものを購入、医院に飾ってみました。

 誰にも避けることができない加齢の表れかな?とも思いますが、ちょっと気に入っています。気分は今も30代、と思っているのですが、自分なりにいい形で年をとりたいものです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2261 ソウル・バス会社の営業所

Newdeca2_205

 ノウォン区の月渓洞になるのかな?塩光女子高等学校、女子情報高等学校とか月渓初等学校の前にあるバス会社の営業所です。手元の地図で見ると삼화상운とありますが、三和商運かな?103だったか105だったか、今打っている途中の写真ではわかりませんが、市内バス、幹線バスである青いバスの起点です。

 後方に建設中の建物は確かロッテキャッスルになっているはず。この辺に限らず古い4~5階建てのアパートがどんどん新しいアパートに建て替えられています。再建築というのかな?そんなのでもアパート価格がつり上がる韓国ソウルです。

 本日は休み、午前中沐浴湯、午後は草取りの予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

とうちゃんの自転車日記357 6月21日午前8時50分・新潟駅南口 

010 111

勉強会があった21日、雨の予報もあったので車で医院まで行き、駅からバスで会場へ向かいました。予報はハズレ、暑くなってきてちょっとガックリ、そんな気分で駅南口へ向かうと、土日だけ運行するSLばんえつ物語号がホームに入っています。今は灰が出にくい豆炭なのかな?着々と蒸気圧を上げ出発準備中という感じ。ホームにはカメラを構えた人もちらほら。

 もう運行を始めて何年にもなると思いますが一度も乗ったことがありません。新潟から新津までは電車の走る路線。また新津から会津若松も110型DCが走る路線。まぁダイヤはゆったりなのでしょうが快速列車という感じの少ない停車駅で走ります。せいぜい70キロくらいで走るのでしょう。

 70年前後、何度か蒸気機関車牽引の客車列車にも乗っていますが、開け放しで走る旧型客車でやってくれたらもっといいのにな?と思う古いファンです。今度乗車してみようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2260 クレーンゲーム・大人用?

348 349

 韓国の街角でしばしば見かけるクレーンゲーム、前にも紹介しましたが景品を取りやすいように針金で編んだカゴに入れてあったりします。日本でもやったことがほとんどありませんので、面白さは知りませんが、案外ファンがいるみたい。景品を釣り上げて、かごから取り出した後のカゴ、よくゲーム機の上に置いてあったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2259 清州・市外バスターミナル

1461_2 153 154 155 156 157

 近いのでいつでも行けると思って行かないでいた清州、前にも書いたとおり思ったより大きな都市でした。報恩から戻ってここで乗り換え、結局ケサンへ行ってみたのですが、ターミナルも立派です。

 1枚目、降車場からターミナルへは階段で下るようになっています。割合平らな場所にあると思っているターミナル、ちょっと意外な感じを受けました。全州の高速バスのターミナルもぐるっと階段で降りるようになっていたのがあったと思いますが、ちょっと新鮮な1枚です。

 2枚目は出札口。今だに発音が難しい行先の切符を買う時にはちょっと緊張してしまいます。韓国語の発音、難しいですよね。また、発音が正確でも抑揚が地元の人と違うので大抵はここで外国人だとばれるのではないかな?昔の話ですが、南原から論介の故郷、リンゴの町長水へ行った時、「ジャンス」と「チャンス」みたいな言い方で行ったら通じません。「論介の故郷だったジャンスです」と言い直したら、「ああ、ジャンスですか」という感じで無事買えましたが、地元の方の「長水」の発音は「扇子」という感じでの「ジャンス」でした。外国語は難しいもんです。特に韓国語、何でこんなちょっとの違いでもわかってくれないの?もぅ~、と感じること、しばしばあります。

 3枚目はターミナル内のパン屋さん。4枚目は乗車口のほう。5枚目、乗車口(行き先別で広い)のほうの明るい場所のベンチで、海軍でしょうか?軍人さんが高そうなギターで練習中。音楽隊なのかな?でも、エレキギター?なんて思いました。

 最後の6枚目、前から思っていたのですが、市外バスが宅配便のように荷物を運ぶのがあります。何時のバスでどこどこのターミナルへ。電話で連絡して、相手方はバスの到着を待って荷物を受け取る。今は韓国でも宅配便が普及していますが、そんなのが無かった時代、荷物を市外バスに託して、むこうで受け取る、そんな運送方法が一般的だったのでしょう。乗車口での写真です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

とうちゃんの自転車日記356 6月21日日曜日

012 013 014 015

 昨日は午前中は勉強会、暑いのに上着で、ちょっとくたびれました。午後からは自転車。少し日に焼けたかな?いい天気になったので気持ちよく走ることができました。

 写真は東区河渡の貯木場です。海とか川、湖、水面を見ると心がなごむと言いますが、こんな天気のいい日の貯木場もなかなかの眺めでした。浩然の気ってのはこういうのかな?と思いながらの4枚、いかがでしょう?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事473 숙대입구・タンチャ麺6000W

263 264 265

 タンチャミョン、タンはタンスユクのタン、それとチャジャン麺のセットメニューです。

 頼んでから、あの甘いタンスユクを思い出し、失敗したかな?って思いました。お昼時、ほぼ満席の店内を見ると多くがこんなセットを頼んでいます。

 さて、出てきたタンチャミョン、3枚目のように麺をかき混ぜてからいただきます。チャジャンはたいていハズレはありません.。また、この店のタンスユク、酸味はけっこうありましたが、豚肉の味付けもなかなかで、美味しかったです。最初は持て余すかとも思いましたが、食べ終わる頃にはもう少し食べたい気分になりましたもの。隣のテーブルのOL4人組の一人は、このすっぱいあんをお代りしていました。そんなこともできるのだなぁ、と韓国の食堂のサービスの良さに感心しました。

 チャジャン麺とタンスユク、中華の定番とも言えるメニューで、2,3人で各自がチャジャン、それに加えてひと皿のタンスユクをつつくという姿は韓国の中華の店ではよくみかける風景です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

普通の韓国を探して2258 3号線良才駅前・金目銀目の子猫

2009_0612ixus820110363 2009_0612ixus820110364

 ソウル地下鉄3号線、ヤンジェ駅の階段を上がった場所の自転車置き場に、こんな子猫がいました。

 前にミアリテキサスの高い塀のそばの猫の集会の写真をアップしましたが、またも夕刻、か細い声で鳴く子猫に気付いたら、こんな金目銀目、左右の目の色が違う猫でした。

 オスの三毛でしたっけ?キンタマの小さい見かけ上のオスが漁業関係者、船乗りの方などに珍重されるといいますが、金目銀目の猫も珍しいと思います。急いでカメラをポケットから出し、ズームを効かせてシャッターを切りました。6時過ぎ、ちょっと暗いのでフォーカスが甘めかもしれませんがご勘弁を。

 こんな猫に出会ったことも、チョウンチョグロセンガッケヤジ、いいほうに考えないと、最近やけに前向きな私です。江南駅、南部ターミナル駅、良才駅、そんな3つの駅の真ん中辺にある我がヒョンニム、李準圭先生のオフィスへ行く時の写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2257 인천공항 2009년6월10일 오전11시39분

2009_0612ixus820110320  ずっと前に流行った新型肺炎、SAASの時にもあまりに安い団体旅行料金に魅力を感じ、韓国へ行きましたが、もっとお客さんがいました。東京、名古屋、大阪、岡山、そして新潟、日本を朝に発って11時半前後に韓国へ到着する飛行機、その日によって順番が変わったり、とにかく日本人観光客にとっては絶好の便が前後してインチョン空港に着く時間です。

 入国審査もすごく混んでいたりしてやきもきすることもしばしばだったのですが6月10日、こんなでした。こんなインチョン空港を見るのは初めてです。ガイドさんも、知り合いのロッテデパート本店地下食品売り場のアジュマも、帰りに寄る金浦空港そば、鉢山洞の通称「キムチ屋さん」の百戦錬磨の日本語アジュマも口をそろえてこんなの初めてと言っていました。

 こんな傾向、韓国だけではないでしょう。本場というと失礼ですが、アメリカ、メキシコ方面、最近流行し始めたというオーストラリア、ニュージーランド方面はもっと影響が大変かもしれません。

 いちおう、人が集まる場所の仕事であるため、歯科医師会からしばしば資料が送られてきます。私が子供のころ、68年から69年にかけて流行ったというインフルエンザ=香港かぜの死者は世界で100万人だとか。漫画、「サザエさん」にも出てきましたよね。

 今回のメキシコ発の新型インフルエンザ、まだまだ油断はできませんが、そんな香港カゼまで行かない感じです。もちろん、変異や、もっと死亡率の高いインフルエンザに対する警戒を怠ってはいけませんが、いい予行演習になった、くらいに、いいほうに考えるべきだと思います。韓国語だと「좋은 쪽으로 생가해」=「いいほうに考えよう」、です。何年かすれば「メキシコ風邪」なんて言う名前になっているのかな?って思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2256 ソウル夜景2 明洞駅付近

163 165 166

 4号線明洞駅付近です。昼間は韓国の若者、日本人などの観光客でにぎわう街、写真なんか撮ってるところを見られたくないシャイな私ですが、夜は別。そんな心配もありません。知り合いのホプアジュマの話ですが、景気が悪い昨今、12時を回ってのタクシー争奪戦も見られず、簡単にタクシーが拾えるとか。まぁ、日本もそうかもしれませんね。

 3枚目、ニューオリエンタルホテルの中のルームの広告がこうこうと光っています。一度行ってみたいもんです。言葉ができるのできっといいお客になれるでしょうから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2255 ソウル夜景1 東大門近辺

160 161

 ソウルはバスと地下鉄の乗り換え、基本料金についての分は2回まで無料だか、、山の上のアパートにある自宅からマウルボスで近所の幹線バスの停留所。そこで青か緑のバスに乗り換えて市内中心部。さらに、もう一度、バスか地下鉄に乗り継げます。実にいいサービスです。

 ちょっと前に紹介した地下鉄駅出札窓口の閉鎖など、省力化が進められてますのでその分、料金にも還元というわけです。私もスイカというのを持っていますが1円も割引は無し。ちょっと考えてもらいたいなぁ。

 1枚目はバスを降りて地下鉄にと思ったあたりの風景。珍古介食堂の前のあたりです。ソウルの夜も酔っ払い天国、「ハンジャントーハジャ!」なんて言っているのかな?

 2枚目は東大門のロータリー。必要以上に明るいソウルの繁華街です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月14日 - 2009年6月20日 | トップページ | 2009年6月28日 - 2009年7月4日 »