« 2009年6月21日 - 2009年6月27日 | トップページ | 2009年7月5日 - 2009年7月11日 »

2009年7月 4日 (土)

普通の韓国を探して2284 ポンゲを伴うソナギ

604 605

 ソナギ、辞典は見ていませんが、にわか雨というやつでしょうか、2日の朝の天気予報、どの局も雷を伴うソナギが降り、地方によっては強い雨になると報じていました。果たしてそのとおり、曇ってはいましたがなんの前触れもなくすごい雨、雷も鳴っています。こんな大雨、私のソウル訪問では2度目かな?

 しかしドラマや映画で、このソナギ、突然の大雨、しばしば見かけます。「猟奇的な彼女」、「シュリ」、まだまだたくさん見ています。主人公たちが慌てて雨宿りして、という場面、韓国映画ではお馴染みです。実際、日本のにわか雨、夕立ちなんかよりもずっと行動が早い感じ、また豪快に降ります。なんでもパルリパルリの韓国らしいなと感じました。

 1枚目は下で跳ね上がる水滴が見えます。こんなだと傘を差していても下から濡れる感じですから屋内に避難するしかありません。昔経験したソウルの大雨では傘の布地を通して雨漏りするほどのを経験しています。その時は靴の中まで水がたまりました。

 2枚目は地下鉄駅の階段の傘売りアジュマ。ソウルでは雨が降るとどこでも傘屋を併設します。店の奥から段ボール箱1つ持ってきて目に付く場所に置くだけですが。5000Wくらいで買えるのでどんどん売れます。われわれ旅行者にとっても、これ、ありがたいもので、私の韓国行き、傘は基本的には持って行きません。降ってきたらどこでも買えるさ、というところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2283 地下鉄1回用乗車カード

659 660

 少し前にお伝えしたように、ソウルの地下鉄駅の売票所窓口(切符売り場)は全部閉鎖されることになりました。代りにできたのがTマネーの充填機と、1回用カード、優待券の販売機です。職員は今のところ機械のそばに立って使い方を説明するのに大変なようでした。

 1枚目は普通のTマネー、2枚目が1回用のカード乗車券です。これも500Wだったかの保障金がかかるため、運賃に保障金をプラスした金額を入れて発行。目的駅で払い戻し専用機にこれを返すと500Wだかの保障金が戻るというちょっと面倒なシステムです。優待券をインチキでもらえるかというと、そっちは住民登録証を提示する部分があり、ダメ。でも、優待券の場合のカードは、保障金、どうなんでしょう?よくわかりません。

 結局は省力化、資源節約のために皆さんカードを使って下さいということでしょう。でも、何度も書いていますが会社側に大きなメリットになるカード制、日本でも割引が適用されるようにすべきだと思うのは私だけではないでしょう。韓国の割引制度、カード割引の他に乗り継ぎ無料制度もあるし、ありがたいもんです。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

普通の韓国を探して2282 地べたビュー1 龍山駅

422 423 424 425 426 427

 暗い所の写真、非力なストロボをたくよりもカメラの手ぶれ補正機能に期待して発光禁止にして撮る方がいい感じになります。でも、補正しきれないこともしばしば。うまく決まるとしっとりきれいな写真になるのですけどねぇ。

 そこで試みたのがカメラを地面に置いて固定すること。半分くらいが地面の絵になりますが、これも一風変わった面白さがあります。日常的に見られない視線からの風景ってわけです。

 今回の写真はセマウル号を待っていたときの龍山駅。ムグンファか、セマウルか、DLの入線を撮ろうと思っていたら後ろから怪鳥の如き高速鉄道ヨルチャが追い抜いて行きました。地べたビュー、いくつか紹介していきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

2009年7月3日 韓国ソウルのタクシー料金

 おはようございます

 今日は午後からの日、いろいろ雑務、出張のかたずけなんかをやっています。ちなみに30日の円W交換率は100円=1250W、空港の銀行での交換です。依然円高ですね。

 W分の経費は領収証をまとめて集計、別紙メモを作って円に計算して精算します。今回、けっこうタクシーに乗ったのでまた距離と料金をまとめてみました。

2.4Km 3600W

3.2Km 4100W

2.4Km 3400W

6.3Km 6200W

3.9Km 4500W

4.0Km 5200W

4.0Km 4600W

4.1Km 4100W

 硬貨のおつりはもらわないことにしています。これは日本でも一緒です。道の混み具合にもよりますが、調子よく走るとやはり1Kmで1000W。大渋滞の夕方には地下鉄を使ったので、そんなに混んでいた時間の数字はないのですが、ちょっと混んでいると1Kmあたり1500Wという感じです。

 ちょっと前に値上げしたので基本は2400Wですが、やっぱり韓国のタクシー、申し訳ないくらいに安いです。たとえばバスや地下鉄は1人で1000Wですから3人乗って近い所だったらタクシーのが安くなるのです。高校生なんかも気楽に使うわけです。

 けっこう技士さんと話すのですが、夜の12時からの1,2時間は命だと言っていました。やはりメーターを使わないで交渉で、というのがあるようです。また、ソウルの道、左折禁止が多いので回らないといけないのに日本人が誤解してのトラブルの話も聞きました。忙しい時間に日本人観光客に当たるのは財数オプタ、、ゲンが悪いというか、運が悪いというか、そんな気持をもたれることもあるのかな?とちょっと心配です。

 景気が悪くなり、昔のように本当に乗れない、2倍3倍当たり前、合乗でも乗れればラッキー、そんなほどではないと聞いていますが、前に話した代理運転との競合もあり、大変だと言っていた技士さんもいました。「決まりは決まり」とは言えますが、反対に、「法に触れなければ何をやってもいい」という乗る側の問題も社会的実情を考慮すると、あるのかなぁ、って思います。こんなお話に付き合ってくれたお礼の意味もこめて、お釣りはもらわないようにしているのです。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

普通の韓国を探して2281 特別列車専用機?・7300型DL

519  大田駅を出てすぐのあたり、上行線のセマウル号に乗っていたら珍しい塗装の機関車を見かけました。白黄色緑色の旧塗装、白赤青の新塗装でもない全体が紺色のもので、拡大すると7300番台のようです。韓国にしては落ち着いた、シックな感じ。我が新潟県でもたまに見かけるトワイライトエクスプレス専用機みたいな感じで、ちょっと得した気分。嬉しい1枚です。

 韓国の鉄道、上りは上行、下りは下行とそれぞれ呼んでいます。ハングルの解説は省略します。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2280 清渓川4街・普通のソウル

009

 チョンゲチョン4街の裏通りです。印刷、建築内装、照明、家具、そんな関係の店が集まるあたりのごく普通の街角の風景、働いている人もたくさん。また、そういう人の食事のための食堂もたくさんあり、頭にお盆を載せた食堂アジュマが配達する風景なんかもよく見かけられます。5000Wくらいで野菜たっぷりの美味しい食事ができる韓国、本当にありがたい国です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

普通の韓国を探して2279 カッチャ製品展示会

2009_0612ixus820110346 2009_0612ixus820110347

 ほう!韓国らしいなぁと感じたポスターですが、有名ブランド品と精巧なニセモノの比較展示会のようです。なんちゃってクラスのものから本当に見分けがつかないS級、Sプラス級まで、失礼ながらにせ物の本場みたいに思えてしまう韓国ですが、取り締まりもけっこうやっているようです。まぁ、業者のほうも手を替え品を替え、イタチごっこなのかもしれませんが、、、  

 精巧な偽物、本物の50%くらいの値段だったりもします。そんなんならもうちっと頑張って貯金して本物を買えばいいのになぁ、って思う私です。商標法違反、りっぱな犯罪です。最大の客であると思われる日本人の我々にも責任はあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月30日 (火)

普通の韓国を探して2278 ロッテハム(ロッテヘム、롯데햄)의 떡갈비

2009_0612ixus820110413  すばらしい韓国の食事ジャンルかな? ロッテハム(ロッテヘム)のひとくちトッkカルビです。 こないだ清州へ行ったらロッテハムの工場がありましたが、韓国では有名な会社なのでしょう。私的にはちょっと前に発売された、あ、ちょっと前って3~4年前ですが、マヌルヘム(マヌルハム、マヌル=にんにく、ニンニク入りの集成ハム)の3個パックにひとつオマケ付きのやつが一番身近かかも。

 こいつもコンビニで売っている肴、アンジュ用の食品ですが、ちょっと甘くて荒挽き肉の味がしっかりのロッテトッカルビ、お薦めです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年6月29日 (月)

普通の韓国を探して2277 이순신장군과 만나로

2009_0612ixus820110322

   こういうときの助詞、「~と会いに」というのは와もしくは과でいいんでしたっけ? 言葉の最後が母音ありかなしかで助詞が変わるのですよね?こういうのが自然に出るようになるといいのですが、私は「사랑과 평화(愛と平和)」という韓国歌謡のグループ名で覚えています。

 李準圭先生とソウルで会った最初のころ、当時乗っておられたダイナスティの中にあったCDをいただいた中に入っていた曲。たまたま、前から持っていた普通の韓国のお手本のような愛読書である「ディープコリア」でも紹介されていたのが、このサラングァピョンファの名曲、李南二の歌う「ウルゴシッポラ(泣きたいよ)」です。ゆっくりした雄大なバラード(?)ですので韓国語が上手でない者にも歌いやすいため、昔けっこうカラオケでやったものです。有名なドラマの主題歌としてヒットしたと聞いていますが、実際の場面は知りません。

 また、同じCDに黒田福美さんの初版「ソウルの達人」で紹介されていた韓国フォークの歌手조동징(진?=趙ドンジン)の曲、こちらも泣く歌、「ウルゴインナヨ(泣いているのかい?)」だったかな?そんな局もあったので、この2つは今でもたまに聞いています。

 しかし愛聴CD、大事にしているものでも、親友とかにはホイホイとあげてしまう、そんなのも韓国人の美点のような気もします。逆の甘え甘えられには閉口する日本人も多いでしょうが。

 今回のタイトルと写真は、、わかる人には簡単。世宗路の光化門駅すぐ上のあたりのものです。한국을 사랑하는 사람이라면 쉽게 アラッチョ? 건물 이름도 사람 이름도.

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2276 前回のお土産はワインでした

2009_0612ixus820110331  これじゃぁ中身がなんだかわかりませんね。李準圭先生へのお土産、預け荷物に入れてのワインでした。無事ホテルまで到着して外の梱包を解除したところです。

 宅配便用のスチロールパックの外に紙箱、さらにプチプチでくるんでこの状態、さらにこの外も2重にプチプチ(模型の整理、梱包用にドラム缶のような業務用が医院にあります)で包んでスーツケースに入れて持って行ったのです。前にこちらで、ロッテの薮内店の9900000Wのシャトーマルゴーを紹介しましたが、ずっと新しい1986年ものです。家族、親戚、親友のためにお金を使うことは歓びに感じないといけないという韓国人の心意気、真似したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記361 東新潟駅

020 021 022 024 026 028

 白新線の東新潟駅です。大きな操車場の一部分みたいな場所で、貨物列車の入れ替えをしています。通る列車は一部貨物列車を除き特に面白いのはありませんが、鉄道好きには楽しい場所です。

 夕暮れというにはちょっと早い夏の夕方の風景をお楽しみください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2275 報恩市外バスターミナル

137 138 139 140

 忠清道の田舎のバスターミナルです。省力化でか売票所は無人。全部自動販売機でしたが売店はけっこう大きな規模で生きていました。

 旅行であれ、買い物であれ、やはりバスや汽車に乗るのは「ハレ」の行事。悲しい用事での移動もあるでしょうが、何か買ってバスに乗る人は多いのでしょう。昔から思うのですがジュースとかの紙箱にパックされたもの、食用油なんかも簡単な贈答用のがあったりもします。また2枚目、ちょっとピンボケですが、子供のおもちゃなんかもどこでも見かけます。私が買うのは飲み物くらいですが、やはり何だかターミナルでの買い物は嬉しい気分になるものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2274 ソウル・バイク大活躍

029  時には歩道や市場の中まで走ってくるので危ないなぁって感じることもありますが、韓国、ソウルの流通にバイクは欠かせないものでしょう。写真はソウルの中心部、南大門路というのだっけ?南大門からロッテ、鍾閣へと向かう誰でも知っている大通りですが、信号で停車した車の前にバイクが位置取りします。それぞれに荷台を工夫した4台、信号が変わるやいなや、ダッシュでスタート。ちょっと気に入っている1枚です。

 左端の1台、脚立は何にするのでしょうかねぇ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

2009年6月28日 嬉しかったこと

こんばんは

 今日も仕事でしたが5時過ぎに上がって早めに帰ってきました。夕飯を食べて自転車です。ちょっと暗くなった時間でしたが、19時34分、ちょうど新津へ回送で戻るSLばんえつ物語号に遭遇しました。

 先頭はなぜか普通以上に磨かれたピカピカのEF81です。その後ろは元12系、私の世代には新型の、もしかしたら日本最後の新型客車のこれまた改造型の6両編成。そして最後尾がC57180号機。明るい照明の光るキャブでは機関士さんと機関助士さんでしょうか?立って話しているのがよくみえました。

 さて、25キロほどで走る自転車で上記の列車を嬉しい気持ちで見送りながら走っていたのですが、抜かされてだんだん離れていくC57を見ていたら、「あれ?!?」と思うことがひとつ。

 C57180の前方。デフレクタの内側、斜めになってる部分に赤いランプが左右とも光っています。1968年くらいからの鉄道ファンというか蒸気機関車ファン。今でもSLという言葉にはなんだか抵抗を感じる古いファンですが、高校入学以後は遠ざかり気味でした。でも、蒸気機関車の前の部分、赤いランプってありましたっけ??

 前後がある機関車、誇り高き蒸気機関車は前に進むもの。一部、入れ替え機などは前後どっちにも動くでしょうが、列車に連結するとき以外は普通は前は前。たとえば後補機として付く場合でも前は前だったはず。

 一度鉄道上から消えて、ぼちぼち特別な形で運行する蒸気機関車、もしかしてこんな形で、電気機関車に引っ張られて後ろ向きに走行するケースが増えたから前にも赤いランプが設置されたのかな?と思いました。回送ではあれ生きている蒸気機関車の列車に出会えたのは嬉しいけど、本来の前部に赤い尾灯が点いているのはなんだか寂しい感じがしました。

 昔の蒸気機関車、前に赤ランプ、ありましたっけ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2273 写真の整理

384 386 3961

 一回のメモリー読み込みでファイルができ、それを見ながら面白そうな写真、好きな写真をピックアップ。画像を小さくする準備をしてブログ用写真の場所に貯めておきます。

 準備しておいても他に面白いのがみつかるとそっちがどうしても優先。中にはけっこう前のやつがそのまま残っていたり。そうなると写真を見ただけではいつのどこの写真だかわかりません。今回の3枚も385,386,396と割合連続した場所のものですが、パッとはわからなかったものです。

 元ファイルを見に行ってわかったのですが、1,2枚目は高麗大前の辺。3枚目はもう少し南へ下った京東市場の北の端にある小学校でした。道峰区から双門駅、スユ駅、ミアサムゴリ駅、チョンアム洞、高麗大前、京東市場、東大門区庁、往十里、鷹峰サムゴリ、そんな路線のリムジンバスからのこの冬の写真だと思われます。

 いろんな看板、韓国語の練習です。読んでみてください。ハングルの読み、遅い方もたくさん読めばだんだん速くなります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2272 ソウル特別市・果物露店のアジョシ

249  場所は淑大入口駅そばのガード、あ?南営駅だったかもしれません、とにかくソウルの普通の町角です。果物屋のおじさん、店の椅子で寝てしまっていました。

 泥棒が少ない国であるとともに、韓国、皆よく働く人の国です。たとえば、このすぐそばの美容室でカットしてもらったことがありますが、古い雑居ビルの1室を借りての美容室。アジュマ1人でやっていて、寝るのもそこの端のカーテンで仕切っただけのベッドだったり。食事や買い物、沐浴湯とかへ行く時だけ店を閉めるのだそうです。年中無休、夜は閉めるけど朝は7時ころから夜は10時ころまでお客が来ればやるという店でした。一日中ずっと営業時間なんだから、家なんか借りても無駄、というわけです。ソウルでは他にもそんな「店に住んでいるアジュマ1人の美容室」へ行ったことがあります。

 また、行きつけのホプ2つも年中無休、秋夕とか旧正月で臨時で休むことはありますが、基本的に休みなしです。鐘岩洞のほうは2人でやっていて5時ころから12時前まで。孔陵洞の店は1人でやっていてやはり5時から朝の5時くらいまで営業して一番のバスで帰るそうです。みな大学生の子供がいるアジュマたちです。がんばるなぁ、と感じます。

 このアジョシもたぶん朝の京東市場あたりの仕入れで4時ころから働き、7時前に店開き。夜も12時くらいまで、バスや地下鉄の動く時間はやっているのだと思います。だから居眠りするのも当然なのでしょう。お客さんが声をかけて起こす、そんな店です。

 アップして写真を見ると背景右手はキムパプ天国。ここも24時間営業。もちろん交代はあるでしょうが8時間労働なんて言っていられないのが韓国の多くの人なのではないでしょうか。 わが日本の労働条件、世界的に見れば、、というか、やはり日本を含む世界の一部の国が特別なようにも思えます。よく働く韓国アジュマ、アジョシ、応援しています。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

普通の韓国を探して2271 鉢山洞のキムチやさん

283  空港に到着、同じ旅行社のお客さんがそろったらガイドさんの先導で小型バスへ移動。ソウル市内へ向かいます。免税店のカードだのをもらって、最後に帰りの日の迎えの時間を伝達。最終日には「キムチ屋さんに寄って空港へ向かうこと」を告げられます。

 まぁこれ、詳しくは書きませんが「世の中そういうふうになっている」、というやつです。団体旅行が安い訳のひとつでもあります。いくら遊び疲れていてもバスから降りて「キムチ屋さん」の店内に入り、日本語アジュマの説明を聞いてお付き合いしないといけないのです。

 仁川空港のすぐそば、空港新都市にある新しい土産品店に連れて行かれたこともありますが、大抵は昔からの土産品&キムチの店、金浦空港の近くのパルサン(鉢山)洞にあるのです。

 安い時期には団体を利用することもあるので、大抵の店は行ったことあるのではないかな?前に1か月もおかずに同じ店へ行って驚かれたこともあります。今回のこの時は岡山発のリピーターの女性2人組と一緒で、新型インフルエンザによる旅行者の減少などの話をしながらのらりくらりと歴戦のツワモノアジュマの攻勢をかわし、後で感謝の言葉をいただきました。翌日が診療でしたのでキムチはいただきませんでしたが、オクスス茶は美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記360 新潟市近郊サイクリングの途中で

011 012 013 014

 先日のパンクの前の写真です。

 我が家から旧亀田町へ。鳥屋野潟の南、ビッグスワンとか新しい野球場を右手に見ながら農村地帯を西へ。旧黒埼町へ渡る橋の手前に天野というところがあります。そこで1枚目。羊を飼っていました。おとなしそうで、なかなかかわいいもんです。でも、何のために飼っているのかな?という疑問。やはり食べてしまうのかな??

 2,3,4枚目は黒埼町の、お馴染み新潟交通の旧線路です。小さな鉄橋がありました。他の貨物線でもそうですが鉄橋というのは特別なものでしっかり記録というか長さ、起点からの場所などが決められています。短くても鉄橋は鉄橋。地面以外の場所を線路が走るのは特別なことです。3枚目は新潟方向、4枚目は月潟、燕方向の旧軌道敷。新潟から燕まで、信濃川の土手や田んぼの中、電車が走っていたのは何だか不思議に思えます。乗っておけばよかったなぁ、と思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月21日 - 2009年6月27日 | トップページ | 2009年7月5日 - 2009年7月11日 »