« 2009年7月5日 - 2009年7月11日 | トップページ | 2009年7月19日 - 2009年7月25日 »

2009年7月18日 (土)

普通の韓国を探して2309 会賢洞3街6

187 188 189 190

 今やっているジョンヌン3洞、フェヒョン洞3街のシリーズ。失敗したのを抜いてというのはありますが、全部順番通りのアップ。ソウルの普通の町を見て、見たままに報告しています。

 自分で見返して、ちょっと興味をもったのが街灯です。細い路地、小路にもちゃんと街灯はありますが、夜になったら同じ街、どんな表情、光の状態になるのかな?なんても思っています。ソウルの街歩きの魅力、尽きることはなさそうです。

 本日はちょっと多忙。ここまでにいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2308 貞陵3洞8 平坦でない都市の魅力

066 067 069 070

 ソウルの旧市街の魅力のひとつに、起伏に富んでいることが挙げられます。一番の中心部だって南山あり、北岳山あり、仁旺山あり、駱山あり。また、江南だってたくさんの山、坂があります。

 風水に基づいて都を決めたという朝鮮時代からの歴史ある町には大抵、そんな起伏がある、これも、韓国を歩く楽しさの一つの要因になっているような気がします。歩いて上るのは大変ですが、できるだけ近くまでタクシーもしくはマウルボスで上がってそんな街を歩く。なかなか楽しいものですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

普通の韓国を探して2307 会賢洞3街5

183 184 185 186

 朝飯前の散策の写真を紹介しています。ソウルって面白い街です。どんどん変わって行く街でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2306 貞陵3洞7 

062 063 641 065

 デジカメから読み込んだ写真を縮小してブログ用の場所に準備しておき、そこから抜き出してアップロードするのですが、今回のジョンヌン3洞、ほぼ連続した写真です。ですので、割合選ぶだのなんだの考えないでもいい、楽なシリーズ。文章もあまり書かないようにしているのですが、私個人としてはこのブログの「珠玉」みたいに考えています。

 ソウルの普通の町、気に入って何度も訪問している場所の中でもいい所です。豪邸もあれば、古い小さな家もあり。木々が豊富で花もたくさん。ガイドブックでは当然項目もなければ地図にも出ていない場所です。そのままの風景をお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

とうちゃんの自転車日記367 ガルベストン通りはどうなったの?

181_2

 この道、新潟市の万代シティと呼ばれる繁華街の通りなのですが昔は姉妹都市の名前を冠してガルベストン通りと呼ばれていたはず。新しい町なのですが木を植えて、それなりに大きく育ってきた、そんな通りなのですが最近はとんとこの「ガルベストン通り」という言葉を聞きません。姉妹都市、いいことだと思うけど安易に締結、安易にやめる、そんなのは良くないなぁと思います。いったいどうなってるんでしょう?ガルベストンと新潟。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2305 会賢洞3街4 

179 180 181 182

 4号線明洞駅から5分。北側へ行くのと南側へ行くのは大違い、そんな南山の麓の普通の町です。1,2,3枚目は同じ通り。カメラの高さ、向きでいろんな顔を見せてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2304 貞陵3洞6 

058 059 060 061

 今回の4枚はジョンヌン3洞でも全部山側の風景です。北漢山の麓の古い町、緑の多い町の写真をお楽しみください。

 1枚目、オレンジ色の屋根が目立っていたお宅、2枚目はバラがあるお宅です。3枚目、最初にアップしたマウルボスの停留所のある町のほうの写真です。けっこう高い場所に上ってきたのがわかるかと思います。4枚目、いい天気の気持ちのいい日です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

普通の韓国を探して2303 写真写り慣れした韓国の人達

632 633

 仁川国際空港の出発階ど真ん中、記念撮影の準備をしていました。大学生がフィリピンへ行って、、、と、ハングルの読みの解説は省きますが、みんな写真に写り慣れているふう。

 韓国、小さな田舎の町にも写真館がありますし、赤ちゃんの写真をかなり演出して撮る仕事があったり、100日のお祝い、学校入学、卒業、そして家族写真、結婚写真のアルバムも有名です。そんなこんなで、皆、日本人よりも乗りがいいというか、写真に写る時のポーズ、表情、上手いなぁと感じます。

 このブログの最初のころ、2号線堂山駅まで写真を撮らせてもらった中学生のやつ、後で調べてお知らせしますので右下の検索などでご覧ください。似ているけど違う、自分を積極的にアピールするのに長けた韓国の人達、面白いです。

 ありました。「普通の韓国を探して28 普通の女子中学生」でした。右下のバックナンバーの項をクリック。ずっと下の2005年10月30日から11月5日の部分の中です。日本だとあんな写真、難しいことと思います。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (4)

普通の韓国を探して2302 会賢洞3街3

175 176 177 178

 地下鉄4号線明洞駅、北側はそのとおり、明洞。南側はちょっと入ればこんな普通の街が広がっています。

 1枚目、由緒正しい犬なのでしょうか、繋がれていますね。でも、ドアの固定にドライバーをコンクリにあけた穴に差し込んで、というのがいかにもケンチャナヨの韓国式。

 2枚目、やっと全部がカメラのフレームに入るようになったフェヒョン洞2街角の再開発ビルです。

 3枚目、お馴染みの建物がすぐそこに。やはりここは明洞のすぐそばであることがわかります。4枚目のような道、ありきたりの明洞よりも面白く感じる方は私だけではないでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2301 貞陵3洞5

054 055 056 057

 小広い尾根の上の古い町、貞陵3洞。下の方を見晴らした1,2枚目、山の方を見上げた3,4枚目。教会の塔が見えるのがやっぱり韓国、ソウルです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

とうちゃんの自転車日記366 コルナゴにライトスピード

041  韓国なんて何十回も行っているよ、なんていう方もこの頃は多いでしょうが、ミアリコゲ、ご存じでしょうか?6・25のとき、北韓軍がソウルに入城したときの道と聞いていますが、ソウルから議政府、東豆川、漣川へと通じる大通りにあるけっこうな峠です。4号線の誠信女子大学駅あたりからぐゎっと上り、頂上には高麗大学校の裏山に続く道が立体交差。北側は南ほどではない下りで吉音駅前、そんなソウルサラムなら誰でも知っている峠です。

 その西にあるアリランコゲ(アリラン峠)はもっと小さく、でも、もっと急な道、こちらは知名度ももっと低いかと思いますが、そこから西へ、さらに北岳山の方へ上る道が北岳山キル、別名北岳スカイウェイです。

 ソンシンヨデ入口からマウルボスをよく調べて乗り、急坂を走って行った場所がここ、山荘ビラというバス停ですが、下車した私の後ろからすばらしいスピードで2台のMTBが急坂を上って行きました。先頭はコルナゴ、2代目はライトスピード、前者はMTBの盛んな台湾製のコルナゴでしょうが、本気で乗る自転車乗りの走りは見事でした。 写真でも坂であることはわかりますが、カメラを出して電源入れて、とやってるうちにあっという間に先のカーブに消える、そんなでした。

 日本ではあまり見ないコルナゴのMTB,台湾製でもかなり高いでしょうが、円高W安の今、フレームだけ買ってきて日本で組み立てて乗れば目立つこと請け合いです。MTBファンの方、コルナゴ、塗装もきれいでしたし、ソウルの自転車店、行ってみてはいかがでしょう。 日本同様、大きめの本屋へ行き、自転車雑誌を見れば後半の3分の1は本格的自転車店の広告です。同じ自転車乗り同士、行けば何とかなりますよ。3~400万W用意して韓国へコルナゴMTBフレームを買いに行く、私もやってみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2300 モナミペンでわかる人は韓国居住経験者?

131  韓国語能力試験の時に配られる安っぽいサインペンがモナミペン。「コンピュータ用」と書かれていますが、コンピュータで読み取るマークシート式回答用紙のためのペンということのよう。韓国人ならこのモナミという名前、誰でも知っているでしょうし、韓国在住経験者、留学、研修経験者ならみなさん御存知だと思います。

 今回の1枚はそのモナミブランドのホワイドボードマーカーです。買ったばかりの地図帳に行った経路、行った町をマークするためにと思って空港のコンビニで買ったのですが、やはり消すことを考えたマーカーで、なんだか透きとおった色。ちょっと失敗でした。でも、空港の売店で何でホワイトボード用のマジックを売ってるの?って思いました。働き者の韓国人のためかなぁ?とも思います。よく読まずに買った私が悪いのですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2299 会賢洞3街2

1711 172 173 174

 雑踏の明洞から退渓路を渡って7分。そんな場所。南山の麓に広がる普通の街です。2枚目はフェヒョン洞2街の再開発アパート。南山3号トンネルから明洞へ下ってきた右手前の角ですので韓国の1等地。いったいいくらくらいで分譲するのでしょう?昔からここに住んでいた人が買って入居できる金額なのか、ちょっと心配でもあります。

 4枚目、パシフィックホテルが見えますね。まぁ、そんな場所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2298 貞陵3洞4

050_2 051_2 052_2 053_2

 このシリーズの最初に書いた言葉、解説はいらない、というのがだんだん明確になってきた感じ、おわかりでしょうか。たぶん住民手作りの道路、階段、それぞれ工夫をしながら工事をした、そんなふうに感じられます。やっと尾根に上がったあたりが3枚目。割合広く開けた小さな尾根の上の町です。振り返っての風景が4枚目。北漢山はすぐそこです。

 コメントいただいたご感想にあった「乾いた感じ」。ホストである私もなるほどなぁ、と思う上手い表現です。確かに韓国、実際の気候も日本よりも乾燥気味ですし、こんな街の風景からもカラッとした明るさを感じますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

普通の韓国を探して2297 会賢洞3街1

167 168 169 170

 右下のずっと下に出てくる前日の検索ワードトップ10。前にも書いたように風俗関係、遊興酒店関係のものが上位に来ることもしばしば。やはり男性のそういう目的での訪韓はまだまだあるのでしょう。私も行ったことがないルームサロンとか、やはり言葉が必要です。どんな理由であれ韓国語を学び、話す人が増えるのは大歓迎。どんどん韓国で遊ぶ日本男子が増えてほしいと考えています。ルームサロンに関しての勉強をされたい方、韓国映画がお勧めです。「ボス上陸作戦」、「ファミリー」あたり、タイトルを検索してみてください。

 1枚目、明洞駅の南側すぐ、ニューオリエンタルホテルの脇の道です。ここにもちゃんと「シャンプーCLUB」というルームサロンというか遊興酒店がありました。お金さえ100万Wとか出せば1人でも遊べなくはないのでしょうが、そんなお金があればもう一回韓国に行ける、そんなふうに考えてしまう私です。

 2枚目以後はそこらへんから南山の麓の町を歩いた時の写真ですが、いい風情のある細道、路地、まだまだソウルに、韓国に、無限にあると思います。時々写真に関してのお褒めのコメントをいただきますが、私の腕というよりも普通の韓国の街角がすばらしい被写体である場合が大部分、と謙遜しておきましょう。どこでも行ける脚と体力、そして語学力を含む総合的な「韓国力」も必要ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2296 貞陵3洞3

046 047 048 049

 北漢山からの谷川に沿う小さな尾根の上に開けた町が貞陵3洞です。日差しの眩しい初夏の日の午後、汗をかきかき大きなカバンも抱えながら上って行きました。前にけっこう歩いた場所ですので、見たことのある場所も多数。でも、楽しい町歩きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月5日 - 2009年7月11日 | トップページ | 2009年7月19日 - 2009年7月25日 »