« 2009年7月19日 - 2009年7月25日 | トップページ | 2009年8月2日 - 2009年8月8日 »

2009年8月 1日 (土)

とうちゃんの自転車日記371 妻有大地の芸術祭に行ってきた

001 002 003 004 005 006   車で、ですが、この水曜日、妻有大地の芸術祭に行ってきました。3年ごとの開催で、前のときのも韓国作品をちょっとこちらでアップしました。

 はるばる車を飛ばして行ってみたのですが、けっこうな雨。外へ出られないような降りのときもありましたが、いい気晴らしになりました。

 1枚目は前に行っていたことのある松代病院。だいぶ前に歯科はなくなってしまいましたので、当時のスタッフの方もすでに退職しておられましたが、その人たちを知っているという方と話せてうれしかったです。残りは松代駅周辺の屋外作品。ガイドブックも出ていますがとても1日では回れない、そんな展覧会です。意外に県外のナンバーの車も来ていました。とてもきれいな田舎です。夏休みのドライブでいかがでしょう?6枚目の写真にあるはらた屋という食堂。何でも美味しいようです。行きたかったけど次の目的地へ移動のため、また早い時間だったため、寄ることができませんでした。

 芸術祭の写真はそっち関係、いくらでもあるので、この後少し、田舎の風景をアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2330 またまた果実カゲ露天商アジョシの居眠り

215  場所は清涼里駅前、すぐむこうはロッテデパート清涼里店です。朝の時間でまだ人もまばらですが、露店の果物屋、やっていました。韓国人は果物好き。お茶菓子のような感じで果物を出してくれますし、地方の食堂なんかだと食事の後にサービスでその土地の名産の果物を出してくれたり、そんな経験もあります。

 前にも南営駅前の果物露店。寝ているアジョシを紹介しましたが、ここでも居眠り中。たぶん朝は7時前から、夜は12時過ぎまで働いている、そんなだと思います。週休2日だの、8時間労働だの言っていられないのが韓国の庶民、特に商売やっている人の当たり前の生活なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2329 발산동에 있는 일본관광겍용 선물가게

282  何度か紹介していますパルサン洞のキムチ屋さんです。団体の旅行の帰りにはたいてい寄る場所。昔からの店はかつて国際空港だった金浦空港の手前、鉢山洞にありますが、仁川国際空港手前の空港新都市の店に連れて行ってもらったこともあります。

 キムチやコチュジャンの試食販売のほか、食品、工芸品関係のお土産が沢山。日本円も使用可、また日本語も通じますので、お土産の補充などには便利な店です。キムチの王様と呼ばれるというポッサムキムチも売っています。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月31日 (金)

普通の韓国を探して2328 清涼里駅前の朝

210 211 212 213 214

 案外朝は遅い韓国です。沖縄と似た感じで、夜更かし型の国だと感じます。1,2枚目、屋台がそのまんま、歩道に置きっぱなし。日本だったら絶対摘発されてしまうでしょう。そこらへん、生活のため、いい意味のケンチャナヨがまかり通る韓国です。3,4枚目も店じまい状態の露店。いたずら、泥棒はありません。

 5枚目はニューブーリム観光ホテルと清モテル。どちらも駅のすぐそばで、なかなか良い安い宿だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2327 スグレハルモニチプのメニュー2

170 175 176 177

청량리 현데코아 옆에 있는 단골가게의 메뉴이다.

 1枚目、私の頼んだもの、レバ刺し少なめ5000Wとマッコリ3000Wです。今の交換率だと8000Wは700円くらい。日本だとバカ高いレバ刺しが5000Wで食べきれないくらい出てくるのは嬉しいもんです。

 2,3枚目は冷蔵ケースの中、牛レバーの塊も見えますね。4枚目が店の名前にもなっている慶尚道名物のスグレ煮込みとホパ。スグレは皮を剥いだ牛の皮下結合組織の煮物です。牛の匂いがしっかり。輸入牛ではない、国産牛です。遅い時間のため、一緒になっていますが、手前、黒っぽいのはホパ。牛の肺の煮込みです。すごく美味しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

普通の韓国を探して2326 スグレハルモニチプのメニュー

1711_2 172_2 173_2 174_2

 行きつけの店の店頭です。アジュマに許可を得て、ちょっと置いてあるアンジュ(肴)類の写真を撮らせてもらいました。勝手に撮っちゃいけませんよ。盗み撮り、隠し撮り写真はいけません。韓国アジュマ、怒ると怖いです。

 モンゲにタクパル(ちょっとフォーカス甘くてごめんなさい)、いろんなジョン(煎=衣をつけて焼いたもの)。 韓国どこでもそうですが、日本の居酒屋のようにいろんなものをちょっとずつというのはあまりありません。一つのメニュー、1人では食べきれないくらいにたっぷり出てきます。ある程度常連になれば混ぜてもらったり、ちょっと食べてみたいので一切れください、なんて甘えも可能だったりします。まぁ、1人で飲み食いする習慣がなく、まず2人以上で食事をするという韓国だからしょうがないのかな?

 余談になりますが、新潟県ではあまりホヤは人気が無く、売っているところもかなり限られます。やはり東北の太平洋側の食べ物なのでしょう。先日の地方紙の記事では最大の産地はやはり宮城県。でも、その40%以上を韓国に輸出しているのだそうです。日本人以上に韓国人、ホヤが好きなようです。もしかしたらソウルの清涼里駅そばのこの店のホヤも日本産かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記370 高校野球を見に行った2 

014 016 021 027 035 040

 23日の準々決勝も見に行きました。この時は新しくできた県立野球場。初めから1塁側に座って観戦しました。まだ一般学生の応援はありませんでしたが見事な応援をも楽しみました。タイコ君も元気に応援の指揮をとっていました。

 最後の2枚、スコアボードですが、この学校、この時もコールド勝ち。昨日雨の中行われた決勝でも大差で勝ち、県大会優勝とのことでした。おめでとう。甲子園でもがんばってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2325 4号線、6号線ノウォン駅付近

022 023 024 025  葦院と書いてノゥオン。韓国には「~院」とつく地名が少しあります。朝鮮時代の公的機関の連絡所があった場所だか、そんなふうに聞いています。このノウォンは今はソウル市の北東部。一番近い「イン」だったのかもしれません。江戸でいえば千住とかそんな感じでしょうか。

 1枚目、その場所で少しいて、その後どこかへ行く場合、こんなふうにバスの行き先表示を撮影したりします。簡単に拡大表示が可能な今のデジカメ、何番のバスに乗ればどこへ行けるか?の覚え書きになります。このバスもソウルの端から市内中心部まで、なかなか利用価値の高い路線です。読んでみてください。

 2枚目、「ベンベンペッション(バンバンファッション)」の店がありますね。韓国どこでも人の集まる場所にはきっとある、そんなカジュアルファッションの店です。手前、「近い場所には自転車で」という表示。自転車好きには嬉しい標語です。

 3枚目は歩道。この辺、比較的古い時期に開発されたアパートが多い町ですので、道も広く、歩道もこんなに広いです。江南と比べるとこのノウォン、サンゲ、チュンゲ、ハゲ洞、庶民的な、間取りが小さめのアパートが多いようですが。

 4枚目はクリスピークリームノウォン店。ずいぶん前にできて、ずでに紹介したかと思いますが、ソウルにはけっこうこの店、ありますし、特別混んでいるとかではありません。この他高級ファミレス系、アウトバックとかTGIフライデーズとか、ロッテの大きなデパートもありますし、一応なんでもある、大きな繁華街です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

すばらしい韓国の食事481 マンドゥチョンゴル

029 030 031 331

 マンドゥ、饅頭と書きますが、韓国では餃子のことと言って良いでしょう。チョンゴルは汁の少ない鍋もの。汁が多いとタン(湯)になります。でも、私の感想だと汁の多少というより、供される鍋の深い浅いの違いによる区別のようにも思えます。マンドゥチョンゴル=餃子鍋、という感じです。入っている材料は、餃子の他、豆腐だの、雪だるま型のスジェビだの、あとは白菜キムチ、野菜類と、キノコ、きざみニンニクです。

 おなじみ、出てきたときはそれなりに盛りつけられていますが、煮てしまえばごっちゃごちゃ。それが韓国の鍋ものです。しかし、これも、トッポッキとかプデチゲに似ていますね。トッポッキとプデチゲはまさにそっくりですけど、さしずめいとこってとこでしょうか?ラーメンの麺が入ればそっくり、そんな料理ですねぇ。4枚目はサービスのシッケ。口の中をスッキリさせる飲み物という感じかな? 

 わざわざこれを食べに行く、という感じのメニューではなく、複数で粉食系の店に行って、バラバラなものを頼むより一つの鍋をつつくもの、というふうに選ぶ、そんな食べ物かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2324 清涼里ビュー2

193 1941 1951 1961 197 198

 最後の1枚はオマケ、トムです。我が定宿の一つ、「清モテル」が写っています。すぐそばの観光ホテル、ニューブーリムホテルよりも安くてきれいです。飛び込みの値段での話ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2323 清涼里ビュー1

185_2 187_2 188_2 189_2 190_3 191

 地下鉄の排気装置だったか、信号の制御装置だったか、そんな構造物のはじっこにカメラを置いての連続写真です。動画とはまた別の面白さがあると思います。撮影者の技術など関係ない単なる風景写真ですけど。

 特に意図して撮ったわけではありませんが、2枚目、バスは走っているのでブレて写っているのに、大通りの向こう側の店のネオンだけがそのまま写っているのは面白いと感じます。

 さらに余談ですが、「意図」は「いと」と読みますよね。普通の日本語の音だと「ず」が一般的。ところが韓国語の音だと「도」となり「ト(もしくはド)」と読みます。日本語だと特別な読みなのが韓国語では普通の音読みの音。実は昔の中国の音だと「ト」になるのかな?なんて気付いてちょっと面白かったです。地図は지도 ちょっと前に貞陵3洞の項で紹介した路線図は노선도となります。中国語で「図」、はたして何と読むのでしょう?ご存じの方、コメントいただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

とうちゃんの自転車日記369 高校野球を見に行った

043 048 051 053 058 061

 先日の休み、2回ほど高校野球の県大会を見に行きました。今回紹介するのはその1回目のほう。暑い中、自転車でとやの球場まで出かけて行きました。

 1枚目、入場券。500円でした。売っているのは高校生、もぎりも高校生。駐車場の整理なども高校生が中心です。すでに負けた高校なのか、それともあらかじめ決まった当番制なのかわかりませんが、なかなか好感を持ちました。

 2枚目、入った時にやっていたゲームが試合終了。校旗の掲揚と校歌斉唱です。これも知らなかったのですが負けた方も後ろで並んで聞かないといけません。「ああ、負けた負けた~ぃ」なんてすぐに帰るのかと思っていたので新鮮でした。後方、応援席にはすでに次のゲームの学校の応援団が入っています。

 3枚目、守備練習。あとで知ったのがシートノックという話。限られた時間でしっかり練習するように組まれた感じです。強い学校のシートノック、なんかショーのようにも思えました。「どうだ?すごいだろう?俺達」ってな感じで、相手にアピールする、威圧する感じも受けました。後ろでは応援団もちょっと活動開始です。

 4枚目、プレイボールの挨拶。この後、むこうのスタンドの応援がなかなか面白いので移動です。

 5枚目、応援団です。これ、皆控えの、出られない選手たちのよう。しかし強豪校なのか60~70人もいます。タイコの音を中心に声を出したり踊ったり、なかなかの見ものです。私もともとタイコとラッパが好きで、たまに家で吹いて家内に怒られたりしていますが、なかなか見事な太鼓です。何年生でしょうか?飲み物だの持ってきてくれるので3年かな?背番号なしのユニフォームのタイコの人。ちょっとファンになり、勝手に「タイコ君」と名付けてしまいました。実はこの次のゲーム、準々決勝もこのタイコ君のばち捌きを見に行ったのです。

 6枚目、5回が済んでのグランド整備。これも、すでに負けた学校か、当番の学校か、白服の野球選手がやっています。えらいなと思ったのはゲームをやっている選手たち、この整備の人たちにしっかりありがとうの挨拶をすること。「運動部のがエライ」という考えには反対ですが、こういう規律というか礼儀はいいなと感じました。

 上に書いたようにこの次のゲーム、23日にも見物に行き、この学校、見事10対0で6回コールド勝ち。今日が準決勝なのですが、、仕事で行けません。甲子園、今まであまり興味が無かったけど、応援とかも面白いし、もしも休みが合えば、見に行ってもいいかな?と思うくらい好きになりました。タイコ君の学校の試合であれば、きっと行きます。

 後で知ったのですが、県大会は20人が背番号をもらえて、でも、甲子園では18人だとか。出られない選手もたくさんいるのですが、外れる2人、残念ですよね。また、県内では圧倒的に強い学校でもわが県の代表、大抵は甲子園ではあんまりだったり。上には上、とは言いますが、皆毎日猛練習をしているのです。何と言うか、、一時期でも何かに打ち込めるのは、きついけどいいことだし、後でいい思い出になることでしょう。負けた学校、まだ勝ち残っている学校、全国の高校野球部のみなさんを応援します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2322 三千里自転車 ノウォン区上渓1店

201  この看板、韓国のあちこちに見られる三千里自転車の店です。徐々にではあれスポーツとして自転車に乗る人が増えている韓国、流行に敏感な国民性からこの数年の自転車熱はなかなかです。三千里自転車は本格的というよりは一般的な、でも、ちゃんとした自転車店です。

 日本同様、自転車雑誌の後半には専門的なスポーツ車を扱う店の広告がたくさん。そんなのとは別で、街角に普通にあるのがこの三千里自転車です。どっちかといえばMTBが人気の韓国。日本同様に安い中国製の「道路以外は走らないでください」と注意書きのあるなんちゃってMTBが多いですが、ここでも何度か紹介しているように、マーリン、ライトスピード、チネリ、ルック、BMC、コルナゴなど、本格派はかなりいいのに乗っています。

 自転車好きの方、同じ趣味の者どうし、言葉はあまり通じなくても自転車店を訪問されてみてはいかがでしょう?安いか?というとあまり安くはないのですが、高級MTBフレームに関してはけっこう品数がある店もあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2321 수구레할머니집에서 본 풍경

178 179

 清涼里、現代コア前の行きつけの店、「スグレハルモニチプ」からの風景です。店内のテーブル席もありますが、店頭の露店席が3,4人分。そこで飲み食いするのが好きです。常連さんもそういう方がおられるようで、案外人気の席です。

 今回の2枚は隣の店、24時間営業の食堂兼飲み屋である「楊平ヘジャンクッ」の様子。「ヤンピョンヘジャンクック(楊平介軍ヘジャンクッ)」というと大きなチェーンの店が韓国あちこちにありますがそれとは別。もしかしたらこちらのが古いかもしれない店です。

 レバ刺しを肴にマッコリをやっていると隣の店のアジュマが出てきて道路に面したテーブルに置いてある水槽から何か取り出そうとしています。2枚目、左手でぶらさげているのが、ちょうど灯りと重なって見えにくいけど、活けのテナガダコです。いわゆるサンナクチの注文を受けて取り出しに行ったよう。大きめの、でも元気のいいナクチを1匹ぶら下げてまな板の置いてあるとこへ。ちょうどそんな風景です。

 清涼里駅からは見えませんが清涼里在来市場の東入口付近のこの界隈。大好きな場所になってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月19日 - 2009年7月25日 | トップページ | 2009年8月2日 - 2009年8月8日 »