« 2009年8月16日 - 2009年8月22日 | トップページ | 2009年8月30日 - 2009年9月5日 »

2009年8月29日 (土)

すばらしい韓国の食事483 よくある失敗・マポチェデポでソグムクイ

548 549

 またやってしまいました。孔徳駅そばの有名店、「マポチェデポ」で豚肉塩焼きを食べた時の写真です。

 1枚目は入口。大通り側でなく裏手の細い道から入ります。行ったことある方ならわかりますよね?入口は小さいけど直方体の展開図のように周囲の店を買ってどんどん大きくなった繁盛店です。

 そして2枚目、本日コメントをいただいたかねごんさん、そのお友達と3人での焼き肉。塩焼き(ソグムクイ)を注文して、葉っぱやパムチム(葱のあえもの)が出てきたとこで1枚。でも、この先は、、、食べるのに忙しくて写真はありませんでした。

 韓国の言い方で「隣の友達が死んでも気づかないくらい美味しい」というのがありますが、そんなのがわかるような気がする豚焼肉の名店です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2263 麻浦・マポオク周辺

390 391 392 393 394 395

 韓国の地名、「~院」というのは朝鮮時代の政府の連絡所みたいなのがあった場所。「~浦」とか「~津」は港のあった場所です。道路交通が発達していなかった時代、大きなもの、重い物を運ぶのは船による運送が中心。漢江の上流からは穀物や木材、下流、海からは海産物などがソウルへ運ばれる、そんな港の一つが麻浦だったのでしょう。

 わが新潟も港町、港港に女ありという言葉もありますし、美味しいものが集まるのも港です。同様にこのマポも、そんな場所だったのでしょう、「チュムルロッk」という新しいタイプの焼き肉、それに海物湯(ヘムルタン)の発祥の地という話もあります。ソウルの食通、食道楽の集まる場所の一つとも言える場所です。

 1枚目、マポオク手前の川べりの駐車場への入口です。なぜこんなとこの写真?というと、朝とか、平日でもこの道を通るスポーツ車のサイクラー、しばしば見かけるのです。歩きの私、入ったことはない道ですがソウルの自転車乗りならたぶん誰でも知っている漢江自転車道路のマポの入口がここなのではないかと想像しています。

 2枚目、麻浦屋のビルが見えます。周囲にも飲食店がたくさん。3,4枚目は道路向かい側にある「麻浦『王』カルビ」、5枚目はマポオク並びにある「チュムルロッkチプ」。元祖だの本家だの、似たような名前の焼き肉屋、特にチュムルロッk屋が多いのが麻浦です。

 6枚目は広い通りから裏通りへちょっと入った場所、マウルボスの発着所があるところですが、お年寄りたちが自願奉仕でしょうか?道路の清掃をやっていました。たらたら流してる感じのオババもいれば、実によく働くじいちゃんもいます。まぁこれも町内のレクリエーションみたいなものなのでしょう。上がってのお昼にはきっと焼酎もやるのではないかと想像しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月29日 「画像の挿入」が開かない

 おはようございます

 ニフティの管理のとこ、「画像の挿入」というとこが動きません。何でだろう?まぁ、仕事ではなし、お休みです。お昼休みにでも時間があればもう一度トライしてみましょう。

 仕事は超多忙。明日は休診ですが今夜、仕事の後東京へ行き、明日はお昼からちょっとした集まりに出ます。本業が忙しいのは喜ぶべきこと、しっかり働きます。

 休みの皆さま、よい週末をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)

2009年夏休み日記5 27日は瓢湖と津川方面へ

166 167 169 170 171 172 173 174  最終日27日は東へ。まずは瓢湖です。白鳥の飛来地として有名ですが案外歴史は浅く昭和25年頃からとのことでした。今でも居残ってる白鳥、コガモ、そんなのが餌をもらっています。けっこうたくさんいるシラサギはえさ場には近づきません。何と言っても蓮の花が見事な晩夏の風景です。

 その後49号に戻り津川へ。清川高原保養センターだか、津川の町の対岸の山の上にある日帰り温泉でまたまた温泉を楽しみました。つるつるぬるぬるする不思議なお湯です。先日の箕面スパガーデンに似ているかな?そうと知らないでると変な感じの温泉です。

 この東蒲原郡、福島県に所属していた時期もあったとか聞いていますが、標高はあまり無くても面白い格好の山が沢山あります。後半4枚、その日帰り温泉付近からのものですが、山好きには嬉しい場所です。

 水原から安田、三川、津川と走る国道49号線、阿賀野川の渓谷の道でやはりなかなかの風景です。我が新潟県、なかなかきれいな景色の場所もたくさんあるなぁ、と3連休、あちこちを車で訪ねて、感じました。アピールしたり宣伝するのが苦手と言われる県民性の新潟ですが、普通の風景の中に自慢できる場所、けっこうあると思うのですけどねぇ。

 まとまった休みがあって、何もしないで家にいたりするとなぜか機嫌が悪くなってしまう私、自由にふらふら遊ばせてくれた家内に感謝です。3日とも、実は午後早くには戻っていた私ですが、好きなことをやった、そんな満足感のある休みでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年夏休み日記4 小千谷のJR発電所調整池の景観

133 134 142 136 137 138 140 141

 この発電所、山本山という山の中腹に2つの調整池を持っています。ずっと上流の高さにある池、ちょっと下にある池、いずれも、現在取水中止中ですので、草が生え、原っぱになっていて、ごく一部に水がたまっています。魚がいっぱいいそうですよね。

 しかし割合浅目の人口のため池、取水塔が真ん中にある風景、なんだか珍しい、不思議な感じがします。3枚目4枚目、塔の下が水を落とす口ですね。5枚目と7枚目にははるばる地中を何十キロも流れてきた水が池に放出される口が見えています。4枚目の取水塔はなんだか宮崎アニメに出てくるロボットみたいでステキです。

 この後山本山山頂まで車で上がってみましたが南方向は太陽光の関係であまり展望が開けず、この調整池の風景のがずっと変わった、面白い写真になりました。ここ、ずっと前に何度か来たことがある場所ですが、水のないため池が原っぱになっているのは知りませんでした。面白い風景でしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年夏休み日記3 小千谷のJR発電所

121 125 126 127 128 129 130 132

 昔、中里村とか松代町に仕事で行っていた時によく通った国道117号線のすぐそばにあるJR発電所の水を落とす部分です。下の道は何度も通っていましたが上のほうから見るのは初めて。これも時間のある休日ならではです。

 2枚目は慰霊碑。150余人の工事中の死者が出たとのこと。中里村の宮中という場所で信濃川の水を取り、ここまで平らにパイプで送って一気にまた信濃川に落として電気を作るという目論見、昔でも、今だったとしても大きな工事です。3枚目以後もその発電所の写真ですが、今は水がありません。そう、JRが不正に、少し多めに川の水を自分の方へ流していたのがばれて新潟県が怒り、今のところ使用禁止になっているだか、そんななのです。首都圏の国電の電気はここで作っていたと聞いていますが使わないでもいいのなら、水量の多い信濃川のがいいですよね。どうなるのか?あまり興味もない一般県民です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年夏休み日記2 26日は出雲崎の馬頭観音&墓参り

100 099 101 107 109 112 115 118

 1枚目は寺泊と出雲崎の間。この辺、気持ちのいい海岸の道です。2枚目は振り返っての寺泊方向、3枚目はもうすぐ出雲崎というあたり、井鼻という集落から左へ折れ、山に入るとすぐに4枚目の馬頭観音像。車を停めてお参りです。 そして沢田というほうへ向かうと5枚目の趣のある家。もうすぐ黄金色の稲穂です。

 その後、せっかくここまで来たのでということで長岡へ向かって父と家内のお父さんの墓参り。6枚目のような典型的な美しい田舎です。7枚目はトイレを借りに寄った来迎寺駅。ちょうど特急の通過ということで1枚。最後の8枚目はそこから小千谷方面へ向かう道。小粟田原という河岸段丘で、昔は飛行場があったとか、そんな広い高原ぽい場所です。やはりもすぐ色づくであろう田んぼがきれいな、気持ちのいい場所でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年夏休み日記1 8月25日は「ごまどう湯ったり館」へ

093_2 094_2 095_2 096

 急に生じた3連休、韓国行きのキップを申し込んでキャンセル待ちしていましたが結局1席も空かず、日本で過ごすことになりました。「何をやってもいい3日間」ということにして、車にも乗っていい、というわけで、初日は田上町というところの日帰り温泉、「ごまどう湯ったり館」へ行きました。

 1枚目は途中にあったお店の看板、いかにも古そうなので信号待ちの車の中から1枚。2,3,4枚目はその日帰り温泉からの新潟平野ですが、見事な景色。なんだか秋空みたいな感じで、晴れていたけど暑くない、そんな日です。

 護摩堂山という山の中腹にあるため、露天風呂からもこんな大展望が望めます。実際のこの写真は風呂の上にある展望休憩室からのガラス越しです。2枚目は昔は島だったという弥彦山と角田山(低い方)。3,4枚目は新潟市方面。3枚目の遠くには佐渡の山々も見えています。まったく、この景色を見ることができただけでも行った価値がある、そんな気持のいい温泉でした。

 海を見ると気持ちが大きくなります。森とかの緑を見ると気持ちが安らぎます。この風景、なんだかその両方を兼ね備えた感じがしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2262 夜の市場・清涼里

162 163 164 165

 昨年の今頃からでしょうか?よく泊まるようになった清涼里です。龍頭駅からの道、在来市場から東西市場、果実市場のあたり、かなり道を覚えました。韓国、ソウル、夜遅く1人で歩いていても全く不安を感じません。ベトナム旅行を考えていますが、韓国と同じつもりでふらふら歩くと危ないかな?なんて不安もあります。日本と韓国、世界でも特別に治安のいい国ですから。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2261 トンアム洞を歩く2

091 092 093 094 095 4号線誠信女子大駅付近がいわゆるトンアムドンですが、そこから北の山にかけても同じ町名です。上の方は新しいアパート、下の方は普通の町。急坂をマウルボスが走るトンネです。かなりの傾斜であること、1枚目の写真でわかるでしょう?

 2枚目は韓国人が好きなフライドチキンの店、ほんとうにたくさんのチェーンがありますが、ここは「ネーネー(はいはい)チキン」です。初めて見たかな? たくさんそういう宅配チキンの店があるためかオマケ競争がたいへんな業界です。

 2,3枚目ともフェンスは工事中のアパートかな?4枚目はパンアッカンという業種。ゴマやトウガラシ、米、そんなのを粉にしたり油をしぼったり、精製する店です。時前の持ち込みでなく、販売もやる場合が多そう。普通は地方の市場の中なんかにあります。

 5枚目もアパート建設現場。新潟ではマンションの供給過剰、値崩れが言われていますが、ソウルはどうなんだろう?市内に限らず北の議政府東豆川のほう、南の龍仁だの河南、もっと南、たぶん空きが目立つアパートもあると思うのだけど、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

普通の韓国を探して2260 大田の韓方薬店、韓医院の多い町 

498

 大田市の割合駅の近く、大田川に沿ってかなり大きな市場があります。駅前正面の通り、駅から向かって左側が市場、右手は怪しい旅館だの映画館だの、ちょっとさびれた感じがする街なのですが、そこに有名な「ハンバッ食堂」があります。

 先日の2度目の訪問でちょっと味が落ちたかな?という話を書きましたが、その食堂の周辺、こんな韓薬材料、韓医院の集まる町になっていたのでした。韓国語がお分かりの方、看板を読んでみてください。韓国人って本当に韓方が好きなんだな、とそんな店を見かけるたびに感じますが、大きな都市だとこんな町がきっと一つや二つあるのかもしれません。

 アップして見直したら通りの正面、ちょうどKTXテジョン駅の大きな看板が見えますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2259 돈암동を歩く

086 087 088 089 090 4号線の漢城大入口、誠信女子大入口あたりで降りたことがある方ならお解りでしょうが、北の方、かなり急な山の斜面にこれまたのっぽのアパートが立ち並ぶ町があります。北の方、貞陵洞から山を越えて下りてきたときの写真ですが大アパート群の中の残された土地も、さらにアパートになって行く、そんな町です。一部、古い町、それと、お寺なんかがある地域がありますがやはりどんどん変わり行くソウルの古い町の一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月23日 (日)

2009年8月23日 仕事でした

 やっと片づけを終えたところです。やはり夏休みの最後、忙しいです。たまにネットの速報で甲子園の経過を見ながらでしたが、日本文理、ついに決勝まで進みました。おめでとう。

 「くじ運が~」なんて声も聞かれますが、それでもある程度の実力が無ければ決勝まで行けるわけはありません。今年は各県のチームが小粒とも言われていますが新潟勢初の快挙、すなおに喜んでいます。予想通り一番強いと思っていた中京との決勝。持てる力を出し切ってくれれば、勝っても負けても文句はありません。県大会の3回戦、準々決勝、甲子園の3回戦を見たわけですが、にわか高校野球ファン、いい夏になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2258 ソウルの名所、仁寺洞

148 150 149

 1枚目は土産品店の多いインサドンキルのど真ん中。「キル」とは道の意味。「~通り」ということですが、その界隈の呼び名としてよく使われます。「街」というのはもっと堅い感じの地名そのまま。普通は数字の付く町名のときに「鍾路3街」とかいうふうに使われます。単一の洞名のときには使わないかな?そんなふうに感じてます。

 で、1枚目なのですが、日本にはあまり無さそうな突風が吹いた瞬間のもの。通りを行く皆が声を上げ、品物が吹き飛んだりしたのですが、案外写真になってみると迫力がありません。前に「ソナギ」が日本の夕立ち、にわか雨とは違うと書きましたがこんな突風もあまり日本では吹かないのではないかと感じます。

 2枚目はタプコル公園前の国旗売り。今でもじいちゃんの集まる場所ですが、最近行っていません。時には日本人には困る状況になりうる、そんなふうに思います。韓国の人って政治の話、好きですからね。話は国旗売りに戻りますが、やはり、、、日本の国旗は無かったので、1枚、という写真です。

 3枚目、何十回と行っているのに案外新鮮に感じたインサドンの細い通りを走るマウルボスです。インサドンキルに直行する道路、なかなかインサドン通りを越えるのに苦労しそうな感じです。親子は外国人、やはりここはインサドンですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2257 消防車・鍾路1街交差点

027 028

 乗り物が好きです。やや小型のラセッティなんかが多いパトカーはあんまりですが機動隊(戦警=戦闘警察隊)のバスには乗ってみたいです。消防車も、ついついカメラを向けてしまいます。

 場所は鍾閣駅の上、ソウルのど真ん中です。バスが信号で止まっていたら対向車線から左折して鍾路2街方向へ走って行きました。道路の狭い町があるソウル。住宅、商店、町工場の密集地域もたくさん。いろんな大きさの消防車があるのではないかと想像しています。また、消火栓の整備が不十分な地区もあるのか写真でも写っていますが自前のタンクを備えたタイプがかなり見かけられます。

 2枚目のむこうのビルはYMCAかな?古いビルですが、周囲も案外大きな建物が無いので目立ちます。いずれはあの辺も再開発になるのでしょうが、細い路地に韓屋が並ぶ古い町がまだ残っています。一時はホテルソンビに何度も泊っていたのであの辺、私、詳しいんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月16日 - 2009年8月22日 | トップページ | 2009年8月30日 - 2009年9月5日 »