« 2009年9月20日 - 2009年9月26日 | トップページ | 2009年10月4日 - 2009年10月10日 »

2009年10月 3日 (土)

すばらしい韓国の食事487 KTX開業でよくなくなったもの?

529 528

 昔は韓国の汽車、車内販売のトシラク(弁当)、そしてキムパプがありました。それぞれ5000Wと3000Wだったと思いますが、最近見かけません。変わって現れたのが駅のホームなどの売店での弁当です。省力化のためでしょうか?でも、昔からの汽車旅行を知る者にとってはなんだか残念です。

 今回も行きのKTX、帰り、東テグからのセマウル号。どちらも飲み物や菓子の販売で、弁当やキムパプは売っていません。写真はしょうがなく買った東テグ駅9番線ホームの弁当、忠武キムパプのセットで4500Wでした。忠武タイプだけのものは4000Wだったかな?普通のキムパプだけの3000Wのがあればよかったのに、、、残念でした。あの酸っぱくて辛いイカ、あまり好きじゃないし、通常のキムパプの親しみやすい味が好きなんです。味無しの忠武式はあんまりなんです。

 飲み物はカエデ科の木の樹液だかのコロセナム樹液。3000Wです。これについては項を改めてまた書きます。

 余談ですがこの海苔巻弁当の箱、「アレア」という文字が使われていますね。どういう立場の文字なのか、外国人には理解しにくいですが、「・」という点が「ㅏ」の音なのです。チャムタイム」というのがブランド名です。覚えておきましょう、アレア。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2400 東横イン釜山駅前1

069 070 071_2 072 073 075

 ネット予約で54000W、清潔で設備もしっかり、ではありますが、私はもう泊らないでいいかな、というところです。

 写真の通り、見事なほどに日本のビジネスホテルそのまま。部屋の狭さもそのまんまです。大きなカバンを広げるスペースはありません。違うと言えば6枚目、ガラス板のスタンドランプが韓国趣味かなという程度です。3枚目の写真のように窓の外の景色は釜山の山の多い街。なんか不思議な感じです。

 お客さんはほとんど日本人のよう。日本と似ているのが好きな方には向いていますが、私ならやはり5万以上出すなら、もっと安くて設備のいい韓国式のモテルを選びます。ソウル以外ではまず5万なんてモテルはあり得ません。35000とかで、へたすりゃこの3~4倍の広さの部屋に泊れます。

 ネットで話題のエレベータの輸送力不足もそのとおり、地価の高い韓国で採算を合わせるため、のっぽなビルにたくさんの客室を作ったためでしょう。夕方、朝は乗れないで通過ということがよくあります。韓国語で尋ねたら、韓国人女性フロントも苦笑いしていました。また無料の朝食もゆっくり行くと何も無いと聞いています。1泊して良かったらここで予約してソウルでも泊まろうかと思っていましたが、話のタネという感じ。あまり友人知人には勧めたくない、そんな感想を持ちました。場所はいいんですけどねぇ。

 写真にもありますが、昔からある隣のアリランホテル、こっちへも泊ってみたいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月3日 すごく忙しいです

314  おかげさまでとても忙しい週末の我が医院です。午後の空き時間に更新できたらと思っています。

 写真は永登浦の駅前通り、1000Wショップの看板、読めますか?ヨンドゥンポ、昔からの繁華街ですが漢江の南だけど江南ではない、どっちかと言えば庶民の町。さしずめ東京で言えば錦糸町かな?大阪ならば、京橋でしょうか?

 それではチョムイッタガ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

普通の韓国を探して2399 私が見た南大門市場8

317 318 319 320 321 322

 誰でも行ったことがある明洞だの南大門市場、人の少ない朝の写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2398 テグ・旧達城派出所とKT&Gの廃工場

515 516 517 518 519 520 521

 手元に1枚の名刺があります、、、と、カッコつけた出だしになりましたが、テグ中部警察署達城派出所 警長 李圭峰 とあります。テグに泊ったのは1度しかありませんが、その時にお会いした警察の方のものです。まだまだだった拙い韓国語にお付き合いいただき、コーヒーをご馳走になりました。今回のタクシー旅行の最後がテグで、まぁ、絶対いるわけはないと思いつつ、その名刺にあった交番を訪問しました。

 タルソン公園も有名ですが、これまた男性に有名なチャガルマダンというアガシの町の入口にある交番でした。親切さにかけては世界一(親指立て)の韓国警察ですが、この時は忙しいのか、挨拶もそこそこにお暇。後半5枚はそこからデグ駅の方へ行く道にあるKT&Gの工場です。韓国でもたばこの消費が減っているのでしょうか?建物は残っていましたが、営業はやめたというそこらのアジョシの話でした。広くて大きいけれど、どこかがらんとした寂しさを感じるテグの街です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

普通の韓国を探して2397 黄鶴洞を歩く6 

240 239 2371 238

 3,4枚目、似た写真ですが、どういう意図で撮ったのか?自分でも忘れてしまいました。新しいもの、古いもの、混在するソウル。そんなソウルの代表的下町、ファンハク洞です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事486 부산시 남구 대명동でアグチム

083 084 085

 韓国人は名刺が好き。あげるのも、もらうのも、頻繁なように思えます。私の関係だと美容室やこんな食堂でも計算台(レジ)のとこに緑色のつまようじとかハッカ飴なんかとともに名刺が置かれています。 大抵はもらって、日付、食べたもの、一緒に食べた人なんかをメモするのです。

 で、今回は釜山広域市南区デヨン3洞の광명집という店のアクチムです。UN墓地公園のそばにある店で、かなり人気のよう。周囲にはあまり飲食店は集まっていない場所ですがこの店だけは車もお客さんもたくさん、そんなでした。メニューはアクチムともう一つ、マダラの頭の部分なんかをアグチムみたいに野菜と一緒に辛い蒸し煮にしたポルチム(뽈찜)というのが名物のようです。どちらも骨のある魚の身を使った料理、1枚目の写真のようにテーブル上にはおおきな模造紙。片付けが楽なようにという工夫で、韓国だとやはり魚系の料理の店でよく見られるやり方です。

 2,3枚目がそのアクチム。2人だったので小(25000W)でしたが、とても量が多く、あまりは結局包装にしたもらいました。ちょっとスパイシーな味で、桂皮(계피)の香りなんかが感じられました。しかし食べ始めて気付いたのですがどうせなら初めてのポルチムにすればよかったかな?なんて反省。隣の席のそれ、でっかい頭のあちこちに別れてついてる肉屋や脳、舌、皮、そんなのが美味しそうでした。新潟の名物にスケソウダラの料理があります。煮付けにしたり、たくさん獲れる現地では韓国式のスユクみたいなのもあるし、鍋にもするし。そんな中で、食べにくいけど美味しいのがやはり頭ということになっているのです。 私は自称魚博士、食べるのも上手ですので、韓国のポルチム、いつかはトライしてみたいものです。

 釜山大の先生との食事でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月30日 (水)

2009年9月30日 石膏トラップAの掃除

023

 機内食の写真、話なんかはもう当たり前過ぎてヤメ、と言いましたがうなぎご飯は初めてでした。帰りは、これは撮影しませんでしたが塩味のえびご飯。やはりいつもと違うと得したような気分になります。

 本日は休み、でも石膏関係の掃除に出てきました。石膏を削った粉を食べる細菌がいるのでしょうね。たまって時間がたつと硫化水素っぽい臭いがしてきます。ビルの配管を詰まらせないよう、石膏トラップを2つ設けていますが、今日はトリマー下の自製のAトラップだけにしときます。まぁ、院長の大事な仕事の一つです。さぁて、帰って朝飯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2396 私が見た南大門市場7

312 313 3141 315 316

 ソウルを知らない人、南大門市場を知らない人に、「こういう所なんだよ」と見せるには適していません。あくまで、「ネガ ボン 南大門市場」ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2395 黄鶴洞を歩く5

233 234 235 2361

 2枚目は前にガスのメーターの写真として紹介済みです。この4枚は黄鶴洞の中でもかなり北、清渓川に近い場所の丘の上です。傾斜がわかる写真が多いと思います。

 前々からの夢ですが宝くじ、2億円とか当たったらこのファンハク洞のロッテキャッスル、そんなに大きくなくてもいいので買いたいと思っています。ガラが悪い地域だなんて悪口も聞かれますが、私の友達が多い場所ですので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

普通の韓国を探して2394 내가 본 남대문시장6

306 307 308 309 310 311

 ガイドブックや観光HP、ブログ、そんなのと正反対の南大門市場の写真かもしれません。カッコつけて言うと「読者に媚びない」ってとこでしょうか?へたな説明なしでご覧ください。

 2枚目、テゲ路寄りの屋台街ですが、こんなにすいてて奥まで見通せるのは珍しいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事485 부산(釜山)명물(名物) 돼지(テジ=豚)국(汁)밥(ご飯)

3671 3681 3711

釜山へ行ったら朝ごはんはテジクッパプです。スンデクッパプに比べ、ややあっさりのクンムル(スープ)ですし、肉、内臓、スンデ、それぞれの混合、頼めば何でもできる、そんなスープかけごはんです。

 写真のようにアミの塩辛(セウジョッ)とニラのような細ネギのような、そんなのをたっぷり入れていただきます。この店は少し塩でもんであるようで、最初は薄いかなと思いましたがすぐにちょうど良い塩加減になりました。スープまで全部とは行きませんでしたが満足の朝食になりました。

 慶南地方、どこへ行ってもテジクッパプの看板は見かけられます。店の数だけテジクッパプの味もいろいろあるのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2393 黄鶴洞を歩く4 

228 229 230 231 232

 この辺、清渓川南側の緩やかな斜面にあたります。また、川の方向に平行な峠もあったり、大きな起伏はありませんが、高くなった場所があります。2回前の項で写っていた教会がある場所もそんな小さな山の頂上でした。今回の5枚はもっと北側、ロッテキャッスルに近いほうの小高い部分です。3,4,5枚目のビルは中央市場と清渓7街を結ぶメインの通りにあるもので、サウナ・チムジルバンの看板が見えます。独立した建物のものは少数派。少なくとも地価の高いソウルではサウナ・チムジルバンの多くはビルの中にあります。ハングルが読めればそこらじゅうにあるのがわかることと思います。

 2枚目、ちょっとカッコいいでしょう?壁の感じ、彩色された壺、遠くにそびえる東大門のドゥーサンタウォ。大陸の乾いた空気を感じていただければ嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

普通の韓国を探して2392 私が見た南大門市場5

301 302 303 304 305

 朝の南大門市場、けっこう写真があります。おまけにこの時のは工事中。昼間の賑わいをご存じの方は多いでしょうが、こういう工事、夜中中心にやっているのでしょうかねぇ?

 ハングルの読みの練習にいい写真が並んでいます。まず남대문시장というのからスタートするのが良いでしょう。普通の頭なら1時間。あとは好きな分野の興味を持てる本をとにかく読む。意味がわからない言葉があっても通して読む。どうしても知りたい言葉があれば辞書を引く。でも、まずはスピードをつける。それが韓国語習得の早道です。じっくり~なんてやってるより速く読める力がその後の伸びを左右する大きな要素になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2391 黄鶴洞を歩く3

223 224 225 226 227

 黄鶴洞の普通の町、最初の2枚は路地、後半3枚はちょっとした表通り。ロッテケッスルアパートが見下ろす町です。

 数年かけての再開発でできたこの巨大高級アパート群ができる前はこの町、もっともっと面白かったのではないかと思われます。中古ビデオソフトをいくつか買って、黒いビニル袋をぶら下げてコプチャンクイの屋台でマッコリをやりながら塩焼きホルモン(丸腸)を楽しむ。何十回も行っているソウルの下町です。

 今回の5枚も、写真をそのままお楽しみください。これもソウルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2390 普通の韓国を見たくて、、、 念願の구형왕릉

468  買い物目的の場所とか観光名所めぐりではなく、ガイドブックのおさらいでもなく、古(いにしえ)のアガシ観光の復習でもない旅行。そんなテーマが「普通の韓国を探して」です。

 日本人の中では、また普通の韓国人と比べても韓国のあちこちを歩いているほうだと自分でも思うし、周囲からも認められてはいますが、日程の都合上なかなか行きにくい場所もたくさん。特に離島なんかは私にはなかなか行けません。 また、金浦と仁川が分かれていらい、国内線乗り継ぎでの旅行がやりにくくなり、慶尚道方面、どうしても手薄になっています。

 今回の釜山行き、少しでもそんな課題を片付けようということで、タクシーを交渉して借り切って昔から行きたかった場所。宮原さんの本で紹介されていた伝仇衡王陵(伝=そう伝えられている)を訪問しました。地名で言うと大韓民国慶尚南道山清郡今西面花渓里(대한민국 경상남도 산청군 금서면 화계리)になります。

 釜山から馬山、晋州と、何度か行っている知った道。晋州の町をぐるっと周回して北の山に入り初めての場所である山清。ここの町をちょっと歩いてみて、いよいよ本格的な山道に入って花渓里です。途中、ホジュンだかの記念館というか博物館みたいなのがあると技士さんが言っていましたがそんな新しい施設よりもクヒョン王陵です。韓国人もあまり行かないという念願の仇衡王陵、花渓里から2キロ弱でしょうか?小さな谷の奥にありました。いい場所です。

 所々で車を停めてもらって写真を撮ったり、少し町を見たり。贅沢な移動になりましたが、韓国国内で最も見てみたかった風景の一つ、この目で見てきました。その日は「もう、今日死んでも幸福だ。」、そんな気持でした。

 後日続きを紹介しますが韓国で2か所しかないという石積みの古墳の一つである仇衡王陵。後からつくられたお堂とか塀がありました。そして、いかにも韓国。入口のそばでは登山服姿のアジュマ約10名がユンノリに興じていました。いい手が出ると大声で喜びます。まぁ、周囲には私とタクシー技士さんしかいませんが、古墳で眠る古代伽耶国の王様も苦笑いしてたことでしょう。

 仇衡王陵=구형왕릉  クヒョンワンヌン クヒョン王は金官伽耶の最後の王様だそうです。宮原さんの「誰も歩かなかった韓国」を参照、もしくはネットで検索してみてください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年9月20日 - 2009年9月26日 | トップページ | 2009年10月4日 - 2009年10月10日 »