« 2009年10月18日 - 2009年10月24日 | トップページ | 2009年11月1日 - 2009年11月7日 »

2009年10月31日 (土)

普通の韓国を探して2446 忠北ケサン・バスターミナルとその周辺から

167 168 169 170 1711

 忠清北道のケサンです。清州からバスで1時間弱の山の中にある町です。近くの曾坪あたりは何度も通っていましたが、少し山に入ったケサンは私も初めて。報恩とか曾坪よりももう少し山が深い感じ、でも、それほどサンコルという感じではありません。やはりきれいな水の、けっこう大きな川が流れる静かな町です。

 第1回目の今日はターミナルとその周辺。しばらくシリーズで紹介します。「ケサン」の「ケ」の字、木へんに鬼の字。音読みは「カイ」だと思うのですが、出てきません。「サン」は山です。この「ケ」確か「えんじゅ」とかだったような気もするのですが、それも出ませんので「ケサン」で行かせてもらいます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2445 月串浦口の水産物直売場にて

699 775 776 777 778

 월곶포구は有名な蘇来の川を挟んだ向こう岸、始興市の漁港です。昔は本当に小さな漁港だったのだと思いますが最近は新都市開発でどんどんアパートが建って、新しい町ができつつあります。遊園地もあればモテルもたくさん。街としてはすでに蘇来を超えているかもしれません。

 韓国、特に西海岸の漁港付近に見られる刺身屋村だの直販場、ここにもたくさんありました。新都市とか刺身屋の写真はまたあとでアップしますが、バフンウニを食べた直販場でちょっと写真を撮らせてもらいました。魚屋の写真、案外ソウル市内の市場だと写真撮影を断られることがありますが、日本人が少ないせいかここはオーケーでした。

 大蟹(デケ)と言われるずわいがに、2枚目はナクチ、てながだこかな?3枚目はタイラギ、ちょっと前にも話したタイラガイです。4枚目は韓国西海岸の秋の風物詩であるデハ(大蝦)。養殖物と天然ものがあるそうです。5枚目の貝は。ちょっと今打っている時点では何だか不明。ともかく魚好きにはこたえられない韓国の西海岸です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月30日 (金)

とうちゃんの自転車日記389 チャジャン麺が安くなっています

162 163

 何度か書いているように、床屋は韓国で行くようにしています。大体月に1度ですので、韓国出張の予定がない時は東京とか大阪、名古屋などのコリアンタウンにある韓国人向けの美容室へ行くことになります。

 韓国のカットの料金、最近では5000Wはなくなってきた感じですが、それでも8000Wだの、日本よりはるかに安いです。おまけに、スタンプカードなんかでハンコが4つたまると5回目は無料とか、そんな営業努力もありますので、私も新宿職安通り、パリ美容室の常連です。年に2度とかですが、顔を覚えてもらっているのも嬉しいものです。

 今回の1枚は職安通りの老舗、新宿飯店の店頭ですが、チャジャンミョンが500円。ちゃんぽんが800円となっていました。早い時間でしたのでまだ準備中でしたが、周辺の店でやはり500円という表示がいくつかありましたので、ここも価格引き下げしたのでしょう。大昔から何でも1000円でしたので。

 ご存じの方も多いでしょうがこの新宿飯店、昔は区役所通り、韓国クラブとかの多かったあたりのビルの1F奥にあったのです。それが職安通りに支店を出したのはお客さんの流れが変わったからでしょう。韓国クラブだのはどんどん衰退、替って、ニューカマーの韓国人、韓国の味を知る日本人がお客の中心になったのだと思います。それが、同業者が増えて値下げ。もともと安くておいしいというのがウリのチャジャンですので、いい傾向です。500円なら妥当と言えます。残念ながらこの時はカットだけで新宿を離れましたが、日本でもチャジャン麺が特別な料理でなくなる日が来たらいいなぁ、と思う韓国ファンの私です。

 2枚目、結局早めのお昼、靖国通りに出てチェーンの店、リンガーハットで皿うどんを食べました。これも500円ちょっとだったかな?基本のチャンポンは500円しません。新潟でも出す店はあるけど800円とかもしますので高いなぁ、と感じます。味も全然負けていませんし、新潟にできたらいいなぁ、と思う安くておいしいお店です。こちらも絶対流行ると思うのですがねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2444 朝の散策・忠北報恩4

102 103 104 105 106 1071 108

 報恩に泊った朝の写真です。ターミナルの前の川とは別の、邑内の南を流れる川の土手を歩きました。他にも散歩のアジュマがいます。身体を動かすのが好きな韓国人、朝の散歩、軽い登山、薬水くみ、天気さえ良ければたくさんの人が歩いています。

 お腹もすいてきたので土手を下り、南側から町へ入ります。それぞれ、何かの意図をもって撮った写真です。ハングルが読めれば、わかってもらえるかな?幹線道路など走っていない、小さな盆地の真ん中の町ですので、朝はゆっくりなようでした。この後、24時間営業のカムジャタン屋でトンテチゲと石釜ご飯の朝飯をとり、宿に一度帰って市外バスに乗って清州に戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2443 仇衡王陵の石像、石碑

476 478 4771 481 482

 慶尚南道山清郡今西面花渓里のクヒョン王陵です。石積みの古墳の手前、左右に石像が2基ずつ、真ん中に石碑があります。古墳自体は5世紀とかそういう古い時代のものなのだと思いますが石像、石碑、特に後者は後でつくられたものだと思います。

 長年の夢がかなった日です。この日に死んでも構わない、そんな高揚した気持ちで古墳を後にしました。この後は88高速道路で長駆、テグ市まで行きます。

 安寧!仇衡王陵。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

普通の韓国を探して2442 試験車?

042 043 045 044 046 047  ソウル駅です。釜山行きのKTXを待つホームの隣にこんな試験車が停まっていました。その向こうの新しい電車も初めて見ます。元鉄道ファンですが今は積極的ではありませんので良く知りません。長項線に乗り入れる電車の無窮花号でしたっけ??でも、長項線だったら龍山駅発着??ともかく見たことないのに出会うと嬉しい、そんなところです。

 しかし、思うのですが、日本も作業車というかそういうの、なぜか外国製が多いのですよね。数が少ないから買った方が安いのかもしれませんが、鉄道ファンのはしくれとしてはなんで日本で作れないの?っていつも疑問に思います。そんなこんなするうちに、6枚目、KTX列車が入ってきました。

 前にここで紹介した超高速の鉄道試験車(金泉駅)はこの日、竜山駅の先の枝線に置いてありました。清涼里からの電鉄線が京釜電鉄線に合流するあたりです。でも、たぶんあれも、どこかヨーロッパの会社のものだと思われます。ガンバレ日本、ガンバレ韓国!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月28日 本日休診

 おはようございます

 家からのアップです。9月中旬から出た五十肩で、ここんとこ運動らしい運動ができません。肩、ひじ、指のしびれ感、まったく困ったものです。薬やいろんな療法を試してみましたが結局治すのは自分の身体の力。幸い、徐々に軽快化していますので、少しずつ運動を始めます。

 一番楽になるのは、入浴です。温めればよくなるのか?というとそうでもなく、局所、痛い場所に使い捨てカイロを当ててもそれほど効果はありません。休みの今日、午前からお昼は私の自由時間。車でですが、日帰り温泉で療養してきます。

 なんだかんだで今年もあと2ヶ月ちょっと。今年こそは、ばたばたしないで済むように、と毎年思うのですが、、、今年こそ、余裕を持って年末を過ごしたいと今は考えています。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2441 수원역 역전앞 두료급식

531 533 532

 場所は水原駅、初めて来た時はこんな立派な建物じゃなかったのが、2000年代になって済扶島からの帰りに来たら、デパートができてて大きく変わっていました。1枚目、駅出口からの駅前通りです。しかし水原駅前、昔から人が多い場所と感じています。ロータリーになっていて地下には古いけど大きな地下商店街。普通のバスだけでなく、大学の学生のためのバス、企業の社員のバスなんかもたくさん。どんどんアパートや企業も増え、周辺地域が発展している場所なのでしょう。

 でも、2,3枚目。駅前のちょっとソウルよりの小公園みたいな一角で無料給食をやっていました。ちょうど始まるところで、かなり多くの、ほとんど男性が列を作って待っています。ソウル駅頭、タプコル公園、群山駅前なんかで無料給食を見たことがありますが、多くはキリスト教の団体の主催でした。ここは、3枚目の横断幕を見ると韓国ガスとあります。一企業が困っている人のために無料給食。なかなかやるじゃん、と嬉しい気持ちになります。 大学とかの食堂の風景であるような1枚のプレート型の金属食器での給食、食べてみたいとも思いますが、食事のお金に困っているわけではないし、私が食べれば誰か1人、困っている人が食べられなくなるので遠慮しておきました。

 韓国語、굶다という単語があります。小学館では「餓える」というのが1番で出てきますが、「食事を抜く」というのが元来の意味。春先には食べるものがなくなったという貧しい時代があった韓国の言葉です。有名な「フンブとノルブ」でも、貧しいフンブが金持ちのノルブに「家族みなここしばらく굶고 있다(食事をしていない)。どうか米を貸してください」と頼む場面があります。また、朴大統領、「自由はちょっと待ってくれ、まずは国民皆が三食、ご飯とスープを食べられる国を作るから」とおっしゃったのも有名。近頃言われる両極化で、食べるのにも困る人が増えてきてるのかもしれません。日本も大変だと言われていますが、韓国も、なんとかうまく解決して欲しい問題です。愛する韓国、頑張ってほしいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

普通の韓国を探して2440 きれいな風景

113

 これ、気に入っている1枚です。秋空って感じでしょう?どこだかわかる方、おられますか?最近私が行った場所、ということでわかってしまうかな?拡大すると地名が一部に出てきます。この辺、山にも上ってみました。

 しかし韓国、飽きることはありません。いろんな楽しみ方があっていいと思いますが、観光コースから飛び出すことで10倍くらいの知らなかったもの、面白い場所、見えてくることと思います。ほんの少しの勇気、冒険心を持っていただければ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2439 시흥시 월곶포구

810 812

 またも始興市の月串新都市。前の項の場所から、バフンウニ16000Wを食べて、また少し歩いた場所です。やはり干潟の海でハゼクチ釣り。こちらでは開いて干す板を用意してきてる人がいます。かなりの釣果ですね。

 1枚目、大アパート群は仁川市の蘇来地区。蘇来漁港はどうも中くらいの川の河口にできた港のよう。この部分はその河口の海とつながる部分のよう。世界一干満の差が大きいという黄海の干潟。日本ではあまり見られない風景です。有明海とかはこんな感じなのでしょうか?次回、福岡での日矯大会、半日だけ空きがあるのですが有明海を見に行くのはなかなかいいかもしれません。ハゼクチにタイラギ(タイラガイ)、、、売っているかなぁ?

| | コメント (3) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2438 朝の散策・忠北報恩3 

096 097 098_2 099 100 101

 けっこう大きな川があります。バスターミナルの前にも川がありました。でも、南北に流れる川です。こちらの川は西から流れてきている川。どうも報恩の邑内は、2つの川、2つの谷の合わさった場所にできた町のようです。

 土手の上の道を歩くとスクラップ屋さん。4枚目のあるような鍵型のクレーンをつけた廃棄物収集車は韓国ではよく見かけます。特に朝の5時6時とかに。

 6枚目、ここでも河川敷はコンクリで固められ、駐車場になっています。ここでアップした写真でも、井邑、原州、龍仁、、、韓国ではよく見られる風景です。

 こんな何でもない普通の田舎町を歩くのも、私にとっては幸福な時間です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月26日 (月)

普通の韓国を探して2437 韓国ドラマ「パンチ(テリョ)」は面白い

2081  「韓流」とか言いますが、ここでも何度も書いているとおり、韓国ドラマはほとんど知りません。映画は結構見ていますけど。

 で、でも、最近中古でDVDを買ってしまいました。写真のやつ、韓国名は「テリょ(殴れ)」なのですが、日本名は「パンチ」。なんともセンスのない、気の抜けるようなネーミングですが内容はなかなかです。主人公はチュジンモとシンミナ。苦労して、でも明るく生きてる女性主人公をめぐる話なのですが、大金持ちの意地悪な元同級生が出てきて、まさに波乱万丈。まだ4枚のうち2枚と3枚目半分しか見ていませんが、怖くて見られない、、、でも、見たい、、、そんなドキドキ感を充分すぎるほど味わっています。

 字幕版ですが、もともと、第3話だけ何十回も繰り返し見てきたのでなんとなく話の流れはわかります。しかし字幕が違うな、間違ってるなと思うこともしばしば。どうも翻訳しにくい韓国語がたくさん出てくるのですよね。また、韓国ドラマにはまって繰り返し見た日本アジュマ連が「ドラマのおかげで聞き取りは大丈夫」なんて勘違いしてしまう理由がわかるような気もしました。思うに字幕のドラマ、「冬のソナタ」を2巻、4話分見ているだけですので。

 で、面白いな、勉強になるなと感じた表現はノートにメモって、見ています。その中でちょっと面白いのを紹介します。

①第3話、健康食品の営業のチョヘリョンさんのシーン。社内のライバルである南課長代理のセリフですが、「とてもとても苦労して大学路に勤務する30代課長の名簿を入手した」とかいうところ。名簿が「명단」という単語で出てくるのです。もちろん、韓国語でも「名簿」という言葉はありますが、「ミョンタン」て何だろう?と思って小学館を見たら「名単」で、「名簿」、「リスト」という意味があるのでした。こうやって覚えた単語はすぐに身に付くものです。

 もう一つ、おまけですが、中国の店とかでメニューを「菜単」というでしょう?あれと同じ起源の言葉なのだと気付いたことです。「菜」は確か料理のことでしたので。 これらから考えると、「単」という字一つで「リスト」とか「一覧表」という意味が中国語、韓国語ではあるのだと想像されます。韓国語を勉強していて良かったな、と感じた一件です。日本語で「単」をそういう意味で使うケースがあるのかな?ご存じでしたらコメントいただければ嬉しいです。

② 第5話で、広告会社の社長さん、彼もシンミナのこと、好きなのですが、仕事を終えて会社に戻ったら美人秘書が、と、この秘書は社長さんが好きなのですが、まだ残って仕事をしていて、準備を頼もうかと思っていた資料を作ってくれていた。そこで、お礼を言う場面、「私は『秘書福』があるんだなぁ」みたいに言っていました。

 「~福」、日本語で言うと「~運」に近い意味で使われています。「~福+チョッタ」で、「~に関してはついている、運がいい」そんな意味で、「福」という単一の漢字が韓国では使われているようです。他の例もあったと思いますが、今は浮かびません。

③やはり第5話、誰だったか忘れましたがシンミナの台詞だったと思います。

 さよなら、という意味で「タウメポジャ」と言います。タウム=次に、ポジャは、そのままだと見よう、ですが、ここでは会おう、という意味、「またね」という感じです。

 これは聞いたことある方も多いでしょうが、日本人の学習者、ついつい「会う」=「マンナダ」だとばかり思ってしまいがちですが、実際の韓国、特に親しい間では「マンナダ」というのはどっちかと言えば大袈裟、「ポダ」=「見る」という言葉が「会う」という意味でよく使われます。

 これはまぁ、前から気付いていました。「イッタバー」=後で会おう、なんて挨拶もありますから。

 韓国ドラマ、字幕は私のレベルになると全面的には信用できませんが、「勉強になる」ということは確かです。またこのドラマ、チュジンモが「ピキ神」=ナイトクラブの客引きの神様、という役でもあるので、韓国のナイトの様子もよく出てきますし、シンミナはポジャンマチャをやっていたり、、、とにかく、面白いです。主題歌もカッコいいですし、、うん、はまりました。

 美人秘書役のファンイニョンという女優さん、前から何度も見ていた「ファミリー」という、こちらはインチョンのルームサロンを舞台にする映画で、やはり重要な役をやっていた人です。背が高く、スタイルがいい人で、「ファミリー」ではかなり露出シーン、ラブシーンもあるのですが、秘書姿もなかなかです。そうそう、チョヘリョンさんの会社の課長だか部長に、故キムイルウさんも出ていたり。とにかく、お勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2436 月串浦口のハゼクチ釣り

765 766 767 768 769 770 771

 釣りをやっている人がいると、見物する側も「釣れるところを見たいなぁ」って思います。あまりこの希望、叶うことが少ないのですが、流石豊かな韓国の西海、それとも私の日頃の行いがいいせいか、ちょうど1匹上がるのを見ることができました。日本でも九州の一部、干潟の海で上がるという大型のはぜ、ハゼクチでした。季節のせいかあまり大きくありませんでしたがそれでもうらやましい、美味しそうな大きなハゼです。

 1,2枚目が月串新都市というか月串港。浦口(ポグ)って大きくない港のことを指す言葉なのでしょう。他の韓国の海辺の町同様、刺身屋村(フェチプチョン)を形成しています。隣の蘇来ばかりが有名ですが、もしかしたらソレより規模の大きな場所です。韓国の人に後で聞いたら、ああ、行ったことあるよ、と言っていました。ちょっと嬉しい普通の韓国の発見です。

 2,3,4枚目、きれいに整備された公園みたいな堤防です。超高層アパートは仁川側になります。

 5,6,7枚目、釣りの様子。釣れたばかりの透きとおった大きなハゼ。日本だとクーラーに入れて持ち帰って家でさばいて天ぷらでしょうが、韓国、その場で腸を抜いて、軽く干しています。塩をしないでいいのかな?とも思いますがからっと乾いた大陸の気候のおかげでしょうか? たぶん持ち帰って焼いて、焼酎をやるのでしょう。なんだかうらやましいです。

 この大型のはぜであるハゼクチ、日本各地を食べ歩きした私もまだ食べていません。検索すると刺身でもいいとか。まぁ、マハゼのでかいのと似ているのだとは思いますが、食べてみたいです。11月、福岡で日本矯正歯科学会大会があるのでちょっと探してみようかとも思っています。九州北部の海の幸、韓国にとても近いと感じています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2435 朝の散策・忠北報恩2

090 091 092 093 094 095

 1,3,4枚目の外階段の面白い古いアパートは前にもちょっと紹介しました。モテルを出て、裏通り、表通り、天気がいいので気持ちよく歩けます。外国という感じがあまりしないのが韓国です。とてもよく似た風景の中に、違う点がちらほら。町を観察するのも楽しい旅行になります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2434 水原 八達門から市場、城壁上り口

541 546 547 548 549

 1枚目、八達門です。初めて行ったのは90年代。冬の朝、早起きして反時計回りに半周しました。韓国戦争でひどく壊されてしまったものの、きれいに復元されています。昔の水原市外はほぼこのお城とその周辺。90年代後半からどんどん町が大きくなって、今では一部分という感じになってしまいましたが、水原へ行ったらやはり城壁歩きをしないといけない、そう思っています。西側の山の部分はきつそうですが、東半分は本当に気持ちのいい尾根歩きという感じです。でっかい教会、のろし台だったというポンドン、その他、近代的な城の観察、楽しめることと思います。

 2,3枚目は市場のゲートなど。やはり韓国、派手好きですね。4,5枚目はその水原城の上り口。夜でも歩けるようになっているのかもしれません。ともかく、水原に宿泊するのは2度目。懐かしく歩くことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月18日 - 2009年10月24日 | トップページ | 2009年11月1日 - 2009年11月7日 »