« 2009年11月15日 - 2009年11月21日 | トップページ | 2009年11月29日 - 2009年12月5日 »

2009年11月28日 (土)

2009年11月28日 忙しい年末を控えて・千枚漬けの美味しい店

 おはようございます

 ちょっと予約変更があり、手が空きました。ここんとこおかげさまで忙しい日が続きます。診療は勿論、年賀状の原稿書き、印刷手配、大学や病院等へのお歳暮準備、その他世話になった先生へのお歳暮手配、休みの日もばたばた雑用やっています。

 年末の贈り物、ここ10年以上、京都の村上重という店の千枚漬けを中心にしています。昔から千枚漬け、大好きなのですが、メーカーによっては甘すぎたり、変に味を付け過ぎという感じのに当たることも度々でした。最大手の大安のはまぁまぁ合格、でも、関西へ行く度にあれこれ買ってみたり、試行錯誤を繰り返していました。でも、最近はこの村上重一本です。

 インターネットだの言う前、ニフティサーブ時代の酒フォーラムの縁で知り合った大阪の有名料理店のご主人に送ってもらったのがこの村上重を知るきっかけでした。関西では有名なのかもしれませんがそれほど大きくないお店。全国レベルでは知らない方も多い店ですが、私の知る限りでは千枚漬けの最高峰です。「村上重」もしくは「村上重本店」ですぐにみつかると思います。安くはないけど、買えなくはない値段。何よりも自然な美味しさは抜群、そんな店です。年末、お正月のご馳走の一つに検討してみて損はない、そんな名店の紹介です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2486 南春川・駅前バッティングセンター

512 513 514 515_2 516  1,2枚目はこの前の犬、おまけです。焼き栗を食べようとしているところ。

 その後、焼き栗売りのハルモニに尋ねたらこの犬、ちょうどこの右、駅のすぐ脇のバッティングセンターの犬だそうです。「へ?!」どこに?と思ったら3,4,5枚目、打席数2くらいのバッティングセンターがありました。1,2枚目の右のやつもそうです。3枚目の右の緑の屋根です。4枚目、なんか、、、どうも、、、歩兵の陣地のカムフラージュのような様子です。お客さん、どれくらいいるのかな?と人ごとながら心配になるお店の犬なのでした。

 仁寺洞の入口のバッティングセンターは有名だし、海のそばの遊園地でも見かけたような気もします。男同士のグループで腕を競ったり、女の子に見せて自慢したりするのでしょうか?繁華街のゲームセンターで、サッカーのけっ飛ばすやつ。ボクシングのぶんなぐるやつ。そんなゲーム機にも案外グループが寄り集まって腕自慢をしていたり。アルコールのせいもあるのでしょうが、日本人より天真爛漫な傾向が強いと思う韓国人です。騙されやすいとも言われますが、さもありなん、というところ。 っと、、、話題がそれてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2485 言うことを聞いてくれない被写体

463 464 465 466 467  慶尚山清の邑内での写真です。猫を撮ろうと思ったけどなかなかじっとしてくれません。警戒心が解けないようです。ちょっと反則で、塩分のあるソーセージを提供することにしました。それでもかなり警戒しながら食いついてくれましたが、犬と違って、猫、ちょっと思い通りにならないことが多い私です。

 汽車の中のワゴン販売でもおなじみのソーセージ、初めて買ってみました。すごく美味しいというわけではないけど、韓国人はけっこう買っています。まぁ、行動食候補にはなりますね、あれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2484 大型スクーター?アチャ山の裏通り

2361 238 2371 239

 カジノ行きで何度か利用したアチャ山駅周辺を少し歩いてみました。けっこう飲食店の多い道に入るとすぐ、大型のスクーターらしきものが目につきました。すげーじゃん、と思って駐車場へお邪魔。右手の商街が表通り、千戸大橋へ向かう通りに面した建物です。 最近日本でも韓国でも大型スクーターのボディに青だのでぴかぴか光るアクセサリーをつけて夜走るのが流行っていますが、韓国でもバイク好きは多いです。さて、何だろう?これ、と思ったら、スクーターではなく、オートバイのよう。しかし高級車になるとなんだかスクーターもオートバイも格好が似てくるような気がします。輸入品への税金が高い韓国、いったいこれ、いくらくらいするのでしょうね?

 4枚目は角にあったキムパプ天国。本当に韓国全土、人の多い場所には必ずある便利な店です。最近は重宝している私です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

とうちゃんの自転車日記393 浦佐毘沙門堂周辺

440 439 441 447  上越線、上越新幹線の浦佐駅の山側、東京から来ると左側にかなり大きな日本建築があります。実際行ってみたらそこは信者の方とかの宿泊施設のようでしたが、浦佐毘沙門堂というかなり大きなお寺があります。冬のさなかにやる裸押し合い祭りというので有名ですが、この秋、初めて浦佐駅で降りました。

 上越線の特急とき、急行佐渡の時代から上越新幹線の時代。また車で県内を走りまわった時代含め、浦佐の町をじっくり見るのは初めてでした。17号線が走る側が町だとばかり思っていましたが、昔からの浦佐の町は山の方に細く続いています。40年くらい前までは17号線だったという道に沿う商店街があり、その真ん中に毘沙門堂の入口がありました。

 お参りして、おみくじ買って、裏の方を歩くと私の好きな石仏石像がたくさん。本当に古くから信仰を集めてきたようで、神社もあれば聖徳太子の社。お不動様もあれば、お墓もあるし観音霊所巡りなんてのもあります。この日は仕事を控えていたので、また雨で、ゆっくり見られませんでしたし、もうすぐ雪も来ます。来年春にでもゆっくり見て歩きたい場所でした。初めての場所へ行って、良かったなと思う、これって幸福です。

 4枚目、裏手の山からの沢の合流点、こんな飾りがありました。大河ドラマのためでしょうが、なかなか面白い風景でした。日本でも指折りの豪雪地ですので、雪を除けて流すのでしょう、周囲の護岸がしっかり、深く作られているのが雪国らしいです。いいとこ見つけた!そんな気持で仕事に向かいました。

 毘沙門天、くじ運のご利益があるそうです。年末ジャンボの大当たりを祈願してきました。皆さまもお近くの毘沙門天、お参りするといいことがきっとありますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2483 ナイトクラブ・韓国固有のディスコ文化

700 701 702 703 704  ナイトクラブ、略して「ナイトゥ」でも充分通りますが、韓国のディスコのことです。コラテックというのは最初は未成年向けだったのが、老人向けになったアルコールを出さないナイト。成人ナイトというのは中年向けのナイトクラブ。とまぁ、多少のバリエーションはありますが、ダンスをする場所です。

 ここでも書いていますが、ドラマや映画にもしばしば出てくるし、どんな田舎でも近くの大きな都市のナイトの広告ポスターがありますし、歌って踊って騒ぐのが好きな韓国人には欠かせない業種のようです。

 今回の写真は大田市儒城区の繁華街。泊ったホテルの隣がこの개슬というナイトクラブでした。ド派手なネオンに、早い時間だったので宣伝カーが停まっていましたが、出演する芸能人の広告が描かれています。最近韓国音楽にはうとくなってしまった私ですがひときわ大きく描いてあるキムゴンモは大ファン。超大物スターです。毎日ではありませんがそんな歌手を見にも行くナイト。一人ではなかなか行きにくいのですが、興味があります。

 また最近ハマッてるドラマ「パンチ(韓国名テリョ)」の主人公であるチュジンモの役もボクサー兼ナイトクラブのウェイター長。実際ソウルの繁華街を歩くと早い時間、ナイトの若いウェイターが自分の名前の入ったカードを配り、「うちに来てよ、サービスするからさ」とか女性客を誘っています。腕利きの、面白い、客を呼べるウェイター、昔の日本語で言うと「黒服」というのでしょうか?とにかく、日常、すぐそばに韓国固有のナイトクラブ文化がある、そんなのが面白く感じられます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

すばらしい韓国の食事502 구「 단군의 땅」 でカルビタン

253 252 251 247 250

 手元に2001年に刊行された本、PARCO出版の「ソウル・グルメ完全ガイド」洪性裕著という本があります。それ以前から出ているガイドブック、韓国グルメ本とはちょっと変わった感じで、もちろん重複する有名店はありますが、なかなかいい本だと思って買ったやつです。それに出ている高級カルビ店が「壇君の地」という店。ウォーカーヒルのそば、昨日アップしたオリニ大公園前、アチャ山駅のそばにあるのです。

 前からその、ウォーカーヒルに行く時に利用していたアチャ山駅。タクシーに乗るためにウォーカーヒルに向かって右に出るとどうしても目に入る建築。屋根の上にいろいろ乗っけた不思議な建築で、いかにも高級なカルビ店という雰囲気を醸し出していた店です。それが、ちょっと前に行ったら、名前が変わっていました。経営が変わったのか少し安い路線になったよう。ランチのカルビタンを食べてみました。

 しかししかし、、、やはりカルビタンはカルビタン、当たり前の味でした。ただ、そこらの店と違うのは高いだけあって多分国産牛のカルビを使っていること。牧草中心で育てた豪州、ニュージーランド牛などにありがちな乳くささが無かったです。無難な味、というところでしょうか、、、でもま、行きたかった店に行けたので満足のお昼でした。焼肉はどうなのかなぁ?韓国のグルメガイドブックにも出ていたりする有名店ですので。

この本の著者である洪性裕さん、大ヒットの映画になった「将軍の息子」などの著者だそうです。なかなかいい本ですので、お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2482 ソウル・清涼里夜景

576 577 578 579 580 581  

 地べたビューを含む夜のソウルの写真です。知り合いのアジュマの店、鐘岩洞のプルティナからの帰りはたいていバス。大体の方向が掴めていれば、こっちへ行くバスはここら辺を通るというのが頭の中に浮かびますので本数はたくさん。京東市場で降りて店じまい中の市場を抜けて清涼里在来市場を通り清涼里へ。すでに10回以上とか通った道です。

 1枚目はまだ京東市場の奥の部分。果物の店が多いあたりから入った場所で、乾物関係の店が多いあたりです。2枚目、ちょっと暗い通りを越えれば3枚目、清涼里在来市場の西の入口。4枚目、どうしてもストロボ焚くと目が光ってしまいます。

 5枚目はスグレハルモニチプのある清涼里現代コアの前の通り。6枚目は清涼里ロータリーの部分、遅くまでやっている果物の露店です。見えにくいですが最近出てきたという黒いトマト売っていました。

 地面にカメラを置いて、ストロボ発光禁止で撮影する「地べたビュー」、日本でも試しているところです。ご期待下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

普通の韓国を探して2481 オリニ大公園入口

225_2 2261_2 229_2 230_2 231_2  5号線のアチャ山駅前です。何度か降りたことがある駅ですが、よくよく見てみると2枚目、有名なオリニ大公園てのの正門がここなんですね。地下鉄出口がいくつかある、その真ん中が入口です。いつもここへ来るのはウォーカーヒルカジノへの途中だったから、そんな風景には目もくれず、頭の中はカジノ遊びで一杯だったのかもしれません。ケチくさいですが、ここまで地下鉄、ここらへんからタクシーで、というのが昔の行き方でした。

 1,2枚目はそのオリニ大公園のある側。3,4,5枚目は1番出口の周辺です。店が沢山、露店もどこにでも、、そんなのがソウル。どこへ行っても同じ、と思うのは素人のあさはかさ、ハングルが読めれば、楽しみはいくらでもあると言えましょう。回転すしの店、露店の果物。「サンマル」というのは山ブドウかな?遅い季節でしたが、小粒の黒いブドウが、ちょっと珍しかったです。ハングルを覚えて、いつもの道から1歩踏み出すことで、知らなかった韓国がどんどん見えてきます。

 アップして、自分で写真を見ました。4枚目のクチナシの実、日本だと栗きんとんの色付けに使うけど、こんなにたくさん、韓国ではどうするのでしょう?まさかそのまま食べるとも思えませんし、、、ご存じの方、おられたら教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事501 양양市外バスターミナル脇の食堂でテンジャン

363 364 367

 韓国の食事の基本は日本同様、飯と汁。そして、私が韓食の基本だと思うのは、、、やはりテンジャンチゲです。

 食堂で「テンジャンチゲジュセヨ」というと、イウン、ニウンの区別、それと「チゲ」の「チ」の発音で99%、外国人だとバレます。ばれない方法はというと、「テンジャンハナ」とだけ言うこと。イウンの発音さえ身に付いていればこれで通じます。また韓国の方も「テンジャンチゲ」まで言わずとも食堂で「テンジャン」というだけで「テンジャンチゲ」と通じるので、「チゲ」は要りません。

 さて、ヤンヤンのターミナルについて、1日1本しかないホンチョン行バスの存在を確認して切符を買って、乗る前に朝飯です。ターミナルの一角にならぶ2,3の飲食店のうち、一番道路側の店でテンジャンです。5000Wだったかな?特別安くはないけれど、普通の値段。嬉しかったのは焼き魚(フライパンで油多めの揚げ焼きです)がヤンミリだったこと。これも江原道の冬の特産物とのこと。ソウルなどでも見られますが食べるのは初めて。何に似ているかというと、白身でも身離れがいい感じではなく、しっとりした肌目細かい肉質で、、、一番近いものというとキスとか、そんな感じですが美味しかったです。

 1枚目はストロボあり、2枚目は発光禁止での撮影です。わざわざ3枚目を撮ったのですが、これ、ケンニプのナムルというか炒め煮。一度漬けたのを塩出しして調理した感じで手で揉んだようにくしゃくしゃになってたので最初は何だかわかりませんでしたが、食べるとケンニプの香り。江原道地方の特有のおかずなのかもしれません。

 しかし朝の7時ころから、こんなしっかりした朝ごはんが400円くらいで食べられる韓国。本当にありがたい、そう感じた朝飯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 インフルエンザ予防注射とタイヤ交換

2009_1119ixus820110001  写真は、たぶん日本全国の空港に掲示されている狂犬病注意のポスターの犬です。コピーしまくったみたいな写真はえらく古い感じ、いったいいつごろの写真でしょう?もっとも、日本で狂犬病がなくなってからもう数十年経っているはずですので、新しい写真がなかなか無いのかもしれません。

 狂犬病と言えば、私の恩師の一人である新潟大学歯学部の解剖学第2教室教授でおられた小林茂夫先生は狂犬病にかかったことがあるのがご自慢で、何度か日本で最後の狂犬病患者なのではないか?なんて話しておられました。懐かしいなぁ。優しい先生でした。

 ということで本日は休み。インフルエンザ(一般)の予防注射とスタッドレスタイヤへの交換です。冬も近いのでしょうが、暖かく穏やかな水曜日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

普通の韓国を探して2480 在庫整理

2421 257 409 498

 撮影した写真をコンピュータに入れて保存。でも、アップするには大きすぎるので縮小してブログ用写真というとこに保存、準備します。でも、いろんな日のものが混在するため、シリーズで載せるつもりが1枚載せ忘れたり、そんなのが残ってしまっています。でも、みんな大事な韓国の映像。まとめてアップ、整理です。

 1枚目は鍾閣、2枚目は東ソウルターミナル、3枚目は中渓本洞バス終点、4枚目は南春川駅、どこもまた行ってみたい場所です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2479 강원도양양군서면 송천리 떡마을で乗ってきた荷物

378 391 392 427 428 429 433

 前にちょっと紹介したヤンヤンからホンチョンへ行く一日1本だけの緩行バスの中の写真です。

 ヤンヤンを出てすぐ、それでも10キロくらい走った場所にソンチョン里トクマウルというのがあります。詳しいガイドブックや地図には出ているトッk(餅)の村です。その停留所(2枚目)で、おばさんがバスの技士さんにしっかり梱包された段ボール箱を2つ、それと、何種かのもちが入ったパックを1つ、預けて何やら言伝てしました。韓国の地方を旅したことがある方なら見たことがある方もおられるでしょう?私設の宅配、というか、停留所から停留所への荷物だけでの運送です。携帯で連絡はできますし、本数の少ないいなかのバスなので、受け取る側もわかりやすいと言えます。特にこのバスは1日1本ですので間違いありません。

 最初は3枚目のように足もとに置いていましたが、私以外の地元客が全部降りた後、時間調整の場所で4,5枚目、運転席後ろの座席に載せました。黒い鞄は私のもの、その下のゴロゴロかばんは技士さんのものです。話を聞くと、昨夜はヤンヤン泊り。お昼に洪川へ着いたら、次はまた江原道の山の中を通り、春川へ。家は春川だそうですが、移動しながら宿泊してのバスの運行のようです。定期バスでそんなの、たぶん日本ではよほどの長い路線でないとないでしょう。旅支度一式を持っての勤務、特にこれからの冬は大変そうです。

 そんな長い勤務のせいか、6枚目、座席の下には軽登山靴にサッカーボール。もともと韓国のバスの技士さん、発車待ち中にふざけあう姿をよく見ていますがお茶目な方が多いようです。

 7枚目はそのソンチョン里名物の餅。アジュマが技士さんに、とくれたやつ、私にくれました。結局ホンチョン→春川→ソウルと移動。夕食をとった鐘岩洞のホプアジュマと一緒に食べましたが、江原道のトッkマウル、ソウルの人も知っている有名な場所、有名な餅だそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2478 ついに見つけた韓国製品・Anaper(아나퍼)

420 424 421

 韓国行くと目的である韓国の食の研究のほか、歯科のこと、自転車のこと、何でも興味を持って面白く見ています。ただ、残念なのが中国産、中国製が多いこと。たとえば観光掲示板でよく話題になる胡麻油とかだって、韓国産はほとんど無いと言ってもいい状態です。まぁ日本もいっしょですが。

 で、今回は歯科の話題。矯正材料、やはりブランドはアメリカが主体。製造は東南アジアなんかでというのも多いですが、韓国の矯正学会でも業者展示の商品はかなり共通しています。自転車部品もそう。自転車屋でも、韓国製品はめったに見かけません。そんなふうにここずっと思っていたのですが、今年の大韓歯科矯正学会大田大会で、面白い韓国製の製品を見つけ、その場で購入しました。飛び込みの外国人、割引もなかったので日本で買うのと同じか、やや高いくらいですが、製品、そしてネーミングには大満足です。

 製品名はAnaper。別の面にはハングルで안아퍼と書いていあります。積極的思考方式の韓国人らしい名前。アルファベットのほうが当て字です。これは業者さんに聞いて確認しましたが、応急的に矯正用ブラケットの唇、頬粘膜への当たりを和らげるワックス、ネーミングの妙、おわかりでしょうか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

2009年11月23日 面白い本と地図を買いました

 院内のガラス清掃準備、済みました。

 写真を撮っていないのですが、昨日の休み、本屋でいろいろ本を買い込んできました。その中の2つ、韓国関係です。

 1つめは新潮社の「日本鉄道旅行地図帳」というシリーズの「朝鮮 台湾」編。680円でうすっぺらい本ですが、記録としてはなかなか。表紙もソウル市内の市電の案内図が使われていて興味がわきます。けっこう坂の部分もあるだろうに、昔の路面電車、上れたのかな?と思う部分もあります。今残っている地名もあり、日本が勝手につけたと思われる地名もあり、ソウル旧市内で市電の痕跡を探すのも面白そうです。北の部分の鉄道の情報も沢山、グーグルアースなどで追いかけながら見るのも楽しそうです。

 また、面白いのは関釜連絡船の船名。壱岐丸に対馬丸なんてのだけでなく、金剛丸に興安丸、高麗丸に新羅丸、景福丸に徳寿丸、昌慶丸、さらには、中国進出まで考えてたのか天山丸に昆ロン丸まであったのですね。1905年製から1941年製まで、見てみたかったなぁ。

 もう一つはCDの地図、京極堂というところから出ている「朝鮮全図」、2000円。まだ見ていないのですが大正12年の和楽路屋という出版社のものを元にしたもので、京城、仁川、釜山の市街図もおまけとのこと。今日帰宅して、開けてみます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2477 中渓本洞、バス終点のシュポのお母さん犬

644 642 643

 ノウォン区の中渓本洞、マウルボスの終点、山の町の入口の停留所前の小さなシュポの犬、前にもアップしたやつ、お母さんになっていました。近所のおじさんはコーヒーをおごってあげていたみたいですが、いいのかな?犬にカピ。まぁ、甘くてミルクもあり、栄養ではあるでしょうけど。 子犬はまだまだ、お母さんがいないと出て来てくれません。たぶんこの子たちも誰かにもらわれて行くのでしょう。

 血統書がどうの、関係なく、気持ちのいい飼い主に飼われる犬は幸福だと思います。そんな子犬、ソウルにどれだけいるのでしょう?

| | コメント (11) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2476 ソウル

569 570 571

 大韓民国ソウル特別市の夜の写真です。祝祭日は休診ですが、ビルのガラス清掃(内側分)があるため、院長のみ出てきています。窓際にある模型箱、機械類、材料類を全部どかして、掃除機をかけ、業者さんのガラス清掃を待ち、その後、また元通りにします。まぁ、極小企業のトップ、時には一人で先頭に立って(大袈裟!)働かないといけません。

 写真、1,2枚目は清涼里ロータリーの北側、3枚目は鐘岩洞だと思います。縮小して準備してある写真、アップロード時には小さくて見えないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

とうちゃんの自転車日記392 西鉄天神駅

087 122

 北海道はあまり知りませんが九州は90年代前半、年に2回は行っていました。そこで感じたのですが高速バスのネットが発達していること。L特急という言葉は今は無いのかな?1時間ごとの在来線の特急ですが、それ以上に高速バスが走っていました。料金も安いし、ちょっと時間がかかっても便利な感じでした。

 中でも九州の中心都市、博多駅前にはビルになっているバスセンターがありましたし、繁華街である天神にも大きなバスセンターが、西鉄駅の中にあるのです。同じ場所の違う方向からの2枚の写真ですが、下が西鉄電車で上がバスかな?もしかしたら逆かもしれませんが、細長いビルの中、駅とバスターミナルが入っていて、博多駅から来たバスは一度建物の中に入り、薄暗い細長い通路の途中にいくつも並ぶ停車場でお客さんを拾い、九州各地へ行くのです。90年代、韓国を徐々に知るようになった時期、九州も韓国も似ているなぁ、なんて思いながらバスに乗ったものです。また、ビルに入るところ、中、出るところの狭い道の運転の上手さも韓国に似ているかもしれません。

 県庁のある大きな都市以外にもかなりの本数で高速バスが走っているのも韓国に似ています。また福岡を除外した大きめの都市の間にも直行の高速バスが走っています。統計があるかどうか知りませんが、高速バスの利用率、たぶん九州がトップなのではないかと予想しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2475 東テグ駅

522 523 524 525

 大の韓国ファンの私ですが、テグは案外知りません。やはり大きい都市であることと、なんだか特徴のない感じがしてしまいます。あ、テグの女性の言葉は柔らかい感じで好きですけど。

 そんなテグも、東テグはなおさら利用しない感じです。大きめのバスターミナル、高速バス専用ターミナルがあるので何度も来てはいますがどっちかと言えばセマウルが停まらないテグ駅の方を利用することが多かったです。ずっと工事中というイメージだったテグ駅もデパートがあるきれいな駅になっていました。そして、久々に来たこの東テグはKTX開業で昔以上になんか乾いた、無機的な感じのする場所になっていました。なんか、、、なんて言えばいいのか、、、人間臭さが無い、、そんなふうに感じる東テグ駅です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2474 東ソウル市外バスターミナル

258 259 260 261 262 263

 2号線江辺駅となりにある東ソウルターミナルです。乗車場は逆L字型をしていて、漢江に並行する部分が短めで、端に降車場があり、2号線に並行する辺は長めです。

 乗り場の配置は、やはり真ん中辺に忠清道方面の本数が多い路線。端っこはより田舎のほうという感じで、上記の漢江寄りの端っこは京畿道北部とか江原道西部、ソウルの北の方、抱川だの鉄原、史倉里に金化、そんな方へのバスで軍人さんが半分以上だったりすることもあり。 また線路に並行する辺の端っこ、東ソウルホテルのあるほうの先っちょは江陵、束草、そんな江原道東部へのバスが出ます。今回の写真はそっちのほう。有名でない地名もかなり出てきますが案外「無停車」の表示が多いのに気付きました。本数が多い故にできることだと思います。

 1枚目、江陵方面、無停車と普通のが並んでいます。2,3枚目は行先表示板。泥棒というか不心得なマニアは今のところいないのでしょう。おおらかにほったらかしになっています。5枚目は乗降場の中心方向。韓国全土へのバスがここからも出ていると言っていいでしょう。前にここからウルサン経由海雲台行きに乗ったこともありますので。海雲台はわかりますよね?

 6枚目が乗ったやつ。束草行きの優等無停車。昔から高速バスターミナル発の高速バスよりもこの東ソウル発の市外バスの無停車のほうが早かったのですが2時間半とは驚きました。どうして速くなったかは後でわかりました。昔は一般道を楊平、洪川とか走っていたのが、新しい高速道路ができて、洪川のあたりまでは高速を走るのです。 また、昔は片側1車線で、遅い軍用車両も多かった44(46)号線がほぼ全線で2+2車線になり、高速を降りてからも100キロ近い速度で走れるのです。まぁ10年近くたてば変わるのも当たり前でしょうけど、、、驚きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月15日 - 2009年11月21日 | トップページ | 2009年11月29日 - 2009年12月5日 »