« 2009年12月13日 - 2009年12月19日 | トップページ | 2009年12月27日 - 2010年1月2日 »

2009年12月26日 (土)

普通の韓国を探して2538 新型ツーソン

934 935

 仁川空港、出発階の真ん中にKIAと現代、それぞれ新型車を展示する場所があります。誰でも通る場所、ありきたりの写真で済みませんが、我が愛車、ツーソンの新型だったのでアップです。

 こういう格好の車はベラクルズ、サンタフェ、そして一番小さいこのツーソンというラインですが、韓国車、割合幅が広く、我が愛車も1800mmくらいあります。そこにドアガードをつけていますので、狭目の駐車場ではなんだか申し訳ない状態になることもあります。

 ラルフネーダーで有名になったアメリカの雑誌、「コンシューマーズレポート」で、最も故障が少なかった輸入車とされた現代。そんな理由で私も購入に踏み切りました。オートマのオイル漏れというのがありましたがエンジンはなかなか。ガソリンは食いますがよく走ります。でも、3台続けて外車でしたが、次はやっぱ国産かな?自転車積めるのが欲しいな、なんて思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2537 大田・儒城温泉夜景5

768 769 770 771 775 776

 テジョン、ユソン温泉のネオン街風景もこれでおしまいです。1,2,3枚目、ルームサロンの入口、色が変わります。8時ころだったかな?派手な服装で入って行く若い女性がいました。年末ジャンボ、大当たりしたら韓国のルームにもちょっと行ってみましょうか?5枚目は何度かアップしているベストウェスタンホテルレジェンドの隣のケッスルナイトクラブ。入口にはウェイターさんが立っています。腕利きのピキはいるのかな?韓国ドラマ「テリョ(殴れ)」、日本名「パンチ」、かなりハマってしまいました。何度も見ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2536 行きたいところが見つかった

035  ぎざぎざの印は城郭を表します。漢字の表記もありますので、検索すればどこだかわかるかな?前に大東与地図の復刻版を紹介しましたが、韓国の全土に、そんな城郭都市、大はソウルだのから、小さいのはそれこそいくらでも、たくさんあるのです。山の上の場合は町になっていませんが、小さな城がそのまま町になって、そんな場所はたくさんあるのではないかと思っています。

 ここ、全羅北道群山市沃溝邑の沃溝山城、別名「광월산성」というお城の跡の小さな集落です。高麗時代に海岸であった場所に倭寇の侵略を防ぐためにつくられたお城だとか。家々が描かれていますが、2.5万図ですので一戸単位で出ているはず。ウムネという表示が昔からこの村の真ん中だったことを示しますし、小さな初等学校もあるみたい。バスが行っているかどうかはわかりませんが、この辺、昔は何度も行った沃溝邑ですので、土地勘はあります。紫泉台というのは郷校の名前でしょうか?群山空港へ向かう沃溝線の線路も書いてあります。かなり行ってみたくなりました。小さな城郭の様子、どれくらい残っているのか?興味があります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2535 釜山・凡一洞3

126 127 128 129 130

 最初の項、カピの自販機のところでちょっと町名票が見えていましたが、この凡一洞と凡川洞の境界の谷の町、別名を안창마을というようです。2枚目の店の看板にもその名が見られます。

 昔からの姿をとどめる町、ここにも再開発の計画があるとかいうニュースもありました。またそんな町を見下ろすようにそびえる東義大の建物。窓が多いので寄宿舎かなんかでしょうか?5枚目、犬の写真はまたこの次に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

2009年12月25日 車道の雪は消えたけど

037 038 039

 今朝の写真です。

 広めの道ですと擦れ違いが可能ですが細めの道だと、いつもは普通に速度を落としてすれ違える場所でも除雪した雪が壁になってて1台しか通れない、そんな状況です。 また歩道は、2枚目の通りまだ大部分雪の上を歩かないといけません。3枚目は何度か同じ場所をアップしている新潟駅南口の笹出線交差点。雪を運ぶのかな?ダンプが待機していました。今日はまぁまぁいい天気、でも歩きで出勤でした。この分だとなんだかんだ、正月も雪が残りそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2534 大田儒城温泉夜景 5だったっけ?

762 763 764 766 767

 韓国、狭い国土に人も、そして物も、車もたくさんの国です。店の数もたくさんで、こんな歓楽街の飲み屋もたくさん。いったいみんなやって行けるのだろうか?と人ごとながら心配になるほどです。この大田市儒城温泉の店も、ほんとうに飽きれるほどたくさん。週末とかはもっと人が出るのかもしれませんが、それでも供給過剰のように感じます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2533 釜山・凡一洞2

1211 122 123 124 125

 ソウルのこんな写真を見たことがありますが、家の壁に絵が描かれています。地図で予想して来てみましたが、ほぼ思った通りの古い町。子供のころを思い出すようないい町です。ちょうど朝の出勤時間の始まり、下って行く人、車がほとんどです。あまり余計な文章が必要ない、そんな懐かしい気持ちになる写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

普通の韓国を探して2532 釜山・凡一洞を歩く

1161 1171 118 1191 1201  前々から地図で探して行ってみたかった谷に広がる町です。中央の広めの道路を境にして南が凡一洞、北(右手)は凡川洞。区も別々で後者は鎮区(釜山鎮区)になりますが、町としては一つ、そんな場所です。一番奥は東義大学校につながるはずの道、バスの終点から上り始めました。3枚目が上り方向、まん中向こうの大きな建物は東義大のキャンパスの端になります。4枚目はちょっと上がった場所からのバス回転地=終点です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2531 太田・儒城温泉夜景3?

755 756 757 758 759 760 761

 テジョン、ユソン温泉の繁華街です。私も最初は看板の読みなんかでスピードアップの練習をしました。意味がわかっても、わからなくても、速く、たくさん読むのは大事なことだと思います。バスに乗っていて横の車線の車のナンバーを読むのも数字の読みのいい練習になります。

 この辺、有名な温泉地ですので日本人観光客もけっこう行くのでしょうが、飲み屋で遊ぶ人はほとんどいないと思います。純粋に遊びで行って、徐々にではあれ韓国の夜の世界、探検してみたいものです。相当軍資金が必要になるかもしれませんので、夢ですけど。

 7枚目、車止めに「清浄儒城」とあります。清濁併せ持つのが韓国の良い点だと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

普通の韓国を探して2530 東ソウル発束草行き無停車市外バス

265 266 268 269

 この11月の写真です。すでにちょこっと書きましたが、ソウルから東海岸、高速バスももちろんありますが、近道を通る感じの東ソウル市外バスターミナル発の無停車市外バスのほうがたぶん速いと思います。

 1,2枚目は途中の休憩所での写真、15分くらいの休憩時間をとっても、ソウルから束草、3分の1くらいは高速道路を走るようになり、またその先の国道も片側2車線化され、とても早くなりました。2枚目、MTBを積んだ車、ちょっとピン甘ですが、日本でもめったに見ない「MOOT(ムーツ)」という会社のフレームです。トライアスリートに人気のレーサーフレームは見かけますが、MTBは初めて見ます。韓国の自転車乗り、金を使う人は使うなぁ、、というところです。

 3,4枚目は束草の市外バスターミナルの中と外。ここは昔のまま、あまり大きくないターミナルです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2529 釜山・凡川洞と凡一洞の境界の谷

115 1141

 夏の終りの釜山、前から行きたかった町に行きました。釜山大の先生と会ってアグチムを食べた翌朝、早起きして宿を出て、朝飯前に歩いた場所です。これはその最初の場所、バスの終点です。 立て看板は「ここはバスの回転場所なので、駐車を禁止し、もしも置いた場合は即刻牽引するぞ」なんて書いてあります。

 こんなごく普通の場所、誰も行かないだろうと思っていたら同じ年ではありますが今年の春、訪問した方のブログがありました。似た匂いのいする人間がいるもんだなぁって思いました。

 本日は休診、これから町へ出ます。徐々に回復しつつある新潟裏道の道路状況、勤務先まで車、そこから歩きのつもりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

普通の韓国を探して2528 강원도양양산책5

344 345 346 347 348 349 371 350   江原道ヤンヤンの町歩き、これでおしまいです。1枚目は旧道の写真。韓国の地方の町、どこも新しいバイパスが町の外を走り、市外バスは町の手前で旧道に入りターミナル、もしくは町の中心部の停留所に停まり、お客さんが乗降、またしばらく古い道を抜けて、バイパスへ。そんなふうに走ります。市外バスに乗ったことのある方なら、おわかりですよね。

 2枚目はアジュマが早い時間なのに前庭でキムチの漬け込み準備かな?ちょうどキムジャン、11月初めでしたから。

 3枚目の先の交差点が市場の方の道と、旧道の合流点。古い時代には市場の方の道、今はターミナルがあり、小さなビルなんかがある道も新しい道だったのかもしれません。4枚目は、その手前にあるその名も「サムゴリ食堂」。いつの時期にここに三叉路ができたのでしょう?営業はしていないみたいですね。

 5~8枚目は明るくなってきたターミナル周辺。5枚目に見えるように三叉路のすぐの場所がターミナルでした。V字型に戻るようにしてターミナル前です。どこのターミナル、停留所でもタクシーは待機しています。バスの行かない小さな村へはタクシーで行くしかありません。でも、案外簡単だし、目的地を見物する間待っていて下さいという要望にも応えてくれます。7枚目の耕運機、たぶん市場に売り物を運ぶ農家の人かな?これが見かけられれば、田舎です。

 8枚目は、ちょっと「あれ?!」って思いました。韓国は右側通行、だのに、車は左車線の囲われた区域に待機しています。方向が逆というか?ちょっと珍しい風景かなとも思えます。まぁ、田舎ですのでぐるっとUターン、いつでもできそうな町でしたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事510 大田・地焼酎と地マッコルリ

780 781 782 783

린焼酎と  원マッコリです。いずれも忠清南道の地焼酎、地マッコルリです。前者はずいぶん前に瑞山での話で紹介していますが、ラベルが変わりました。

 よく見ると瓶代40Wを返還しますと書いてあります。韓国全土で一晩に何本空くかわからない国民酒である焼酎の瓶、しっかりリサイクルしないといけません。

 ひとつの道では2~3種類以内?そんなふうに思える焼酎に対し、マッコリはもっと小さな醸造所がたくさん。地方によってはそこの土地のものだけでも数種類置かれているのを見たこともあります。また前に江原道華川のところで紹介したように直飲所なんて飲み屋もあったり。材料は米とか小麦、それに健康にいい黒豆だのなんだのを加えて、いろいろ種類があります。またいいのかどうかわかりませんが個人醸造のもありそうなマッコルリ、まだまだ研究の余地が残されている分野ですが、そんなのも韓国地方旅行の大きな楽しみになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2527 大田広域市儒城・ネオン看板も韓国情緒のひとつ

748 750 751 752 753 754

 11月初旬、大田市儒城の繁華街です。最近、ネオンというよりも看板を照明で照らしたりとか、大型のディスプレイでとか、そんなのが増えていると思いますが、韓国ではまだまだ、個人経営の店など、派手なネオンが健在です。

 今夜は遊ぶぞ!って気持のグループなんかをその気分にさせるにはこういう派手なネオン看板、なかなか有効なのではないかと思ってます。でも、やはり思うのはハングルが読めないと遊びにくいだろうな?ということ。また、もちろん文化的な差異、飲み屋のシステムの違いなんかもあります。女性のいる飲み屋は日本よりも高いくらい。一人当たり数十万Wもかかるというし、まだまだ我々日本人の知らない飲み屋のシステム、形態があるのだと思います。予算的には無理があるかもしれませんが、もっともっと韓国語を勉強して、ゆくゆくは韓国の夜の世界にも足を踏み入れることができたら、そんなふうに考えています。

 3,6枚目にあるコンプレッサーで空気を常時送り続けて立たせる看板、やはり歩道上に置くのは違法だとのことで、たまにある取り締まりの時には閉まっておくと聞いています。流石ケンチャナヨの韓国、なんても思いましたが先日新潟駅へ行ったら、なんかスッキリしています。いつもは通路に置かれている携帯電話の展示、新規契約ならすごく安い小型のネット専用コンピュータの展示、そんなのがありません。知り合いの店員さんに聞いたらJRの監査があるので、、とのこと。日本もまぁ、似た部分があるようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

普通の韓国を探して2526 江原道ヤンヤンの朝4

332 335 336 337 338 339 342 343

 少し山側の多分、昔からの道をバスターミナル方向へ戻ります。1枚目、路地の曲がり具合もいい感じです。4,5,6枚目は黒い犬がいました。何犬と何犬がどうまざったのか?誰もわからないこんな犬、韓国の全土にいったい何匹いるのでしょう?皆それぞれ可愛がられて、自由奔放に生きている、そんなのがステキです。

 3枚目はこんな古い倉庫みたいなのがゴルフ練習場になっています。スクリーンゴルフというのかな?韓国はここ数年大ブームだと言います。この辺もリゾート地ですのでいくつもゴルフ場があるみたい。地元の人ももちろんやるのでしょうね。

7枚目は新しく葺き直した青い瓦屋根の韓屋のお宅。地方ですので敷地もゆったりです。ほとんど反りの無い韓国式家屋ですが、南へ行くほどそりが強くなるという話を聞いています。

 8枚目、もうすぐ新道と合わさるあたりの手前、何でこれを撮ったか?わかりますか?黄色い外壁の家、「エホバの証人 王国会館」ってあります。韓国は基督教の盛んな国ですが、たぶん日本発祥のこんな流派も、それも、江原道のヤンヤンにも、信者がいて、教会がある、、、宗教の力、大したものだと感じました。

 松茸で日本人には有名なヤンヤン、あとは韓国では鮭の上る川でも有名なようです。何もない田舎町と言ってしまえばそれだけですが、普通の韓国、私はこんな場所も大好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記394 大和新潟店、北光社閉店・さびしくなる新潟古町

001 002 003 004

 新潟市の繁華街と言えば古町通りが有名ですが、この秋決まった大和デパートの来年初夏の閉店で、ちょっと意気消沈気味です。まぁ私企業ですので、このままだとやっていけないという理由、しょうがないのでしょう。最近毎日のように新聞でも取り上げられていますが、その大和新潟店のはす向かいにある北光社という老舗書店も来月いっぱいでの閉店だとか。新潟市の顔とも言うべき古町十字路(古町通り6番町と7番町の間)の4つの角のうち2つが閉店。やはり寂しくなるのは事実です。

 1枚目は19日土曜の夜。忘年会に出席する前の1枚。北光社の前から古町の通りを地べたビューで1枚。左側いろんな垂れ幕のある建物が大和デパートです。

 2枚目は昨日の午前。やはり同じ古町十字路の写真。角にあるのが新潟市とその周辺の人なら知らぬ人のいない本屋さん、北光社です。

 3枚目はちょっとシモのほう。昔「まつ井」というちょっと高級な料理やさんがあったビル。その店がなくなり、いろいろ持ち主が変わりましたが、まだビルの名前は残っていました。今は新興居酒屋のようです。この新潟古町の「まつ井」、アラの薄造りが名物でした。関西、九州で珍重されるクエのほうではなく、深海にすむ大きな口のスズキのようなほうの高級魚であるアラです。学生時代、父が遊びに来ると夕食はここか、礎町の寿司清か、そんな、たまのご馳走という感じの店でした。他の物も美味しい名店でしたけど、結構前に閉店。残念ですねぇ。

 4枚目はその「まつ井」のあった交差点のそば、ダイヤ時計店とかの十字路から古町十字路方向、7番町アーケードの地べたビューです。日曜のお昼前ですが、人が少ないですね。大雪のせいもあるでしょうけど、閉店したままの店もけっこうあります。前記大和新潟店はこの先の右手になります。この辺が新潟の繁華街の中心。もう少しシモの方は飲み屋街になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月21日 まだまだ新潟市の交通状況は大変です

005 006 007 009

 まだ大通り以外の道路は除雪した雪のため狭くなっていたりで、また露天の駐車場の除雪も追いついていません。このため本日も徒歩で通勤です。

 写真は新潟市東区の栗の木バイパス。片側3車線あるのですが早めの時間でもかなりの渋滞でした。ちょこっと見えるのが今の栗の木川ですが、昔は広い道路の方が川だったとか。亀田郷の水運に使われたと聞いています。 毎日自転車とか車から見ていた柿の木、雪の中ですが見事な実りです。

 この道、本来は新潟安田自転車道。早く雪が消えてくれるといいのですがねぇ、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

2009年12月20日 4日ぶりに車を掘り出しました

2009_1119ixus820110038 2009_1119ixus820110040 2009_1119ixus820110041 2009_1119ixus820110042 2009_1119ixus820110043 2009_1119ixus820110044 2009_1119ixus820110045 2009_1119ixus820110046  あまり乗らないでいてバッテリーがあがっても困りますので、休みの今日、30分くらいかけて雪掘りをし、車を出して一回りしてきました。

 大きい道は雪はありません。でも除雪された壁で狭くなっています。細い道は依然雪があったり、除雪されてもやはり両側の雪の壁で1台しか通れない状態。すれ違いに気を使います。

 昨夜は一つ忘年会があったのですが遅めの時間だったので対向車も無く、スムースに家の前まで乗ってくることができました。車の多い昼間は、すれ違えない道、走りたくないですね。道路状況が平常に戻るにはあと2,3日はかかりそうです。

 写真は福岡県柳川市。大きい堀、小さい堀、とにかく縦横に堀が走っている都市です。初めて見た光景です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年12月13日 - 2009年12月19日 | トップページ | 2009年12月27日 - 2010年1月2日 »