« 2009年1月25日 - 2009年1月31日 | トップページ | 2009年2月8日 - 2009年2月14日 »

2009年2月 7日 (土)

すばらしい韓国の食事438 천연산 굴(天然産カキ)

366 367

 韓国の市場だのデパ地下だのへ行くと、買いたいなぁって思うものがたくさんあります。でも買いにくいのは生もの。たとえばちょっと前に紹介した5つ10000Wの小ぶりの鮑だの、こんな天然の小粒の牡蠣だの。いつか醤油とかポン酢を持って行って、なんて考えています。

 日本では九州の北部で、こんな小さな、大人の指先ほどの大きさの天然の小型の牡蠣を食べることができます。佐世保の前畑先生の所へ研修に行った時など何度か食べていますが、味が濃く、大変美味しいです。韓国では塩辛っぽくしたりしてご飯のおかずになったりしますが、そんな生っぽい浅漬かりの天然小粒牡蠣も最高です。要はひとつひとつ手作業で剥く手間が大変なのでしょうが、韓国、人件費が安いのか、女性が働きものであるためか、九州北部とか以上にどこでも、こんな小さな牡蠣を売っています。いいなぁ、うらやましいなぁ、って思うポイントの一つです。

 1枚目はその天然産カキ、2枚目はこちらは日本でも普通に見られる養殖の大ぶりのサイズのもの。もっとでっかい岩牡蠣は南大門市場の南端の地下鉄入口付近、黄鶴洞の清渓川路側出口付近の屋台などでも売られています。前者は最近見かけないかな?何度か書いていますが海は一緒。特に九州北部で獲れるものは韓国でも獲れます。値段は、たぶん韓国の方がずっと安いのでしょう。とにかく海のものは安くて豊富な韓国です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記268 종로자전거(鍾路自転車)

280 281 282

 ドンミョ脇の自転車店の続きです。MTB王国韓国、日本では見られないような高級MTBフレームの自転車があります。1枚目、「BMC」という文字が見えますが、私も購入を考えたブランドです。でも、日本だとレーサー用だけが売られていてMTB用は見たことがありません。2枚目のライトスピードというのもチタン加工技術で有名なアメリカの会社です。こちらも日本ではめったに見ないチタン製のMTBフレームです。前に温陽温泉で見かけたLOOK986同様に、日本では見られないような高級MTBが売られている韓国です。

 3枚目、店の外観ですが、前に紹介した龍山MTBとは違い、昔からの屋根の低い韓国家屋の店という雰囲気。でも、商品は一流。このへんも韓国の面白いところかもしれません。

 ソウルの町中、たまにちゃんとしたウェアを着て、かなり大げさなマスクをして、サングラスをかけ、ヘルメットをかぶったMTB乗りの姿を見かけます。空気が悪いと言われるソウルだからでしょうが、それでも自転車ファンは確実に増えてきている、嬉しい事実です。いつか私も自転車でソウルを走りたい、そう願っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2047 清涼里から祭基洞への市場通り

252 254

 旧正月前のソウル、いや韓国、まぁ、秋夕前もいっしょですが、故郷への土産の商戦がすさまじいです。宅配も増えましたがそちらも混む時期ですので締切(マガン)があります。自家用車の人は自分で持っていくでしょうし、汽車やバスでも同じかも。とにかく、デパートはじめ、スーパー、マート、そして市場、どこもそんな買い物の客でにぎわいます。

 写真は清涼里在来市場を抜けて果実市場の北の端から京東市場のほうへ行く細いコルモク市場。ゴマ油などを製造販売するパンアッカンが多い通りの手前です。リヤカーを押して、干し柿だったかな、あまりたくさんでない商品を売り歩くハルモニの後を歩くことになりました。

 バイクも来るし、手押し車も来ます。すれ違いに苦労することも何度か。でも、ゆっくりゆっくり、そこらの人に声をかけながらハルモニの商売は続きます。 干し柿、冬の韓国の市場を見た方ならお気づきでしょうが日本よりもずっとたくさん、一般的に売り買いされています。市場へ行けば山のように置かれて売られています。 このハルモニの干し柿がどういう商品かはわかりませんが、特別なものではない風でした。ですのでけっこう数分間も後ろを歩いたけど一つも売れる様子はありません。でも、ハルモニはひとりひとり、たとえば通行人だけではなく、市場に店を構えるアジュマにも声をかけます。一日歩いてどれだけ売れるのか?他人事ながら心配してしまう私。でも、焦ることも、悲しむこともなく淡々とこのハルモニの商売は続くのでしょう。

 前にも書きましたが地下鉄出口のキムパプ売りや餅菓子売り、全部売れても30000Wくらいにしかならないと思うような規模の露店の商いをハルモニがやっていたりします。韓国人の友人に聞くと、お金儲けというか小遣い稼ぎ、また、一日街で商売する、それを生きがいにしている人も多いんだよ、とのことでした。 韓国の女性、働き者だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

とうちゃんの自転車日記267 鍾路でみつけた自転車店

275 276 277 278 279

 ずっとまえはいくらでもあった清渓川7街の中古ビデオ店、再開発で南側の店は全滅。北側に少しだけ、大きめの店がありますが、主にDVDになっているようです。そんな店へ行った帰り、ドンミョアプ駅へ行こうと歩いていたらちょうど自転車店が開店準備をしていました。 1枚目の写真、ソウルに詳しい方なら、これでどこの場所だかお分かりになるかと思います。

 レーサーよりもMTBが人気の韓国、でも、街角で見かけるほとんどは日本同様にルック車と呼ばれる中国製の安ものです。でも、この店は、、本格派でした。アメリカのブランドであるトレックがまず目につきました。

 でも、トレックでも安いのは安かったりします。そんなフレームに描かれたブランド名よりもシフターとかディレイラーに書かれた部品のグレード名で大体の自転車の値段がわかります。3枚目の写真、ハンドルバーのグリップのそばに見えますが、シマノのグレードだとXTR,XT,LX,そんなのが使われていれば本格派と一発でわかるのです。値札を見ると300万だの500万だの、そんな価格。挨拶をして日本人の自転車乗りであることを話し、見せてもらうことにしました。写真も許可を得た上で撮らせてもらいました。置く場所がこれ以上ないため、MTBは持っていませんが、ちょっといいクロモリフレームのMTB,欲しいなぁと考えているので宝の山に入ったような気分で自転車を見せてもらいました。

 細かい用品類、輸入品が主なので日本のが安いくらいでしたが今の円高W安、案外買い得なものもあるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2046 「バスは運搬車じゃないんだよ!ばぁちゃん!」

201 202

  タイトルはバスの運転技士さんの言葉です。

 清涼里の宿からソウル旧市内中心部、鍾路へ向かうバスに乗ったらば、すぐに京東市場の停留所。けっこうなハルモニが乗ってきたと思ったら大きな荷物が6つか7つ。当然一度では運べませんので数回往復します。乗車口すぐのアジュマも手伝ってあげていましたがものすごい量の荷物。それを座席まで運ぶのですからバスはなかなか発車できません。運転手さんはじれたように、上記の言葉をかなり喧嘩腰と思われる口調で言っていました。でも、ハルモニはどこ吹く風。荷物を運んでからやっと料金を払いに行きました。

 1枚目は見ず知らずのアジュマが乗車口にとりあえず置かれた荷物を中へ送っているところ。2枚目は全部を積み込んだハルモニが料金を払いに行っているところです。

 何でもありの韓国、荷物の規定とかもあるのでしょうが、しょうがねぇなぁ、と思いながらも黙認する技士さん。そういうケンチャナヨの部分があるからこそうまくいっている部分も多いのだと思いました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2045 江原道華川郡華川邑の便宜店にて

153 154

 日本語のコンビニ、韓国では「便宜店」と言います。ソウルからバスで2時間弱、春川のターミナルで乗り換えて約50分、凍った川のほとりの町である華川にもちゃんとその便宜店はありました。

 ターミナルそばのモテル、ヨンナム荘からターミナル前のメインストリートに出た角のファミリーマートです。入ってすぐのところにベビースターラーメン、飲み物の冷蔵ケースにはアサヒスーパードライ、よくもまぁこんな田舎まで運ばれてきたものだと思いましたが買ったのは韓国のビールでした。だって輸入品ですので高いですから。

 韓国と日本、なんだかんだあっても、やはりすぐ隣の国、切っても切れない関係の深い国、お互いに見習う点の多い国。一緒に発展していくべき2つの国だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

2009年2月3日 ケンチャナヨ

219  オープンデイが終わり、もうすぐ上がります。明日は早起きでちょいと出張、帰りは木曜の予定です。また面白いチャンスがあれば写真を撮ってきます。

 今回の写真はソウルの歩道。ブロックが抜けてしまったところ、土か、もしかしたら練炭の灰?で埋めてあります。市の補修を待つよりもとりあえずは通行の不便をなくすためのケンチャナヨでしょう。ちょっとカッコ悪いと言えば悪いけれど、何もしないで穴を開けたままにしておくよりはずっといいとも言えます。「まず行動ありき」というのも韓国人の長点(長所は長点、短所は短点、韓国語です)だと思います。さて、6時、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事437 温陽温泉・アクタン6000W

152 156 155 157

 韓国、一人で食事をしたりすることが少ないため、一人旅の食事は限られてしまう傾向があります。焼肉は2人分からが基本ですし、魚も焼き魚定食かフェトッパプ(刺身丼)くらい。でもたまに、前に広蔵市場の店を紹介しましたが1人用の鍋料理も見つけることができます。

 牙山市の温陽温泉、宿のすぐ脇の食堂、ふぐちり、アンコウ鍋がメインの店のようでしたが6000Wのアクタンがメニューにありました。ランチだけと限る店もありますが、アジュマに聞くと1人分でもオーケーとのこと。さっそく上がって料理を待ちます。

 確か広蔵市場の店では8000Wだったと思いますが、流石は地方、忠清南道、6000Wでも負けない御馳走になりました。トゥクペギで出てくると思っていたのにちゃんと1人用の鍋でコンロで煮るようになっています。あんこうの身、コンナムル(豆もやし)、ミナリ)セリ)、ムゥ(大根)、野菜もたっぷりの辛い鮟鱇鍋、ちょっと辛いけど美味しい夕食になりました。

 店内には奥に先客の作業服の男性2人組。透明なスープですのでフグチリのようです。アジュマとしゃべりながら食べていましたが、どうもその奥のお客さんの韓国語がわかりません。やはり田舎は訛りがあるなぁ、なんて思いながら食べ終わる頃、やっと気付きました。その2人連れ、日本人だったのです。ちょっと挨拶に行ったら、仕事でこちらの工場に指導に来ている方とのこと。向こうも私に驚いているようでした。帰り際、この店は韓国人より日本人のが多いね、とアジュマに言ったら笑ってました。

 こんな料理で今のレートだと500円以下、やはり韓国の食は大したもんです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2044 華川のマッコルリ専門店の店内

149 144 150 151

 少し前に紹介した華川濁酒試飲店の店内です。メニューは前回の写真にあったように簡単なもの。豆腐だの野菜だのをコンロの上に乗せた浅い鍋で焼くだけのよう。でもちゃんと埃がかからぬよう空きテーブルの鍋には紙がかけられています。ポリ容器は食用油、点火用のチャッカマン(仮)は韓国ならではか、巨大なものでした。

 2枚目はそのマッコリのラベル。ちょっと甘いのはご勘弁を。マッコリ醸造所直営店というと聞こえはいいですが、前にアップした写真のような素朴な外観の店でした。3枚目は地方紙のよう。4枚目は店の暖房の主役、店内真ん中に置かれた練炭ストーブです。

| | コメント (0)

2009年2月 2日 (月)

すばらしい韓国の食事436 ホプ「プルティナ」のフライドチキン

200  韓国のチキン、一羽単位であることが多いです。繁華街のホプなどではモモ肉1本、手羽1枚、そんなとこもありますが。また、火が通るのに時間のかかる鶏肉、前もってある程度揚げて置いて、というのが普通です。見たことあるでしょう? このため、日本人の感覚では火が通り過ぎであることが多いのです。

 このプルティナでも注文があるとある程度揚げておいたのをまた油に入れる方式。でないとすごく時間がかかるからしょうがないのでしょうが、しっとり感がなくなってパサっぽい状態になるとやはり日本人としては面白くありません。10回とか、それ以上言っていますので、前にあまり揚げすぎず、温まる程度でいいから、と頼んで以来、私のためのチキンはあまり揚げすぎないようにしてサーブしてくれるようになりました。1羽で9000W、キャベツとダイコンの甘酢漬けが出て、ヤンニョムも写真のとおり少し出してくれます。ニンニクがきつめなのと甘いので私はそのまま、もしくは少し塩コショウで食べますが、結構な量。2人で1つでも足りるそこそこの大きさの鶏です。栄養センターのトンタクよりもずっと大きいので注意が必要です。

 他も大抵はそうだと思いますが、すぐ前のホリデーイン城北ソウルに泊った中国人、日本人も来るとのこと。事情を知らずにあれこれたくさん料理を頼むこともあるそうで、そんな場合はカタコトで多すぎるから減らせとアドバイスするという良心的なアジュマです。また、ホリディイン城北に泊ってここで食べて以来ファンになり年に何度も、江南のホテルに泊った時などもタラバガニを食べに来てくれる日本人の母子の話も聞いています。私もタラバガニ、食べてみようかな?と思います。小さいの、あるでしょうか、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2043 강원도 화천군 상서면 산양리

179 1802 181 183

江原道華川郡上西面山陽里の邑内、村の中心地のバス停留所付近の風景です。道路は国道5号線。道路整備の進む韓国ですがDMZも近いこの辺は広い道ではないし、バイパスもありません。韓国のひと桁国道にしては珍しい状態です。この先はマヒョン(マルコゲ)という峠、その先は鉄原郡の近南面でDMZに入り、平康郡だの、北韓へと続いています。

 商店、飲食店なんかもありますので、普通の人も住んでいる地域ですが、北の町はずれの停留所より先は民間人の家はなく、一般人の立ち入りが制限されているそうです。民間人統制区域、いわゆる民統線というやつでしょうが、目印があるわけでもなく、また、私服の軍関係者も通りますのでバスの切符などは買えてしまいます。間違って民統線を越境してしまって捕まると予定の日に帰れなくなってしまう可能性も高いので気を付けないといけません。

 1枚目、ちょっと見物に入って、買い物した軍人百貨店です。バスを待つ間、寒かったのでアジュマとけっこうおしゃべりし、暖を取らせてもらったお礼にハンドクリームを差し上げました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

普通の韓国を探して2042 東ソウルターミナル

195 196

 鉄原郡瓦水里からバスで戻ってきたソウル、東ソウル市外バスターミナルです。ここでも何度か書いているとおり、大きなターミナルでは乗る場所とは別にいろんな地方から来るたくさんのバスから下車するための降車場があります。大抵はでも、再度ターミナルの建物に入って化粧室でオシッコ、そんなことが多いかな?

 1枚目はターミナルの建物の南端にあるその降車場からターミナル前の通りに出たところです。時間は9時前くらい。中長距離のバスが発着する場所ですのでもうお客さんはまばら。距離にも寄りますが長距離は7時か8時には最終が出る感じ。深夜優等高速バスは別ですけど。右の建物は2号線江辺駅です。

 2枚目はその地下鉄駅との間の通り、広めの歩道に並ぶポジャンマチャ。テントにメニューが書いてありますが、その内容から類推すると酒を飲む屋台ではなく軽食中心のものです。安心して食べることができますが単価が安いので長居すると嫌われます。まぁ、すいている時間で話し好きのアジュマなら大丈夫かもしれませんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

すばらしい韓国の食事435 鐘岩洞のホプ「プルティナ」のキムチポックンパッp

2011  韓国の店、常連になるといろんなサービスがあります。何度も紹介しているホプ「プルティナ」、ビールとチキン、それとタラバガニ(王蟹、キングクラブ)の蒸したのがメインですが、こんなのも作ってくれたりします。チキンを食べた後だったので少なめに、と頼んだのに日本の一人前以上の量でした。けっこう辛いけど炒め具合もなかなか。でも、全部は食べきれませんでした。

 土産に梨をくれようとしましたが、果物は持ち込みできませんのでお断りしたら、今度は走って外へ行って、海苔を買ってきてくれました。そんな気持がうれしいタンゴルカゲです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2041 華川郡上西面(?)山陽里バス停留所

184 174 175 173 177 176

 引き続き山陽里です。小さな敷地でターミナルというまでもないバスの終点、停留所があります。韓国の田舎、バイパスとは別の昔からの道に入った町の真ん中辺のシュポの前なんかに中距離の市外バスの停留所がありますよね。あれに少し毛が生えた感じの場所です。左手に見えるスーパーみたいなところが売票所のようです。

 4枚目のように小さいながらも新しくできた小奇麗なモテルもありました。5,6枚目は1枚目の写真の奥にあった軍装品専門店。ソウルから北へ行くとバスの停留所、ターミナルのそあ、時には中などにこういう店があります。ちょっと見せてもらおうかと思いましたけどドアにはカギ。灯りは点いていますのでちょっと外出中なのでしょう。6枚目、いくつかの師団のマーク入りのずた袋。ソウルの東ソウルなどでも見たことあるワッペンがあります。「イギジャ」と書いてあるのだのはよく見かけます。

 アップしてから見たら5枚目、おじさんの頭が見えますね。なんで開かなかったのでしょう?道路の向かいにも軍人百貨店があったのでこの後、そっちへ行ってみました。しかし江原道、春川とかはけっこう韓国ファンなら知っているし、「原」のほうの原州もけっこう大きな都市、でも、華川だの、さらには山陽里だの、知っている人も少ないでしょうし、行こうと思う人、行ったことある人も本当に少ないと思います。次回で山陽里シリーズも終わろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月25日 - 2009年1月31日 | トップページ | 2009年2月8日 - 2009年2月14日 »