« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月31日 (日)

すばらしい韓国の食事516 焼肉の友

4042 413 414 415

 ちょっと前に外観を紹介した「トゥンタンジ」、豚内臓系焼肉のチェーンですが、安かったため、残しても勘弁ね、ということで行ってみました。3人分は500gとのこと。やはり量がたっぷりでプレッシャー。基本は塩ですが、それ以外に、少し甘い感じ、店特有の味付けがされています。

 肉の種類などは項を改めますが、2,3,4枚目、これ、焼いた肉につけるもの。結局甘辛いヤンニヨム、4枚目を多用しました。3枚目は塩コショウ。さて、2枚目は何だかわかりますか? 店の人の話では別に珍しくないという話でしたが、私は初めてでした。

 答えは次回、肉の写真のときにアップです。あ、2枚目、小皿の縁のは私がつけた焼いた肉の焦げ部分です。お店の名誉のために、書いておきます。しかし長寿マッコルリ、飲みたいなぁ、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2602 江原道・洪川市外バスターミナル

478 479 480 481  江原道洪川の市外バスターミナルです。5枚あったのでアップしてみましたが、やはりうまく写真が配置されず、今打っている入力画面も変なふうになってしまいます。これは困るなぁ。ニフティさん。

 1枚目、ヤンヤンからはるばる3時間以上かけて走ってきたバスです。2枚目、改修工事中とのこと。洪川は4回目くらいの訪問ですが、なんか変わった感じがしたのはそのせいかな?ターミナル中はでも普通の様子。でも、トイレは外に、仮設のものでした。

 この辺の中心の町だからか、ひなびた田舎のターミナルという感じはしません。けっこう大きな町、洪川です。482

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2601 釜山・凡一洞32

316 317 318 319

 目的地は前にアップした跨線橋のあたりですので、少し北東方向へ軌道修正。けっこう広いけど坂の道を下ります。韓国、市内バスの路線もとても発達。この釜山でもかなりの密度で市内バス、マウルボスが走っています。番号さえわかれば本当に便利なものです。釜山でも地下鉄とバスの乗り継ぎ割引制度はあるのかな?日本も真似してほしい点の一つですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

普通の韓国を探して2600 ガス銃でしょうか?

042 043  とある銀行のCDコーナーです。5万W札が使える機械、使えない機械があるようです。点検中の銀行員のアジョシの腰に拳銃みたいなのが、、、 ちょっと調べてみましたが、銀行員が拳銃を持てるわけないので、ガス銃かもしれません。

 映画「猟奇的な彼女」で、主人公が泥酔したチョンジヒョンをモテルに担ぎ込んだ部屋に女性警官が踏み込む時にガス銃を使う場面がありましたが、警察以外でも一部の業種には所持が認められているのでしょう。大韓航空の飛行機の中にも電気銃が備えられています。日本の航空会社でもそういう装備はあるのかな?

 韓国の大人、催涙ガスの臭いをかいだ経験が大抵あるようです。昔(90年台初めころまで)のデモの鎮圧に頻繁に使われたとか。日本は平和です。どんな臭いなのか、嗅いでみたい気もしませんか?

 余談ですが、この機械、戻るときには引っ込んでからぐるりと回転します。日本のもそうなのかな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2599 釜山・凡一洞31

312 313 314 315

 1枚目、無縁仏慰霊碑みたいなのがありました。昔墓場だったのかな?ボムネゴル聖地のからみかもしれません。他の釜山の山の町で、行ってみたいところがあるのですが、そこも共同墓地の記載があります。韓国のお墓、山に作るものですが、このあたりの山、昔はもっとお墓があったのかもしれません。2,3,4枚目、駐車場を通り抜けさせてもらって少し方向を修正しました。下り道は続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

普通の韓国を探して2598 東ソウルターミナル前・軽食のポジャンマチャ

2371

 先日の新鉄原行きの時の写真、1月の早朝6時過ぎの東ソウルターミナル前です。たぶん零下15度くらいにはなっていたはずですが、1軒だけ、夜通しの営業だったのか、テント付きの屋台、ポジャンマチャがやっていました。暖房もやっているのでしょうが、店の人も、お客さんも寒かったことでしょう。

 ポジャンマチャ、酒を出す店を言うことが多いけどここは酒なし、テントに表示してあるとおり、ウドンやトースト、ククスにオデンにトッポッキ、そんな軽食の屋台です。昼間は片づけてしまうところもありますが、ここはずっと設営してあります。屋台のアジュマと知り合いになると、いろいろ楽しいのではないかなって思います。値段はどこも大体一緒。そんな行きつけのポジャンマチャ、タンゴルカゲを開発してみませんか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月29日 기쁜 소식(嬉しい知らせ)

006

 前にも書きましたが、学会のニュースレターとか、「学会消息」って言います。日本語で消息というと大げさで、なんか半分マイナスっぽい感じがしますが、韓国語ではプラス的。「便り」とか「連絡」、「知らせ」そんな意味です。

 先日韓国、ソウルでお会いした延世大学校歯科大学の先生、この2月に日本にいらっしゃると聞いていたので、メールで詳しい日程をお伺いしました。初旬から中旬にかけて、旧正前の訪問のよう。こちらから「時間があれば1杯」と誘うつもりだったのが返事のメールでもう空いている日と、「一杯やりましょう」というお言葉をいただきました。

 実際会って話をすると本当に率直で、典型的な韓国人気質の先生です。前回はおごってもらいましたので、今回は私持ち。しっかり小遣いを準備しておきましょう。

 韓国人、家族や親戚、親友、恋人、そんな周囲の人のためにお金を使うことが喜びだと言います。時には兄弟のお祝いに借金までして現金を贈るだのいう話も聞きます。ついつい細かく計算したり、先の心配をしたりしてしまう傾向のある日本人、大きく違う点だと思います。でも、それで、カード破産だのが多い、そんな短点の原因でもあるのですよね。

 ちょっと変わった写真の掲載方法。どうも変なふうになってしまいます。しばらく4枚ずつのアップにしてまいります。見に来てくれる皆様、ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2597 延世大学校歯科大学

041 049 050 051 延大の構内です。前にちょっと紹介したドラマの広告があります。病院内での撮影は遠慮しましたが、5枚目、「今月の親切な先生」なんてのが掲示してありました。

 6枚目は研究棟のほう。寄付に関する掲示。キリスト教系の大学ですので、寄付が盛んなのかもしれません。ちょっとフォーカスが甘いですが、最初の項は「1億W以上」となっています。お金がある人はドンと。ない人でもそれなりに寄付(誠金)を出すのが韓国のいい所でしょう。

 1枚目はちょっと別の場所、正門入ってすぐの大学本部の入り口です。この時はすでに除雪が行われていたのですが、「すごく滑るので注意」という看板です。「すごく(メウ)」が、なんだか韓国らしくて面白く感じました。052 053

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2596 釜山・凡一洞30

303 304 306 309

 せっかく上った山の町、できるだけゆっくり、でも、できるだけ正確な方向へ下って行きます。朝ごはん前の散策としては充分すぎるほどの距離を歩きました。

 しかし斜面にある町の面白さ、平坦な新潟市に住んでいるからでしょうか?しっかり楽しみながら歩いて行きました。4枚目の階段の下の様子が5枚目。目がくらみそうな急傾斜です。310 311

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

2010年1月27日 医院石膏コーナーの掃除

 おはようございます。

 休みですが、早く出てきて石膏コーナー。トリマー下の第一トラップ。そして流し。流し下の第2トラップの掃除です。石膏を食べる細菌がいるのでしょう。長く掃除していないと硫化水素っぽい臭いがしてきてしまいます。1時間ほどかけて掃除。ゴム手袋が面倒なので、休みの日にやる仕事。手は汚れてしまいますので、この後はスーパー銭湯か日帰り温泉でさっぱり、テミリ含め、よく洗います。極小企業のトップである院長も大変です。なんとか終わりましたので、あとの午前中はとうちゃんの自由時間。のんびり過ごしたいと考えています。

 先日、こちらを見てくれているという方から直接ご意見を聞く機会がありました。昔と文章の感じが変わったのでは?ということですが、ちょっと短めになっているかとは自分でも思います。ハングルの読みのこと、韓国の文化の基礎的なこと、食べ物関係も基本的なことは省いているかもしれません。自分で言ってしまいますが、かなり内容のある、そして深い話、今までに何度も書いてきているので読者の方も解っておられる、そんなふうに考えています。ご質問があれば細かいことでもコメントください。できるだけのことをお答えします。 これからもよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2595 極寒のソウル・中央市場

3971 398

 あれこれいじらず、今までの通りにアップしてみます。

 ソウル地下鉄2号線の新堂駅の北に広がる中央市場。ソウル最大の在来市場と言われています。最低気温零下15度、最高気温零下9度だなんて1月12日、中古DVDをチョンゲ7街のビデオ旅行という店に探しに行く時に通りましたが、露店と言うか屋台の店はやっていないところも多かったです。屋根はあるとはいえ気温は零下10度。そんな露店で飲んだり食ったりは流石に寒いでしょうから。 また1枚め、これ、野菜の店ですが凍結防止のために品物に薄いふとんや毛布をかけてありました。ワカメが見えますが韓国では八百屋で売られています。

 2枚目は海藻。左がパレキム、右はもっと細く髪の毛のようなメセンイです。買って自分で調理したいけど、、、ホテルですので見送りです。海のものも山のものも日本以上にいろいろ食べる、韓国ってそんなふうに思います。人も、車も、品物も、そしてその種類もたくさんある国、それが韓国。興味は尽きることがありません。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2594 釜山・凡一洞29

298 299 307 308

 なんか画像の位置を指定できるようになったみたいですが、かえって混乱してしまいます。1枚ごとに指定しないといけないみたいで、ちょっと混乱してしまいますね。

 やはりフラフープが流行っているみたい。そんな釜山の山の町です。日本でもそうですが、山の斜面にあるというだけで、面白い景観になる、そういうのがあると思います。尾道とか長崎とか、平らだったら人気が出なかったかも、って思います。今回の1~4枚目、なかなかの名作だと思っています。階段、橋のようになった家の入口、何でも工夫してやってしまうのが韓国の建築業者かもしれません。300 302

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

普通の韓国を探して2593 在庫整理

241 4041 236 237

 読み込んだ写真、そのままでは大きすぎて掲載できないので、また、駄作もあるので、時間がある時にざっと選んで縮小し、準備しておきます。シリーズものなんかの場合、アップし忘れたりもあるので、そんな残り物、もったいないのでお見せします。

 1枚目はケサンの市外バスターミナル。初夏の午後の人が少ない時間の1枚です。前に小さな女の子が走りまわっていた様子を紹介したあそこです。最近、大きめの都市だと郊外に移転して立派な建築になってと言うのが多いバスターミナルですが、テナントはガラ空きのことが多い感じ。こんな昔からの薄暗いターミナルが好きってのは旅人の勝手な感傷かな?

 2枚目はちょっと前ですので覚えておられるでしょうが、釜山の京釜線の跨線橋の最後の1枚。下のどぶ川が本当にいい感じです。釜山の人なら、「ああ!あそこね。」って、かなり知られている小さな橋です。

 3,4枚目は京釜電鉄線のシフン駅前。蘭谷の名残のある新林洞へ2度目の訪問をしたときの最寄駅です。始興駅とはだいぶ離れた場所なのに、なんでシフンという駅名なんでしょう?コーヒーショップ、ここ数年すごく増えました、韓国。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2592 다시 한번 괜찮아요?(大丈夫ですか?)

4321  ソウル市内、某所のピザの店の前を通りかかったら配達用のバイクが。荷台の箱の蓋が開けたままでしたが中を見たらこんなでした。零下15度のソウル、コチコチに凍っているのでしょうが、段ボールの箱に入れて配達するのでしょうに、この、チーズやらソーセージやら、どうしたんでしょう?ちょっと日本では撮影できそうもない1枚です。なんか模造品のようにも見えますが、わざわざそんなことをする訳はないですし、これ、確かにピザの上のトッピング具材ですよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2591 釜山・凡一洞28

290 293 294 295 296 297   フラフープが流行っているみたいですね。日本と違うのはランドセルが無く、各自好きなデイパックなどで通学すること。前にも書いたかもしれませんが重たくて高いランドセル、どうもいらないように思えます。友人が開業している大阪府のある自治体では市から入学時に軽い背負いカバンがプレゼントされるとのこと。ランドセル業者さんにとっては大変でしょうが、何でもいい、そう思います。

 2枚目がその初等学校、後で地図で見ると凡一初等学校です。都市の住宅密集地の斜面にある学校ですので、校庭は見えませんがコの字型の校舎の中が校庭のようです。まだまだ山の斜面。傾斜のきつい場所にある釜山の普通の町です。

 6枚目、みどりのおばさん(アジョシ?)の旗の文字は「交通秩序を守りましょう」だか、書いてあります。「日本のいい部分を真似する」というのはいけないことなのかな?けっこうあると思うのですが、何でもいいじゃん!って思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

普通の韓国を探して2590 괜찮아요?(大丈夫ですか?)

172 1711  おじさんが摘発されないよう、場所は内緒にしておきましょう。韓国に詳しい方ならわかるかも。

 大雪の後の寒い朝でしたが、道路の車線を区分しているかなりの高さのポールをものともせず発進したアジョシ、すぐに異音に気付いて降りてきました。見えなかったのかな???

 けっこう苦労して車の下、バンパーから外してそのまま行ってしまいましたが、後から見たらこの場所の赤いポール、すでに何本も折れてなくなっていました。高村光太郎の詩にそんなのがあったと記憶していますが「俺の後ろに道はできる!!」そんな自信に溢れた韓国人の行動です。韓国国内にこういう場所、何か所もありそうです。

 決して韓国をけなしているわけではありませんので、韓国の方、ご了解ください。大らかな街、そして人々、うらやましいってくらいに思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2589 釜山・凡一洞27

284 285 286 287 288 289

 韓国でよく韓国人相手に話すのですが、新潟からの韓国便はソウル便だけ。昔、金浦空港に着いていた時代はすぐに国内線に乗り換えて、金海、ウルサン、浦項空港などに移動してと言う旅をしていましたが、仁川と金浦が分かれてからはどうも面倒で、どうしても慶南方面は手薄になってしまってる私です。釜山も10回も行っていません。今回のシリーズ、けっこう続いていますが山ばかりの釜山の街、もう少しご覧いただければと思います。

 よく釜山を日本人に説明する際に、長崎を5倍ぐらいにした感じの良港だけど、長崎同様に平地が少なく、山の斜面に町が形成されてる、そんなことを言います。このシリーズの凡一洞も山の中腹にずっと町が広がり、道路ができています。1,2,4枚目のように左右を見ると急な斜面。残り、道路の写真はそれほど急でもない。ずっと山肌に沿って長く走る道が結構あるのです。時間をかけて歩く価値がある都市だと感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

すばらしい韓国の食事515 キムパプ天国でウドン・2500W

4441 463 464

 ずいぶん前になりますが、キムパプ天国の全メニューをここで挙げてみたことがあります。店名にあるキムパプだけでなく、チャジャンもあればあわび粥、とんかすだってありました。今回の写真はそのキムパプ天国のうどん、2500W。ちなみにラーメンも2500Wでした。場所は往十里から東大門区庁のほうへ下った最初の大きな交差点を左へ。上往十里方面へ馬場路を少し入った場所の右手の店です。

 水はセルフ、最近韓国ではそういう店が増えています。スチョ(スッカラッkとチョッカラk)はテーブルに組み込まれたスチョトン(トン=容器、ゴミ箱=スレギトン)から自分で出して注文したものを待ちます。少し前に韓国のうどんのつゆ、美味しくなってきてると書きましたが、ここでも、麺、つゆ、ともに好みのタイプでした。私、あまりシコシコのは好きでなく、もっちりタイプのが好きなんです。まぁ、2500Wなら210円。日本のうどんでもここより美味しくない店はけっこうありそうですので、充分合格の朝ごはんになりました。

 

 ここで、食べながら思いついたのですが、うどんを構成するもの、つゆと麺、タマネギとニンジン、それと海苔、で、そこに降りかけられたインスタント麺の乾燥した具みたいなのがあります。

 この、カップラーメンの乾燥卵とやはりカップ麺にありそうなカマボコ、乾燥ネギに乾燥揚げ玉、そんなのの混ざったの、お土産にしたら面白いかな?と思ったのです。日本のカップ麺の乾燥具材をいろいろ混ぜたみたいなもの、けっこう大きな業務用タイプのパッケージ。大昔ここでも書いたのですが、鍾閣駅の地下の粉食でうどんを食べた時に見ています。でもさて、あれは何なのだろう?何と言えば探せるのかな?って、この時はそのまま食べ終えて店を出たのです。

 この時は団体旅行、最初の迎え客が私だったので車中いろいろ話したのですが、上記乾燥具材の混合物、やはりコンドギと言うのだそうです。韓国ラーメンの調理方法にも出ていますよね、コンドギという言葉。やはり乾燥具材の袋のやつです。この後、別のお客さんを拾いに寄ったロッテで探してみましたが、ありません。次回行ったら大型マートで是非ともこの業務用コンドギ、探してみます。大して美味しいってものではないけれど、家で麺類を作ったりする時、振りかけてみるのも一興ですので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2588 京釜線・男子はこういうのが好き

439 441 443 444 445 446

 どこの駅だか忘れてしまいましたが京釜線だったはず。ムグンファの停車中、コンテナをトラックから降ろして積み上げる作業をしていました。短時間のことでしたが、なかなか面白かったです。専用の掴んで持ち上げるカニみたいな作業車、こんなのがあるのですね。固定式のレール付きの大型クレーンよりも小回りが利くのでしょう。ちょっと嬉しい出来事でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2587 零下26度の江原道鉄原へ

238 239 240 2441 245

 12日夜の天気予報では13日のソウルの予想気温、最低がマイナス15度、最高がマイナス9度だか。この冬一番の寒さということでした。韓国の天気予報、北韓部分もやっていたり。大抵の寒さのチャンピオンは北と中国の国境にあるチュガンジンだかチュンガンジンだかいう鴨緑江の流れる町ですが、今の韓国での最低気温はたいてい江原道の山間部です。

 さて、13日の予想では一番寒いのは江原道鉄原がマイナス26度とのこと。一番寒いのは夜明け前ですのでちょっと上がってしまうでしょうが零下20度台の寒さを体験しに早起きして出かけてみました。宿から東ソウル市外バスターミナルまでタクシーで行き、2番目の車でしょうか?6時40分の切符を買って、水と軽食を補給。2,3人しか客のいないバスに乗りました。

 しかしこの13日朝の最低気温、翌日の14日には奇しくも昨年秋に行った江原道洪川郡瑞石(ソソク)の零下27.4度に追い越されてしまいました。たぶん、まだこの冬の記録はこれです。

 暖房はやっているのでしょうが朝一のバスの中の寒いこと。なんたって外はマイナス15度です。4枚目、内側に結露してたまった水玉が集まって凍っています。なんとこの窓の氷、2時間後の鉄原でも溶けていませんでした。5枚目は新鉄原、葛末(カルマル)という終点の町のバスターミナルです。ソウルよりも雪は少なく、でも鼻毛が倒れて凍ったり、息をはくと溶けて立ち上がったり。マイナス10度を越えるとそうなるのですが、思ったよりも寒くない、ソウルと一緒じゃん、そんな感じで街を歩き始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2586 釜山・凡一洞26

277 279 280 281 282 283

 市内バスも通る広めの道を歩きます。山の中腹を横に走る道ですので、左右はやはり急な斜面、そんな町です。小学校が近いのか、だんだん通学の子供たちが目立ってきました。韓国の町、どこでも、学校の近くには「オリニ保護区域」という表示があり、過速防止のハンプ(道路の起伏)や路面の表示などがあります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

普通の韓国を探して2585 뚱딴지味家・新しいチェーンの豚焼肉店

356 355

場所は2枚目の看板(2階)でわかるように5号線アチャ山駅のそば。豚のカルメギサルとホルモン(付属)モドゥム(盛り合わせ)ともに12000Wと安いです。3人分は昔なら軽いけど、今はどうかな?酒を入れても20000Wあれば足りそうです。韓国の豚肉は美味しいけど、、、残念ながらお昼はやっていないようでした。

 日本でも不況でか、安い店、安いものが人気を集めていますが、韓国でも一緒なのかな?

 アップ後、「トゥンタンジ」を検索して調べてみました。マンガのキャラクターでもあるし、元は野生の菊みたいな花の咲く植物のようです。写真を見て、ちょっと読んだだけですが「テジカムジャ」という別名もあるよう。そこで思い出したのが日本でも最近食用になったりもすると聞いてる「キクイモ」です。 「豚のじゃがいも」、なんとなくキクイモのような気がしてます。関東ではたくさん見かけましたが、新潟県では、そんなに見ないかなぁ、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2584 ソウル、新村・延世大学校2

040 044 045 046 047 048  延大構内です。まん中を広い道が、ずっと向こうの山の方まで走り、その両側に各大学(学部)があります。韓国では総合大学=~大学校と呼び、各学部は~大学と呼びます。ソウル大学歯学部はソウル大学校歯科大学ってふうになるのです。

 ちらほら学生運動の掲示看板みたいなのもありますが、政治的なものではなく、授業料(登録金)だのに関するアピールのようでした。

 4枚目、これがあの有名な鷲なんですね。前は気付かなかったですが、でっかいのがあります。高麗大は虎、延世大は鷲がシンボルです。5枚目は法科大学かな?司法高試の合格者数でしょうか、「慶祝」って書いてあります。司法試験、やはり韓国でも難しい試験、合格者はエリートです。

 6枚目、生協を通り抜けて医科大学の裏手、マウルボスも大学の中を走っているのでした。あと、なんかドラマの撮影に協力したみたいで、その宣伝の広告が医科大学の辺り、たくさんありました。いよいろ次回は歯科大学です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2583 釜山・凡一洞25

268 270 271 272 273  前回の項の最後の方、古い椅子を寄せ集めたような場所、今回の1枚目に見えるバスの待ち合い場所です。韓国の普通の町、街角や路地裏にも古い椅子を集めた井戸端会議場みたいなのがあったりするんですよね。わかるでしょう?

 しかしボムネゴル聖地、何なのでしょう?韓国後の検索をしないといけませんね。道はだんだん広くなりますが、まだまだ水晶山の東斜面の山の町です。5枚目の犬は前にアップしましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

とうちゃんの自転車日記397 ソウル・延世大学校歯科大学にて

056  研究室の奥一角が教授ニムの個室、2つありました。うち1つのドアがこれ。何と中にはローラー台に固定されたカレラのカーボンフレームのレーサーが置いてありました。9年ほど前に初めてお会いした先生ですが、ちょっとびっくり。でも嬉しいびっくりです。もう一人の教授ニムの部屋にも十字バトンタイプのホイールが飾ってあるし、、、お二人とも韓国では少なめであるレーサー乗りでらっしゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2582 ソウル、新村・延世大学校

034 035 036 037 038 039

 何度か来て、泊っあたこともある延世大です。キャンパスという呼び名がふさわしい大学です。日本だと北大と東京大くらいでしょうか?こんな感じの広大なのは。

 1,2枚目はガードの手前、立派な教会の左は線路です。3枚目はガードをくぐった先。セブランス病院も立派です。私の目的地は歯科大学。ちょっと早かったので大学構内を通って歯科病院へ向かいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2581 釜山・凡一洞24 

262 263 264 265 266 267

 地図上で「サムファ薬局」という表示のある交差点です。「ボムネゴル聖地入口」でもあるようです。さて、「聖地」って何だろう?って思いました。3枚目の写真の道を上がるとその聖地なのですが、お腹がすいていたので上り返すのはやめ、そのまま下りました。あとで検索してみましょうか?地図だとこの辺の山の上、墓地公園とかがあるみたいです。キリスト教の盛んな韓国ですので、そんな関係の「聖地」なのかなとも思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

すばらしい韓国の食事514 キムパプチプでトンカスうどんセットゥ

166 165 167 168 169 170

 空いた時間、どこへ行くか?何も決めないで行くことも多い私です。韓国、お金と健康な体さえあれば、なんとかなる、そんな国ですから。

 行きの飛行機に乗る時にもらった韓国の新聞、中央日報を見て、その特集記事にあった多国籍トンネである安山市へ行って朝ごはんを食べることにしたのです。

 早い時間の4号線、通勤通学ラッシュとは反対方向ですので座っての移動。でも退屈な地下鉄。やっとクムジョン駅から地上を走ります。烏耳島へ行った時にも乗った安山線です。どこで切り替わったのか、、、国鉄線ですので、左側通行になっていました。

 安山駅で降り、早朝の外国人街を歩き、2軒ほど中国人向けの店に入りましたがいずれも満席。結局駅前に戻りキプパプと粉食の店、独立系のキムパプ天国みたいな店に入りました。

 2枚目は壁のチャリムピョ。小さな張り紙は「キムチ中国産」という表示です。義務付けられたから、形式的に、って感じです。結局歩きまわってお腹もすいてきてたので一番高い、といっても5000Wのセットものを注文。トンカスを揚げるためかけっこう待って出てきました。甘めのソースがかかったトンカスもなかなか。そして半分だけキムパプもあるし、うどんも美味しく、零下の中を歩きまわった後にはありがたい朝ごはんになりました。

 最近、韓国のうどん、美味しくなってるような感じ。つゆに工夫がされている、そう思います。昔はオデンのクンムルと共通だったりしたのに、専用のつゆの素を使うようになってきているのかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2580 釜山・凡一洞23

256 257 258 259 260 261

 地図を見ながら地下鉄凡一洞駅を目標に下って行きます。地図上では街中なので等高線が見えませんが、全体にかなりの斜面に広がる町です。こんな普通の町の写真でも「韓国の普通の町」というだけで、見ていてとても楽しい、そんな私です。この感覚、わかるかなぁ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

普通の韓国を探して2579 용우동 수원터미널점 「パンチャンの再使用はしていません」

630 631 632  1枚目の表示、読んでみてください。2枚目にあるように、前にトンカスを紹介した「ヨンウドン(ヨン=龍かな?)」というチェーンの何でもある店です。

 食事を頼むと出てくる無料のおかず、ミッパンチャン。時には10皿にも及ぶこともありますが、再使用の問題、いろいろ話題になることも。実際、店によってはあるのだと思います、というか、あったのだと思います。

 最近、食品関係の基準、表示が厳しくなってきた韓国、もっとも、日本ではそれが当たり前だったりする部分もあるのですが、原産地表示、カロリー表示、そして、こんなおかずの再使用の禁止など、改善されてきている部分が目立ちます。原産地表示に関しては日本より厳しいです。今までが遅れていた点、あるのだと思いますが、改善するときは速い、そんなパルリパルリ、って点に期待したいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2578 JUNO HAIR 新村店

033  韓国へ行く度に理髪をします。男性用の理髪所ではなく、大抵美容室です。韓国人の若い層もだんだんそうしているようで、男性客が可成りを占める場合が多いです。 毎月行っているわけではないので、韓国で切れない場合は東京や大阪の韓国美容室。そんな国内出張もない場合には地元の、患者さんの店でできるだけ韓国風に切ってもらっています。今回はこの写真で見えるビル2階の「ジュノヘオ」という店でした。延世大学校歯科大学の先生との約束の前、ちょっと早めに行ってみた時のことです。京義線の線路をくぐるすぐ手前の場所、わかる人もおられると思う場所です。

 入店したら、上着とカバンを預け、キーをもらって沐浴湯のように腕に付けてカット開始の前に、なんとガウンを着させられます。まるで映画「ヘアドレッサー」に出てきた高級美容室「アンリ朴の店」のようです。そして最初に洗髪。そしてカットなのですが、ここでも、1人の先生につき1人の若い見習いがついて、顔に落ちた髪を払ったり、、、どうも初めての経験です。カットを終えてまた洗髪。ここで温水が出なくなってしまったのはいかにも韓国ですが、ケンチャネケンチャナ、チャンムルドケンチャナヨと言って冷たいまま流してもらい、施術を終えました。

 さて、いつもどおり名刺をもらって、と思うと店のものと先生のもの2枚もくれます。値段は何と25000W。これはかなり高い。普通は8000W、高くて10000W、安い店は6000Wだったりするのですが、90年代後半、話の種にロッテホテルの美容室でやってもらった32000Wに次ぐ高い料金でした。でもま、美容師さんや見習いさんといろいろ話しながらだったし、仕上がりも上々でしたのでまぁ、ケンチャナヨというところです。

 このジュノヘア、全国に60店舗あるとのこと。名刺の裏を見たらこの後行ったいくつかの場所にも店があるようです。お金がある人はある韓国、案外人気のチェーンなのでしょう。何と言ってもガウンを着てのカット、、、面白い体験でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2577 釜山・凡一洞22

250 251 252 253 254 255

 新しい広い道と昔からの道の分岐点から始まります。また犬が見えました。前に紹介した3匹の中の1匹です。法律的には違反ですが、悪いことしない(うんこやしっこはケンチャナヨの範囲?)んだからオーケ、そんなところなのでしょう。私もそんな町のが好きです。

 4枚目に見える谷が狭くなった部分、たぶんあそこがアンチャンマウルとの境界なのだと思います。かなり降りてきましたが、まだまだ坂道が続く、そんな水晶山の中腹の町の写真、もうしばらくお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

2010年1月18日「あなたは遠いところへ」、新潟でも1回だけ上映!!

 今日は夜間診療、院長だけ朝から出てきてあれこれ仕事です。まぁ一番たくさん給料をもらうので当たり前です。

 さて、昨日、すごい!と書いた韓国映画「님은 먼 곳에」が、なんと我が新潟市で上映されます。にいがた国際映画祭という2月にある行事の中での1回だけの上映です。我がこのブログ、特に新潟県内の閲覧者が多いというわけではないのですが、新潟市近郊にお住まいの韓国ファンの方にはぜひ見ていただければと思ってのお知らせです。

 上記映画祭のサイトでもわかりますが、2月20日土曜日の10時から、新潟市民プラザでの上映となっています。韓国にもこういう時代があったのだな、とか、韓国女子の強さ屋魅力、そんなのが存分に味わえます。何で私が今までしらなかったのだろう?そんなスゴイ映画です。残念ながらその日は仕事ですが、また、ちゃんとしたスクリーンで見たい、私自身そう思って調べた、そんな作品です。

 話が前後しますが、土曜の夜にちょっとだけ飲みに出た時、店の手伝いの朝鮮族アガシと話しました。延辺の延吉出身とのこと。話の中で、私がもし、新潟からソウル、ソウルから延吉というふうに飛行機を乗り継いで中国の朝鮮族の地域に行ったら、一人でも旅行できますか?と尋ねてみました。そしたら、「充分に可能」という答え。ちょっと嬉しかったし、時間とお金が用意できたら延吉にも行ってみたいなって思ってます。福券、大当たりしないかなぁ!!!

 さて、早目のお昼を食べて、仕事の準備を続けます。今日はいい天気ですが細めの道はまだ白くてつるつるの新潟市からでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2576 妊産婦配慮席と女性専用席

2311 2421  ちょっと前に紹介した市内バスの妊産婦優先席、1枚目の写真の通り、「配慮席」となっていました。2枚目は市外バスの女性専用席。こちらはどれだけ機能しているのか?私が割り当てられた席がここでした。まぁ、すいている時間はどうでもいいようになっているのかもしれません。

 日本の高速バス、特に夜行バスでは女性専用車両があったり、電車には時間を限っての女性専用車両があります。韓国、日本、それぞれ見習いながら住みやすい社会を造って行ければいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2575 釜山・凡一洞21

242 243 2441 246 247 249  今回はあえて文章ではなく、写真そのままをご覧ください。新しい道と古い道の合流するあたりです。前に出てきた3匹のうち2匹はここまで遊びに来ていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

2010年1月17日 すごい映画、お勧めします

 タイトルは「님은 먼 곳에」、いつも気に入らない日本題は「あなたは遠いところへ」、まぁ、そのままですのでオーケーなほう。検索すればいろんなサイトで出てきますが、日本語版は出ているのかな?とにかく、ドラマは全然、でも、映画はけっこう見ている私の中で、一気にトップに躍り出た感のある名作と言えましょう。韓国ファンには絶対お勧めです。

 舞台は1971年、私が中学生だった頃、韓国はアメリカを手伝ってベトナム戦争に参戦していました。田舎の話から始まります。ちょっと話が出来過ぎと感じる部分も無くはないけど映画はそれでいいんです。一つだけ、ベトコンの捕虜になって、それなりに殺されないで生きていたのに、米軍にまたそのトンネル村が取り返された時に、アメリカの歌を歌って助かる場面。韓国人5人は助けてもらえたけど、いっしょに暮らしていたベトナムの人たちはどうなったの?とちょっと「これでいいんかい???」とも思いました。

 また、殺人の追憶だの親旧だの、ウリ兄だの、なんか最初から最後まで暗い感じの映画が多い韓国作品なので最後、どうなるのかな?と心配しながら見ていましたが無事会えて。でも、その時に主人公(妻)が取った行動にびっくり(ネタバレのため秘密)。でも、それでいいんだ、って最後は嬉しく見終わることができました。

 なんとこの映画、大好きな「ラジオスター」と同じ監督さん。ミーハーな私は「天才」の称号を彼に与えます。個人的趣味で「頭師父一体」の1,2とか、「逆転の名手」だの、チョンジュノさんが好きなのですがそれをよけると、「ラジオスター」とともに、最近の韓国映画の最高傑作だと思います。「ニムンモンゴセ(あなたは遠いところに)」、ぜひぜひ見てください,機会があれば。すごくいいです。最後は嬉しい涙がちょっと出るでしょう。チョンジニョンが出るのに外れはないのかな、とも感じました。「ワイルドカード」でも「約束」でも、いい役やってる名優ですので。主人公の女性も、変化がいいです。気だてのいい韓国女子、でも芯は強く、やるときはやる、そんな惚れぼれする「いい女」を演じています。 なんか、打っていても興奮してしまう、そんな作品でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事513 クルパプを食べてみました

546 542 544 545 145

 クル=牡蠣、パプ(パッp)=飯です。ここ2,3年韓国のあちこちでいくつかのチェーンが展開してきている新しい健康食、牡蠣ご飯の店で最後のお昼をいただきました。

 場所は往十里。ホテルビジョンの裏手、シェルビルアパートの脇です。もうひとつ、そのシェルビルのテナントで駅寄りに「統営クルパプ」というのがありましたが、そこは満席。その反対側のほうにある少し大きな店に入りました。

 1枚目、今は写真が見えないのですが「クルパプとポッサムが会う日」だか、そんな長い名前です。頼んだのはトルソックルパプ。トル=石、ソッ=釜、そして牡蠣ご飯という意味になります。しばらく待って、出てきたのが2枚目、右手に見える薬味醤油(ヤンニョムカンジャン)をスプーンで1,2杯、かけ回してからスッカラッkでよく混ぜていただきます。 

 香ばしい醤油おこげ状態になったところも美味しく食べて4枚目。なかなか美味しかったです。でもちょっとびっくりしたのが、2枚目の状態で、上に乗った具であるカキと、ニンジン、エリンギ(新マツタケ)、そんなのが完全に生の状態なんです。だから食べ始めはしっかり歯触りがある状態。石鍋は熱々ですので食べているうちに火が通る、そんな感じです。

 前に紹介したかな?韓国、野菜とかはもちろん、キノコも生で食べてしまったりする場面を見たことがあります。まぁ、新鮮なものなら生野菜も一緒。でも、日本以上に野菜好き、キノコ好き、何でも生で、、そんな傾向があるのかもしれません。

 参考までに5枚目は2年前に漣川郡全谷の「統営クルパプ」で食べたクルナクチトルソッパプの混ぜる前。かなり違う感じです。チェーンごとの違いでしょうが、どちらも美味しかったです。6000Wとかで食べられるクルパプ、栄養も充分でしょうし、日本人にもお勧めできる、そんなメニューです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2574 釜山・凡一洞20

230 231 238 239 240 2411  

 前にも述べたように昔は水不足になりやすかった韓国。そんな季節のために個人の住宅に水道水のタンクが置かれている風景がたくさんありました。ソウルでは最近はあまり見なくなってきた感もありますが、この釜山の山の町、やはり目立ちます。いっぱいになれば1トン位?それなりに置く場所も頑丈にしておかないといけないはず。その辺、水道の整備がまだまだ、という部分があるのかもしれません。

 全然観光的ではない釜山の普通の町、もうしばらくお楽しみいただければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

すばらしい韓国の食事512 イサク(アイザック)トーストにて・こういうのが欲しい

218  何度か紹介しているように、ちょっとお腹がすいた時、トーストはなかなかありがたいメニューです。往十里駅前のアイサックトーストで、ヘム&チージュ(ハム&チーズ)1700Wを作ってもらいました。

 50代の、韓国人にしては珍しい口髭の男性。なんかミュージシャン風のちょっとシブくカッコイイアジョシが焼いてくれます。すぐに日本人だろ?とバレましたがしゃべりながら焼きあがりを待っていただきました。美味しかったです。で、欲しくなったのはこの目玉焼きのわく。2つ繋がってるのがなかなかお洒落で、欲しくなりました。翌日、中古DVDソフトを買いに清渓7街というか黄鶴洞へ行く用事があったので、中央市場裏手の厨房機器、食器の店で聞いてみたら丸いのだけあったのです。トースト用は四角、、、前はあったが今は在庫が無いとのこと。値段を聞いたら9000Wでいかにも手作り風。ええいっ!と思って買いました。しかし残念なことに、その丸型2個の目玉焼き枠、その晩行った豚の焼き肉屋に忘れてきてしまいました。次回行けるのはいつだろう?行けたとしても、その店に行けるか?まぁ、9000Wですので、、、店のアジュマがとっておいてくれることを期待しましょう。

 こういうやつ、丸は管状の材料を切って簡単に作れますが、角型(ネーモヒョンg)は加工が必要でもっと高いとのことです。日本のトーストファンの皆様、ファンハク洞へ行った際にはいかがでしょう?小型のフライパンだと両端がひっかかるので普通サイズでないと使えませんが、使ってみたくなりませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2573 忙しい 

677  4日休んで出張したしわ寄せか、今日も多忙ですが、午後にちょっとだけ空き時間があります。その時にまたアップします。

 写真はどこだったか忘れましたがソウル南郊の都市です。やはり安山市になるのかな?4号線の沿線です。一時的に田舎の風景の中を走る部分もありますが、ソウルの周囲、新都市、工業団地、そんなのがたくさん。まだまだ知らないところがあるのです。普通に普通の韓国人、そして最近はたくさんの外国人労働者が住んで働いている、そんな町も「普通の韓国」なんですよね。この写真、今回の出張時のものではないですが、いかにも韓国らしい、そう自分で感じている面白い写真の一つです。

 クロム、午後にタシ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2572 釜山・凡一洞19

232_2 233_2 234_2 235_2 2361 2371

 また少し広くなった谷を下ります。並行して少し下を走る旧道があります。

 5枚目、いかにも「連れだって」という感じの2匹+1匹の韓国小型雑種犬を発見。見えなくなったり、また見えたりを繰り返しながら歩きました。今まで何度も紹介しているこういう犬。普通は自分の家の前、自分の縄張りを守っている、そんな感じで遠出しないものと思っていましたが、とことことことこ、どんどん歩いて行っている様子です。

 最後の6枚目は直交する道、北の方の様子です。4,6枚目、また山の方、高くなったあ所にお寺があるみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

普通の韓国を探して2571 やっぱりすごい韓国のバス

368  江原道ヤンヤンのバスターミナルです。出発せんとするバスの後方には「江陵⇔無停車 九里・議政府」という文字。ここって束草と江陵の間なので、なんでここにいるのかは不明ですが、行き先がソウルでないところがスゴイんです。

 江陵は東海岸北部を代表する都市ですので、ソウル行きは江南のセントラルシティ高速バスターミナル行き、東ソウル行き、サンボン行きもあったかな?とにかく、それこそたくさん出ています。それだけでも同じ距離の日本の高速バス路線よりすごいのですが、「九里・議政府」という行き先のまであるのがすごいんです。

 同じ東海沿岸の我が新潟と東京の高速バスを例にとると、確か1時間に1本ずつ池袋駅前行きが走っています。これは江陵ソウル線の高速バスみたいなもの。このメイン路線でも、韓国ではずっと本数が多いはずです。

 さらに、この写真のバスは、日本で新潟起点で例えるならば、「新潟発さいたま市経由千葉行き」みたいな感じ。地方の中心都市から首都に向かって走り、ちょっと手前の都市で停車して、首都とは違う方向へ走り、やはり首都周辺の中都市(今や議政府の人口はすごいはず)が終点。他にもこういう枝線的路線がソウル周辺、水原だの仁川だの安山だの城南だの、たくさんあると思います。本当に密で便利、そう思う韓国の高速バス、市外バス、そして市内バスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月15日 変化の速い韓国

 おはようございます

 新潟地域の天候が不良で、飛ぶかどうか心配だった昨日、無事帰国しました。延世大学校歯科大学にお邪魔しての研究。学会関係でちょこっと用事を足し。余った時間は寒い地方の食文化、それと外国人の多い地域の食文化を研究に、ソウル周辺を歩いてきました。

 タイトル、変化の速い韓国ですが、2か月ぶりに行ってみて変わったことを挙げると

*東大門運動場駅の名前が東大門歴史文化公園と変わっていたこと

*駅の階段、地下街などの通路で歩行者は右側通行になったこと

*バスに妊産婦席が1席ですが、設定されたこと。

*韓国語で「ハイチ」は完全に「アイチ」と発音されること

*CD教科書が採用されること

 まだまだ新しい発見があったと思いますが、いいと思うことはまずやってみよう、そんな行動の速さはわが日本国も見習うべき点かと感じました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2570 江原道洪川郡内面から瑞石面へ

468 467 469 470

 中距離緩行バスは56号線、から31号線に入りハベッジェという峠を越えてまた56号線になり、瑞石面に下ります。1枚目はそのハベッジェ(ジェ=峠)の頂上。前にちょっとここで紹介した「内面側はほんの数十mの上りなのに瑞石面側は渓谷に沿ったかなり急な長い下りになる峠です。

 2枚目はい中の初等学校(小学校)。日本同様、教育には熱心な韓国ですので、小さいなりにちゃんとした校舎があります。ただ、これも日本同様に分校や小さい学校の閉校、統合が進んでいる感じはあります。

 3,4枚目は牛小屋と放し飼いの鶏。牛は残念ながらうまく撮れませんでしたが茶色い韓牛で、このあたり、肉牛の名産地なのでしょう。

 正月明けの大雪に続き、10年ぶりくらいの寒波に襲われた韓国。13日の最低気温は江原道鉄原でマイナス26度。14日はこの江原道瑞石(ソソク)が最低でマイナス27度だったそうです。3000m級の冬山もやっていた私の経験から、呼吸をする度に鼻毛が凍りついたり溶けたりする状態がマイナス10度以下、そんなふうに考えていますが、存分にその感覚が味わえるのでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2569 釜山・凡一洞18

224 225 226 227 228 229

 谷が狭くなった場所を過ぎると、また少し広くなり、左手にお寺がありました。地図を見ると광명사とあります。「光明寺」って書くのでしょうか?お腹がすいてきたので下り道を急いでしまいました。

 4枚目、ポルシェが停まっていますね。6枚目は振り返っての風景です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

2010年1月11日

2009_1119ixus820110049 2009_1119ixus820110050 2009_1119ixus820110051

 写真は昨年11月の柳川です。やっと目的地の旧港のあたりに着きましたが、この辺はちょっときれいにし過ぎという感じ。まぁ観光地ですし、こういうのが好きな人もたくさんおられるのでしょう。

 今日は休み、ちょっと出かけてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

普通の韓国を探して2568 水原市外バスターミナル

626 627 638 639 640 641

 昔は水原駅前にあったと思うのですが、何年振りかの訪問、南の、新しい街のほうへ移転していました。近くには2枚目のような新しい高架道路があります。映画館もあるのかな?新しい大きな複合ビルになっていました。

 3,4,5,6枚目はターミナルの中の様子ですが、6枚目、これ、たぶん食事というか給食の荷物です。どこかのターミナルへ技士さんとかの食事を運ぶのかな?と思いましたが珍しい荷物です。基督教関係の無料給食の準備は昔からよく見かけましたが、市外バスによる給食の輸送はこの私も初めて見ましたから。

 京畿道の市外バス、この紫色のが多い感じです。空港でもよく見かけますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2567 江原道洪川郡内面蒼村里5

460 461 462 463 464 465 466  チャンチョンリを一回りしてまた内面のバスターミナルへ戻ってきました。ターミナルと言っても技士さんの待機室と、ごく簡単な待合室があるだけ、あとはコンクリでかためたバスのスペースです。

 2,3枚目は道の向こう側、温室ですが、ここ犬を飼うための、冬場、犬が凍えないようにするための温室のようでした。4段になっているのは搬送用の檻です。

 4枚目は別のバス。どこ行きかな?この状態ではわかりません。これも洪川行きですね。

 5,6枚目はスタンドで飼われていた犬、色が違うけど親子かな。こっちは屋外なので、さっきの温室の犬の方が温かい場所にいるわけですが、あちらは多分いずれ出荷されるほう。ちょっと複雑な気分ですが、これも韓国の昔からの文化、中国だって一緒です。実際ケコギ、私も大好きですから。7枚目はバハ(ばっは)ピアノ教室。山の中の村でも韓国、教育熱心です。ちょっと前に工夫房の写真も出てきたでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2566 釜山・凡一洞17

218 219 220 221 222 223

 谷が狭く、急になった部分は100mちょっと続きます。手元の7500分の1の地図でもはっきりわかる地形です。この先も右手は急な山が続きますが、左手はまた少し傾斜が緩い場所、少しずつ町が広がる場所になります。

 この道路が凡一洞と凡川洞の境界であり、東区と釜山鎮区の境界にもなっています。昔からの道は、多分、3枚目4枚目、6枚目にちょっと見えてる細い道です。そっちを歩けばよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

普通の韓国を探して2565 강원도홍천군내면창촌리4

454 455 456 457 458 459 韓国、どんな田舎にも農協があります。日本同様、金融機関としての役目と、韓国では「ハナロマート」というスーパーマーケットの役目を果たしています。内面の中心地、蒼村里の農協でトイレを借り、またバイパス側に川を渡って洪川行き緩行バスが待つターミナルへ新しい国道を歩きました。

 1枚目は内面農協の建物。2,3枚目はきれいな流れの川。4枚目が橋。5枚目は蒼村里の裏山。6枚目、遠くに見える標識のあたりが内面市外バスターミナルです。

 11月初めですが山には雪。気温はたぶん零下の山村です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2564 釜山・凡一洞16

212 213 214 215 216 217  アンチャンマウルは思ったより広く浅く、開けた感じの町でしたが、そこから下って行くと少し両側の山が迫り、渓谷の様を呈する感じになります。周囲の家も一時途切れる感じで、坂もやや急な感じ。でも、川に沿った狭い空き地も畑なんかに利用されています。3枚目の建物は幼稚園です。

 下りですので楽に歩けましたが、やはりマウルボスが必要な町、そんなふうに感じました。この先、また開けて、でも、下り坂はまだまだ続く、そんな凡一洞の山の町を歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

普通の韓国を探して2563 江原道洪川郡内面3

448 449 450 451 4521 453  旧道に沿って内面のチャンチョン里の町があります。この村の中心地、一番賑やかな場所のはず。時期は11月初め、キムジャンでしたので漬け込み風景も見ることができました。

 普通の市外バスだと途中のターミナルでの時間調整、休憩時間はせいぜい15分。こんなふうにゆっくり町を見られるのは緩行バス、それも珍しく長距離を走るこんな路線ならではでしょう。さて、この内面、外国人は今までどれくらい訪ねてきたのでしょう?日帝時代を除けば、めったに日本人など通らない、そんな江原道の観光地でもない山村です。

 古い漢文版の地図、1987年のを見るとこのチャンチョン里は蒼村里と書きます。また、1と6の日には五日市(オーイルジャン=5日場)も立つとのこと。きっとこの旧道が市場になるのでしょう。時刻表をお持ちの方はご覧ください。ターミナルの番号もあるにはありますが、バスの本数も少ないこの村。誰か市の日の様子を見に行きませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2562 釜山・凡一洞15

208 209 210 211  スタート地点だったバス回転場よりも下まで降りてきました。けっこう明るく広い谷の町、ずっと歩いて下って行きます。縮小、整理してあったファイルの続きがここで途切れているので4枚でご勘弁を。もうしばらくこのシリーズは続きます。犬も出てきますのでご期待ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

普通の韓国を探して2561 またまた元が何だか飼い主もわからない小型の脚の短い韓国の雑種犬

185 186

 なんか、犬、ビビビって私、感じるんですよね。大人しそうなやつ、まったくもって韓国の雑種カンアジ、奥が深いと思います。ちょっと神がかったものをも感じさせる表情の仔犬でした。動かないんだもん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2560 江原道洪川郡内面邑内歩き2

444 445 446 447 詳しい地図をお持ちの方はご覧ください。このホンチョン郡内面のチャンチョン里、南北に流れる川の渓谷沿いで、北の端と南の端に橋があり、旧道はその部分、川の西岸を、新しいバイパスは東岸を走ります。ターミナルはどっちかといえば南の端に近いあたり。少し進行方向に進んで右へ。旧道の橋を渡って昔からの村の通りに入ります。さすがにここまで田舎だと面事務所のある邑内(その村の中心地の一般名)でも荘旅館もありません。旅人宿ならあるかな?案外商店街の形が整ったメインストリートを歩いてみました。

 1枚目はターミナルとも言えないターミナル。2枚目は南の旧道入口のあたり。3枚目は旧道の橋、4枚目が旧道に入ったあたり。村の南端です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2559 釜山・凡一洞14

198 201 204 205 206 207  外国旅行の楽しみ方はいろいろあっていいと思います。最初は観光コースも行くべきです。でも、ひととおり見たら、あとはその国の「普通」に一歩踏み出す。なんかそれが「醍醐味」ってやつなんじゃないかな?って思ってます。

 アンチャンマウル歩きの最後、どんどん下って、帰りはずっと歩くことに決めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

普通の韓国を探して2558 江原道洪川郡内面の邑内 창촌리1

438 439 440 441 442 443   カンウォン道ホンチョン郡ネミョンの中心地、チャンチョン里です。

 観光交通時刻表で出ているターミナルで、我が緩行バスは30分弱の時間調整。少し歩いてみました。

 1,2,3枚目はバスの中から。ちょっと町らしくなってきたな?と思ったらここが内面でした。キュウリが名物なのでしょうか?韓国、地方へ行くと唐辛子だの、にんにくだの、そこの特産物のこんな看板があったりします。思っていたよりも明るい、でも平地の少ない川沿いの村です。

 3枚目はターミナル。待合室、切符売り場などの一つのまとまった建物はありません。隣接のガソリンスタンドとつながった感じで、5枚目はそのスタンドの犬。6枚目は川を隔てて昔からの旧道に沿った村とその向こうの形のいい山です。詳しい地図で見ると문암산1146mとあります。なんか標高差は200mもない感じ。それだけここが高い場所であることを感じさせる数字です。

 技士ニムに出発時間を確認し、町歩きに出発です。寒かったです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2557 釜山・凡一洞13

196 195 189 190 191 192  この辺が小さな中心地という感じでいくつかの店があったり。マウルボスの終点のすぐ下のあたりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

2009年1月5日 新年仕事2日目

040 041 042 044 045  いずれも元旦の朝、自転車で回った近所の神社です。 1枚目は本馬越の諏訪神社、2枚目は沼垂白山神社、3枚目は蒲原神社で、4枚目5枚目は栗の木バイパスの終点T字路そばにある湊稲荷だったかな?そんな小さなお宮です。5枚目はその入口にあった小さな橋。お宮とか、こんなのがあったりしますが、本当に形だけのものです。でも、この神社の氏子の皆さんの「気持ち」がなんだか微笑ましく、嬉しく感じたので1枚です。

 いずれも社殿には灯りがともされ、役員の方がおられて酒を振舞ってくれたりお菓子をくれたり。残念ながら自転車の時は飲まない私、お礼を言ってお断りしましたが、新年の行事、いいものです。

 さて、韓国の新年のあいさつ、「セヘ 福マニパドゥセヨ(セヘボンマーニパドゥセヨ)」というのが有名ですが、親しい間での挨拶、面白いのを一つ紹介します。誰かに上記の「新年、福をたくさん授かりましたか?」と言われたら、「ネー、マーニパダッソヨ」というの。同じことを言い返すよりも、「はい、福、たくさんもらいました」ってわけです。

 また、答えとして「福、マーニパダッソヨ?(福、たくさん受け取りましたか?)」ってのもちょっと気が効いた感じで面白く思います。いずれも韓国の友人の言葉からの紹介でした。でも、目上の人には、、、よしておきましょう、これ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事511 タクタリくん製2本入り

784 785

 2本入りがありました。いちばん人気のある、美味しい部位ですが骨や関節があるので2本でもぺろりと食べられます。マッコリと一緒にいただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2556 釜山・凡一洞12

181 182 183 184 187 188

 上ってきた道を下ります。歩くスピードも速くなり、あっという間に道が広くなります。ストレートな3枚目の看板も面白い。5,6枚目はマウルボスの終点。朝の出勤時間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2555 水原の朝2

625 620 621_2 622 623 624   水原、平澤、天安、大田、そして春川、仁川、議政府、そんなソウルから割合近い都市は観光で行ってみることはあってもその日のうちにソウルへ戻ってしまうことが可能なため、案外宿泊の経験は少なかったり、、私もその一人です。

 ある程度の都市であれば、そこなりの繁華 街、そして、市場、モクチャコルモクがあって楽しめる、そう思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

普通の韓国を探して2554 年賀状・韓国も漢字文化の国

037 036

 石膏模型を乾燥中です。

 연하=年賀という言葉はありますが、연하장=年賀状という言葉はあるのかな?小学館の辞書を見たら、ありました。

 毎年年末に何人かの先生から年賀状をいただきます。前に飛び込みでえらく高い正規料金で泊ったホテルからのを紹介しましたっけ?クリスマスカードを兼ねてというのもあるようですが、とにかく年賀郵便、こんなのも似た点であると言えましょう。

 最初は名前を伏せようかな?と思いましたが手書きのお名前の上にXXXXなんてやるのもかえって失礼かとも思いますのでそのままアップ。延世大の教授님からのものですが、漢字語はそのまま、漢字で表示されており、ハングル表記は皆固有語の部分です。「希望찬」の部分がわかりませんでしたが、漢字を読めば皆さんも大体のあいさつの内容は、おわかりですよね?

 手書きの部分、「たまには」というのが、先生の希望を表しているようにも見えます。日本人として、たいへん光栄で、嬉しいことです。「本音とたてまえの日本人」、「率直な韓国人」、そんな違い、いろんな本でも書かれていますが、お言葉に甘えて一人では食べられないメニューにトライすべく、韓国語のメールを送って予定を打診中です。時間がお有りだったら嬉しいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2553 釜山・凡一洞11

193 194 199_2 200 202 203

 なんかの運動で、とか、新聞かテレビで見聞きしたような気がしますが、韓国、何でもやってみようという気風がある。まず行動、そんなところがあると感じています。もちろん、良い点として、です。

 さて、技工に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2552 釜山・凡一洞10

175 176 177 178 179 180

 2枚目と3枚目のあたりが引き返した場所です。大型ごみの収集のための有料シール、同じですね。そこらのシュポで買うのでしょう。

 意識してここまで、写真を撮らないできたのですが、前にちょこっと出たのをお気づきの方もおられるはず、この町、塀だの家の壁に絵が描かれているのです。下りはそんなのを見ながらの道でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2551 釜山・凡一洞9

169 170 1711 172 173 174

 技工中、石膏の硬化待ちです。釜山の凡一洞、凡川洞の境界の谷の町、まだまだあるのでアップです。目標は4枚目にある東義大の建物なのですが、どうも細い道、お宅とお宅の間の路地を通らないと行けそうにありません。その上ちょっと前に書いたように谷の中津の道は南に曲がっています。この辺で戻ろうか?お腹もすいてきたし、そんなふうに考え始めた頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月4日 今日から仕事です

043  新年おめでとうございます

 うちの休みは30日からの5日間。年末はばたばた大掃除だの年賀状書きをしましたが、正月になってからはのんびり過ごしました。12月10日に買って、やっと30日に取りに行った新しい自転車での初詣ポタリングもしました。写真はその時のもの、元旦の7時58分ってなっています。前輪の支持方式、ちょっと面白いでしょう?これ。

 あとは韓国映画、気に入った作品の映画をあれこれ見ることができました。「潜伏勤務」、「強力3班」、「オーハピーデイ」、「ラジオスター」、「頭師父一体1」、「~2」、「木浦は港だ」、「木更津キャッツアイ」、あ、最後のは日本のドラマです。何度も見ていると、前は聞き取れなかった韓国語の台詞がわかったり、、、嬉しい発見もあります。上記作品、あまりこちらでは有名ではない感じですが、皆私の推薦作です。機会があれば見てみてください。

 さて、ちょっと銀行行って、技工です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2550 大韓歯科矯正学会2009年大田大会

851 850 843 842 839 838  すみません。時々なぜかこうなってしまうのですが、写真の順番が逆です。

 学会創立50周年となる2009年の大韓歯科矯正学会大会、大田での開催、その写真です。

 ソウルよりも山が少ない盆地状の地形。郊外にもどんどん大きくなっている、そんな大都市。儒城温泉そばの大田コンベンションセンターが会場です。3,4枚目は登録風景。日本と一緒です。また2枚目、会社ごとに工夫を凝らした業者展示会場。

 1枚目は口演会場入り口。花輪が出るのが日本と違いますね。会場入り口で案内をしている女性は歯科医師だとのこと。ハンヒョジュさんという女優さんによく似た普通っぽい美人でした。韓国女性、化粧が厚いなんてイメージがありますが、時々ほとんど素のままの美人を見かけます。ちょっと嬉しい出来事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2549 釜山・凡一洞8

163 164 165 166 167 168

  今回のシリーズ、すべて順番通りのアップです。谷の最奥部にさしかかると、沢のような流れも。また、道も狭く、急になってきます。お腹がすいたなぁ、なんて思いながらの登高です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »