« 普通の韓国を探して2596 釜山・凡一洞30 | トップページ | 2010年1月29日 기쁜 소식(嬉しい知らせ) »

2010年1月29日 (金)

普通の韓国を探して2597 延世大学校歯科大学

041 049 050 051 延大の構内です。前にちょっと紹介したドラマの広告があります。病院内での撮影は遠慮しましたが、5枚目、「今月の親切な先生」なんてのが掲示してありました。

 6枚目は研究棟のほう。寄付に関する掲示。キリスト教系の大学ですので、寄付が盛んなのかもしれません。ちょっとフォーカスが甘いですが、最初の項は「1億W以上」となっています。お金がある人はドンと。ない人でもそれなりに寄付(誠金)を出すのが韓国のいい所でしょう。

 1枚目はちょっと別の場所、正門入ってすぐの大学本部の入り口です。この時はすでに除雪が行われていたのですが、「すごく滑るので注意」という看板です。「すごく(メウ)」が、なんだか韓国らしくて面白く感じました。052 053

|

« 普通の韓国を探して2596 釜山・凡一洞30 | トップページ | 2010年1月29日 기쁜 소식(嬉しい知らせ) »

コメント

画像の「今月の節約職員」を見て,いかにも韓国らしい感じがしました.最近このような掲示が多いような気がします.先日金浦空港のトイレに入ったとき,入り口に顔写真入りの掃除担当アジュモニの紹介文がありました.また,日本と似ていそうで似ていない部分として,領収書などで担当者名がしっかりと書かれていることがあげられます.EMSで韓国に送った場合(職場などの宛先の場合),韓国の郵便サイトで検索したとき,受取人が「職場同僚○○○」とか出てきて,驚きました.情報を明確にするあたり,好きです.

投稿: さいとう | 2010年1月30日 (土) 19時08分

コメントありがとうございます

 韓国の「なんでもまずやってみよう」という部分の現れかもしれません。また、「流行」でもあるのだと思います。

 お話しのとおり、「情報を明確に」というのもありますね。私が感心してるのは新聞記事。内容はともかく、記事を書いた人の名前とメール住所が併記されています。文句も来たりするのでしょうが、甘めの記事が多い、日本の地方紙を見ている者にとってはスゴイなぁ、って感じます。

投稿: おとう | 2010年1月31日 (日) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/47418018

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2597 延世大学校歯科大学:

« 普通の韓国を探して2596 釜山・凡一洞30 | トップページ | 2010年1月29日 기쁜 소식(嬉しい知らせ) »