« とうちゃんの自転車日記410 やっぱり港町はいい? | トップページ | とうちゃんの自転車日記411 木更津11 »

2010年2月27日 (土)

普通の韓国を探して2667 ソウル清涼里・市場の小路にピンクの灯り

312 311

 ソウル特別市、、東大門区かな?清涼里のあたりです。1枚目は大通りの南側、鮮魚市場の入り口あたり。夜は割合早く店じまいしてしまいます。奥には青果の市場、細かいものでなく、白菜や大根、そんな大量に使う野菜の市場、荷降ろし場があり、早朝の風景はなかなかの見ものです。日本のようにきれいに包装されないままの野菜がトラックに満載状態でやってきます。その場でおろして、外の葉っぱとかいらない部分を除いて、、、そんなゴミの部分の量も大量。それを求めて鳥が集まっていたり、、、なんだか食いしんぼの私など興奮してしまうような食べ物の洪水です。

 2枚目は聖パウロ病院からガードのほうへ行くバス通り。左手は588ですが、反対側、前にここでもピンクの灯りがともる小路5枚全部別の日、というのをアップしましたが、その小路の清涼里側です。昔、90年代はこのバス通りにもピンクの蛍光灯がともるガラス張りの店がたくさんありました。今でも無くはないでしょうが、10分の1になった、そんな風に感じています。何度か書いているとおり、良いとも悪いとも言えません。世界中そうなんですもの。韓国がややストレートすぎるかもしれませんけど。

|

« とうちゃんの自転車日記410 やっぱり港町はいい? | トップページ | とうちゃんの自転車日記411 木更津11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/47673517

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2667 ソウル清涼里・市場の小路にピンクの灯り:

« とうちゃんの自転車日記410 やっぱり港町はいい? | トップページ | とうちゃんの自転車日記411 木更津11 »