« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月31日 (水)

すばらしい韓国の食事525 なぜか相性の悪い益山市の食堂

1371 1401 1411 1381

 食の全羅道と言いますが、なぜかこの全羅北道イクサン市では食事運がイマイチです。KTXが全部停車する交通の要衝、昔から何度か降りているし、宿泊したことも一度ありますが、なぜか美味しい食事にあたりません。

 最初に食べたのはもう10年以上も前でしょうか、駅前の中華の店、今はなくなっている店ですが、サムソン(三鮮)チャジャン麺を食べました。値段は普通の5000Wでしたが、まず外れることのないチャジャンで、あんまりでした。その後、ターミナルの花郎食堂のテンジャンは合格でしたが、円光大の先生と食べた大学路の焼き肉もいまいち。そして今回のテンジャン、駅前の食堂でしたが、量も少ないし、パンチャンもあんまり。5000Wの食事で全羅道で、、、ついつい期待してしまうのですが、ハズレの部類でした。キムチも漬かりすぎで酸っぱかったし、オジンオジョッ(いかの塩辛)も最近ニュースでよく出てくる輸入品のような感じで美味しくなかったし。ご飯とチゲで食べたようなものです。

 2,3枚目はストロボありとなし。最近のデジカメはよくできています。4枚目はこのごろ多くなった新型の蛍光ランプ。この細みのタイプが増えているように思います。

 全羅道で歩いたり泊まったりで食事した場所と言うと、全州、麗水、順天、楽安、筏橋、救礼、南原、光州、木浦、ハムピョン、格浦、井邑、群山、沃溝、、、内蔵山、、、やはりあんまりだった今回の黄登、、そんなですが、ここイクサン(黄登もイクサン)以外ではたいてい美味しいんですけどねぇ。 イクサン市民の方、イクサンの飲食店の方には済みませんが、、、私の食事運の問題かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2708 ソウル・梨大後門停留所あたり3

571_3 574 575

 1枚目、昔から有名な韓定食の店「マリ」です。アルファベットで書くと「Marie」というのは知りませんでした。2,3枚目はその並びの「石蘭」。昔はガイドブックにも出ていた有名高級店ですが、最近は見かけないような気もします。歯科大学の学生に聞いてみたらいずれも高い店で、教授ニムたちが行く店だという話でした。 個人で動くことが多い私ですので、韓定食を食べる機会がなかなかありません。どうも貧乏性なので全部食べないと、って思ってしまいそう。やはりテンジャンが一番でしょうか、、、

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年3月30日 (火)

2010年3月30日 年度末

 こんにちは

 今日は当院の年度末、スタッフが休暇の最後の1日、あ、0.5日を使うので、午前でおしまい。午後は院長が電話番と技工をやって18時に上がります。まだまだ雪が降る新潟のこと、少し前に書きましたが、今朝もしっかり雪が積もっていました。午後から晴れる予報でしたので自転車でと思いましたが道は積雪の上凍結気味、結局フロントガラスに積もった雪をガリガリやって車で出勤です。 この冬は最後まで寒いですね。

 で、話題ですが、「모두부」という言葉を最近知りました。「モドゥブ」と読みますが、「純豆腐= 순두부」に対して存在する韓国語です。「モ」は固有語で「角」という意味。四角形=사각형,という漢字語もありますが、「네모형」、ネ=4、モ=角、ヒョンg=形、そんな言葉も耳にします。 「スンドゥブ」という「角のない豆腐」に対して普通の四角い豆腐を「モドゥブ=角豆腐」と呼ぶのはなんだか面白いなぁと思った一件でした。

 모=角の固有語、これで覚えましょう。スンドゥブは有名→モドゥブはあまり知られていない言葉→「モ」=角の固有語、こんなふうに他の知識と関連付けて覚えた言葉は身に着くと思いますので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2707 ソウル・梨大後門停留所あたり2

5882 589 590 591

 この4枚はお昼頃、見学を終えて宿に戻るときのものです。そんなに混んでなくて車の流れも順調な感じ。新村から梨大アプ、アヒョン、忠正路という道路はたぶんもっともっと混んでいるはず。あっという間に慶福宮駅まで行けるこの道、ありがたい近道です。

 4枚目、1,2年前に新しく大きくなった延世大学セブランス病院の威容です。延世大学校の創始者である宣教師さんの名前だとのこと。基本はキリスト教という大学、韓国にはけっこうあるのかもしれません。 しかし何で歯科大学の写真が無いんだろ、、まったくもう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2706 ソウル・梨大後門バス停留所あたり

567 568 569 570

 帰国後写真を整理していて思い出しましたが肝心の延世大学校歯科大学の建物の写真がありません。あとは、初めて夜歩いた新村の繁華街の看板とネオン、ちょっと取り忘れてて残念です。

 今回の4枚は272番のバスで少し前に書いたトンネルの近道を通って延世大と梨花女子大の間の停留所で降りたところです。谷間の地形ですが、ごちゃごちゃした感じはなく、落ち着いた感じ。あまり下町っぽくない場所です。ガードを越えて新村方面へ行けばすぐに賑やかな韓国がありますけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2705 こういうのも大好き・安山市元谷洞

140 141 142 143

 何これ?ってお思いになる方もおられるかもしれませんが、安山市元谷洞の北の端にある公園の山の下、どんどんバスがやってきます。1分間に10台までいかないけど5台以上は急な角をけっこうなスピードで曲がってきます。前に水原の市外バスターミナルから仁川行きの近距離の市外バスに乗った時もここを通ったのを覚えています。安山駅前にあるバス乗降センターをほぼすべてのバスが通るためだと思われますが、けっこう長い間、どんどん来るバスを見ていました。写真はもっとあるのですが、市内バスだけ選んでの4枚です。

 日本でもニュースになった新正月明けの大雪の後でしたので車体はみな汚れています。汽車もそうですが、車体の清掃は日本のが頻繁に行われているでしょう。安全に、かつ定刻に走ればボディの汚れなどケンチャナヨ、というところです。 話題はそれますが、タクシーの洗車は日本同様、乗務の前後にしっかりやっている感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

すばらしい韓国の食事524 タルギコルでカルグクス

572 573

 延世大学校歯科大学2日目の朝食です。何か大学のそばで食べるところ、あるだろ、と思っていましたが、新村経由でなかったのであまり店はありません。有名な韓定食の店である「石蘭」は歯科大学(歯学部)の門の脇だし、その並びにやはり昔から有名な「マリ」という韓定食の店もあるのですが、いずれも高級店ですので、朝はやっていないのです。 結局庶民的な粉食中心の「タルギコル』という店に入りました。

 結構広い店内ですが中途半端な時間(8時前)ですので先客は1名。私のすぐ後に1人入ってきたくらいですいています。1枚目、壁のメニューですが、みな安め。3000W台が中心です。結局朝なので胃に負担をかけないよう、カルグクスを注文して待ちました。

 コメントの回答で書いたと思いますがカルククスのカル=包丁、刃物という意味。ククスは麺のことですので、日本語でいえば「包丁手切りうどん」というところです。うどんよりもやや高級なメニューで、明洞餃子とかは有名ですよね。ここでも厨房から聞こえてきたのはトントントンという包丁の音。ちゃんと生地をのばして、切って作る模様。韓国の仕事、案外律儀です。

 出てきたのが2枚目。茹でてからつゆに入れるのではなく打ち粉がついたまま鍋に投入するのか、ややつゆが粉っぽく感じましたが寒い朝でしたので身体が温まりました。海のそばへ行けば「パジラク(あさり)カルククス」の看板がたくさん。韓国人にはなじみ深い麺料理のひとつなのでしょう。美味しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2704 始興市月串・モテル街と活魚専用車

709 710 711 712

 月串新都市です。先日も飛行機からこの辺が見えましたが仁川の松島地区から蘇来、そしてこの月串あたりまですごい開発が進められています。松島直行の新空港高速道路の橋ももうできているみたいだし、韓国、仕事が速いです。

 海を目指して歩いて行く途中はモテル街でした。日本のようにカップル専用というわけではない韓国ですが、これだけたくさんあって、大丈夫なのかな?って感じました。それぞれ趣向を凝らした建築です。中はどうなんだろうな?と思いながら歩きました。車がないと交通が不便なので私が泊まることは今後もないでしょうけど、韓国のモテル、本当にたくさんあるんです。古い安いホテルより新しくて広くてきれいなモテルのが安い韓国、何度か韓国旅行を経験した方なら大丈夫ですよ。部屋もカップル中心の階と一般客の階、別けて割り当てると聞いていますから。

 2,3枚目は活魚輸送用のトラック。みな水槽はこんな色です。4枚目は遊園地。結構な規模の遊園地がありました。ソウルから車で1時間くらい。海を見て、刺身を食べて、遊園地で遊んで、、、モテルに泊まるかは別として、手ごろなドライブコースなのでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記329 まだまだ寒いです

005_2 61

 月末でいろいろ支払いなどをやってきました。携帯用HPができましたので、よろしければご覧ください。驚いたのは無料メール相談が2件も来たこと。遠方の方ですので受診には結びつきそうもありませんが、携帯の性能もアップするでしょうし、若い人、特に女性ではコンピュータを使わず、という方が増えていると聞いていますので今後に期待です。

 さて、新潟市はまだまだ寒いです。昨日も今日も朝起きたら車の上、家々の屋根に少しですが積雪がありました。気温は0度以上ですのですぐに溶けますが、今朝も本降りと言っていいくらいの雪だった時間がありました。なかなか自転車で走れる春は来ませんねぇ。

 写真は新潟市江南区、旧横越の田んぼですが、白鳥がいました。左側はずっと家です。案外人を恐れないものだなと思いながら車を左に寄せて停め、シャッターを切りました。もうすぐ北へ帰るのかな??早く暖かくなるといいのですが、寒いのでまだ居座っているのかもしれません、ハクチョウも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年3月28日 (日)

普通の韓国を探して2703 多国籍トンネ・安山市元谷本洞の続き

131 132 133 134

 韓国にも昔からの中華街がありました。ここでも紹介しましたが、ソウル、仁川、全州、済州。確か群山なんかにも中華小学校があったと思います。すいう古い華僑の世界とは別に、ソウルの南西部、またここ安山市などに、新しい中国人の町が形成されつつあるのでしょう。今後、どう発展していくか?また、中国人だけでなく他の国からの外国人とどううまくやっていくか?日本より進んでいると思う韓国の体制は見習うべきものがあると考えています。外国人慣れしていないことにかけては世界一の日本ですから。

 前にここでも紹介した新潟大学の恩師、花田晃治先生の言葉、「そのうち英語ができないのは日本人だけになる」、これが真実味を帯びて感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

普通の韓国を探して2702 ソウル駅前南大門警察署裏・旧陽洞遊郭

901 902 903

 ソウルヒルトンは南山の中腹にあり、地図上ではソウル駅から約300m。実際すぐそばに見えますがとんでもない坂道を登ることになります。タクシーは絶対嫌がられるし、、、なかなかつらい山登りの道です。

 ソウル駅前というと昔からある大宇ビル、そして南隣が南大門警察署。デモをコントロールしたりする「戦警(전경)」、戦闘警察隊のバスがいつもたくさん停まっている建物ですが、そこらへんの坂道をヒルトン目指して上り始めた左手、前記2つの大きなビルの裏手が昔陽洞遊郭だったという古い町です。4~5階建ての古いビルが並んでいて、安い旅館になっている建物もある、そんな感じでした。すでに現役の女性はおらず、、と聞いていますがアジュマ、ハルモニが夕方の道端でおしゃべりしています。大昔、この場所で90年代にそんな仲間に加わったことがあります。その時は女性はいらないか?と勧誘されたような気がしましたが、韓国語が実際下手だったので、わからないふりをして逃げてきました。

 3枚目はそこら辺を過ぎてさらに上ったあたり。この通路というか階段を知っている日本人は少ないと思いますが駐車場の奥、カボチャの植わった斜面の菜園の中をヒルトンホテルの裏手、従業員用出入り口目指して架設された近道の階段です。

 しかしどうして字が小さくなってしまったのでしょう?お分かりの方、コメントお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2701 ソウル・慶福宮駅前交差点にて

560_2 5621 5641 565

 一部ネットなどで、韓国ではタクシーを拾うときは手を斜め下方に、、なんて話もあったりしますが、ぜんぜん決まっていません。普通に上に挙げるのが主流、中には斜め下に手を出す人もけっこういる、そんな程度だと感じています。今回の写真はソウルの慶福宮駅交差点、3号線の駅で、案外古い町並みが残っている区域でもあります。延世大学校歯科大学での2日目、8時半に研究室でという約束でホテルを出て地下鉄でこの慶福宮駅。すぐ近くのバス停留所でバスに乗り換えてサジク公園前。トンネルを抜ければ梨大裏門、次が延世大同門会館、その次が延世大前です。前回1月の訪問の時に鄭教授に教わった経路なのですが、実に便利です。

 多くの日本人、延世大、梨花女子大のある場所は新村ってイメージがあるでしょう?私もそうでした。ですので行くときは2号線で新村まで行き、ロータリーの北側の出口に出て賑やかな通りを歩いて行き、蒼川教会前のガードをくぐって正門前、そんなふうにしていました。

 延大の人に教わった方法は延大周辺のどこの停留所でもいいから西大門方面へのバスに乗り、トンネルを抜けて2つめが慶福宮、そこで地下鉄に乗るやり方です。まず第1の利点は、大学構内を出ればすぐにバス停があること。そして、ソウルでは結構バスに乗っている私も、「おおっ!」と思ったのですが、梨大裏門(韓国語では後門)からサジク公園前まで、ほとんどトンネルと高架道路なんです。勘のいい方はもうお分かりでしょうが、トンネル&高架道路=停留所も信号もないってわけです。地図で見ると2.5キロ以上、渋滞のひどい時でなければノンストップで走れるのです。速いこと速いこと、新村にある延世大からソウルの中心部に近い慶福宮まで、10分もかからずに到着です。やはり地元の人にはかなわないなと感じた一件です。

 延大からまた歩いて新村駅までだけでも10分以上。地下鉄2号線に乗ってたとえば中心部のウルチロ入り口駅まで15分くらいでしょうか?新村からバスで中心部へとなれば20~30分はかかる交通量の多い道です。いい事を教わった、ということでこの朝も3号線からトンネル経由で延大へと向かったのです。

 前置きが長くなりましたが、1,2,3枚目は慶福宮交差点での白バイとタクシーを拾う人。4枚目は私が乗ったバス停の路線案内板。ちなみに韓国の白バイはハーレーかBMWです。意地でも日本車は使わんぞ、というところでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月27日 文字がへんになってしまいました

おはようございます

 忙しい週末ですが明日は休みの日曜。午後も割合余裕があるのですが午前が忙しくなりそうです。記事はまた午後の空いた時間にでも追加します。

 昨日、アップデートやらがあり、ちょっとつながらないトラブルがありましたが、今朝は何とか開通、でも、文字の表示が、、、どこもいじっていないつもりなのに変わってしまいました。なんか自分でも読みにくいです。どうしたら戻せるのか、これはニフティの上での問題なのか、コンピュータの問題なのか?お分かりの方がおられたらご教示いただければ幸いです。 まいったなぁ、、、

 さて、準備です。がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2700 バスに乗ってソウルを見る

390  地下鉄は景色が見えませんので、乗車中は人間を観察します。バスに乗っているときは景色が見えるし、どんどん変わりますので韓国の風景を観察します。

 写真は261番のバスでウルチ路、ロッテ経由麻浦方面への移動のときのもの。ノートにメモを取りながら乗っていました。この時のメモは、

*南山パーク南側の再開発でできるのはロッテキャッスルアパート

*8100番バスの乗客はみな富者(お金持ち)?

 なんてありました。さらには、大阪では 阪急>国鉄(JR)>阪神、なんて乗客の、いやな言い方ですがお客さんの柄、階層がある、なんて言うけどソウルでもバス路線によりお金持ちの多い路線があるのかな?なんて書いています。しかし最後は、

아참!! 버스 타지 않은 부자도 많은 한국 と終わっています。前に三成の現代デパートの裏の出口でマイバッハが迎えに来るお嬢さんの記事をアップしましたが、お金持ちが金持らしく生きている国が韓国なのでしょう。バスに乗る→ほんとのお金持ちはバスなんかには乗らない、それが韓国です。あ、、、日本もそうかな?でも、韓国にはそういう人、たくさんいそうです。

 前にも1300万Wのシャトーマルゴーという記事でアップしましたが、韓国でお客さんの平均所得が一番高いデパートはソウル市内ではなく、城南市盆塘、薮内駅にくっついたロッテの盆塘店だそうです。わが李準圭先生も薮内駅前のアパートに住んでおられましたが、最近診療所のそば、南部ターミナル駅前に引っ越しました。盆塘、ソウルに飽きたリピーターの方は行ってみてもいい場所です。頻繁に高速道路経由の座席バスが走っていますので地下鉄で市内を移動するよりもずっと早い感じでいけますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

すばらしい韓国の食事523 황듬비빔밥 (黄登ビビムバッ)

278 289 290 291

 「韓国の美味しい町」という新書版の本があります。著者の韓国の人、最初はファンでしたが、最近自分がわかってくるにつれ、あんまりだなぁ、、って感じるようになってきました。地方を歩こうとかいうちょっとだけディープな韓国ファンの日本人にとってはいい情報源だとは思いますが、なんとなく、向こうのネット情報とかがネタのようにも思えます。また、食べ物以外の話では、たぶん神谷丹治さんの影響も取り入れている、そんな感じを受けます。というわけでそんな本は持って行かなかったけど、近くまで行ったのでせっかくなら確かそれに出ていたな?という店に行ってみました。場所は全北第2の都市、人口31万人、円光大と円仏教の本部がある益山市の北隣のファンドゥン(黄登)という町です。KRの駅はありますが客扱いはしていない。町の真ん中に小高い山があり、操業はしていない石切り場がある、そんな町へ彌勒寺址方面からタクシーで行ってみました。

 食堂の名前は覚えていなかったけど特徴のあるビビンバの記事があったのを覚えていたので、五日市のチャントの中の水を買ったシュポのアジュマに聞いたら、たぶんここかな?という店を教えてくれました。昔ながらの町のメインの通りにあるジンミ食堂(チンミ=眞味食堂)という店です。看板の色が違うけど1つの店。中は入ったところが待合室のような部屋で、奥の店はけっこう広い座敷です。天井が高くて、でも薄暗い感じの店内でした。

 荷物を置いて、周囲を見るとテレビに出たという写真だのがたくさん、たぶんここで当たりだなと思い、基本のビビムバッpを注文、出てきたのが2,3,4枚目です。本の記事の記憶はほとんどなかったのですが、ステンレスの容器です。焼いて出てくるようで、クルッが熱いから触らないで、と言いながらテーブルに置いてくれました。よく混ぜてからいただきます。かなり少ないご飯だなと思いましたが野菜がたっぷり。よく噛まないと飲み込めないので結構食った気はします。黄色い棒みたいなのは卵かな?甘い伊達巻みたいなものです。実は残しました、それだけ。

 さて、で、味ですが、正直私には合いませんでした。一番美味しかったのはソンジクッkかな?おかずもビビンバの具も、なんだか、、、あんまりなんです。食べ物の趣向は人それぞれですが、何か具のナムルもパンチャンも全体に酸っぱさを感じますし、ユッケ(ユクフェ)の味もそんなでもありません。同じ本で紹介されててずいぶん前に行ったハムピョンの花郎食堂のユッケビビンバのが上でしたし、それより美味しい、今のところ私の韓国ナンバー1ユッケビビンバは木浦の駅前、ちょっと裏通りの市場のそばの店。あそこが質も量もその本で出ていた店より格段に上です。「名物にうまいもの無し」という言葉もありますが、すみません、ファンドゥンビビンバは私には合いませんでした。まぁ、全部食べましたけど、好きな人には勧める事はないでしょう。1,2枚ならまだしも「テレビに出たよ」、「雑誌に出たよ」とかいうのをあんまりたくさん表示する店、半分は怪しい、そんなふうにも感じている私です。あ、日本でも韓国でも、そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2699 ホテルPJ・韓国式の良いサービス?

111 012 013 014

 忠武路というか乙支路3街と4街の間の三豊商街にあるホテルPJ、旧豊田ホテルと言ったほうがソウルの人とかタクシーの運転手さんには通りがいいかもしれません。数年前に改装し、きれいになったホテルで、もともと分譲のワンルームの設計だったとかで、ベランダがあったり。とにかく場所の問題を考えなければクラスの中では最高に広く、きれいな宿です。今までも何度か泊まっていますが、団体旅行あり、個人のネット予約あり、飛び込みの正規料金あり、ホテルの値段てのは素人にはよくわかりませんが、いい宿です。

 今回はインチョン空港から直行で早めの時間に到着。1泊7400円のネット予約でしたが、2時チェックインと書いてあるちょっと前に着いたのです。フロントの美人ホテルマンに冗談半分、「早く着いたからいい部屋にしてくださいね(+スマイル)」→「ネー、アルゲッスmニダ」と韓国語で会話してもらったのが8○○号室のカードキー。エレベータで8階に上がります。

 1人なので廊下が2本に分かれた南側半分にある少し小さめ(でも他の特級ホテルよりもずっと広いです)のダブルルームだろうと思いました。さて、壁の表示を見るとそのとおり、左へ進み、コンピュータのあるラウンジのとこで2本の廊下に分かれて左の通路を。さて、8○○。8○○と探しながら歩いて行くと、なんだか突き当りの右手にドアがあります。まさかたまに韓国の古いホテルにある「窓のない部屋」じゃないだろうね?と心配しながらドアを開けたら、、、ベッドが見えません。いやな予感的中か??と思いきや、客室内の通路は左へ曲がり、広大なベッドと広い窓が見えてびっくり!! 冗談半分だったのに、個人予約でか?それとも流暢な韓国語が好印象だった徳分か?真ん中に仕切りの家具がある大きな部屋でした。浴室も写真ではよくわかりませんが、通常よりもずっと広いです。

 韓国での宿の最高価格は前にも書いたと思いますが95年の2度目の訪韓のときに泊まった日本円55000円、インターコンチネンタルのジュニアスイートでしたが、あそこまではいかないもののそんな感じの、普通の部屋2個分以上の部屋です。

 このホテルPJ、団体では明洞地区のBクラス。どっちかと言えば真ん中より安いクラスなのに、、、今回のこのサービスでもっと好きになってしまいました。周囲は印刷関係、機械部品関係の町工場が並ぶ昔ながらのソウルの町ですが、別に治安に問題はないし、より普通の韓国に近い場所。初めての観光客には不案内かもしれませんがリピーターには充分な宿です。

 満室ではないのだから、いい部屋が空いていたら割り当ててもいい、そんなある程度の自由な力がフロントのお姉さんにも与えられているのでしょう。正規料金の20万Wとかを出している客でもないのに、、、日本ではよほどの顔を知られた上客とかでない限りここまでのサービスは無いのではないかな?韓国の「ケンチャナヨ」万歳!!という1件でした。

 ルールはルール、でも、お互いうまくやっていくための「かなりのフレキシビリティ=ケンチャナヨ」という概念、韓国の素敵な部分です。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月26日

おはようございます

 昨夜戻りました。今回は本当に有意義な出張。延世大学校歯科大学で2日間過ごしました。。母校新潟大学歯学部の縁で知り合った延世大の教授ニムのおかげ(徳分)です。学生の講義の前にも少し挨拶というか話をさせていただき、光栄でした。韓国語で話し始めたときの学生たちの大きな歓声は嬉しかったです。

 空いた一日は、早起きしてタクシーで龍山駅。5時20分の高速鉄道でイクサンへ行き、タクシーを活用しながら王宮里5層石塔、東古都里石仏、彌勒寺址、石仏寺と歩き、またタクシーで黄登という町へ。名物のユッケビビンバを食べてきました。写真、話はぼちぼちやっていきます。

 新しかったことは、清涼里駅が完成していたこと。上のロッテデパートはまだでしたが、駅が完全移転。旧駅(私にとっては2代目の仮駅舎ですが)が取り壊されていました。あとは、、、右側歩行が定着してきた感じと、「コリムルギ」といって、交差点で渋滞し、前が詰まっているのに進入し、さらに渋滞をひどくする行為の取り締まりが強化され、かなりマナーが向上したこと、、、また、まだまだ話のタネはありますので、お楽しみに。

 また、キムギチャン先生の新しい写真集、新しくないのかもしれませんが1冊みつけて買ってきました。

 ちょっと今日明日忙しいので、また時間が空いたときにアップします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

2010年3月21日 お客様へのアピール・デジタルフォトフレームなど

11

 1枚目の写真は医院の待合室、受付の脇ですが、新しくデジタルフォトフレームの案内を設置しました。写真にまぜて、トラブルへの対応とか、矯正治療の意義、患者さんからのメッセージなどをディスプレイしています。よくある7インチサイズのソニーのものですが、非常にきれいで、プリントしたものやコンピュータに表示したものよりもきれいに見えます。韓国の写真、日本の写真をとり混ぜて流していますが、患者さんにもなかなか好評です。

 2枚目は医院のそば、新潟駅南口のけやき通り沿いの居酒屋の店頭。飲食店もがんばっています。

 3枚目は新潟市東区河渡のコメリの店頭。それぞれ、何か来ていただく方にアピールする。そんな姿勢が大事だと考えています。028 004

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2698 ソウル市新堂・中央市場から黄鶴洞へ4

380 381 382 383

 黄鶴洞のコプチャンクイの店と厨房機器の店が並ぶ通りを抜ければ清渓川路。おなじみ河川公園はこのへんまでも伸びています。未だにこの河川公園へ降りたことがないのはなんだか自慢に思えてきました。いったいどんな景色なのでしょう?

 3枚目はおなじみ中古ビデオ、DVDカゲである「ビデオ旅行」。ビルの地下全部が店で、在庫はかなりのものです。中古だけでなく新作も安く買えると思います。行くときっと一度は顔を出す店のひとつです。ソウルでも最大クラスのDVDソフト店でしょう。

 4枚目は渡ったとこからの黄鶴洞入り口。橋の上のおじさんはクンコグマ(焼き芋)売りの方です。零下の中、がんばっていますね。しかしこのファンハク洞、やはりロッテキャッスルがどかんと、、、このソウルの下町には似合わない感じで居座っています。でも、宝くじで大当たりしたら、1部屋買いたい、そんな高級アパートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2697 安山市元谷本洞9

127 128 129 130

 狗肉火鍋って文字を読んでの人の反応は様々でしょうか?私なんかは「ああ、どんな料理なのだろう?食べてみたい!」って思ってしまいます。いくつかクレーンゲームが見えますが、外国人労働者も遊ぶのかな?ノレ練習場(カラオケ)も今までにたくさん出てきていますが、中国の歌が多い店なのでしょう。朝の訪問でしたので昼間、夜の様子はわかりませんが、外国からやってきて韓国で働く人たちの新しい社会、あちこちの都市にどんどん形成されつつあるのでしょう。日本も韓国も人口が減っていく国。今後は外国人を受け入れないとやっていけないのは明らかです。変化を恐れていてはダメになる、というのは販売の神様こと大久保恒夫さんの言葉ですが、この点に関してはオープンマインドな韓国のほうが一歩先んじていると思います。日本もお高くとまっている時代ではないと思うのですが、いかがでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

2010年3月20日 開業20周年

81 おはようございます

 忙しい週末です。本日で当院は開業20周年を迎えることができました。矯正歯科専門医院を快く受け入れていただいた周囲の先生方、大学の先輩後輩、そして何よりも今まで来院された千数百名の患者さんたちのおかげです。御礼申し上げるとともに今後とも地域医療のためにがんばりますので、よろしくお願い申し上げます。

 本日より、ささやかな記念品とひまわりの種をお配りする予定です。嬉しい日です。夕方に少し空きがありますので、また記事をアップできたらと思いますが、仕事の準備のため、朝はこれまでとさせていただきます。 皆様、よい3連休をお過ごしください。

 2月末に行ってみた東京でのセミナーの最後にカリスマホスト(褒めています=カッコいいという意)みたいな上級のインストラクターさんが言っていました。まずは「行動」というか院長の実行力。行動がなければ進歩も改善も無い。そして次に大事なのは「スピード」だと言っていました。その辺、韓国人の「まずやってみてダメならそこでまた考える」を見習わないといけませんが、先ほど8時半過ぎに花が届きました。内輪以外には特に案内もしていなかったので、本当にびっくり。でも、とてもうれしかったです。すぐにメールでお礼を申し上げ、写真撮影、読み込んで縮小して仕事の合間に追加アップです。これも、「スピード」ですから。

 D-Style川端政雄さん、本当にありがとうございました。お気遣いと行動力、見習いたいと思います。今後ともよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2696 ソウル市新堂・中央市場から黄鶴洞へ3

376 377 378 379

 馬場路をこえて坂を下ると右手にコプチャンクイの店が並びます。けっこう再開発でなくなったけれど、まだ10軒くらいは残っています。それぞれ、テレビの某番組で取り上げられただの、広告に一生懸命。私の行きつけは「ヨンミネコプチャン』でしたが、最近はちょっとご無沙汰しています。店頭の鉄板でコプチャンを焼くアジュマに受け口の子供の相談を受けたり。金ポラムももう大人になったはず。矯正はしたのかな?

 4枚目、清渓川路に出るとファンハク洞はここまでです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

2010年3月19日 パップダパッパヨ

 おはようございます

 今週は金、土、日と診療。忙しい週末です。ちょっと荷物を持って出てきましたが午前中は家の用事で一度帰宅。お昼過ぎにまた出てきます。月曜は休みですが、3日間、しっかり働かないといけません。

 一昨日の「どこだかわかりますか?」ですが、ソウルの江南、瑞草区の瑞草洞。李準圭先生のオフィスの近所の写真でした。江南大路から1本入った道でけっこう飲食店や遊興酒店があります。昼間はあまり目立ちませんが夜になると立派なネオンが光り、お金のある男性を誘う、そんな感じです。「コレ(くじら)」という店もルームサロンだし、他にもルームの看板が見えたはずです。写真のホテルも、前はコアホテルという名前だったようで、私も一度泊まった宿を改装したもののよう。部屋は広く、高級モテルって感じの宿でした。

 2回目のアップで有名店って言ったのはふぐの絵の看板でもわかるように「サムホポクチプ」の瑞草店。本店は新村にあるかなり高級なふぐの店です。江陵イェンナルチプという韓定食の店に連れて行ってもらったこともありますし、有名なポドゥナムチプもすぐそばです。

 江南大路から1本裏手まではそんな飲食店の多い歓楽街。2本目からは古いけどけっこう高級なウソンアパートだのムジゲアパートだのが並んでいます。できてかなり経つので再建築の話も出ているよう。不動産屋も目立つ感じです。韓国、どこを歩いても興味が尽きませんね。

 さて、一度帰ります。天気もいいのでお昼は自転車で出てきましょう。3連休の皆様、よい休みになりますよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2695 安山市元谷本洞8

1231 124 125 126

 安山市の元谷洞、やはり中心は中国人、特に朝鮮族の方が多い街のよう。「延吉狗肉館」、漢字だともろに誰にでもわかりますね。中国式の狗料理、どんななのでしょう?『セン』という字はたぶん「はさみ」という意味でしょう?美容室かな?って思います。食べて寝て着て、髪を切って、、、日本の韓国人が多い街でも美容室はありますから。

 早朝の訪問でしたが、工業団地、24時間操業のところもあるのか、仕事上がりでワンボックス車から降りる外国人労働者の姿もしばしば見かけられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2694 ソウル市新堂・中央市場から黄鶴洞へ2

371 373 374 375

 今までも何度か紹介している黄鶴洞、馬場路と清渓川路に挟まれた町です。中央市場は在来市場ですが、こちら側は食堂設備、厨房機器、調理器具、食器などの店が集まる専門市場です。中古電気製品の店はかなり減少。コプチャンクイの店も結構減ってしまいましたが、美味しい店もたくさんある面白い地域です。

 大きなアパート群は再開発でできたロッテキャッスル。この一部にはEマートもあるし、チョンゲチョンを越えるといくつか中古ビデオ、DVDの店もあります。何度か韓国へ行って独り歩きに自信ができたら東大門市場の続きみたいなものですので、訪問されてみてはいかがでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

普通の韓国を探して2693 独自の発展を遂げた韓国の「日式」

372江南のほうへ行くと「日式 ○○」だのいう看板を昔はよく見かけました。ルネッサンスホテルの裏あたり、初めてソウルへ行った95年頃の話です。黒田さんの本あたりで大体どんなものかは知っていましたが初めて行ったのは2,3年前の李準圭先生に連れられての時で、やはり駅三洞の「新墨湖」という店でした。

 どんなものかというと、旅館の和食というか、宴会の和食のコース料理、そんな感じで、確かに日本風ではあります。丸ごとの生き造りで食べる刺身のときの多種多様なツキダシにも似ています。刺身が出て、てんぷらが出て、手巻きずしなんかも出て、、、まぁ海産物中心、そんな不思議なコース料理です。でも、最初に胃の粘膜を守り悪酔いを防止するためのお粥が出るのは韓国式。そんなふうに和食が独自の発展を遂げたのが韓国の日式といえましょう。

 今回の1枚はソウル、黄鶴洞の業務用の制服屋さんの店頭での写真です。かなり派手目な制服の中にこんな一着がありました。「寿司」はいいけどちいさく「にぎり」と書いてあるのが面白くてシャッターを切りました。デザイナーさんの一生懸命な気持ちが「にぎり」に出ているような気がしませんか?

 余談ですが、新潟では普通の寿司のこと、「生寿司(なまずし)」と言います。19歳でこちらに来た時は、東京出身で母方の祖父は魚屋だった私、「変だなぁ」とか、「あったりめーじゃねーか」だの、「貧乏くさいな」だの思いましたが、今はなんか済まない気持ちです。日本も、韓国も、世界の他の国もその土地ごとに文化があって、大事に守られている。言葉の使い方とかで、間違ってると思う、おかしく思う、笑ったりするのは良くないことです。うまく言えませんが、最近は「にぎり」と加えた韓国の方の気持ちが理解できるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記428 美味しいもの

123

 2000年をまたぐ前後数年間、飲み食いにかなりお金を使っていました。福岡、大阪、東京、札幌、年に何回も出かけ、美味しい店、美味しいものを探して食べていました。しかし前の記事同様、『美味しい』と感じる「閾値」も割合低いほうだと思っています。安くても美味しいもの、たくさんあると思うのです。これも大いに生きていく上で得な性質だと考えています。

 この写真、古いものでちょっとあやふやなのですが、たぶん京都の有名店の特製ラーメンです。同じ講習会があれば故郷である東京の会場ではなく大阪会場を選択して出かけていた時期ですので。一見普通ですが、それでいて美味しい、他の店にはなかなかない特徴を持つラーメン屋さん。もちろん、他にも工夫を凝らしたような新しい店はたくさんあり、愛好者がいろいろ探して食べ歩きとかしているのでしょうが、長いこと一つの味でやってきた老舗のやり方、見習うべき点が多いと感じています。

 暖かくなったら自転車でも持って関西地方、行ってみたくなりました。やはり渡来人の足跡を追いかけたい私ではありますが。

 本日も休み。午前中は私の時間。ちょっと雑務を済ませて沐浴湯へ行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2692 安山市元谷本洞7

118 1191 1201 1211

 どこへ行くかも決めないで出発、行きの飛行機、KE764便の中で読んだ前日の中央日報の特集記事で見つけた安山市元谷本洞の多国籍トンネの訪問。初めての町ですので新鮮な気分、楽しい散策です。ガイドブックにあるような場所は大体知っているし、2度3度と行きたい場所は行っているし、、、知らない普通の町を歩くのと、人間観察、とても楽しい時間です。

 生物学用語で、あ、生理学かな?「閾値」というのがあります。「生き血」と同じ読みですが、神経とかが反応を起こす最小の値、刺激の大きさを言います。私の場合、特に韓国が好きですからこの閾値が韓国へ行くと低くなる→ごく普通のことでも面白く、うれしく感じる、そんなのがあるように思えます。「感受性」という言葉が一般的な言葉では一番近いかな?ともかく、「嬉しい」とか「楽しい」とか感じやすいのはなんだか得なような気がします。

 元谷本洞住民センターの角を曲がって北へ向かう道、魚屋がありました。やはり韓国の真冬の魚屋、みな店頭は冷凍状態。泥棒も少ない国ですので早朝でしたが商品はみなそのまんま。日本ではありえない風景です。野良ネコとかも少ないのでしょう。もっとも最低気温零下15度、日によっては最高気温も零下10度なんて場所ですので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

普通の韓国を探して2691 2690の続きです

2009_0612ixus820110382 2009_0612ixus820110383 2009_0612ixus820110385

 昼間はオフィス街という感じ。お昼前後は点心食いにけっこう人が出ます。2枚目の茶色いビルの1Fの店は有名店かな?この時点では写真が小さくて見えません。一日留守番で外出できず、足がうずうずしてしまいます。夕方から新潟はみぞれ模様。家内が帰ったらウォーキングにでも出るかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記427 法頂というお坊さんの本・「無所有」

2010_0315ixus820110052  先週、肺がんでなくなった韓国のお坊さんの本です。法頂さんという名前の高僧だとか。日本ではほとんど報道されていなかったと思いますが、韓国では国を挙げてのニュースだったようです。とある方のブログでそれを知り、最初はハングルで検索。その後、日本語でもけっこう出てきていましたが、韓国では知らぬ者のいないほどの徳の高い方だったようです。検索して出てきた記事を見てちょっと興味を持ち、アマゾンで著書を探し、すぐに注文。定価で古本を買うことになりましたが、短文集「無所有」という本です。ぱらぱら拾い読みして置いておいたの、今日の休みに読もうと思っていたのに、委員に置いてきてしまいました。本日は家内が出かけるので留守番。夜にでも取りに行ってくるつもりです。

 日本での大ニュースが韓国では報道されなかったり、そのまた逆もあり。でも、ネットでいろいろ見ることができるようになったのは嬉しいですね。お互い、公正かつ公平な報道を期待したいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2690 どこだかわかりますか?

2009_0612ixus820110379 2009_0612ixus820110380 2009_0612ixus820110381  そんなに新しくないアパート。看板多数。でも、人通りはそんなに無い。観光ホテルでは無いけどけっこうきれいげなホテル、モテルかな?でも、表示はホテル。「コレ」という看板の店。でも、クジラ料理店ではない様子。さて、この町、どこでしょう?簡単かな??私の立ち回り先でよくある場所のすぐそばです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

普通の韓国を探して2689 大田広域市儒城区儒城・朝もやの風景

786 831

 昨年11月、大韓歯科矯正学会で行った大田市のユソン温泉、ホテルレジェンドの8階からの南側の風景です。昔は大田とは別の町みたいだったと聞いていますが平地の多い西のほうへ新しい市街が発展し、今はほとんどくっついた感じの温泉町です。しかし日本の温泉情緒みたいなものはカケラもなく、すでにここで紹介しているように大田の歓楽街という感じの場所です。でも、南側はまだ開発待ち?広大な土地が広がっています。

 朝の遅い初冬の韓国。1枚めは7時前、2枚目は8時前。朝食と散策の前後の写真です。この後ワイシャツ+上着に着替え、学会会場の大田コンベンションセンターにタクシーで移動しました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

すばらしい韓国の食事522 黄狗専門店・개고기チョンゴル

060 061 063

 日本だと一番上等な肉牛は黒毛和牛だの言われていますが、韓国の伝統的肉牛は黄色というか茶色の牛です。いわゆる韓牛ってやつです。犬肉は、、、日本では赤犬が上等とされていますが、要は普通の柴犬とかのような茶色の犬の、色が赤っぽい濃いめのやつが美味しいってことでしょう。で、韓国も犬は一緒で「黄狗」=황구が一番上等とされています。

 清涼里の市場の北のほう、また有名な五日市のモラン市場。また、地方へ行くとあちこちで見られる食用犬の養殖場というか牧場。犬種を見ると様々で、でも、大型が好まれる感じです。肉がたくさんとれるからだと思うのですが、明らかに洋犬の血が入った雑種だったりします。今回の店は場所、店名ともに公開できませんが、純粋な韓国の選りすぐりの黄狗だけを毎日4頭使っているという店。ソウルでもトップクラスの犬肉料理店です。

 蛋白質の組成が人間に最も近いため、手術後の回復期には西洋医学の外科の先生も勧めるという犬肉、もう何度も食べていますが、今回は延世大の解剖の先生がちょっと遠いけど、ということでわざわざ連れて行ってくれた店です。バスに乗って、地下鉄に乗って、また乗り換えてたどり着いた店なのですが、間口は小さな町の食堂という感じ。看板には参鶏湯・栄養湯とあります。予約した我々は通常の店の裏手にある宴会室へ案内されて、楽しい夕食になりました。教授ニムのお話では、補身湯(=四季湯、栄養湯)、スユク、ムチム(薬味あえ)などいろいろ料理法はあるけれど、一番はやはりチョンゴルということで、いろいろ話しながら焼酎を飲み、美味しい犬鍋に舌鼓を打ちました。やっぱケコギ、美味しいです。

 2、3枚目、左下に見えているちょっと長い部分が一番精力がつくという犬の자지の部分です。犬ってアソコにも骨があるんですよ。他の肉は大部分、一番美味しいという腹の肉、ペッサルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2688 安山市元谷本洞6

114 115 1161 1171

 1枚目、元谷本洞住民センターの脇を北へ行く道に入ります。朝からやっている食堂、もしかしたら24時間営業なのかもしれませんが、粉食、饅頭の店が多いようです。中国人と言っても、言葉ができる朝鮮族が多いのかな?と思っていましたが、寒い満州とか、東北部、米がとれず、粉物が主食のところも多いはず。そろそろお腹もすいてくる7時台、どこで食べようかな?なんても考えながら寒い朝の町を歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

普通の韓国を探して2687 ソウル市新堂・中央市場から黄鶴洞

367 368 369 370

 ソウル、中央市場です。真冬の韓国、みな外にある物は凍ってしまいます。逆に言えば腐る心配はありません。魚屋も気楽かもしれませんね。10年ほど前に屋根ができたこの中央市場、そうる最大の在来市場といわれており、地下にはガイドブックにも紹介されている刺身屋村もありますが、ここ数年、どんどん数が減っています。都市中心部の商店街の衰退、韓国でもあるのかもしれません。割合行けば明るいのですが2枚目、外が明るいため、こんな写真になりました。北側、馬場路側の出口です。

 3,4枚目は馬場路を越えた黄鶴洞、ここもロッテキャッスルアパートができて大きく風景が変わりました。中央の道も前は両側がトラックの駐車場になっていました。今は駐車が禁止されたのか中央線には赤いポールが立っています。そのためか、たくさんあった露店も減少、わが友人の果物店(露天商)もなくなり、今は塗装業をやっているとか聞いています。

 日本人、仕事ができなくなり、転職とかいうと、何かしらの苦労があるでしょう。韓国でもあるのでしょうが、ぜんぜん大したことと思わずに生きている感じ。韓国人の人間力の強さを感じます。そういうのも「しょうがない」という意味の強い「ケンチャナヨ」なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2686 安山市元谷本洞5

110 111 112 113

 韓国で一番外国人が多い街という安山市の元谷洞、主に、中国の人が多い、そんな感じです。中国は大きな国、いろんな民族がいろんな言語を話しているとか。朝鮮語が通じるという延辺朝鮮族自治区は行ってみたいと思っています。ガイドさんの後をくっついていくような旅行はしたくありません。外国へ行くなら簡単なその国の言葉くらいは勉強してから、そんなふうに考えています。自分の足で、自分で歩いてこそその国の本当の姿が見えると思います。あまり資本がいらない観光産業はどこの国でもお手軽なお金をもうける方法、なんか、そういうのから離れた旅行をしたいと考えています。そんなわけで、もしも中国へ行くならば、言葉が通じる延吉にと思う私です。

 安山駅前から公園の前を通り、割合広い通りに出たのは4枚目。元谷本洞住民センターとあります。2,3年前でしょうか、洞事務所と言っていたお役所の町毎の出先機関、住民センターという名前に変わりました。日本でいえば出張所にあたるものです。

 普通は「新韓銀行」なんて漢字の表記は無いのに、この元谷洞、とにかく中国語というか漢字の看板が目立つ町です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

普通の韓国を探して2685 韓国の除雪器具

089

 この1月初旬にソウルを襲った観測史上最高の積雪のニュースをご覧になった方も多いでしょう。その直後、11日から訪韓したのですがソウル市内、見事に雪がどけられていました。知り合いのホプアジュマ(ビアホールのおばさん)に聞いたのですが市の条例で住宅、商店、会社、いずれも自分の土地の前の分だけは歩道などの除雪をしないといけない。しないと罰金、という決まりがあるのだそうです。

 で、私もテレビとかで見ていたのですが、韓国は寒いので、除雪には板っきれだの、段ボールだの、そしてこんなほうきだの、そんなのが一般的な除雪用具だったみたい。まt角の雑貨屋の店頭にもわかる人はわかる、あの、緑色中心のプラスティックのほうきがたくさん置かれていました。

 わが新潟の雪は思い雪。ちょっとしまるとスコップ1杯がかなり重たくなります。もっと寒い地方ではもっと軽く、さらさらした雪。そんな雪だとスコップだとこぼれてしまって効率が悪くなる。そんな場合は大きめのプラスティックのスコップだったり。地方ごとに除雪の器具、雪の性質によっても変わります。

 北海道の山間部並みに寒いソウル。最高気温がマイナス10度なんて日も珍しくないためか、雪はサラサラ。そんなわけで、ほうきではいたり、板っきれで押して寄せ集めたり、そんな除雪が行われたとのことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2684 多国籍トンネ・安山市元谷本洞4

106 107 108 109

 公園の片隅に敬老堂という施設がありました。しかし韓国のお年寄り、この辺にどれくらい住んでいるのだろう?なんても思います。だんだん漢字の看板が増えてきます。韓国で最も外国人の密度が高い場所がこのアンサン市ウォンゴクポンドンだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

とうちゃんの自転車日記426 うれしい貨物列車

22

 うちから割合近い場所、石山の踏切です。昔は目の前で遮断機が下りると、なんだか損したような気持ちになりましたが、最近は人間ができてきたのか、楽しめるようになりました。天皇陛下も踏切には勝てないはず、いらいらするだけ老化が進みます。

 さて、新潟地区の主流は115系の古めの電車なのですが、その他、特急も走りますし、磐越西線に行くディーゼルカーも走ります。また昼間も少しだけ、貨物列車が走っていますので、こんなのが来ると嬉しくなる私です。夜の9時ころ、東京へ向かう貨物列車が上り線を行きますが、昼間、下りのやつに出会ったのは珍しい出来事でした。この下り列車、けん引機はEF81。すぐ右手にある越後石山駅を過ぎると右へ短絡線を走り東新潟方面へ行くはず。今年は貨物列車時刻表、買うかな?なんて思いながら長い列車が通り過ぎるのを楽しく待ちました。いつもなるべく楽しい気持ち、嬉しい気持ち、感謝の気持ちを持って過ごしたいものです。(テサロニケの手紙より)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2683 オリニ大公園入り口・アチャ山駅前の露店

350 351 352 353

 江原道鉄原郡東松からの帰りのバス、終点は東ソウルターミナルでしたが、ソウル市内に入ってからは主な停留所に停車します。アチャサン駅前で降りてみました。前に来た時もやっていた1番出口前の露店、最高気温も零下10度以下だったと思われるこの日もやっています。スケソウダラ、明太(ミョンテ)も、そのままトンテになってしまう寒さ。冷蔵庫は要りません。また、やはりいつもこの角にいるらしいヤクルトおばさんもカートだけ残して避難中のよう。よく探したら、1,3枚目に移っている靴の修繕とかの店の中にいました。

 野菜も凍るソウルの冬、あまりに寒い日は休む露天商、屋台もかなりあるのをこの冬に知りました。しかし零下10度、20度、案外慣れるものです。大昔、大学勤務時代、医局旅行で行った旭川、富良野、士別、高校生はコートも着ず、学生服で歩いていましたから。首の部分の閉鎖と、耳、手、そんな場所の防寒が重要なようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2682 안산시 원곡본동3

102 103 104 105

 安山市元谷本洞に入ってすぐの公園周囲の風景です。部分的に除雪が行われたようで、雪が山になっています。新潟県とかと比べれば大したことない積雪量ですが何といっても寒さが違いますのでかなりの期間、集められた雪が残るのでしょう。さらに北にこの後進んでいきます。多国籍トンネ、多民俗村、いろんないい方があるのでしょうが、外国人労働者なくしてはやっていけないのは韓国も日本も同じ。やはり不法滞在、不法就労とかの記事も新聞で見かけますが、逆に外国人差別、襲撃事件なんかもある韓国です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

2010年3月12日 新潟市 矯正 たかとう矯正歯科医院・携帯電話用HP公開スタート

004

 携帯用ホームページ、およその制作日数10日で、できました。まぁ、パソコン用HPの内容を削ってですので、当り前か??でも、いろいろ迅速に対応してくれたD-Styleさんには感謝です。仕事がとても速いのは本当にすごいです。当院の携帯HP、パソコン用HP、DスタイルさんのHPなど、右上のリンクから見られますのでお時間のある方はご覧いただけば幸いです。

 ややフォーカスの甘い今回の写真はホワイトデー行事、スタッフ夕食会の寿司です。 新潟市中央区礎町の、知っている人は知っている新潟の名店「寿司清」の「新潟・冬・食の陣」の企画セット「極み」でした。

 昔からの新潟の寿司屋、まず「三大」という感じで思い浮かぶのが、旧県庁、現市役所や新潟大学医学部、歯学部そばの東中通りにある「宮寿司」、古町の老舗「港寿司」、そしてこの礎町の「寿司清」でしょう。この他に競馬関係のお客さんが多いという噂の高級店である古町の「柴木」、沼垂の万代町通り「寿司幸」でしたっけ、まだまだ有名な店がありますが、後の2つは行っていません。大学の医局時代からよく行っていたのが宮寿司とこの寿司清でしたが、かなり久しぶりの訪問でした。

 最初に頼んだこのセットの他にもなんだかんだ寿司だの料理だのいただきましたが、久々の回らない寿司、美味しかったです。キーワード「新潟市 寿司 寿司清」ってとこでしょうか。美味しいもの食べて、しっかり働きましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記425 自転車都市新潟を目指して

167

 写真は東京の品川駅前、昨年秋の写真です。東京って自転車の駐車違反の取り締まりがあるのですね。知りませんでした。ここでも書いていますがどこでも停車、駐車ができるのが自転車の大きなメリットですが、都会では置く場所にもルールがある。この辺、ここ1,2年自転車の活用をいろいろ模索しているわが新潟市、まだ周知徹底されていない部分があるようです。自転車の駐車=無料、そうみんなが考えていますから。

 昨年秋にやはり訪問した福岡市では市内の各所に自転車の有料置き場が設置されていました。また新潟でも、駅前に昔は屋根つきの倉庫のような有料の自転車預かり屋さんがありました。天候のせいと、盗難防止の意味が大きかったのだと思いますが今の新潟市民、私を含め、あまり自転車の駐車にお金を払うってこと、頭に無いように思えます。駅前の自転車置き場には放置自転車もたくさん。盗まれたものもありそうですが、盗まれた側も「安いからまた買えばいいや」ってな感覚があるように思えます。

 歩道の通行の問題、まだ無いけれど自転車専用レーンの進行方向の問題。まだまだ自転車都市新潟を目指す上で、いろいろやらなければいけないことがありそうです。でも、行動無ければ進歩もありません。「まずやってみる」のは大事です。「社会実験」と称してしろいろ試行錯誤が始まっていますが、乗る側のマナー教育、なんとかうまい方法は無いのかな?って思います。私も自転車ファンのはしくれ。何か協力できればと考えています。

 昔は海だった平坦な都市新潟市。冬の気候のことを除けばこんなに自転車の利用に適した街は無いと思いますから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2681 安山市元谷洞2

098 099 100 101

  携帯電話、今や世界に普及したと言ってもいいのではないでしょうか?昔は仁川空港で公衆電話のボタンを押しまくって(なんかタダでできる方法があるのでは?と思うくらい同じ操作を繰り返して)電話してた外国人陵同社の人もみな持っているのでしょう。このウォンゴク本洞、やたらと電話屋が目立つ街です。

 ちょっと歩くと公園があります。だんだん中国語の看板が増えていきます。24時間営業なのか、朝からやってる食堂もあります。マンドゥの店が多いようなのでやはり朝鮮語ができて、韓国にも溶け込みやすい朝鮮族の人が多いのかもしれません。仁川空港のバスの発着を見ているとソウル近郊の都市からもたくさんのリムジンバスがきます。けっこう多くが外国人労働者なのかな?なんて気付きました。

 2枚目はゴミ袋。既定の有料スレギポントゥではないけど、不法投棄なのかな?そんなのが外国人差別の原因にならなかればいいのだけどな、と思います。3,4枚目はその公園。「安山多文化村特区」とあります。いよいよ多国籍トンネへ入ってゆきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記424 旧中原街道3・寄り道

025 026 027  前回の写真の2枚目の案内看板、お読みになれると思いますが、桐ケ谷斎場が近くのようです。江戸時代からの火葬の場所だったのですね。90年代半ばに亡くなった父親の葬儀をやった場所です。ちょっと寄り道で行ってみました。

 誰かが書いていたけれど、死ぬということは「いなくなる」ということなんだよなぁ、、、なんて思いながら意味もなく手を合わせ、会場のほうへ引き返します。同じ道はなるべく歩かない私ですので、方向に見当を付け細い道を行きました。

 1枚目、学校みたいな建築とその裏手にあるグラウンドを結ぶ歩道橋です。土地の狭い東京ならではの風景。でも、学校としても使われていない風でした。古い地図があればなぁ、というところです。2枚目の道を進み、また旧中原街道に出る手前、おでんの屋台でしょうか?そんなのが置いてありました。昔の東京、チンチン鐘を鳴らしてやってくるおでんの屋台、けっこうありました。ラッパを鳴らしてやってくる豆腐屋さんの自転車もありました。故郷を離れてはや30年以上。今はどうなのかな?なんて思いながらセミナー会場へ。それでもだいぶ早くついてしまいました。 東京下町歩きのミニシリーズ、おしまいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

普通の韓国を探して2680 多国籍トンネ・安山市元谷洞

094 095 096 097  アンサン市のウォンゴク洞、安山駅の北に広がる街です。線路の南は大きな工業団地、北側が商業地区+住宅地区という感じです。朝の早い時間から仕事場に向かう人、もしかして夜勤上がりで帰る人?けっこうな人が歩いています。気温は零下10度以下でしょう。数日前の大雪がそのまま残っています。目立つのはまず、携帯電話屋、そして進むにつれ漢字の看板=中国人相手の店が増えていきます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記423 旧中原街道2

022 023 024

 国道1号線と並行する旧中原街道です。大部分は拡幅されて国道一号になっているのでしょうが、部分的に旧道が残っていました。少し自然なカーブがあったり、お地蔵さまがあったり。まっすぐ走る広い道には無い趣が古い道にはあります。本日も雨。家でゆっくり身体を休めるつもりです。また別の風呂に行くのもいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

とうちゃんの自転車日記422 お風呂へ行きます

016 017

 今日明日は休みです。午前中は私の自由時間。晴れていればそろそろ自転車という季節ですがあいにくの雨。沐浴湯でのんびり、しっかり身体を洗ってお昼を食べて戻ります。ちょっと医院へ出てきて、新しく作る携帯電話用HPの打ち合わせメールの確認です。

 今回の写真は品川区の武蔵小山商店街。近所に親戚の家があったため小さい頃はしばしば行っていた場所です。長く続くアーケード、大人になって歩いてみると思ったより短く感じました。懐かしい道です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

普通の韓国を探して2679 京機道安山市元谷本洞

090 091 092 093

 新潟からのソウル行きはKE764便。乗務員は市内のホテルに泊まりますので、新聞は前日のもの。最近は円高で大部分の客は日本人ですから韓国語の新聞はたいてい余ります。中央日報が小さくなって見やすいのでもらって読みます。行き場所を決めないでの場合、そんな新聞記事とか機内誌の記事にある場所を訪問してみたり。そんなのも面白いのでは?

 外国人が一番多いトンネだと言われるアンサン市のウォンゴク洞。早朝の4号線で行ってみることにしました。あれ?3号線でしたっけ?ま、ケンチャナヨです。今回の4枚はアンサン駅前のあたり。新聞記事にあった多国籍トンネである元谷本洞は駅の北側の一帯です。零下、、、たぶん10度以下の街を歩き始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記421 木更津19

118 1191 1201

 木更津歩き、今回でおしまいです。1枚目は駅前のビルの壁面。案内所などには「木更津キャッツアイ」関係のパンフレットがけっこう置いてありました。外国語のものもたくさん。V6の岡田君が主人公で、嵐の桜井君も同じ仲間ですので、台湾とか韓国、中国でも人気が出ていた時期があったのかもしれません。

 2,3枚目は駅から。内房線と言っていましたっけ?毎年夏休みに親戚が集まって海へ行っていたのですが、たいていは伊豆か千葉。両国駅に残っていた行き止まりホームから乗ったこともあります。まだ千葉の先は電化されておらず、キハ28だのの急行で2,3時間かかって天津だの鴨川の海へ行きました。幕張あたりでC58が引く貨物列車の写真を撮ったのが家に残っているはずです。このがらんとしたホームと線路。40年も前に通った場所です。

 4枚目はホームから駅前の空きが多いビル。「アンニョン!木更津」という気持ちで最後の1枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

普通の韓国を探して2678 済物浦駅

877 878 879 880

 月串新都市から仁川の蘇来浦口と歩いて、仁川の市内へ。ソウルへ戻るために電車の駅へ。終点まで行く必要がないのでチェムルポ駅前で下車しました。普通の都市インチョンの普通の街です。

 4枚目は駅のホームから。この京仁電鉄線、沿線に高層建築ではない古いアパートがけっこうあります。でも、そんな建物もどんどんなくなって行くのでしょう。映画「子猫をお願い」の冒頭シーン。早朝、ソウルへ向かうOLの人が出てくるアパートをご存じでしょうか?5人の中で唯一成功したっぽいアガシ。でも、壊された車があったり、夫婦喧嘩かガラスが割られる音がしたり。いい所ばかりではない韓国の、、普通の韓国、庶民の韓国の映像が出てきます。そんな街が私は好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記420 旧中原街道1

018 019 020 021

 先日のセミナーのとき、昔から知っている店でお昼を食べ、歩いて会場へ向かいました。武蔵小山の「自慢亭」という店です。最初に行ったのはたぶん40年も前。当時はタンメンが有名でしたが、今はなんだか焼きそばが人気のよう。店が開く前から並ぶお客さんもおり、焼きそばのテイクアウトなのでした。次回はいつ行けるかわかりませんが、焼きそばを食べてみます。

 写真はその武蔵小山の商店街の南端、国道1号を渡ればまたすぐに戸越銀座商店街というあたり。私は左へ行かないといけません。大きい道は国道1号線、中原街道、五反田の道です。左の道が昔からの中原街道です。三叉路の「味」はなかなかです。

 広くはないけど狭くもない少しカーブした旧道、本当にいい感じです。お地蔵さまがあったり、、、昔から地元の人、旅の人が歩いた道。そんな道が好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

2010年3月7日 韓国を好きになったきっかけ(韓国語だと꼐기)

3661

 日本でも、韓国でも、いろんな人から韓国について聞かれます。特に多いのがどうしてそんなに好きになったのか?なのですが、ここも長くなりました。前にきれぎれには書いたと思うのですが、簡単にお話しします。

 大学勤務時代の最後のころ、矯正の講習会で3週間弱、アメリカに行きました。その大部分はアリゾナ州ツーソンのツイードファウンデーションという機関での研修でした。朝は8時から、夜も遅い時は8時くらいまで、自分の机で実習したり、講義を聞いたり。そんな矯正漬けの毎日を送ったのです。

 その時、たまたま韓国人の先生、ソウル大学校歯科大学の同門の先生のグループもけっこうな人数、参加しており、私の机の向かい側が今でも兄貴分と慕う李準圭先生なのです。ワイヤ曲げの実習中、また一休みの時間、李先生は流ちょうな英語、私はつたない英語でいろんなことを話しました。食べ物のことが中心でしたが、まぁ2週間も毎日顔を突き合わせていれば、仲良しにもなるわけです。

 その後、帰国。年賀状をやり取りするくらいの関係でしたが、1995年、アジア太平洋矯正歯科学会(APOC)の大会がソウルで開催されることになり、その下見と李準圭先生の診療所の見学を兼ねて9月の初め、その年の秋夕休み直前にソウルを訪問したのです。初めての海外一人旅でもありました。会話集片手のソウル。一日で、安全かつ親切な人が多い国だとわかりました。また翌日の飛行機で秋夕休みを利用し、ボストンで開業医をしておられるお兄さんのオフィスに行くという忙しい時間でありながらも大歓迎してくれた李準圭先生、「準圭ヒョン」というところでしょうか、楽しい友人関係が再開というわけです。

 92年に医院が軌道に乗り始めたころ、医院の旅行で済州島へ団体旅行の経験があります。厳密には初韓国はその92年でしたが、やはりソウルを見ずして、、という感じですから、私の韓国旅のスタート、やはり95年9月のソウルと言って差し支えないでしょう。その後は11月にそのAPOC学会大会。96年は3回くらいでしたが、97年以後は3日以上の休みがあれば韓国行きを考える、そんな感じで訪問を繰り返すようになりました。

 また、李準圭先生とお会いした後、90年代最初から独学で韓国語を始めましたが、なかなか上達せず。毎年4,5,6,7月号くらいまでのNHKのラジオ講座、テレビ講座のテキストがたまるばかりでした。実際に韓国ソウルへ行ってから韓国語熱にも火が付き、97年から地元新潟の民団の学校、新潟韓国教育院に週に2回(普通は週1回)通い始め、徐々に力が付いてきた、そんなです。

 写真はこの後の話になりますが、私の韓国語の故郷である、ソウルの新堂駅前。中央市場の入り口付近です。最高気温が零下9度なんていう日でしたので露店も閉めて休業中の店が多い状態。珍しい写真と言えます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2677 大田・儒城温泉の歓楽街の朝

822 823 825 826

 夜はギンギラのネオン輝く韓国の歓楽街も早朝はがらんとしています。宴の後はスッキリさっぱり、静かでした。ナイトクラブ(ディスコ)、歌謡酒店、ルームサロン(ビジネスルーム)、按摩施術所、その他飲食店、夜型の韓国ですので、朝はゆっくり明けていく感じです。ほとんど一人旅、でもって夕食にはお酒、早めに宿へ戻ってテレビ、そんな旅ですので夜の話には本当にうとい私です。

 本日午前は超多忙。午後にはちょっと空きもありますので、もう少しアップするかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記419 木更津18

114 115 1161 1171

 知らない町の街歩き、まっすぐでは面白くないのであちこち寄り道しながら進みます。3,4枚目はもう駅のそば。でっかいマンションが建っていますが全部は売れていないふう。わが新潟も昨年あたりからマンションの売れ残りがニュースになっています。当院の近く、新潟駅南口の高層マンションビル、居住層、テナント層ともに、空きだらけのままオープンしそうです。日本の未来、どうしたらうまくいくのか、真剣に考えるべき時期でしょう。裏金問題だの数億円のお小遣い問題だのをうだうだつつき合ってる時では無いと思うのですが、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

普通の韓国を探して2676 月串浦口の新都市

697 698 740 741

 始興市月串地区の街です。何もなかった漁村と干潟の町に新しい街が形成されました。遊園地もあるしモテル街もあり。また刺身屋村もあり。大衆交通機関ではちょっと行くのが面倒ですが、ソウルの人にはよく知られた手軽な観光地なのかもしれません。この日は平日でしたのでがらんとした街に見えました。

 全部が、まだできてから10年も経っていない街、ハングルの看板は他の韓国同様賑やかではありますが、なんだか無味乾燥な感じを受けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記418 木更津17

110 111 112 113

 駅のほうへ戻る道です。車も人も少ない旧中心部、日本全国どこでもこんな街はあるのかもしれません。世の中の変化、10年でかなり変わると思いますし、20年とかでは激変すると言っても過言ではないでしょう。

 今日は仕事を少し早く切り上げて、新潟大学歯学部第2解剖学教室の会合に出ます。これも「非日常」。上着を着ないといけないのは面倒ではありますが、楽しんできたいと思います。明日も仕事ですのであまり遅くまではダメですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

普通の韓国を探して2675 在庫整理

027 681 069 483

 ちょっと前にこのニフティのブログ、写真を4枚以上アップすると文字との配置が変になってしまうようになりました。前もってサイズを縮小して準備してあった写真の半端が出ることになります。そんなのの整理です。あ、今日は夜間診療、仕事は3時からです。

 1枚目、この1月初めのソウル、城東区往十里の交差点角にある公園です。30センチ弱、でも、観測史上最高の積雪を記録したソウル。市の決まりで各家、店ごとに自分の前の雪を除雪しないと罰金という規則があるそうで、割合迅速に歩道、道路は除雪が行われました。ただ、公園は誰のものでもありませんのでそのまんま。昼間でも零下の日が多い冬の韓国、真っ白なままでした。

 2枚目は大田市儒城温泉のレジェンドホテルの客室。正規料金の表示と、左はちょっと字が小さくて読みにくいですが、歯ブラシセット、シャンプー&リンス、それと、安全カミソリ(面刀)の販売の案内。それぞれ1000Wでした。少し前にも書いたように、使い捨て製品の無料提供が禁止されてる韓国。ちゃんとしたホテルはきっちり守ってて、日本人観光客には不評なようです。

 4枚目は江原道洪川の市外バスターミナル。割合新しくて広々してます。長、中距離のバス、近距離のバス、乗り物が並んでいるだけでわくわくしてしまいます。今は高速もできたのでソウルから1時間ちょっとで行けると思います。横城とか、この洪川のあたりも韓牛の名産地、美味しい店もあるかもしれません。

 順番変わってすみません。3枚目は往十里のビジョンホテルの廊下。チェックイン時は2時ころでしたのでカーペットがこんなになっていました。小さなホテルはスタッフも少ないので、ま、ケンチャナというところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2674 高速道路の休憩所風景

868 869 870 871

 「ご飯(朝食、昼食)を食べましたか?」という挨拶がある韓国、日本以上に食事を大事にする、そんな感じです。高速道路の休憩所の軽食堂の写真ですが、みな移動中。悲しい気持ちの人も少しはいるかもしれませんが、大部分は非日常を楽しむ人でしょう。市外バス、高速バスの休憩時間はたいてい15分。短い時間でもうどんをかきこむ人もいます。食堂に入らずとも、ホットク、トンカムジャ、オクスス(トウモロコシ)、コグマ(ふかしイモ)、ホットバー(ハッバー=棒についたタイプの魚肉練り製品)、そんなのを買ったり。私も楽しみな場所です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記417 木更津16

106 107 108 109

 飲み屋街の細い道って何でこんなにわくわくするのでしょう?新潟古町にも西堀通り、古町通、東掘通と直交する細い道、たくさんあります。この木更津よりももっと街路が整っている感じです。最近は外に飲みに出ることは少なくなりましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

とうちゃんの自転車日記416 峠の石仏、石像

020 021 022

 自転車乗りにもいろんな楽しみ方があります。私はどっちかと言えば速くと言うよりも、そこそこの速さで長く走るのが好き。これからのシーズン、直線で60キロ圏内は自転車の距離になります。一日に200キロくらいまでは走れると思います。

 自転車のいいところは置く場所に困らないことと、適当な速さであること。どこでも停まれるし、停めておけます。今回の3枚は長岡市の浦瀬から見附市の椿沢というところに抜ける古い道の小さな峠の頂上にある石仏石像群です。風雪にさらされて摩耗してしまった石の像、それを作ってここに置いた人たちの気持ち、ここを通って行き来した人たちの気持ちを思い測りながら見るのが好きです。

 最新の高速道路、国道17、8号バイパス。旧17号と旧8号。そんなのよりもずっと東の山沿いに、たぶん江戸期以前からの古い道が走っている新潟平野です。車ではすれ違いえない道も可成りを占めますので自転車の真骨頂てのは、そんな道です。

 本日は休診。ちょっと雑用のあと、買い物だのスーパー銭湯(沐浴湯)へ行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

普通の韓国を探して2673 ソウル特別市葦院区孔陵洞

590 591 589 587

 ノウォン区のコンヌン洞です。京春線の踏切を越えると、、と書きましたが、どんどん変わる韓国、鉄道の新線建設、付け替えがどんどん進行。もしかするともうなくなっているかもしれません。日本の警報音よりもちょっと間延びしたあの音、だんだん聞かれなくなっていってます。

 新しいまっすぐな道の山寄りを走る古い道、でも、なんでもあります。よく観光掲示板で、『ホテルがちょっと中心部を離れたなんとかホテルなのですが、周囲にサウナとかチムジルバンはありますか??スーパーはありますか?」なんて質問があります。ハングルが読めれば、ソウル市内、至る所に沐浴湯、サウナ、いくらでもあると思うし、最近ロッテスーパーという中型の店がどんどん増えています。みんなハングルを学べばいいのになぁ、、と思う私です。

 4枚目が私の友人、寡婦アジュマの店、「プルティナ孔陵店」です。やはり黄鶴洞のコプチャンポジャンマチャでの知り合い。付き合いはもう10年以上になります。鐘岩洞のほうは清涼里のすぐ先なので行く度に顔を出す感じですが、こちらはもう少し中心部から離れているのでなかなか行けないのが申し訳ない、そんな店です。ホプの定番、チキンの他にドゥンカルビをやっていました。初めてトゥンカルビを食べたのもここです。ちょっとすたれ気味のメニューですが、今は何をやっているのかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記415 木更津15

102 103 104 105

 木更津の古い飲み屋街です。空き地もあったり、小さなお稲荷さんだのお社だのがあったり、飽きることなく歩けます。韓国で、路地の写真だの、道端のごみだのの写真、韓国人に見せると、「もっと韓国のいい点を写せよ」なんても言われますが、日本だって一緒。その国、その町、全部を好きになるのが「愛」です。「韓国愛」そして、「木更津愛」の表れです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

普通の韓国を探して2672 일회용 용픔(一回用用品)

029 030

 韓国語では「使い捨て」のこと、「一回用」と言います。ちょっと面白くありませんか? 実際に旅行された方ならお分かりでしょうが、ホテルなどでは歯ブラシ、かみそり、シャンプー、リンスだの、みな有料です。資源保護のためということで政府のお達しがとか部屋に書いてあったりもします。

 しっかりしたホテルはきっちりこの規則を守っていますが、もっとおおらかなモテルでは、やはり無いとサービスが悪いってなってしまうのか依然あるんですよ。ただ、検査があったときにまずいのか、チェックインの時にフロントというか帳場で手渡しだったりもします。シャンプー、リンスは浴室に共用ということが多いかな?

 今回の2枚はだいぶ前、水原で泊まったモテルでチェックイン時にもらったものです。仕事柄、歯ブラシは売るほどあるので、自分のを使うのですが話のタネに持って帰ってきました。紙のケースのままずっと置いてありましたが、開けてみたら歯ブラシ2本と安全カミソリが1つ。そして、字が小さいので見えにくいかもしれませんが、モテル名の右、英文で「バスルームセット」、さらにその下に、「販売用」という言い訳というか逃げ道が書いてあります。なんか、うれしい記念品という感じです。

 何度かここでも書いていますが、古い、安い観光ホテルよりも新しいモテルのほうが部屋は広いし設備はいいし。何度目かの個人旅行のときには、お勧めです。一人でも、同性2人でもぜんぜん自然に使える、そんなポピュラーな宿泊施設で、韓国の長所(長点、韓国語だと)のひとつくらいに思っています、モテル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記414 木更津14

098 099 100 101

 飲み屋のある小路を歩きます。のんべのとうちゃんですが、なかなか知らない店には入れません。夜の様子を思う浮かべながら飲み屋街を歩く。さらに狭い道。わくわくする風景が続く時間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2671 市外バスターミナル・たぶん釜山西部

429 430 431

 志ん朝さんの枕にある話、「大きなものがゆっくり動いて近づいてくるのはいいもんだ」というのがありますが、乗り物、やはり男性には心躍るものがあります。日本に比べ、地方交通の主役がバスである韓国、大規模なターミナルが全国各所にあり、地方を歩く者にとっては大事な場所になっています。 たぶん沙上の釜山西部だと思いますが、いろんなバスがたくさん待機している風景。旅情を掻き立てられるのは私だけではないでしょう。

 2枚目は売店の乗り場側の窓口です。韓国の人、日本人以上に乗り物の中でお菓子だのを食べる傾向があると思います。新しい菓子以外にも前にここで紹介しているスルメ、タコするめ、チッポ(チィポ)、焼き栗、茹で卵、イカの足(オジンオ)、いろんなものを売っているし、けっこう買っています。私も地方へ出かける際には話のきっかけにと、子供に上げる50円とか100円とかの日本の菓子をいくつか準備したりしています。ああ、バスの旅もいいなぁ、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記413 木更津13

094 095 096 097

 どちらかと言えば細い道のが好きです。周りが囲まれている感じ、なんだか安心感が湧くというか、、、  路地に飲み屋の看板があったりするとついついそっちに足が向いてしまう、、、  そんな感覚、お持ちの方もおられると思います。大通りから脇道へ。脇道をつなぐ路地へ、そんなふうに自由に歩く時間は日頃忙しい毎日を送る人間にとって、貴重なもののように思っています。

 しかしこの木更津、普通の商店が減ってしまったけど飲み屋は依然残っている、そんな感じの旧市街、いいもんです。昨夜もキャッツアイを見ながら寝ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

普通の韓国を探して2670 失われた風景・ソウル特別市鍾路区清進洞

395

 このブログの一番輝いていた時期は最初の半年だったかもしれません。デジカメでないカメラの写真、1枚ずつ大切に選んでアップしていました。珍しい風景、食事も多かったと思います。よろしければ時間のあるときにでもバックナンバーの最初の最初のあたり、ご覧いただければ嬉しいです。

今回の1枚も、今は変わってしまった場所。ご存知の方は多いでしょうが、チョンジンドンです。左手、青い看板が一番有名だった清進屋。右手の黄色い看板は黒田福美さん推薦の興進屋です。どっちも食べましたが私は清進屋のが好きでした。この地区、再開発でみな立ち退き、チョンジン屋は近くの表通りで移転オープンしただか聞いていますがソウルの昔からの中心の中心、韓国の心臓とも言える鍾路の風景、どんどんこれからも変わってしまうのでしょう。ちょっと残念です。次回の出張のときには失われゆく古いソウルを中心に見て歩く、なんても考えています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2669 ホリディイン城北ソウル脇、プルティナのキングクラブ(タラバガニ)

223 224 225 226

 知り合いのアジュマの店の話です。「ホプ」は「HOF」、元はドイツ語かな?ビールの店という意味です。韓国のホプで絶対あるのがチキン、フライドチキンです。大体10000W前後で1羽分。一人だと多い量です。あとは「豆腐キムチ」、韓国の硬めの豆腐とごま油で炒めたキムチの盛り合わせ。それから「コルベンイムチム」、缶詰ですが茹でたバイ貝みたいなのと素麺、葱のチョコチュジャン和えなんかの盛り合わせ。一般的にはそんなのが肴でした。

 でも、10年前くらいからここにズワイガニだの、豚のスペアリブ(ドゥンカルビ、トゥンカルビ)なんかが店によっては加わり、さらにこの数年はやり始めたのがキングクラブ、たらばがにです。日本でもいっしょですが、アラスカとかカナダ、ロシア産の安い輸入物がたくさん出回り始めての出来事でしょうが、いろんなメニューでお客を呼びたい、そんな商売熱心さも関係ありそうです。 店のアジュマに聞きましたが、カニ専門の店だと1人で10万Wとかもかかってしまう。もちろんたくさんのミッパンチャン、おまけのおかずが出る上での値段ですが、カニだけ安く食べられればオーケーというお客さんには人気だとのことです。3~4人分だと70000W、そんな値段で、しばしば持ち帰りのお客さんにも遭遇しています。今のレートで6000円。それでしっかりした大きさのタラバガニ、、やはり韓国でもけっこうするな、って思いますが、ちょっと食べてみたいです。

 聞けば年に数回カニを食べにやってくる日本人のお客さんもいるとか。たぶん最初にホリデイイン城北に泊まってたまたまこの店を知り、以後は他のホテルに泊まっていてもタクシーで来る、そんななのでしょう。店はご主人で決まるとも言えます。全南出身の気のいいアジュマの店、推薦できる店です。ただし日本語はぜんぜんダメですが、そこはなんとかなるでしょう。本当に良心的な店です。

 あと、いいな、と思うのに、韓国、カニは絶対生きているのを蒸すんです。茹でると味が逃げる、確かにそんな気がします。2,3枚目のステンレスの箱がその蒸し器。なんだか食べたくなってきてしまいました。一番小さい奴、こんど頼んでみるかな???3万Wか4万W、ちゃんとお金をとってくれるかが心配な、そんなタンゴルカゲ(行きつけの仲のいい店)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記412 木更津12

089 090 091 093

 続きです。がらんとした感じの街、あっけらかんと明るい道を駅のほうへもどって行きました。意外に飲み屋が多いのは漁師町として栄えた名残なのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »