« 普通の韓国を探して2669 ホリディイン城北ソウル脇、プルティナのキングクラブ(タラバガニ) | トップページ | とうちゃんの自転車日記413 木更津13 »

2010年3月 1日 (月)

普通の韓国を探して2670 失われた風景・ソウル特別市鍾路区清進洞

395

 このブログの一番輝いていた時期は最初の半年だったかもしれません。デジカメでないカメラの写真、1枚ずつ大切に選んでアップしていました。珍しい風景、食事も多かったと思います。よろしければ時間のあるときにでもバックナンバーの最初の最初のあたり、ご覧いただければ嬉しいです。

今回の1枚も、今は変わってしまった場所。ご存知の方は多いでしょうが、チョンジンドンです。左手、青い看板が一番有名だった清進屋。右手の黄色い看板は黒田福美さん推薦の興進屋です。どっちも食べましたが私は清進屋のが好きでした。この地区、再開発でみな立ち退き、チョンジン屋は近くの表通りで移転オープンしただか聞いていますがソウルの昔からの中心の中心、韓国の心臓とも言える鍾路の風景、どんどんこれからも変わってしまうのでしょう。ちょっと残念です。次回の出張のときには失われゆく古いソウルを中心に見て歩く、なんても考えています。

|

« 普通の韓国を探して2669 ホリディイン城北ソウル脇、プルティナのキングクラブ(タラバガニ) | トップページ | とうちゃんの自転車日記413 木更津13 »

コメント

この路地、懐かしいですねぇ。
5年前、初めてプライベートで1人で韓国へ行ったとき、ガイドブックを頼りに目的の店を探そうと歩き回りました。
最初は「ガイドブック通りに探しても、全然見つけられんじゃないかー!」と、ハングルが読めなかったら絶対無理と思ったもんです。
まあ私は看板のハングルくらいは読めたので、何とか目的の店を見つけられましたけど。
確か昨年の正月だったと思いますけど、都心再開発の波が押し寄せてきてて、沿道は塀ばかりになって、見る影も無いくらい雰囲気が変わってしまってるのに愕然としました。残念この上ないです。

投稿: モハ52形 | 2010年3月 2日 (火) 00時09分

コメントありがとうございます

 鍾路からちょっと入った通り、さらに車が入れない路地が縦横無尽に走っているソウルの古い市街、どんどん消えているのでしょう。

 古墳とかお寺、石仏、石塔、そんなのは大事にしますが、「普通の町」も文化財だと思うのですがねぇ、、、
新しくきれいにする=先進国というわけでもないでしょうにって思います。やはり国土が狭いというのが一番の根本的な理由かもしれませんね。あとはソウルへの一極集中。

投稿: おとう | 2010年3月 2日 (火) 08時00分

もう10年位前になるでしょうか。韓国に興味を持ち、韓国観光公社にあった小冊子、「低価格宿泊施設案内」(正式名称は忘れました)なるものを見つけ、写真をみて宿を検討。ハングルもあまり読めなかったので看板の漢字表記の世鐘荘を頼りに予約。(当時は荘旅館でも予約しないと寝る所が無くなると不安でした)まさかこの細い道ではないよな。と、うろうろしたのがこの青い看板の清進屋のあたりでした。思い出の場所でもあります。黒塗りの車がよく止まってました。

投稿: つかまん | 2010年3月 2日 (火) 16時18分

コメントありがとうございます

 世宗荘旅館、私も2回かな?泊まったことがあります。この写真の道から斜めに入る細い路地に行けばすぐなのですが、わかりにくい場所でしたよね。ちょっと古いけど充分リーズナブルな安宿でした。向かいの店が夜遅くまで賑やかだったのを覚えています。

 それと、そう、黒塗り高級車。あれって社長さんだのが前夜からの二日酔い解消にここに来るのか?ほんとうに多かったです。かなり奥行きのある広い店でしたが朝からお客さん、たくさんいましたもの。懐かしいですよねぇ。

投稿: おとう | 2010年3月 2日 (火) 18時14分

いつも読み逃げでごめんなさい(=゚ω゚)ノ o(_ _)o
昔この通りで写真を撮っていただけで
職務質問を受けたことがあります^^;

フィルム没収でも何でもなく無罪放免になり、
「今度来るときは電話しなさい。一緒に焼酎でも」と
渡された名刺、今でも持っていますが、特殊機動隊강某氏、
事務所の電話番号の他に삐삐(ポケベル)の番号があります(笑)

惜しまれつつすっかり雰囲気の変わってしまった場所ですが、
今ならまだ混沌とした(?)いい光景が見られますよ。


投稿: k_sarang | 2010年3月 3日 (水) 12時46分

私はこの一帯を勝手に
「韓国の新橋」「おやじエリア」
と親しみを込めて呼んでいます。
勤務先が新橋かいわいにあったせいか
「おやじはどこの国でも一緒だあ(笑)」と
この辺りは既視感を覚えます(笑)。
20代の頃はおやじ顔負けに新橋を歩いていたちょびです…^_^;

投稿: ちょび | 2010年3月 3日 (水) 13時49分

世鐘荘旅館私も泊まりました。たしか3年前。夜近くのハプサンモリに行きました。あの辺りもろ路地裏のいい雰囲気でしたが。

投稿: かがり | 2010年3月 3日 (水) 21時57分

皆様、コメント感謝します

 ソウルのど真ん中ですものね。でも、明洞とかと違い、行ったことのない方も多い場所。でも、昔からのソウルの姿をとどめていた場所でもありますよね。次回、鍾路あたりに泊まろうかなぁ、、、

投稿: おとう | 2010年3月 4日 (木) 07時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/47698726

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2670 失われた風景・ソウル特別市鍾路区清進洞:

« 普通の韓国を探して2669 ホリディイン城北ソウル脇、プルティナのキングクラブ(タラバガニ) | トップページ | とうちゃんの自転車日記413 木更津13 »