« とうちゃんの自転車日記414 木更津14 | トップページ | とうちゃんの自転車日記415 木更津15 »

2010年3月 2日 (火)

普通の韓国を探して2672 일회용 용픔(一回用用品)

029 030

 韓国語では「使い捨て」のこと、「一回用」と言います。ちょっと面白くありませんか? 実際に旅行された方ならお分かりでしょうが、ホテルなどでは歯ブラシ、かみそり、シャンプー、リンスだの、みな有料です。資源保護のためということで政府のお達しがとか部屋に書いてあったりもします。

 しっかりしたホテルはきっちりこの規則を守っていますが、もっとおおらかなモテルでは、やはり無いとサービスが悪いってなってしまうのか依然あるんですよ。ただ、検査があったときにまずいのか、チェックインの時にフロントというか帳場で手渡しだったりもします。シャンプー、リンスは浴室に共用ということが多いかな?

 今回の2枚はだいぶ前、水原で泊まったモテルでチェックイン時にもらったものです。仕事柄、歯ブラシは売るほどあるので、自分のを使うのですが話のタネに持って帰ってきました。紙のケースのままずっと置いてありましたが、開けてみたら歯ブラシ2本と安全カミソリが1つ。そして、字が小さいので見えにくいかもしれませんが、モテル名の右、英文で「バスルームセット」、さらにその下に、「販売用」という言い訳というか逃げ道が書いてあります。なんか、うれしい記念品という感じです。

 何度かここでも書いていますが、古い、安い観光ホテルよりも新しいモテルのほうが部屋は広いし設備はいいし。何度目かの個人旅行のときには、お勧めです。一人でも、同性2人でもぜんぜん自然に使える、そんなポピュラーな宿泊施設で、韓国の長所(長点、韓国語だと)のひとつくらいに思っています、モテル。

|

« とうちゃんの自転車日記414 木更津14 | トップページ | とうちゃんの自転車日記415 木更津15 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/47706599

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2672 일회용 용픔(一回用用品):

« とうちゃんの自転車日記414 木更津14 | トップページ | とうちゃんの自転車日記415 木更津15 »