« 普通の韓国を探して2739 나의 방식데로의 사랑 아니 여행 | トップページ | 2010年4月21日 今日は休み »

2010年4月20日 (火)

普通の韓国を探して2740 キム・ギチャン先生写真集「골목안 풍경 30년」・うれしい買い物

006

 김기창 사진집 「골목안 풍경 30년 1968-2001」、先日の出張の時にロッテそばの旧「乙支書籍」、現「ブックスリブロ」で見つけました。38000Wですが、即購入。本とチャンスは見つけた時につかまないといけません。

 前にここで紹介したのは「コルモクアン プンギョン 1968~1999」という第5集です。今回の本の最後のほうを見ると、골목안 풍경という写真集は1988年の第1集から1999年までに5巻。その後、「犬のいる暖かい路地」、「駅前風景」というのを出した後、2003年に「コルモクアン プンギョン6」、そして最後のこの「30年」が出たようです。その後は2004年に「失われた風景」、2005年に最後の作品集である「그 골목이 품고 있는 것들」が出たそうです。

 2005年に亡くなられた方ですので、もう新しい作品はなく、残るは在庫のみ。前の本も毎回のように行っていて、確か永豊文庫で見つけました。今回は期待していなかった、何度も見ているソウルのど真ん中の書店。うれしい買い物になりました。

 昔の韓国、ソウル、ぼろい家とかを蔑む気持ちはありません。ただ、日本より少し発展が遅れていたとは思います。うまく言えませんが、私の旅行、写真、そんなのの方向性にぴったりの絵が、この写真家、キムギチャン先生の本にはあります。韓国を説明するとき、「昔は日本もそうであった『良い部分』が今も残っている国」といういい方をします。60年代、自分が遊んでいた頃の懐かしい風景、そんなのが、韓国には90年代初めまで残っていたのだと思います。韓国、ソウル、キムギチャン先生の写真が大好きなんです。

 前にどなたか、ここでコメントいただいたことがある「竹とビニールで作った使い捨ての傘」、それを売る少女2人の写真、1978年のものがこの本にあります。その1ページを見ることができただけでも38000Wの価値があるって感じています。かなりの美人になりそうな小6くらいの少女、今はどんなアジュマになってるかな?幸福な人生を送っているかな?そんなふうにも思います。個人の作品ですので、ここではお見せできませんけど。

|

« 普通の韓国を探して2739 나의 방식데로의 사랑 아니 여행 | トップページ | 2010年4月21日 今日は休み »

コメント

こちらまで嬉しい気持ちが伝わってきますね。探していた、そうしてもう諦めていたような本が見つかるなんて人生における素晴らしい幸運です。本はほんとにそうです。 
 表題のコルモクアンプンギョンが読めて意味が分かっただけで私は嬉しい。そうしてこういう写真家がいらしたことを知るだけでも。

投稿: かがり | 2010年4月20日 (火) 09時25分

コメントありがとうございます

 うん、嬉しいんですよ。ずっと家に置いてあったので紹介が遅くなりましたが、本日医院へ持ってきて、もう一度眺めて、表紙の写真を撮りました。全部ほしいくらいなので、これからも毎回大きな本屋は外せません。

 すべての韓国好きの方に見てもらいたい本です。

投稿: おとう | 2010年4月20日 (火) 12時23分

竹とビニールで作った「竹傘」は、1990年にソウルに行ったときにも、急に雨が降ってきたときに、地下鉄の出入り口で売っていました。たしか、1500Wくらいだったような記憶があります。
 いずれ、「おとう」さんも、「韓国の風景1(1991-1993)」、「韓国の風景2(1994-1996)」といったシリーズで写真集を出されるのでは?
 期待してもよいですか?

投稿: shunshun | 2010年4月20日 (火) 20時48分

こんなすばらしい写真集があるんですね!
是非拝見したいです。来月、また訪韓するので探してみます。
そうそう、北京飯店のチャジャン麺も楽しみな予定の1つなのです。いつもいろいろ紹介くださってありがとうございます!

投稿: こばころ | 2010年4月20日 (火) 23時54分

コメントありがとうございます

 竹とビニールの使い捨ての傘、shunshunさんが教えてくれたでしたね。写真集の1ページを見て、すぐにわかりました。本当に粗末な手造りのもの、数本を抱えた少女自身もそれをさしています。70年代は高校と大学、80年代は大学、大学院、大学勤務。もっと早く韓国の事、好きになっていたらなぁ、、、って思う私です。

 こばころさんもありがとうございます。大きな本屋だと写真集のコーナーがあります。日本のようにタレントやヌードのは無いのでごく小さい一角ですが。今回のは本当に期待しないで行ったら貴重なものがあった、そんななので、在庫がちょこっと出回るとかもあるのかもしれません。

 清涼里の北京飯店、今は寂しい場所のぼろっちい店ですが人気です。安くておいしいからでしょう。ぜひ行ってみてください。少し前の紹介したように、2種のセット物が面白いかも。チャンポンは書いたとおりあまり面白くありませんでした。何度か紹介してるセウポックムパプでもチャジャンソースは出てきますのでそれでもいいかもしれません。楽しいご旅行になりますよう!

投稿: おとう | 2010年4月21日 (水) 07時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/48134782

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2740 キム・ギチャン先生写真集「골목안 풍경 30년」・うれしい買い物:

« 普通の韓国を探して2739 나의 방식데로의 사랑 아니 여행 | トップページ | 2010年4月21日 今日は休み »