« 普通の韓国を探して2728 モランジャンの裏のほう | トップページ | 普通の韓国を探して2730 ソウルの下町 »

2010年4月15日 (木)

普通の韓国を探して2729 延世大学校医科大学附属セブランス病院

515 516 517 518

 延世大学校歯科大学は梨大後門前ですが、医科大学のほうから入ってみました。3枚目、ちょっと逆光で見えにくいですが、この大学病院の駐車場、厚いコートに帽子の案内ボーイがいます。アガシがいるかはわかりませんが、まるでデパートの駐車場のよう。さすがにダンスは踊っていませんでしたが、何人もの男性が車を誘導、案内しています。

 後で、教授ニムに聞きましたが、新村駅との間のシャトルバスもあるし、大学構内にまでマウルボスの路線が入っているそうです。

 5枚目は歯科大学の裏の看護大学。いったい何人の学生がいるのでしょう。それでもゆったりの広大なキャンパスですけど。519

|

« 普通の韓国を探して2728 モランジャンの裏のほう | トップページ | 普通の韓国を探して2730 ソウルの下町 »

コメント

子連れで韓国を歩いていたころの古い話で恐縮です。
帰国便に乗るため金浦空港に向かうタクシーの中で、
子どもの具合が悪くなり、空港の医務室でお世話になりました。
韓国での医療機関体験は、幸いこのとき一回きりの貴重な体験です。
で、最後に窓口で支払いを済ませ、受け取った薬袋を見てびっくり!
空港の医務室は、セブランス病院の医療陣であることがわかったのです。
今でもそうなのでしょうか?
そして、その後に出来た仁川空港の医務室はどうなっているのかななんて思ったりしています。

投稿: k_sarang | 2010年4月24日 (土) 21時43分

コメントありがとうございます

 胃薬を持っていく以外は特に常備薬もない私、二日酔い防止のドリンクやら、懐かしいアンプル剤、1日3階分だけばら売りしてる感気薬あたりを買ったことはありますが、幸い医者にかかった経験はありません。
 空港の医務室、仁川のどこにあるのかも残念ながらわかりませんが、昔からガイドブックや韓国本でも日本語で受診できる医療機関の一覧の筆頭に延大セブランスの名前はありましたよね。キリスト教系の大学ですのでそういう社会貢献にも熱心なのかもしれませんね。

 そちらのブログの内容の濃さには本当に敬服しております。私などまだまだ未熟者って思い知らされる内容、楽しみに読ませていただいています。またお時間のあるときに見に来てください。お願いします。

投稿: おとう | 2010年4月25日 (日) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/48090512

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2729 延世大学校医科大学附属セブランス病院:

« 普通の韓国を探して2728 モランジャンの裏のほう | トップページ | 普通の韓国を探して2730 ソウルの下町 »