« とうちゃんの自転車日記332 新潟ポタリング日記・沼垂寺町の朝市 | トップページ | 普通の韓国を探して2751 旧友との再会 »

2010年4月27日 (火)

普通の韓国を探して2750 益山市東古都里石仏立像・西仏像

176 177 178 179 180 181 182 183

 西仏も周囲を一回り、シャッターを切りながらぐるっと見てからお参りです。仏像ではなく、村に悪いもの、悪い鬼神(おばけの類)が入ってこないようにという「ジャンスン」の類であったような気もします。検索してみると、倒れていたのを立て直して整備したようですが、これくらいならケンチャナ。韓国の、旧百済の田舎の農村の田んぼとビニルハウスの中に立つ石像、行って良かったと思う遠足になりました。最後は道端のゴミ。ずわいがにの殻が捨てられていました。土にかえりそうですが、これもいかにも韓国。文化財も大事だけど、市民の生活と密接して存在しています。日本だったらあんまりこういうことは無さそうですが、かえって韓国らしく、好感が持てます。日本だと歴史に詳しいじいちゃんが詳しく語ってくれそうな感じですが、たぶん、この辺の農家のハラボジに話を聞いても、「昔からあったんだよ」ってくらい。そんな韓国が好きです。自然な感じ、自然体と言えばいいのでしょうか?

|

« とうちゃんの自転車日記332 新潟ポタリング日記・沼垂寺町の朝市 | トップページ | 普通の韓国を探して2751 旧友との再会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/48194836

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2750 益山市東古都里石仏立像・西仏像:

« とうちゃんの自転車日記332 新潟ポタリング日記・沼垂寺町の朝市 | トップページ | 普通の韓国を探して2751 旧友との再会 »