« 普通の韓国を探して2718 モラン市場・お猿のいるパジ屋のその後 | トップページ | 普通の韓国を探して2720 いつ完成したんだろう?清涼里駅 »

2010年4月 9日 (金)

普通の韓国を探して2719 解憂所(해우소)

266 心ゆくままに 마음 가는대로 というブログ、すごい旅行をされている方のとこで最近知った言葉に「ヘウソ」というのがあります。もしかしたらすでに日本でも聞いていた、そんな気もしますが、お寺の化粧室のことをそう呼ぶようです。今回の1枚は全羅北道、益山市の北、有名な彌勒寺址から数キロの場所にある「石仏寺」という割合小さなお寺の境内の写真。「ヘウソ」の位置を示す表示があり、にっこりしながらシャッターを切りました。

 全北の低い山がところどころにある田舎の十字路の角にあるお寺です。検索すれば先人の写真があるかもしれませんが、面白い恰好の石仏があるお寺です。隣には石仏初等学校という名前の小さな小学校もあり、昔からのこの辺の中心。もしかして、石仏が先にあって、それをお守りするために後からお寺のお堂ができたのかもなぁ、なんても思った場所です。

 かなりたくさん歩いてたどり着いた場所。まずは解憂所を借りてから石仏を見せてもらうことにしました。

|

« 普通の韓国を探して2718 モラン市場・お猿のいるパジ屋のその後 | トップページ | 普通の韓国を探して2720 いつ完成したんだろう?清涼里駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/48036568

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2719 解憂所(해우소):

« 普通の韓国を探して2718 モラン市場・お猿のいるパジ屋のその後 | トップページ | 普通の韓国を探して2720 いつ完成したんだろう?清涼里駅 »