« 普通の韓国を探して2746 王宮里から東古都里への田舎道 | トップページ | 普通の韓国を探して2748 익산시동고도리 석불입상・東仏から西仏へ »

2010年4月25日 (日)

普通の韓国を探して2747 동고도리석불입상・百済の石造物

160 161 162 163 164 165 166 167

 やっと到着です。「踏査旅行のキルチャビ(道しるべ)」全北編によれば、200mほど離れて向かい合った2つの石仏立像があるとのこと。ハングルの解説は省きますが道路標識にも出ていました。やはり田んぼの中の道を歩いてご対面です。丸い盛り土の上に立つ石像、ぐるっと回って観察、お参りです。やはり野に置け、、、だかいう言葉がありますが、建物で囲ってしまっては、こういうの、いけません。いつ、だれが、何のために作ったのか?遠い昔に想いを馳せる楽しい時間です。

 前の項の写真でもこの項でも、彌勒寺の裏山、やはり目立っています。イクサン駅からこの辺まではタクシーを使いましたが、古の百済の遺跡の多い田舎、ずっと徒歩で行軍です。しかしこの時はまだ、あの山の向こうまで歩くことになるとは考えてもみませんでした。

|

« 普通の韓国を探して2746 王宮里から東古都里への田舎道 | トップページ | 普通の韓国を探して2748 익산시동고도리 석불입상・東仏から西仏へ »

コメント

 文字通りの踏査旅行ですね。ほんとにこんなとこ歩く人いないですよ。凄いです。畑のど真ん中、不思議な仏さまですね。初めて見た形の仏像です。日本の仏様のルーツのひとつなんでしょうね。実に興味深いです。まわりなーんにもないんですね。

投稿: かがり | 2010年4月26日 (月) 12時00分

コメントありがとうございます

 けっこういるんですよ、韓国の歴史ファン、石造物ファンも。検索するとそこそこの有名な像、すでに日本人もかなり訪問しているみたいです。

 この後行った彌勒寺址はもっと有名だし、、、でも、最後に行ったサムギ面の石仏寺はあまり検索しても出てきません。まだまだ面白い場所、いくらでもありますよ、韓国。

 しかし、あまり飾り立てず、昔からのものを昔からの場所に、というほうがいいですよね。何の飾り気もない田舎の田んぼの中の石仏立像、いい感じでしょう?

投稿: おとう | 2010年4月26日 (月) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/48176218

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2747 동고도리석불입상・百済の石造物:

« 普通の韓国を探して2746 王宮里から東古都里への田舎道 | トップページ | 普通の韓国を探して2748 익산시동고도리 석불입상・東仏から西仏へ »