« 2010年5月7日 코감기 걸렸어 | トップページ | 普通の韓国を探して2767 ソウル・楽園商街わき »

2010年5月 7日 (金)

普通の韓国を探して2766 전라북도 익산시 근마면 동고도리

194 195 1961 1971 1981 1991 2001 2011

 タイトルは「全羅北道 益山市金馬面東古都里」、石仏立像を見学した後の写真です。

 1、2枚目は川。日本の川に比べ、なんか韓国の田舎の川、整備していないのが好感が持てます。30年前、40年前を感じさせる昔のままの川です。コンクリートやブロックで固めてしまえば植物も動物も住みにくくなります。人間を中心にばかり考えないで自然と共存する、効率とか安全ばかり気にする今の日本に不足している点かとも思います。もっとも、韓国も西海の干潟の干拓に関してはやりすぎだと思いますけど。

 途中で旧国道と思われる道に出たのが3枚目、村の中心部の南端の大きな交差点が4枚目になります。3枚目の道がたぶん旧国道1号線でしょうか?田舎の邑内の道路にしては広めなので、そう思われます。4枚目は直行ずる道のイクサン方向の風景。交差点にある派出所が、大事な場所であることを示しています。何かの時に検問をここでやるのです。

 2000年前後でしょうか?やはり口蹄疫が韓国で流行ったときに釜山から晋州、河東、救礼、順天を経て、全南、全北を中心に1週間歩いたことがあります。その時はコチャンとか金堤の方で発生したのですが、全北の田舎の国道沿い、あちこちで検問をやっていました。後になって韓国人の友人に聞いた話ですが、飼っている豚とかをこっそり病気が出ていない地域にトラックに載せて持って行って売り抜けようというのを捕まえる検問だそうです。せっかく育てた家畜や鶏を殺して焼かないといけないのは大打撃でしょう。でも、国として流行を止めないといけないのも事実。「クニリダ(큰 일이다)」という言葉がありますが、実際、そんな畜産農家にとっては口蹄疫の流行は「たいへんなこと」です。

 5,6,7,8枚目は金馬面の邑内である東古都里の町です。韓国の行政単位、郡とか市の中に、たぶん日本でいえば町にあたる邑、村にあたる面があります。邑であれ、面であれ、その行政単位の中心地を通称として「邑内(ウmネ)」と呼ぶようです。真ん中には7枚目、農協があり、たいていハナロマートが併設されています。

 この後はこの町を通り抜け、3,5,6,8枚目に見えている山の麓、彌勒寺址を目指しました。

|

« 2010年5月7日 코감기 걸렸어 | トップページ | 普通の韓国を探して2767 ソウル・楽園商街わき »

コメント

邑や面では農協の存在感に圧倒されます.建物も大きいですし,農協と郵逓局が比較的近い場所に並んでいるあたりも,日本の小さい集落での農協,郵便局(最近は統合されたりしてしまっていますが)と似ていますね.農協でも外貨両替やっているので地方に行ったときは重宝していますよ.また職員もたいへん親切ですね.

投稿: さいとう | 2010年5月 9日 (日) 12時08分

コメントありがとうございます

 私も田舎を歩くことが多いので、物資調達のほうで農協ハナロマートにはお世話になっています。ソウルであれこれ混雑する中、マートへ行くとかより、その地方らしいものが手に入ることもあります。
 しかし日本の農協同様、産物を売ったお金とかも農協に入るようになっているのでしょうね。田舎の大事な金融機関でもあるのでしょう。日本の農協+郵便局の機能があるのだと思っています。

投稿: おとう | 2010年5月10日 (月) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/48293711

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2766 전라북도 익산시 근마면 동고도리:

« 2010年5月7日 코감기 걸렸어 | トップページ | 普通の韓国を探して2767 ソウル・楽園商街わき »