« 普通の韓国を探して2781 2年連続全国最優秀区受賞・城東区 | トップページ | すばらしい韓国の食事536 「VIPS」でステーキ »

2010年5月16日 (日)

普通の韓国を探して2782 延世大学校歯科大学3学年講義風景

576 577 578 579 580 581 581_2 583

 まずはお詫び、6枚目7枚目、同じでしたね。勘弁願います。 延世大歯科大の講義、解剖学というか組織学です。学年は3年生、ちょうど歯医者に最も関連の深い骨と軟骨のところでした。あ、矯正歯科医にとって、、、かもしれません。

 8時半までに教室へというご指示で研究等の研究室に行ってみたら教授ニムはすでに講義室。助手の方に案内されて私もすぐに行って、最後方の席で見学です。8枚目のプリントにありますが、全部英語。学術用語は講義の中でも英語のみでした。たとえば「骨芽細胞」という漢字語は韓国でももちろんあるのですが、そっちはわかっているのが当たり前なのか、「オステオブラスト」という英語の単語だけしか出てきません。しかし、英語の専門用語と韓国語が混じった講義、なんだか不思議で、でも思ったよりわかりやすい、そんな感じでした。

 あと、日本の大学と違うかな?と思ったことは、写真でもわかりますが、各自机の上に飲み物を準備して、時々喉を潤しながら講義が聴けること。これは、今は日本でもそうなのかもしれませんが、ちょっと意外でした。 それと、途中で席を立って、一番後ろ、私たちの席の後ろで立って講義を聴く学生がかなり出てきます。また、自分の席の折りたたみ椅子をたたみ、しゃがんで講義を聴く学生もいます。 すごいな!と思ったのですが、眠くなると、居眠りしないように立って講義を聴くか、もしくはしゃがんで中腰で講義を聴くとのこと。前に我が新潟大の教授の話を聞き、韓国の学生がうらやましいと言っていたのですが、気合いが入っています。

 日本の東京大学の学生の例をあげて話をされましたが、修能試験でもソウル大歯科大より上という延大歯科大。やはり学生は裕福な家の人が多いとか。でも、日本のように授業料は国立私立の差が少ないとか。そんな中のエリート集団というか良家の子女の集まりなのかなぁ、、、と思いながら講義を聞きました。9時前に始まり、11時過ぎまでやって、またお昼を挟んで午後まで続く組織学、途中、休憩時間に学生と話しましたが、骨と歯根膜、歯のところはしっかり勉強するように、ってアドバイスしておきました。

 普通の韓国人の学生との2日間、貴重な時間でした。まずはいろいろお許しいただいた鄭教授にお礼を申し上げます。

|

« 普通の韓国を探して2781 2年連続全国最優秀区受賞・城東区 | トップページ | すばらしい韓国の食事536 「VIPS」でステーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/48369993

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2782 延世大学校歯科大学3学年講義風景:

« 普通の韓国を探して2781 2年連続全国最優秀区受賞・城東区 | トップページ | すばらしい韓国の食事536 「VIPS」でステーキ »