« 普通の韓国を探して2807 夜の往十里です | トップページ | 2010年5月29日 今日も雨です »

2010年5月29日 (土)

普通の韓国を探して2808 百済の旅人になった気分で

218 219 220 221 222 223 224 225

 イクサン市の王宮里5層石塔から東古都里石仏立像、金馬面を抜けて彌勒寺址への道です。この日の午前、いったい何キロ歩いたのでしょう?でも、昔は王侯貴族を除き、みんな歩いたはず。百済の時代の普通の人になったようなつもりで歩きました。

 4枚目までは金馬面邑内の端のあたり。5枚目に見える山の麓が彌勒寺址です。途中、南部には珍しい、軍用施設がありましたので6枚目のあたりは水平方向の写真は撮れません。これ、スリップ防止用の砂を入れた袋です。坂道のとこなんかに置いてあるものです。

 7,8枚目はそんな軍の施設を過ぎたあたり。あの山もだいぶ近くに見えるようになってきました。百済時代の人も朝ごはんはテンジャンチゲだったのかな?なんても思いながら歩きました。韓国の全羅北道、湖南平野の北端にある田舎の写真です。

|

« 普通の韓国を探して2807 夜の往十里です | トップページ | 2010年5月29日 今日も雨です »

コメント

百済の旅人ですか。2枚目の家は雰囲気ありますね。屋根の形が日本とちょっと違いますし、この黒いくすんだような色が私とても好きです。
 5枚目いいですね。この並木の木がまっすぐですが何の木でしょうね。こういうところやっぱり大陸だなって思いますがなんかヨーロッパ辺りと違う親近感がとてもあります。しかし、リュックを背負っての何キロもの徒歩旅行、トイレ、食事は十分考慮の上でしょうが凄い情熱だと敬服です。

投稿: かがり | 2010年5月29日 (土) 09時24分

コメントありがとうございます

 写真の家は廃屋のようです。だいぶ古い朝鮮建築ですね。 トイレの事はちゃんと考えて歩いています。また、お腹を壊さないようにも気をつけていますよ。風邪だけはどうしようもありませんけど。

投稿: おとう | 2010年5月30日 (日) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/48483880

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2808 百済の旅人になった気分で:

« 普通の韓国を探して2807 夜の往十里です | トップページ | 2010年5月29日 今日も雨です »