« 普通の韓国を探して2760 東古都里石仏立像から金馬面の邑内へ | トップページ | 普通の韓国を探して2762 江陵端午祭りに行ってみたい »

2010年5月 2日 (日)

普通の韓国を探して2761 ソウル・仁寺洞から楽園商街へ

1921 1931 1941 1951

 1,2枚目、インサドンから楽園商街の裏へ出る道の角、有名な鍾路トクチプ(チョンノトッkチプ)と道路を隔てて向かい合う楽園トクチプです。ずいぶん前にも冬の朝の写真を紹介していますが、案外検索のキーワードに多い項目です。お祝い事にはもち、それが韓国なのでしょうね。店の開店なんかでもトッkは大事なもののようです。2枚目の右手はアクチムとヘムルタンの店が集まるところ。確か1軒だけものすごく混む店があります。そこが元祖なのでしょう。アクチムというと新沙洞が有名ですが、このあたりのが安くて美味しいなんて話もよく聞きます。昔からのソウルの繁華街です。

 3枚目は楽園商街の脇。道に落ちている飲み屋の広告ビラ、前に、缶コーヒーを配って宣伝してたという記事のと同じ写真です。こういう写真、日本のものが元であることが多いのですが、こんな写真が韓国人の好みなのかと予想されます。

 4枚目は実際に2回泊まっているエメラルドモテル(エメラルド荘)。昔はガイドブックにもなぜか出ていたりしましたが、特室以外は浴槽が無いのがちょっとマイナス。韓国の古い人に言わせると鍾路3街は怪しい町なんてイメージがあるそうです。確かに、モテルも古くなってるとこが多く、最近はご無沙汰です。男性同性愛の人が集まる店も多いと聞いていますが、夜はあまり知りません。でも、タプコル公園のすぐ裏。昼間歩く分には韓国情緒が楽しい町です。

|

« 普通の韓国を探して2760 東古都里石仏立像から金馬面の邑内へ | トップページ | 普通の韓国を探して2762 江陵端午祭りに行ってみたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 普通の韓国を探して2760 東古都里石仏立像から金馬面の邑内へ | トップページ | 普通の韓国を探して2762 江陵端午祭りに行ってみたい »