« とうちゃんの自転車日記349 自分の足で歩く小千谷4 | トップページ | 普通の韓国を探して2832 益山市黄登面邑内2 »

2010年6月15日 (火)

普通の韓国を探して2831 益山市黄登面邑内

278 279 280 281 282 283

 1枚目、本に出ていたユッケビビンバの店、「眞味食堂」です。期待したほどでもなかったビビムバッpを食べた後は、せっかくですのでこのファンドゥンの町を歩いてみました。2枚目は古いアパートです。前にソウルでのもの、いくつか紹介しましたが、古いアパートの写真記録、すでに現地在住で精力的にやっておられる方がいますが、貴重な仕事だと思っています。

 5,6枚目は東の方、少し坂になっていますが、6枚目の裏手の山が旧石切り場だった山かもしれません。だいぶ風化してはいますが、今でも湖南線がこの黄登を通り過ぎるあたりで左手に半分に断ち切られたような姿の小山が見えます。昔の採石場だった山、私もまた見たい風景です。

 こんな町、韓国に数百はありますが、周囲の風景を含めれば一つ一つ違う町。今後もできるだけ、小さな町も歩いてみたいものです。

|

« とうちゃんの自転車日記349 自分の足で歩く小千谷4 | トップページ | 普通の韓国を探して2832 益山市黄登面邑内2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/48635320

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2831 益山市黄登面邑内:

« とうちゃんの自転車日記349 自分の足で歩く小千谷4 | トップページ | 普通の韓国を探して2832 益山市黄登面邑内2 »