« 普通の韓国を探して2845 江陵市オクチョン洞のNモテル | トップページ | 普通の韓国を探して2846 延世大の学生と新村でサムギョプサル »

2010年6月26日 (土)

とうちゃんの自転車日記355 自分の足で歩く小千谷9

065 066 067 068 069 070 071 072

 さて、また信濃川を渡って駅の方へ戻ります。1枚目は橋の上から上流方向。なだらかな山頂を持つ山は山本山です。この麓にJR発電所の調整池、前に紹介した貯水池があります。つい先日、取水再開のニュースがありました。

 2枚目は渡りきった場所から駅方向。こちらは段丘ではなく、すぐに山ですがその麓にある駅まではなだらかな坂道になっています。途中で歩きながら時刻表を確認。新幹線ができてからの上越線、本数が激減しており、うんと間隔があるのです。少し次の長岡行き普通までに時間があったのでまっすぐ駅には向かわずに、地図でみつけた駅の裏手の集落にある毘沙門天にお参りすることにしました。右手の、高校と小学校のある道に入ります。

 旧17号に出て左へ。小千谷駅の少し南の小さな踏切を渡って坂道を登ると、すぐにありました。7,8枚目がその毘沙門天様でしょうか?お不動様のようにも見えます。石造の手前に大きな石の池のようなのがあるのが面白い形式です。簡単にお参りして、また坂を下りて駅へ向かいました。次の目的地は長岡です。

|

« 普通の韓国を探して2845 江陵市オクチョン洞のNモテル | トップページ | 普通の韓国を探して2846 延世大の学生と新村でサムギョプサル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/48722638

この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記355 自分の足で歩く小千谷9:

« 普通の韓国を探して2845 江陵市オクチョン洞のNモテル | トップページ | 普通の韓国を探して2846 延世大の学生と新村でサムギョプサル »