« 普通の韓国を探して2824 ソウル・清渓4街から清渓3街へ | トップページ | 2010年6月8日 おみくじ »

2010年6月 8日 (火)

普通の韓国を探して2825 용문오일장・五日市(定期市)は楽し

211 212 213 214 215 216

 ハングルの解説、最近はやっていませんが、何だか初等学校(小学校)の先生になったような気がするんです。韓国旅行の基本はハングルの読み、何度も行って、カタコトの韓国語会話ができるようになれば、ソウルなどの観光名所を歩く分には不自由しないでしょう。でも、自分たちで好きなとこへ行き、好きな場所を見るには、やはり最低韓国語の読み、ハングルの読みは必要です。普通の頭なら1時間で習得、あとはたくさん読むことで速くなります。

 今回は龍門寺から戻った龍門邑の五日市、オーイルジャンの写真。その土地ごとの名産、特色のある売り物もあれば、一般的なものもあり。また季節ごとに売り物が変わります。田舎の市外バスに乗っていると、大きなずた袋を抱えたハルモニが乗ってきたり。そんなのが続いてバスの中はニンニクの匂いで充満、そしてその土地の中心となる町(邑内)でほとんど降りて、チャント(ジャント=市の立つ場所)へ向かう。そんなのも韓国地方旅の味のうちです。

 さて、初等学校の先生に戻りますが、この5月の京機道楊平郡龍門邑の五日市、何を売っているか??よく観察して書き出してみましょう。季節を表す商品、韓国ならではの商品、そんなのも探してみてください、、、という感じです。そのまま写真をお楽しみください。売る人買う人、みな楽しそう、そんなハレの日が韓国伝統在来五日市です。

|

« 普通の韓国を探して2824 ソウル・清渓4街から清渓3街へ | トップページ | 2010年6月8日 おみくじ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/48573238

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2825 용문오일장・五日市(定期市)は楽し:

« 普通の韓国を探して2824 ソウル・清渓4街から清渓3街へ | トップページ | 2010年6月8日 おみくじ »