« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

すばらしい韓国の食事552 アブラガニだって美味しいですよ

297 298 299 300 301

 ネットの世界で有り余る情報が得られる今、有名な話でしょうが、タラバガニとアブラガニってのがあります。ご存知の方も多いでしょう?2枚目の写真の甲羅の部分でもわかりますが、中央やや下のポコっとふくらんだ部分の中のトゲの数が6個だとタラバガニ、4個だとアブラガニという、似た種類の別の蟹なんです。

 ここ、ソウル市のチョンアム洞のホプ、「プルティナ」の店内なんですが、前にここでアップした時、「キングクラブ」、「タラバガニ」って書いたかもしれませんが、アブラガニでした。ごめんなさい。

 知り合いアジュマと別の知り合いアジュマの店へ行き、ビール飲んで話して、で、お客の知り合いアジュマが今回はキングクラブを頼むことになり、写真を撮らせてもらったのですが、上に書いたように、これはアブラガニ。でも、韓国ではたぶん、いっしょくたに「キングクラブ」と呼ばれているのでしょう。日本だって大部分はロシア産です。同じ海ですから北海道産だって一緒です。ロシアからの輸出では、もしかしたら区別がうるさい日本だと、棘6個のタラバが高く売れるので、韓国では大部分が少し安いアブラガニであるなんて可能性もあります。

 ロシア産だから、日本産だから、という差よりも大事なのは新しさと、純粋な個体差。あとは、蒸すか、茹でるか?生きていたのを調理するか?また冷凍かそうでないか? カニの味っていろんな要素がからんできます。ここは全部「蒸し」。けっこう時間がかかりますが、美味しいです。 新しい、元気に生きている蟹をその場で蒸して、すぐに食べる、それが一番だと思います。この時もちょこっと試食させてもらい、ミソの部分で少しですがカニみそポックムパプを作ってくれました。みな美味しかったです。少なくとも日本で食う冷凍したののすべて、もしくは北海道から冷蔵で買ってきて調理後1日2日3日経ったものにも、たぶん勝つ味です。

 同じ条件で調理したタラバとアブラの味、見分けられる人はいるのかな???って思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2888 서울 지하철역에서

328 327

 どこの駅かは忘れました。日付と時間で調べればわかりますが、面倒なのでそのままで。

 前に日本のJRの、列車内に自転車を持ち込む際の案内広告をアップしましたが、「分解、もしくは折りたたんで専用の袋に入れる」というのに加えて

*そのまま車内へは持ち込めません

*折り畳んでも専用の袋に入れないと持ち込めません

*折り畳まないままでは袋をかぶせても持ち込めません

 なんて、イラスト付きで事細かく注意が加えてありました。

 これに対し韓国は、一定の大きさ以下に折り畳めばそのままでもオーケー。また休日、一定の駅からの乗車であれば折り畳まないでも先頭車、および最後方車の運転室側に倒れないように置けばオーケーです。

 私もKHSの折り畳み車、あとは前にここで紹介したように止むなくブルーシートにくるんで、という形での輪行をしていますが、通勤通学で混む時間とかには遠慮しています。細かく規則を制定して他のお客さんの安全、迷惑防止を図ろうというJRの気持ちもわからなくはありませんが、一定の(緩めの)ルールを守れば、あとは各人の良識に任せて、多少の問題が生ずる可能性はゼロでは無いけどそしたらそこで、なんとかなるだろう、ケンチャナヨ、という韓国のやり方のが「大人」って思います。

 イギリスの高級車ブロンプトンで改札をくぐる写真を前にアップしていますし、1枚目、ストライダという組み立てると三角のフレームになる自転車でしょうか?折り畳んでそのままの状態で電車を待つお客さんを見て、なんだか嬉しくなってシャッターを切りました。

 日本の役所、「お客さんの安全のため」というと聞こえがいいですが、「何かあった時に自分たちに問題が回ってこないように」というのをまず第一に、そんなふうにも感じられる規則があると思っています。

 2枚目は今年の春からあちこちに設置された大型ディスプレイ広告。利用者が地図とかを選んで見る事もできます。私が動かして表示させた場所は中渓本洞のタルトンネ。左に山があり、ノウォン区の普通の街からは見えない北向きの広めの谷に広がる町です。

 「中渓本洞」、このブログの検索キーワードでもしょっちゅう上位にあがる言葉です。人権宣言で人間、自由にどこでも行っていいという権利が保障されていますが、そこに住む人の人権とかプライドも考えて行動してほしいと考えています。また可能であれば、5万Wとかでも3万Wでも1万Wでも結構です。誠金に協力しましょう。独り住まいのお年寄りの給食のお金とかになります。福祉会館でも、下の方の真ん中へんにある「ウリイウッ運動」の家でも、また市内の新聞社でも受け付けてもらえますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2887 全羅北道イクサン市サムギ面・石仏寺への道

253 254 255 256

 旧百済、彌勒寺址に続いて訪問してみた石仏寺への道の写真、ラストです。韓国の食事の話をするときに、まずは、「基本は飯と汁とキムチ」ってのから始めるのですが、韓国の田舎も、田んぼが基本。初めて地方へ出た時はあっけないくらいに似てる、そんなイメージを持ちました。この写真でも、2枚目の頑丈そうなバス停(バスの時間が書いていないのが困るんです)、3枚目の粗末な教会の塔、4枚目のハングルの標識、そんなのが無ければ日本と変わりないと言ってもいいくらい。

 今回の写真ではわかりませんが、あえて一番の違いを挙げれば唐辛子の畑が多いこと、それくらいです。日本でも昔は当たり前にやっていた田んぼの畦に大豆を植えるのもまだしばしば見かけられます。小さかった田んぼを耕地整理して大きくし、機械が使いやすいようにした点も一緒です。この100年くらい、近代から現代への発展の時期、残念ながら韓国では日帝時代という名前になってしまってますが、一緒に発展してきた歴史の名残がそこらじゅうに残る国が韓国です。

 ソウルの宿に荷物を置いて1番の汽車で地方へ。タクシーで最初の目的地へ行き、徒歩やバスで田舎をめぐる旅。ソウルを何度か歩いた方にはお勧めです。きっとどこへ行っても面白いもの、面白い風景、そして優しい人に出会えると思いますから。

 本日は午前が多忙、午後は、空きが結構あります。ピクチャーズ2という場所の写真を一度全部片付けるつもりですので、またアップします。他ではあまり見る事ができない「普通の韓国」の写真、ご期待ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2886 鍾路歩き、ラスト

275 276 277 278 279 280

 古いものと新しいものがごっちゃになって混在する都市、ソウル。鍾路あたりがその典型かと思います。鍾閣駅からすぐの場所にあるお寺、曹渓寺の門を出たら郵政局路。すぐそばに三星証券ビルはじめソウルの中心街のビル群が見えます。古い路地の街は消えても曹渓寺は旧王宮とともに残りそうです。またの訪問を誓って歩き始めました。

 2,3枚目はやはり仏教関係の施設のもの。懲りずにまた1冊買ってきた法頂さんのポスターがありました。裏通りを選んでの歩行、最後の7枚目も通路とも言えない通路が市民のために残されています。ここでも何度かアップしてる寛勲洞のマクドナルドのビルの裏手の写真です。

 古い道、新しい道、そして、新しいビルに古い建物、オフィスもたくさん、でも、昔からの飲食店、旅館もたくさん。日本人だらけの明洞から1キロもない場所ですが、まだまだ面白そうな通りがたくさん残る街、それが鍾路です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月30日 (金)

2010年7月30日 曇り時々雨

033 034 035 249 535 536 538

 一昨日の夜にすごい雨。昨日も降ったりやんだり、今朝もそんな感じで、車で出てきました。高い水道代を使って庭の木に水をやっていたのもちょっと休めて、犬の散歩には面倒ですが、ちょうどよいお湿りという感じの昨日今日です。

 今週は今日からずっと仕事。へんなふうに偏ってしまって今週は土曜日曜ともに、それほど大忙しでも無さそうです。今日は午後からで、、これから家賃振り込みなど銀行の用事かな??とまぁ、そんな院長です。

 ブログネタ、整理しきれないくらいなのですが、せっかく縮小して準備した写真、半端になったのがありますので、在庫整理をします。

 1~3枚目はジョイフル三ノ輪商店街。少しだけ目についた空き地と、注文を受けてから包む餃子の店と、都電荒川線終点の駅の様子です。

 家内の兄が独身時代、こっちのほうに会社の寮があり住んでいたのですが、その後結婚して移った田園都市線の青葉台の宿舎と比べ、ずっとこっちの街のが暮らしやすいって言ってたのが記憶に残っています。私も今回の訪問で、そんなこと、しっかり感じ取ることができました。いい所です、荒川区。

 4枚目は西大門駅そばの自転車置き場。どういうわけか子供用のと幼児用のがいっちょ前に置いてあります。小さなきょうだいかな? 置く所、見たかったです。たぶんその微笑ましさ、わかるでしょう?

 5,6,7枚目は延大歯科大の教授ニムと行った新村。繁華街のテジコギチプと帰りに見たセブランス病院です。

 当面は韓国行きの用事は無し。韓国、行きたいなぁ。9月になったら、短い日程ででも学会の手続きをと考えています。中旬になるかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2885 鐘岩洞から清涼里へ

306 307 308 322

 韓国の威勢のいい夕立、「ソナギ」の後の写真です。1枚目はホリディイン城北ソウル前。昔は大した距離でも無いのでということでタクシーを多用していましたが最近はバスです。ミアサムゴリから南へ走るバス、誠心女子大方面から恵化の方へ行くのも多いですが、鐘岩洞、京東市場、東大門区庁前から往十里、鷹峰サムゴリから漢江を渡って江南へというバスもたくさんあります。ですので、ここから南へはとても便利がいいんです。

 直接清涼里へ行くバスは残念ながら少ししか無いので大抵は京東市場で降りて、市場の中を歩いて清涼里へ向かうのですが、この時はたまたま清涼里駅前現代コアまで行くマウルボスが来ました。2~4枚目は清涼里のロータリー北西の食堂が多いあたりになります。

 夕立の後の夕方、すでに一杯やっているお客さんも多数。タンゴル(常連、店側からも客側からも言います)カゲ(店)である「スグレハルモニチプ」へ向かおうかとも思いましたが,少し歩いてみる事にしました。清涼里588に行く観光客は多数いても、大通りの北側、京東市場の続きの清涼里在来市場を見に来る日本人は少ないでしょう。でも、ちょっとの言葉ができれば、どこでも楽しめるのが韓国、ソウルのいいところです。市場の周囲は舌の肥えた客が多いともいいます。ぐるっと歩いて、入ってみたのが4枚目、先日紹介したユッケ250g10000Wの店でした。間口は狭いけど奥に広い店、かなりの人気店のようです。マッコリ1本と嫌になるくらいの量の韓牛ユクフェを楽しむことができました。

 知り合いを大事に、というのは重要なことですが、たまには浮気も、いいもんだなって思えた夏の夕べでした。この辺の街の感じ、なかなかいいでしょう?いかがでしょう?清涼里もいいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2884 乙支路4街あたり2

552 553 554 555 556

 世運商街だのの並ぶウルチロ4街あたりです。古い昔からの街である鍾路の姿もどんどん変わって行っていますが、この辺はあまり変わらない風。日帝時代も小さな工場だの商店、問屋、部品屋、そんなのがあった場所かもしれません。

 昔はすごく広く感じられたウルチ路もそんなに広くないです。でも、そんな道も日帝時代になって、いいいい方をすれば整備されたのではないかな?市電のある風景、見てみたかったです。60年代くらいの話ですが。

 前にも書いたかもしれませんが、ソウル旧市街を東西に走る大通りは4本。北から鍾路、清渓川路、乙支路、そして退渓路。このうち、チョンゲチョン路はほとんどバス路線がありませんが、他はたくさんのバスが走ります。ソウルの北からも南からもバスが集まる中心部、たいていのバスには数字とともに大通り名が書かれています。ソウルの市内バス乗りこなし、まずはこの中心部でどの通りを走るか?から注目すると良いでしょう。あとは、スユリ、ミアサムゴリ、清涼里、往十里、新村、ソウル駅、麻浦、そんな大きな街の場所を記した地図を頭の中に持つことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

とうちゃんの自転車日記375 上野&アメ横

082 081 080 079

 1枚目、ギラギラした暑い日の上野駅前です。眩しい陽光、なかなかカメラでは捉えきれません。先日の東京横浜出張の時のものですが、なんか、東京行くと上野駅に行ってしまうのですよね。新潟県人の性かもしれません。昔の特急とき、急行佐渡の発着する駅でしたから。この日も結局東京駅から新幹線に乗ったのですが、時間があるとついつい、上野から御徒町、その辺を歩くんです。

 2枚目は御徒町駅ガード下の回転寿司。何でこんな写真?って思われる方もおられるかもしれませんが、ここ、韓国のガイドブックに掲載されている店なんです。一人で韓国語のガイドブックを持ってうろうろしている学生風男子をつかまえて、案内しました。美味しい寿司を食えたでしょうか?彼。

 3枚目もアメ横、話に聞く「いそべ巻き」の屋台があったので1枚。あんまり出ていないふうでした。4枚目はわかる人はわかるアングル。人気の餃子と中華の店ですが、どういう状況で撮ったのか??ないしょにしておきましょう。

 本日は休診、午前中はとうちゃんの時間、例によってスーパー銭湯でしっかり洗って早めのお昼を食べて戻ります。皆様、夏負けされませぬよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

普通の韓国を探して2883 江原道江陵の繁華街

241 242 243 244 245 246 247

 江陵バスターミナルに着いてタクシーで駅前。駅前の旅館、旅人宿街はHなとこが多いので少し戻るように旧バスターミナルの向かいの繁華街へとモテルの看板を目印に歩きました。ソウルと違って郊外のアパートを除き、高層建築はありません。まぁ、地方都市では日本でもいっしょです。大通りから夜は賑やかになるであろう飲み屋の多い道を行き、4枚目の写真に屋上の看板が見える「N-ライフスタイルモテル」へ投宿です。前にも書いたように、あまり来たことのない街ですので、一番背の高い、夜でも看板のネオンが目立つであろうモテルを選んだのです。

 韓国、どこの街も同じように見えてしまうという話もありますが、それってたぶん、ハングルが読めないせいだと思います。食堂なら食堂なりに、その土地の流行の表示がありますし、刺身屋とかであれば、東海岸だと「ムルフェ」とか、「カジャミシッケ」だの、そんな表示が目につきます。毎回同じこと言ってすみませんが、韓国を自由に、そして楽しく歩くには、やはりハングルの読みは必須でしょう。

 2枚目、「オウドン」という店です。「うどん」に丁寧語の「お」をつけたみたいな言葉ですが、韓国の歴史に残る稀代の悪女の名前だとか。映画「ボス上陸作戦」で、ルームサロンのホステスさんの源氏名で出てきて以来、知った名前。「おうどん」ってどういう意味?と思って検索したのです。こういう団欒酒店とかよりも、どちらかと言えば花馬車(コンマチャ)というのかな?「洋酒・焼酎」と入り口に書かれた小さな、たぶんHな店の名前なんかによくあります。

 なかなか一人で飲める店が無い韓国ですので、夕食を取った店か、せいぜいポジャンマチャで一杯、後は宿の部屋でテレビを見ながらという私ですが、韓国の飲み屋、行ってみたい気持ちは充分あります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2882 忠正路からソウル駅へ2

138 139 140 141 142 143

 1枚目、ミドン初等学校の校門脇で、左手のフェンスが京義線です。1本1本、路地をのぞきながら西大門公園、塩川橋、ソウル駅方面へ歩きました。この先に、少し前に紹介した高架道路下の大きな踏切があります。ソウルもまだまだ面白い場所があるのだろうな、なんて思いながら暑い朝の道を歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記374 これってシャモ?

008

 自転車であれ、歩きであれ、ゆっくりの移動はいろんなものが目に入ります。これ、先日の高校野球県大会で新発田市の五十公野野球場へ行った時の帰りの写真ですが、草むらにこんなのがいました。後ろはすぐ、鳥小屋のような低い建物でしたので、そこから逃げ出したのでしょうか?とにかくびっくり。でも、ポケットからデジカメを取り出して、そぅっとシャッターを切りました。

 猫とか犬、いたちやタヌキにやられはしないか、ちょっと心配ですが、もともとケンカのために品種改良された威勢のいい鶏ですので、大丈夫なのかな?シャモの雌はすごく美味しいと聞いているけど、こいつはやっぱりオスだよなぁ、、、なんて思いながら暑い田舎道を新発田駅の方へ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

とうちゃんの自転車日記373 技工をやっています

001 009

 今日は午後から仕事の日。でも、技工があるので早く出てきています。暑いですね、ホント。東京や名古屋ほどではないのですが、毎日暑くて大変なのはいっしょです。昨日今日はちょっと曇りがちで少しは楽ですがたくさん汗をかいています。エアコンは快適ですし、医院では患者さんのためにも必要ですが、家では私はあまり使っていません。熱中症になっては困るけど暑い季節はそれなりに汗をかいたほうが、なんか身体にもいいような気がします。ということで毎日自転車通勤、休みにも自転車に乗っています。

 1枚目は19日の休みの朝の信濃川河畔、やすらぎ堤というところ。友人と6時の待ち合わせで自転車に乗ったときのもの。なかなかきれいな新潟市の風景の一つです。

 2枚目は22日だったかな?家から街へ行くときに通った道。信号待ちでしょうかDE10が引く貨物列車が保険医会の事務所のあたりで停車していました。ラッキー!と思っての1枚です。後方の高架は新幹線の車両基地への引き込み線です。

 わが新潟駅、在来線の信越線の上りは東向きに出発して沼垂小学校のあたりで右へ90度曲がり、このあたりを右手へ、新津方向へ向かいます。逆に新幹線の上りは新潟駅から西へと走り出すのが前は何だか不思議でした。効率を考えれば東京は南南西方向、やはり新幹線のが近道を行きます。でも、最近、「一番近い道が一番いい道とは限らない」って思うようになりました。人生、いろいろあるから面白いんですよね。

 さて、石膏も固まったとおもいますので仕事に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2881 忠正路からソウル駅方面へ

132 133 134 135 136 137

 2779の写真、モハ52型さん、正解です。忠正路から西大門駅を経てキョンヒ宮公園、世宗路サゴリから鍾路へ至る道です。線路の周囲にすこしだけ古い町が残っているあたり、歩いてみたかったのです。

 今回はその続き。最近どんどん撤去されてソウルでは少なくなった歩道橋(韓国語では陸橋と言います)の上からの写真で始まりますが、1枚目は忠正路方向、アヒョンの高架のほう。2枚目は西大門駅交差点のほうです。鍾路から麻浦へ向かう、昔からの大事な道だったのだと思います。

 歩道橋を渡り、戻るようにして線路沿いの道へ。ミドン初等学校という小学校のそば、緑のおばさんみたいに、お母さんが当番制で交通安全の運動をやっているようです。ちょうどこの訪問のとき、「初等学校へ誰でも勝手に入れるような状態を改善し、子供たちの安全をはかる」だのいうニュースが盛んに流されていました。日本もいろんな事件があって、、関西の事件が最初かな?最近は勝手に学校に入れなくなりましたが、韓国もかぁ、という所です。学校教育、確かに子供たちの安全は大事ですが、地域と完全に切り離すというのはどうも、、、って感じます。困った世の中になってきたものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2880 乙支路4街あたり

548 549 550 551

 ここも普通の韓国、普通のソウルです。印刷関係、家具内装関係、照明関係、水回り、電気部品、小さな鉄工所だのが集まる街です。日本語は通じませんが日本語付きのサービスで観光客からお金を儲けようという姿勢は皆無。みな自分の仕事に一生懸命、そんな場所を歩くのも私には楽しいんですよね。ハングルが読めると旅行が数倍楽しくなると何度も書いていますが、普通の町歩き、きまりきった観光食堂めぐり、市場や免税店での買い物などに飽きたら、始めてみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年7月25日 (日)

普通の韓国を探して2879 韓国・ソウル・普通の街

122 123 124 125 126 127 130 131

 一部の空港バスの通る道ですのでこの景色、ご覧になったことがある方は多いかもしれませんが、歩いた人はたぶんすごく少ない、そんなソウルの普通の街です。6,7枚目の線路が大きなヒントになります。どこだかわかりますか?

 本日は休みの日曜、午前中は自転車です。もう5時半から乗っていますが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記372 ジョイフル三ノ輪って楽しい

028 029 030 031

 東京横浜出張の空き時間、ちょっと都電荒川線に乗ってみました。唯一残る都電ですので有名ですし、あちこちで記事があると思いますが、私は初めて。まずは終点の三ノ輪橋へ行ってみました。都電の終点につながるように(3枚目のあたりが駅につながる起点)、ジョイフル三ノ輪と言うアーケードの商店街があります。お昼前の時間でしたがけっこう賑わっていました。

 日本でも韓国でも昔からの商店街の衰退がいわれていますが、ここはまだまだがんばっているふう。かなりの人出です。ちょっと歩いてからここ、少し前にテレビで見たのを思い出しました。「都バスで飛ばすぜい」というゲグメン3人があちこちの普通の町を旅する番組、ご存知の方も多いかと思います。それに出てきた注文を受けてから包むという餃子専門店と、小さなてんぷらと総菜の店で気づいたのです。後者は4枚目に幟が見えていますが東京では珍しい紅ショウガのてんぷらで有名な店です。早速買ってお土産にしましたが、細切りの紅ショウガと香ばしい衣がとても良く合い、大変美味しい酒の肴になりました。

 関西では大きいまま、薄切りにしたのを見たことがありますが、ここのはかき揚げ。てんぷらの味の半分は衣だと思いますのでこちらのがなんだか美味しいのではないかって思います。今思い出しても食べたくなる、そんな素朴な美味しさでした。餃子は残念ながら買えませんでしたが、この後は都電で王子に出てお昼を食べ、もうひとつ東京で行きたかった街を歩いて新潟へ戻りました。そっちの記事も近日中にアップします。東京に残された歴史の町です。お楽しみに。032

 と、ここまで打って思いだしました。それが5枚目。商店街の途中にあった公園です。まだまだ元気とはいえ、やはり空き店舗とか空き地も少しだけあります。自転車の多いこと、中高年の多いことから、なんだか前にここで紹介した大阪の鶴見橋商店街に似ていなくもありません。あちらで出てきたアーケード途中の公園と、このジョイフル三ノ輪の公園、雰囲気が似ています。「公園で酒を飲んじゃダメ」と書いていないのがちょっとだけ東京がお上品なところかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

とうちゃんの自転車日記371 自分の足で歩く津川4

095 096 098 101 102 103 104

 町の入り口にある阿賀野川の赤い橋を渡ると津川駅です。この辺は昔も一緒なのですが、新しい国道は、この橋を渡るとそのままトンネルになり、津川の町中を迂回してしまいます。おかげで、町の中心部は車は減ったけど、お店も減ってしまったってわけです。

 2,3枚目は阿賀野川。川でも海でも、水の見える風景はやはり心をゆったりさせる効果ああります。3枚目、面白い恰好の小さな山が麒麟山、右手に見える家並みが津川の昔からの町です。

 4枚目は津川駅、そして、5,6,7枚目が新津行きの普通列車ですが、なんとキハ46のロングシート車でした。なんだか面白いって思うのは鉄道好きだけかな?

 本日は忙しいので簡単に、ここまでとさせていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2878 서울 종로 조계사

267 268 269 270 271 272 273 274

 タイトルは「ソウル・鍾路・曹渓寺」です。割合山の中にお寺がある韓国ですが、ソウルのど真ん中にある大きなお寺です。裏口から入るようにして境内へ。ブチョニムオシンナルの提灯(韓国語では音読みでジェドゥンg)がきれいです。目立ったのは東洋人以外の外国人観光客。欧米人にとって、日本のお寺、韓国のお寺、どう目に映るのか?ちょっと興味があります。派手っぽい、韓国、地味な日本。もちろん、秀吉の戦争で焼かれてしまった部分が大きい韓国、しょうがない部分もあるのですが、古さでは日本でしょう?ほんと、興味があります。案外いっしょに見えるのかな?っても思いますが。

 5枚目は、これも「ヘテ」?お寺にもあるのでしたっけ?勉強不足で知りません?対になっていたかも忘れてしまいました。興味があったのは6枚目。「韓国4大江(4つの大きな川)」の開発計画に反対のお祈りをする場所。賛同者のポラロイド写真もあります。「川はそのまま流れたい」だかいう標語が記憶に残っています。

 7,8枚目はもう出口の部分。仏様に用いるのか、金箔の店と仏具関係の店です。この周辺、そういう店がたくさん集まってる感じでした。

 初めてのチョゲ寺、割合楽しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

普通の韓国を探して2877 鍾路区庁前から曹渓寺

259_2 260_2 261_2 262 263_2 264_3 265 266

 ソウルの心臓部、鍾路です。1枚目は区庁前から清進洞へ抜ける路地。入ってみればよかったと今思っていますが、この先、セジョン荘旅館とか清進屋のあたりへ昔は通り抜ける事ができたのに、今はどうなってるのでしょう?こういう町、もう少ししか残っていないのです。

 2枚目はスイカのトラック販売。普通の人はあまり住んでいない場所ですので飲食店が相手なのかな?韓国の食堂で、食べ終わる頃、サービスでその季節の果物を出してくれたりした経験が何度もあります。果物好きな韓国らしい心遣い、嬉しく感じる一瞬です。

 3,4枚目は古い道。看板が見えますが「プマシ」という食堂があるあたりから斜めに北へ入る道です。しばらく行くと、5,6,7枚目、曹渓寺の裏です。わざわざ来たのは初めての場所。なるほど、話に聞くようにお寺の大きな食堂があり、大鍋が置かれて、中ではお昼の準備中という感じでした。8枚目はその反対側。小さな森の公園のような場所、昔のお寺の跡のようです。抗日独立運動の記念の場所のよう。韓国の中心、昔からのソウルの中心がこの辺なのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事551 육회250g10000원

311 312 313 314 317 318 319 320

 最近は観光掲示板でも紹介されてあちこちで行ったという報告のある広蔵市場のユッケ専門店である「姉妹チプ(チャメチプ、チャメチッ)」、2006年の初めに行ってここで紹介しています。その後2006年の夏に出た芸術新潮の韓国特集(なかなかいい本です)でソウルの食通ハラボジの行きつけでと紹介され、その2年ほど後にソウルナビなんかで紹介、有名になりました。なんか、ちょっと得意な気分がしてしまいます。

 韓国の方もユクフェ(ユk=肉、フェ=膾=刺身)が大好きなようで、けっこうそれをメインにしている店、探せばまだまだあります。今回の8枚、最後のマクロ写真で皿に店名が入っていますが、チャメチプよりも安くて量があり、パンチャンもいろいろ出て、なかなかいい店でした。あまり日本人が行かない場所、ちょっと内緒にしておきたい店です。

 最初出てきた時はなんか色が悪いな?って思いましたが、注文が多いため、昼間に刻んで準備しておき、チルド状態で保存しているようで、霜がついていたのです。すぐにそれも無くなり、新鮮な牛の生肉を楽しむことができました。しかし250g、一人で食うのはなかなか大変な量。しばらくユッケはいいな、と店を出るときに感じましたが、今写真を見るとまた思いっきり食べたい、そう思います。韓国、やっぱ美味しい、いい国だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 連休でした

003 020 016

 19日は祝日、火曜はオープンデイがスタッフの希望で休み、で、水木と休みで4連休だった当院です。

 19日は早起きして友人とサイクリング、20日は新発田市の五十公野球場(写真1枚目)で日本文理対新津南のゲーム。21日は午前中スーパー銭湯で午後は留守番、そして昨日は新潟市の鳥屋野球場(写真2枚目)で新潟明訓対新潟のゲーム。たくさん自転車に乗って(3枚目、久々のチネリで鳥屋野球場)けっこう運動した4日間です。

 一度負けたらおしまいの高校野球、技術的にはプロ野球に及びませんが、なかなかの感動があります。昨年からのにわかファンですが、大好きです。ゲームを支える皆への挨拶に感心した昨年ですが、今年は、相手がピンチでタイムを取ってピッチャーのところに集まる時、ピタッと応援を止めるのに感心しました。選手だけでなく、応援する者、そして観客、皆が一生懸命、いいもんですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

普通の韓国を探して2876 早朝の仁寺洞から鍾路3街駅(5号線)

338 339 340 341 342 343 344 355

 韓国へ行くと元気になる私、夜は遅くまでテレビで韓国語のお勉強。でも、朝も早く起きて活動開始です。昼間は国籍を問わない観光客だらけの仁寺洞も早朝はしっとり。そんな道を抜けて楽園商街をくぐって5号線鍾路3街駅。6枚目は有名な1500Wのクッパプの店、「ソムナンチプチュオタン」、7枚目はいつもここに出ていると思われるトースト屋台ですが、朝だけです。8枚目、長寿マッコリの空きビンの回収。この1枚だけでも早起きした価値があるというものです。韓国、ソウル、とにかく、面白い、そんな私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記370 自分の足で歩く津川3

085 086 088 089 090 091 092 094

 1,2枚目は河港跡からの阿賀野川。2枚目の面白い姿の岩山が麒麟山です。旧街道に戻って駅への道を歩きましたが、川に沿ってできた町、3枚目のように小路ごとに川が見えてついついそっちへ行きたくなります。町の端のあたりにあった焼肉屋さん。入ってみたいいい雰囲気を持っていますが、まだ午前中です。

 5枚目は町が終わった当たりの左手、城跡の標識がありました。藪の少ない時期に登ってみたいです。6枚目はまた上流方向、麒麟山。7枚目は下流方向、この辺、本当に面白い山容の小さな山がたくさんあるのです。赤い橋を渡った場所が駅です。

 8枚目はもうすぐ橋と言うあたり。旧街道だった町のメインの通りと別れる本当の昔からの道がこれなのかもしれません。「三叉路には歴史がある」、そう思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2875 鍾路の再開発地区脇の路地を歩く

250 251 252 2531 2541 2551 2561 257 258

 ここ、お分かりの方もおられますよね?鍾閣駅のすぐそばから、ピマッコルと別れて斜めに入って、清進洞の裏手を抜けて鍾路区庁の通りに抜ける路地です。左手の清進洞側はすべて取り壊しが完了、ずっとフェンスに囲まれています。それに沿って、かろうじて残る路地を歩いてみました。

 1枚目、左手に韓一館があった場所です。残っていると思わなかった路地を進むと3枚目の突き当りのへんには少しだけ古い家とか食堂が残っています。左へ折れて5枚目の突き当りは道なりで右へ、アジョシの後を歩いて9枚目が区庁とか中央地図文化社のある通りへの出口です。残った部分もいずれは新しい街に生まれ変わるのでしょう。

 鍾路、もう少し歩いて、見て、撮りたい地域の一つです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

すばらしい韓国の食事550 補身湯の「特」」 10000W

516 517

 韓国観光サイト、観光掲示板、ガイドブックなどではごく一部の店しか紹介されていませんが犬肉の店、韓国にはいくらでもあります。おっかなびっくり食べた報告もちらほら。でも、どこが一番美味しいか?なんて誰にもわかりはしません。でも、ここ、なかなかでした。

 場所は新堂駅そば、中央市場の東側の食堂コルモクの中、「珍島食堂」」と言うこの辺ではちょっと大きめの店です。このブログでもウナギかば焼き、スンデクッ、海産物屋台のケブル、そして馬場路に並ぶコプチャンポジャンマチャなんかを紹介している地区ですが、食のプロが通う市場の周囲、うまい店が多いってのはあるかもしれません。

 店に入って、トゥクペギポシンタンを注文。その後、「特」があるのを壁のメニューでみつけ、特にしてもらいました。肉がたくさんになるのが特製ポシンタンです。他のメニューに比べ、あまり値上がりしていない印象があります。

 右下に見えるトゥルケッと芥子とごま油のたれを練りながら待って、出てきたのが1枚目。先日紹介したすばらしく美味しいカッキムチもこの店のものです(写真左上)。

 2枚目は肉の拡大。ぜんぜん臭みも無く、ゼラチン質たっぷり。圧力ネンビ(圧力なべ)で煮てあるので柔らかいです。夏の補養食(特別に栄養を補うための食事)はサムゲタンとこのポシンタン、そしてウナギ。犬だけは日本と違いますね。でも、ほんと、美味しいですよ、ケコギ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記369 自分の足で歩く津川2

076 078 079 080 081 082 083 841

 川の逆流防止のゲート、反対側にもあります。この時は水量も少ない、小さなきれいな川でしたが、この下の阿賀野川はダム湖の上流部分ですので、放流できない場合、水が出る可能性があるのかもしれません。

 きれいな緑の中の流れに沿って下流へ行き、また町中に戻ります。3枚目は川のそばのお宮、4枚目は町中の裏通りのお堂。消火栓の高さが豪雪地帯であることを示します。積雪量に応じていろんな高さで水を出せるようになっているのでしょう。

 5枚目はまた旧街道、6枚目、中心部付近の大きなお宮です。昔は阿賀野川の水運で栄えたこの津川、見たかったのは8枚目、河港の跡です。 ずいぶん昔、昭和50年代に大学の教養部の地理実習で来たのですが、その時はもっと整備されていた感じです。観光で人を呼ぼうと言っても川の港の跡とかは地味なのでしょうか。前記のようにダム湖の一部なので流れはほとんどありません。津川、本当に阿賀野川と切り離せない町だったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2874 西大門刑務所歴史館を訪問する幼稚園児

244 245 246 247 229 248

 私が出ると、新たに入館するお客さんが、、、なんと幼稚園児です。前に来た時に見た小学生の反日落書きは良くないなと感じ、今回それが無くなったのに好感を持ちましたが、さて、先生たち、幼稚園児にどう話すのか?幼稚園児の反応は?と興味を持ちました。知らなすぎる日本人、考えすぎる韓国人、うまくバランスが取れるといいと思うのですが。

 でも、1対1で接する場合の韓国の人、まず心配ありません。前にも書きましたが長い訪韓の中で私がイチャモンつけられたのは3度だけ。そういう話をちゃんとできるようにと韓国語を学びました。日本人は忘れ過ぎ、韓国人は教育しすぎ、やはり大事なのは理解した上でのバランスの取れた思考方式でしょう。どんどん改善されてきていると感じています。

 しかし再度入館して(たぶん韓国、また入れてくれます。ケンチャナヨの良い点です)、後を着いて話を聞けばよかったかな??

 本日は忙しい週末、またお昼にでもアップします。朝はここまでとさせていただきます。皆様、よい3連休をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

とうちゃんの自転車日記368 男子は乗り物好きが多い?

112 113 114 115 116 117

 1枚目、新津駅です。110型DCの単行。羽越線の普通列車新発田行きです。県庁所在地である新潟市を中心にダイヤが組まれているため、「羽越本線」という名前でありながら新津と新発田の間は日に何本も旅客列車はありません。そんな列車に乗っていたら、とある駅(実は忘れただけ)でアナウンスがありちょっと長く停まるとか。「おっ!」と思い前へ行くと、やはり列車交換でした。

 2,3,4枚目はちょっと望遠で。5枚目は標準です。この辺は単線。駅の部分だけ複線になっているわけですが、長い貨物列車の後尾部分が本線に残ってはすれ違いができないですから、そんなので列車の長さが制限されるのですね、当り前ですが。しかしこの先、新津から信越本線に入って、けっこう多くの旅客列車の間を縫ってどこへ行くのか??どんなふうに走るのか? 前にコメントで教えていただいた貨物列車時刻表、まだ確か近所のジュンク堂に積まれていましたが、来年の3月まで使えるのかな?二千いくらかするのですが、こういうときはあったらいいなぁって思いますね。

 最後6枚目は私と一緒に貨物列車の進入を見ていたおじさん。やはり男性は乗り物好きが多い、そう思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記367 自分の足で歩く津川1

067 068 070 071 072 073 074 075

 車では何度も来ている津川です。患者さんもおられましたし、前に紹介した山崎麹屋さんとみがきニシンの麹漬の記事、検索で見に来てくれる方がかなりおられました。JRで来たのは2度目くらいかもしれません。

 1枚目は交換の列車。会津の方から来たやつです。この塗装、新潟市にはたぶん入ってこない、新津までのディーゼルカーのようです。2枚目は私が乗ってきた快速あがの号。110型と新しい型の2両編成で会津若松まで走ります。

 ちょうど駅前にいたバスで時間節約。津川の昔からの町の中心部で下ろしてくださいと言って乗り込みました。客は私一人。運転手さんと話しながら5分ほど乗って、降りたのが3,4枚目のあたり。前に親切に道を教えてくれた宮川鮮魚店です。ここ津川も昔からの町はさびれ気味。2回鍵型に曲がる街道に沿った細長い宿場町も閉めてしまった店が目立ちます。車が無い年寄りは大変だというバスの運転手さんの言葉が記憶に残っています。

 5~8枚目は小さな川のあたり。川へ降りる階段もあったので昔は洗い物なんかにも使った流れなのでしょう。でも8枚目、大水の時に町に水が入らないようにするためのゲートがありました。緑がとてもきれいな場所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2873 서대문형무소역사관

238 239 240 241 242 243

 タイトルは「西大門刑務所歴史館です。だんだんきれいに整備されてきています。大きな国旗は韓国らしいというか、、、日本ほど普通の町で国旗が見えない国は無いとか。それほどたくさんの外国へ行っているわけではありませんが、アメリカなんかはあちこちに大きな国旗がはためいていたような気がします。

 2枚目は死刑になった方、獄死された方の名前を刻んだ碑。これは昔はありませんでした。3枚目、あるかなぁ?と思いましたがちゃんとありました。誰の話であるか、韓国を好きな方で韓国について知ろうとしている方ならわかりますよね?4枚目は場内からの仁旺山。大昔、春の様子をここの最初の頃、アップしています。

 5枚目は死刑場とポプラの木。塀の中は撮影禁止ですが遠景ならいいでしょう。6枚目は地下牢のところ。昔はもっと公開していたような記憶があります。初等学生の反日落書きをたくさん見たのもここだったような気がするのですが、、、どんどん変わる韓国です。

 市内中心部から地下鉄、タクシーですぐの場所、見学は30分もあれば充分ですので、ここ、行ったことない方にはお勧めです。2つの国の歴史を知っておくことはだいじですので。

 追加です、最後の地下獄舎の写真、補修か清掃かで入った業者さんの使った軍手がそのまま転がっていました。これも、いかにも韓国ですね。微笑ましい画像だと思いませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

すばらしい韓国の食事549 キムチの王様と言えば

515

 ガイドさんが連れて行ってくれるキムチ屋さんではポッサムキムチということになっていますが、私の場合はこの左側のやつ、カッキムチ(カッギムチ)です。高菜のキムチということになっていますが、一般に日本の九州のものより小ぶり。要はからし菜類のキムチということなのでしょう。

 これは珍島チプという新堂の補身湯屋さんのものですが、発酵具合、味付けともに最高。買って帰りたいくらいでした。カッキムチを知らない方、ぜひ次回の訪問の時に食べてみてください。ただし、真空パックのものは開けて2週位冷蔵庫で置いた方がいいです。発酵が命のキムチですので、浅漬けでは青臭い感じばかりです。全羅道の名産です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2872 말고개(馬峠・마현)

171 国道5号線のマルコゲです。華川郡と鉄原郡の境界dもあります。

 ここも韓国戦争の激戦地だったようで、戦績地として公園のように整備されています。大成山から続く尾根を越える峠、昔はどんなだったのでしょう?詳しい解説は省きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

普通の韓国を探して2871 見事な積乱雲

436 438 443 445 446 447 448

 新潟とソウル仁川空港を結ぶ大韓航空の764便、763便、行きの764便は浦項のあたりで韓半島に侵入し、青松上空から安東ダムの南を飛び、忠州上空、龍仁上空を経て仁川空港へ向かいます。帰りの763便はずっと北を飛び、洪川上空から江陵の南を飛んで日本海(東海)へ出るのですが、まだ韓半島上空と思われるあたり、層状の普通の雲を突き破って発達する見事な積乱雲が見えました。たぶん、この下は、前の項でアップした大夕立状態なのだろうなと思いながら機内食を受け取りました。

 そのうち、5,6,7枚目、航路のすぐ下にも新しい積乱雲が発達し始めています。地上はどうなってるかな?なんて思いながら、、、珍しく食べ残したエビチリご飯を片づけてもらったのでありました。

 飛行機の乗務の仕事、なんか憧れますよね?雲や地上の様子、別の飛行機との併走、夕暮れの空の色の変化、たまにお客で乗るのが一番なのかもしれませんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2870 ソナギ(夕立、にわか雨)

303 304 305

 6月18日の夕方、行きつけのホプの前からの写真です。ソナギと言いますが、韓国の夕立のこと。日本でも最近ゲリラ豪雨という言葉ができましたが、そんな感じの急な大雨が韓国でもよく降るようです。長くても1時間くらいで止むものを言うのでしょうが、本降りの状態は見事で、路面にも流れ切らない水が浮く状態。珍しいので外へ出て写真を撮りました。

 こんな状態だと傘をさしていても下からのはねで濡れる感じですし、傘の布の状態によっては水圧で傘の中にも雨が降る、そんな状態も経験したことがあります。濡れたまま突っ切るバイク、人もいれば、雨宿りする人も多数。子供たちは平気な顔で歩いていたり。これも韓国の風物詩でしょう。映画なんかだと田舎の大きな木の下や六角堂式あずまやに避難したり、そんなシーンがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2869 西大門刑務所歴史館

230 231 232 233 234 235 236 237

 2度目の訪問かな?今も工事が行われていますが、あれこれ展示をいろいろいじってるようです。昔目についた小学生(初等学生)の反日悪口落書き大会みたいなのはきれいになくなっています。それが当然だと思いますが。

 今回、おっ!と思ったのは4,5枚目。屋外でしたが、昔のこの刑務所の様子の写真です。新しい展示として、天安の独立記念館にあるような、拷問風景なんかの人形ディスプレイがいろいろできていたこと。日本がやった蛮行を広く国民に知らせようと言う姿勢は強化されたようにも思えます。

 順路通りに周り、前にも行ったらい病患者の獄舎、それと死刑場もさらっと見て見学を終えました。外へ出たら幼稚園児の団体。写真、アップしましたっけ?小学校(初等学校)に入る前から反日教育というか、歴史教育が行われています。殴った方は忘れるけど殴られた方は忘れないって言いますが、1対1で話せば、昔の話を引きずってる人はまずいないと思います。あ、独島問題だけは別ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記366 思わぬ幸運

105 107 109 110 111

 津川の町の写真、たくさんあるのですが、ちょっと鉄道ついでで新津へ戻る時のものを先にアップです。

 正東津のヘラン号もラッキーでしたが、新津行きの普通列車、五十島駅で停まったら10分ちょっとの待ち合わせとのこと。もしかして、と思いつき、外へ出てホームの端で待っていると、、、やはりSLばんえつ物語号でした。小さな幸運、嬉しい気持ちでシャッターを切りました。しかしオートフォーカスのデジカメ、どうもどこでシャッターが切れるのか?やはり違和感がありますねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

普通の韓国を探して2868 무교안마→스타안마・変化の速い韓国

296

 ロッテホテルのすぐ向かい、乙支路入口駅2番出口から30秒みたいな場所にあった武橋按摩の建物ですが、スター按摩と名前が変わっていました。居抜きで売られたのでしょうか?外壁のネオン看板の制作取り付け、韓国の業者は仕事が速そうです。どんな遊びであれ、韓国にお金が落ちるのはいいことです。明洞もすぐだし、ロッテもすぐの便利な場所、けっこう日本人観光客も行っていそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 これに乗ってみたい

463

 本日は夜間診療、初めの方は余裕がありますが、後半は大忙しになりそうです。まぁ、自営業者ですので忙しいのは喜ばないといけません。がんばります。

 写真は2010年6月17日の朝の正東津駅。江陵6時発の嶺東線中央線経由の東テグ行き無窮花号が海側の線へ進入すると右手の(陸地側)ホームにヘラン号が停まっていました。数年前にできた豪華客船のような特別列車です。ここでは写っていませんが食堂車で食事中のお客さんもいたみたい。どうもここで停車して1泊した様子です。

 いつも行く栗原景さん(韓国ライターであり鉄道ライターでもある方です。検索してみてください。)の所(ブログ)に広告が出ていますがこの秋、この列車に乗るツアーが企画されているようで、黒田福美さんと栗原景さんが同行するとか。月曜から金曜までの5日間。全行程食事つきの至れり尽くせりのツアー。どなたかお時間のある方、いかがでしょう?私も休みと財布が許せば是非乗ってみたい列車です。サマージャンボ期待かな??

| | コメント (3) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事548 서울 중구구청 가까이・오장동함흥냉면 8000원

411 406 407 409 410

 超有名店、中区区庁そばの「五壮洞ハムン冷麺(オジャンドンハムンネンミョン)」へ行きました。人気冷麺店が3つだか並んでいる冷麺ストリートにあります。早い時間だったのに大きな店にすごい数のお客さんです。2階もある大きな店で、注文を厨房に通すのにマイクを使っているみたい。きっとお昼時は常に作りっぱなしの人気店なのでしょう。

 靴を脱いで広い1階野座敷に上がりましたが、案外一人客も多いようで、安心。メニューは水冷麺、ビビム冷麺、そしてカオリフェの載るフェ冷麺、あとはスユクがあったかな?これは酒の肴です。帰国が近かったのでヤンニョムに入ってるかもしれないニンニクを避けて水冷麺を頼みました。値段はそれぞれみな8000W。麺サリ(替え玉)は2000Wです。

 話に聞くようにすぐに湯のみとヤカンが出てきて、温かい牛スープを楽しみます。なんかダシダスープみたいな味です。確かに牛の味だけど、、、ダシダがうまくできているのかもしれないなぁ、、、なんて思いながら待ちましたがすぐに出てきます。

 アジュマが鋏を入れてくれようとしたので「ハンボンマン」と大きな声でお願い。これ、ハンボン=1回、マン=だけ、で、麺をあまり切りすぎないように、という意味でのお願いです。普通はやはり十字型に2回鋏を入れて麺を切るのですが、昔は蕎麦っ食いだった私にはどうも2回切ると麺が短くなりすぎのように感じられるため、自分でやる場合でも、切ってもらう場合でも「1回だけ」と決めています。

 さて、スープの味ですが、やはりダシダに似ています。とてもよく冷えていて、さっぱりしてて、酸味はほとんど無い、脂も無い、好みのタイプでした。ミョンサリを頼もうかと思うも、「もう少し食べたいな」と思うくらいが美食のコツでもありますので、やめておきました。食べ終わっても常にお客さんの出入りがあり、厨房からはスピーカーの声で「水3つ」だの「フェ2つ」だの注文の声が聞こえてきます。メニューは簡単、準備は必要ですがこれだけお客が入って、回転が良ければ儲かるだろうなぁ、と思いながら計算を済ませ、店を出ました。

 しかし、ダシダに似たスープ、、、解釈を変えれば「醤油味の冷麺」という感じ。写真からもスープの色が濃いのがお分かりでしょう??好みが分かれるかもしれませんが、韓国で食った冷麺の中で一番醤油が強いというか、、、スープの牛味を前に出してる冷麺です。乙支麺屋は超あっさりの無色透明タイプ。平澤の高博士冷麺はここと乙支麺屋の中間かな?バランス的にやはり高博士は人気があるのも納得という感じでした。

 夏の暑い日、こんな冷麺の店があるソウル、うらやましく思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記365 自分の足で歩く北五泉から五泉4

052 053 054 055 056 058 057 060

 さて、五泉駅へ向かいます。昔は賑やかであったろう駅周囲の繁華街、あまり人も車も見えません。でも、まだがんばってるいくつかの食堂が目につきました。どこもきっと美味しそう、そんな雰囲気を持っています。次回はこの辺でカツ丼でも、と思いながら駅へ到着です。

 ここでもレンタサイクルがありました。1500円のえちごワンデーパスを買えば自由周遊区間の駅レンタサイクルは無料です。普通列車と快速のみですが、たとえば長岡、村上までの普通運賃は1110円。往復するだけでも充分得です。またこのレンタサイクル、500円だったかな?それも無料なのですから、天気のいい休日の県内周遊には最適と言えます。こういうフリーきっぷ、土日2日限定で県内全部を乗れるやつもあったような気がしますが、土曜が休めないので使えません。平日もやってくれればなぁというところです。

 この後は新潟始発の快速あがの号で津川へ向かいました。前に書いたように津川、鹿瀬あたりの山里を歩くのは取りやめ。でも、昔行った川の港をちょっと見たかったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2868 女子高校生と見学した国立中央博物館

380 381 382 023

 数年前に新装成った国立中央博物館、初めて行ってみました。少し前に、最終日の使い方が下手、と自分の事を書きましたが、宿に荷物を預け、もう部屋は使いませんと言って出てきたのです。4号線の駅を降りると中学生、高校生の集団がどんどん歩いて行く、その先が国立中央博物館なのでした。

 なんと入場無料、韓国、なかなか太っ腹です。日本も見習っていいと思います。この日は土曜日でしたので、校外学習として訪問しているグループが多いのでしょう。高校生3人組に話しかけ、一緒に回る事にしました。嵐のファンだという3人組、4枚目にちょっとメモしてもらいましたが仁川の高校生とのことです。まるで「子猫をお願い」ですね。

 さて、3階建てですがとても広い博物館、ゆっくり見たら半日ではすみません。私も1時間もかけないつもりでしたが韓国を代表する宝物、なかなかの見ごたえでした。また、ストロボを焚かなければ写真撮影はみなフリーというのも、韓国、すごいな、って感じました。

 1枚目は広隆寺のとそっくりという彌勒半跏思惟像。まぁ、この博物館の目玉でしょう。2枚目はインドのものだったかな?ちょっと面白い金属製の仏像。ちょっと欲しくなってしまいます。3枚目は韓国の金属製の仏像ですがロシアのエルミタージュに貸し出し中とのことで写真が置いてあります。なんかこれも韓国のやり方かな?って思います。

 「食べられないものには興味が無い」という感じだった私ですが、韓国が好きになり、石仏、石造、石碑に興味を持つようになりました。やはり石でできた野天のものが好きですが、古い仏像もなかなかいいなとわかるようになりました。また、陶磁器も、韓国の宝とも言えるいろんな時代のもの、古い中国のものなど、たくさんの展示品を見て、ちょっといいなと思い始めました。「好きなの3つ、持って行っていいよ」と言ってくれたら嬉しいなと思いながら見学を終えた最終日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

とうちゃんの自転車日記364 自分の足で歩く北五泉から五泉3

043 044 045 046 047 048 049 050

 1~5枚目は廃墟になったままの旧ジャスコ五泉店。自転車でも来ていますので知っていましたが、ちょっと困った状況でしょう。 県内では村上駅前、新発田駅前にもありましたが、資本に物を言わせてドカンとでかい店を(当時としては)作り、さんざん旧来の商店街を混乱させて、いざクルマ時代になると中心部や駅前の店を簡単につぶして郊外へ移転とか、そのままとか。まぁ商売なので、利益追求は当たり前ですが、あちこちでそんなのを見ていると、あまり好感は持てない企業だと思います。

 6,7枚目は昔からの五泉の産業だったニット関係の組合の事務所かな?業界雑誌、今もあるのでしょうか? 8枚目はその辺にあった賃貸住宅。大幅ディスカウント中のようです。どこでも多かれ少なかれ、昔からの商店街の衰退はあるのでしょうが、何か、うまい方法は無いのでしょうかねぇ、、、 五泉駅はもうすぐそこです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記363 自分の足で歩く北五泉から五泉2

034 351 036 037 038 040 041 042

 1~4枚目は五泉の飲み屋街と思われるところからの裏通りです。少し曲がっていたりするのが古い道であることを示しています。道路の真ん中の灰色の部分は消雪パイプ。井戸水をくみ上げてここから流し、路面の雪を溶かします。わが新潟市にはありませんがちょっと内陸に入ると、、、必需品となります。4枚目、マンホールをよけたりで面白い走行になっています。通常の道路では一番高くなった中央部を走りますが、カーブの部分では一番高くなったカーブの外側の端付近を通り、道路全体にうまく水が流れるように設計されます。

 5~7枚目はメインストリート。でも、今となっては古い道になるのかな?銀行の支店の看板が見えることが、町の昔からの中心部であることを示します。8枚目は駅の方へ向かう道。札幌ラーメンのチェーン店がありました。新潟市にはほとんど無いようですが、その他の都市にはまだちらほら残っているみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2867 韓国語 河内 ハノイ

433

 韓国語、河内、ハノイの3つの言葉でヤフー検索、1050件が出てきました。韓国語というよりは中国語というほうが適切かな?

 河内=ハノイなのでした。夕方の仁川空港の搭乗口の写真ですが、ちょっと面白いでしょう?こういうの。新潟、河内、青森。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記362 自分の足で歩く北五泉から五泉

024 025 027 028 029 030 032 033

 新潟県の五泉市です。名前は聞いたことはあっても、あまり行く機会の無い場所でしたが自転車に乗るようになってからは何度かサイクリングで訪れています。新津でトイレ下車したため、最初に考えていた東蒲原の田舎を歩くのは諦め、五泉を歩くことに決め、一つ手前の無人駅、北五泉で降りました。

 2枚目のような普通の道を歩きます。しばらくして昔からの街並みに入ると水路が目につくようになります。かなりきれいな水です。町の名前もたくさんの良い水が出る泉があったからと聞いていますが、水の豊富な山のふもとの町です。神社に裏から入って参拝。もうこの辺、昔からのこの町の繁華街という感じ。飲み屋の看板がぽつぽつ出てきました。ビジネスホテルは無かったと思いますが五泉に泊まって地元の人の集まる店で一杯やるのも面白そうです。やりたいことがどんどん増える私です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2866 동서울시외버스터미널

160 163 161 162 164 165 166 167

 東ソウルターミナルです。ソウルの来た、東、南東方面へ向かうバスの発着所です。ここからウルサン経由で釜山へ行ったこともありますし、全州だの光州なんかへも本数は少なめですがバスが出ていると思います。

 ハングルの解説は省きます。ダイナミックなソウルの風景をお楽しみください。面白かったのは8枚目、スタンプを集めると1回無料というカードをもらいました。江南のターミナルとの競争があるのでしょう。

 7枚目、大津まで行く、一番北との国境近くへのバスですね。本数はかなり少ないはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

とうちゃんの自転車日記361 自分の足で歩く新津

013 014 016 171 019 020 021 022

 自転車は本当にすばらしい乗り物です。買ってしまえばほとんど維持費はかかりませんし、まじめにこげば相当遠くまで行けます。本当に乗り始めて良かったと思いますが、欠点もいくつかあります。雨とか雪の事もそうですし、坂に弱いこと、あとは、これは、利点でもあるのですが、疲れないことです。いわば椅子に座っての運動ですので循環器と太ももあたりは使いますが、膝から下は金具で固定するSPD,SPDSLとかのペダルで無い限りあまり使わないんです。このため、運動ではありますが、自転車ばかり乗っていると歩きとか走りに関してはかえって弱くなるような気がします。

 そこでこの初夏から始めたのが、休みの日にどこかへ行って自分の足で歩くこと。上記の通り、脚が弱ってるのか1時間とか2時間続けて歩くと相当足が疲れます。自転車ってすごい楽ちんな乗り物だったのだということを痛感しています。

 今回の写真は新津。実は磐越西線方面へ行こうといつものえちごワンデーパスを買って早い時間に新潟駅を出たのですが、お腹が痛くなってしまいました。これでは歩けません。磐越西線のディーゼルカー、車内のトイレはありますが、どうも好きではありません。できれば動いていないトイレで用を足したいということで新津駅で降りてスッキリ。しかし次の磐越西線まで時間があります。ということで転んでもただでは起きない私。前から地図で目をつけていた旧新津市の「韓国人会館」を見に行くことにしました。

 新津なら自転車でもすぐ。でも近すぎて通過するばかりが多かったので歩きも楽しいものです。風俗店の多い駅前の通りを抜け、最初の大きな交差点で左へ。3枚目のあたり、自転車でもよく通る場所から右手へ入ると4枚目、錆びたトタン張りの倉庫のようなのがあります。地図を参照すると、やはりここがその韓国人会館で、今は使われていないようです。戦後、日本に残った韓国の方々、いろいろ差別も苦労もあったでしょう。そんな人たちの心のよりどころだったのかな?なんて思いながら角を曲がって駅の方へ戻りました。

 韓国の古い町の写真、ここでもいろいろアップしていますが、日本も昔からの道、古い町、なかなかいいもんです。何より、歩きだとゆっくり見る事ができます。デジカメと地図を持っての知らない町訪問、これからも続けるつもりです。お腹をこわしたせいでちょっと遅れが出て鹿瀬と津川での時間を減らさないといけなくなりましたが、ケンチャナ。次の磐越西線で見事な景色の中、津川方面へ向かいました。馬下から津川まで、大昔なのによくこんな鉄道を作ったなと感心する路線です。山の格好も面白く、阿賀野川の景色もすばらしい、新潟県が自慢してもいい、そんな汽車旅行を楽しめる路線です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月9日 「新潟市 学校町 亀萬」

 おはようございます

 水木とも休みでしたが夜は両方とも歯科医師会の集まりがありました。昨夜は医療安全の研修会。19年くらいから無床診療所でも病院同様に厳しい安全管理が義務付けられました。X線関係、感染予防関係、医療機器関係、それと薬品関係。研修会への出席、院内での報告、勉強会、そしてその記録を行わないといけません。

 軽く夕食をとり、自転車で会場へ。大事な研修ですのでかなりの出席率でした。後半、保険関係の部分は私は用が無いので早めに退出。涼しくなったとは言いにくい夜ですが昼間よりはましなのでひとっ走りポタリングです。母校であり勤務先であった新潟大学方面へ向かい、懐かしい店でちょっと食べて、話してきました。

 新潟大学の医学部、歯学部、そして古い時期の教育学部の卒業生ならきっとご存知の「亀萬」という店です。国道116号線が付け替えられ歯学部の敷地が削られ、学校町通りの入り口も変わってしまいましたが、「亀萬」は昔のままです。この春、新聞でも紹介されましたが、スタッフ3人の年齢は平均しても80歳オーバーという古い居酒屋です。顔見知りのおばちゃん(おばあちゃん)に話を聞くと、3月31日の新潟日報での掲載だったとか。その後しばらくは知らない客、旧常連含め、かなり混んだとのことでしたが、また最近は落ち着いたとのこと。家賃もかからないだろうし、家族経営なので、こんなで充分という感じです。

 懐かしい味のラーメン(420円、なんか味が薄くなったような気が、、、)を食べながら聞いたのですが38年に開店して47年目、50周年までは頑張るとのことでした。自転車でしたので飲めませんでしたが、「とまと煮」という和風ポトフも健在。夏でもおでんあり。あとはイカリングに特製コロッケ、奴、、、10種も無いメニューで新しいのはゴーヤ炒めくらいかな?とにかく変わっていません。楽しい夜のおやつになりました。

 ここでもそうですが、私、なんかお店の人に可愛がられるというか、気に入られるタイプなのかな?昨夜も小さなチャーシュー、1枚プラスしてくれました。行きつけの焼肉屋では「先生、ここはね、、、」とかで、珍しい部位を少しだけ切ってくれたりするし、バーでも、けっこう「これ、飲んでみる?」とかでサービスをしてもらえます。お昼を食べに行く店では他のお客さんに済まないほど野菜炒めの盛りがいいし、、、

 「生かされている」という言葉がありますが、親切にしてくれる周囲の皆に感謝しないといけませんね。そして私も、できることはやらないと、なんて思いながらまだ暑い夜、自転車で帰宅しました。けっこういい人生です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2865 鍾路区・寛勲洞→仁寺洞→楽園洞→5号線鍾路3街駅

1441 145 146 147 148 149

 ソウルリピーターの方なら見たことのある街だと思います。大きなビルもあるにはあるけど再開発はされていないため、不規則な道路の間を細い路地が縦横に走る地域です。ホテルソンビに荷物を預け、裏通り(1枚目)を歩いて仁寺洞を横切り、マウルボスの走る比較的広い、でも、一方通行の道(2枚目)で鍾路トクチプの脇。横断歩道で三一路を楽園トクチプとアクチム、カンジャンケジャンの店が並ぶ楽園洞(3、4枚目)。エメラルドモテルを左に見る楽園商街の脇の道が4,5枚目です。自慢ですが、この辺の道はもう、しっかり頭に入っている感じ。でも、そんな私でも歩いていない路地もたくさん。いろんな顔を持つ鍾路区です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2864 忠正路駅付近の古い町2

115 116 117 118 119 120

 続きです。5号線と2号線の駅の間の小さな地域です。案外こういう小さな場所は狭いが故に大規模な再開発はされにくいのかもしれません。空港から市内へ向かう途中でも見えた小さな古い町。また一つ自分の足で歩いてみる事ができました。

 前回の写真への追加ですが、2枚目か3枚目、韓国お得意のシュポもしくはコンビニ前の仮設ビアホール用の椅子が重ねられた脇の立て看板、コンビニでも野菜や果物、青果類を置き始めたよというお知らせです。動きの速い韓国、さすがです。日本でもいずれ、出てきそうな話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

普通の韓国を探して2863 忠正路駅付近の古い町

109 110 111 112 113 114

 1枚目、2号線のチュンジョンノ駅3番出口です。ここから5号線の同じ駅、9番出口への小さな三角形の町を通り抜けてみました。少し戻って、3,4枚目で右折。5,6枚目が細い昔からの道です。ソウルの江北、広い範囲ではもう古い町並みが広がるという感じの場所はなくなってしまったかもしれませんが、小さいこんな街、細い道を歩くのが好きです。

 最近検索キーワード「ノウォン村」というのでこちらを見に来てくれる方が多いのですが、水落山駅北にあったノウォンマウル(도웓마을)は数年前に再開発され、アパートになっています。

 今日は休みですが石膏トリマー下の自製の第一トラップの掃除で出てきました。本日は七夕。家内とそのお母さんはお寺の七夕(?!)行事で長岡へ行きますので、昼間の留守番は私です。夜は国際情報大の公開講座。その後は市の歯科医師会の班の会にちょっと遅れて出席予定。蒸し暑くなりそうな水曜日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2862 中央電鉄線徳沼駅の時刻表

093 092 094 095

 数年前に回基駅からこの徳沼まで開業し、割合最近に龍門まで走るようになった中央線の電鉄です。 龍門まで行く列車は時刻表のとおり1時間に2本ほど。往十里からここまで来て、次の電車を待ちました。日本だと同じホームでとかが多いと思うのですが、階段を上がって別のホームへ移動です。

 3,4枚目、ソウル近郊の電鉄線の路線と所要時間の表もありましたが、どんどん電鉄が延伸してる韓国。温陽温泉の先までの所要時間は3時間くらい。すごいな、と思うとともに、日本だったら、そんな中距離と言ってもいい路線では各駅停車とは別の電車が中心になるのでは?と感じました。東海道線から高崎線とかの電車は横浜→川崎→品川→新橋、という感じでしょう?最近は「快速」がぼちぼち走り始めましたがまだまだごく一部。ほぼ全部が各駅停車であるソウル、乗務員さんは大変だろうなって思います。

 ハングルの解説は省きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

2010年7月6日 リトルタイクスのグランドキッチンが来ました

007

 本日はオープンデイ、通常の予約は入れない研究日です。お中元の手配だの、支払い、雑貨の買い出しだの、午前中はあちこち動いて、お昼に戻ったらスタッフがこれを組み立て中でした。オープンデイの昼休みは交代で外出可能、その後は院長が引き継いで組み立て、午後早くに完成です。

 20年前の開業時に、正確な値段は忘れましたが3万円くらいしたフィッシャープライスのキッチンセンターというのを入れたのが初代。その後、マクドナルド関係のアイテムを追加し、でも、大分前に初代は引退。その後はトイザらスでみつけた安い中国製のノーブランドのままごとキッチンでしたが、かなりガタが来ていたため、思い切って更新。今回はリトルタイクスのグランドキッチンというやつです。

 高いおもちゃでしたが、フィッシャープライスの堅牢な作りとデザインには感心させられていたので今回も同じメーカーで探しましたが、最近は大物から撤退傾向のようで、適切なのがなく、結局机と椅子のセットを置いてあるリトルタイクスの製品にしたのです。周囲の内装とか家具との色調もバッチリ調和してるでしょ?いい選択をした感じで嬉しい院長です。

 今日は6時に、今日でなければとご希望の大人の患者さんが1人入っているだけ。さて、この新しいままごとキッチンで最初に遊ぶのは誰かな?なんてスタッフが予約表を見ながら言っていました。明日明後日は休診ですので、金曜日以降。さてほんと、誰が最初に遊ぶことになるのかな???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事547 野菜スンデのスンデクッパプ・スンデマン

1511 152 153 154

 何回かアップしている店です。普通なら朝から夜遅くまでやってるスンデクッパプの店。でも、ここはお昼から始めて夕方早目に売り切れて店仕舞いとのこと。前にスンデの包装(持ち帰り)を頼みに行ったことがありましたが、「もう少ししかスンデが無くて、店に食べに来てくれるいつものお客さんを優先するのでダメです、肉ならいいですけど。」と断られた店です。一見の外国人、そして目先の売り上げよりも、いつも来てくれる地元のお客を大事にする、いい方針だと思います。なおさらこの店、好きになりました。

 お昼、遅めだったからか割合すいていましたが、韓国では比較的珍しい、行列のできる店。教えてくれた方の要請で場所は内緒です。今回行ったときは豚の内臓茹で肉は入れないで、野菜スンデだけでと注文。快く応じてくれました。

 食べ終わるころ、アジュマから聞かれました。どうしてここを知ったの?と。日本人のぶっかけ飯研究家のグループがあるんですよ。でも、地元の普通のお客さんに迷惑がかからないよう、詳しい場所などは公開しないことになっていますのでご安心を。と答えたら喜んでくれました。観光掲示板やネットで紹介されてダメになった店があると思いますが、ずっと今のままであってほしい、そう思います。

 珍しい野菜中心のスンデ。腸は厚めの大腸をおごっていますのでちょっと値段は高め。でも、前にも書いたように上出来の餃子のあんのような中身の味、充分納得できるメニューです。そんなことを話していたら出てきたのが4枚目。スンデだけ入れたスンデクッをよく注文する韓国語の上手な日本人として覚えてくれたのか、サービスでその野菜スンデを出してくれました。これで、「タンゴル関係」が誕生したってわけです。次回はちょこっとお土産でも持っていこうかな?ともかく、嬉しいお昼になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2861 早朝の鍾路区散策3

077 078 079 080 081 082 083

 1枚目、目的を持って靴磨きのボックスを撮りました。「靴修繕・光沢」とあります。磨いて光らせる事、「光沢」というのがちょっと面白いでしょう?

 2枚目、日本大使館はこの辺だったよな、と思いながら歩くとなんか再開発中。1本隣りの道だったのかも。そこらへんで左へ曲がり世宗路へ出ます。ここは前から知っていましたが政府総合庁舎前、地下をくぐる立体交差があるんです。景観を損ねないようにということなのでしょう。韓国もなかなかやります。

 北は光化門ですので南へ向かいます。世宗文化会館と世宗大王像。これって新しい?もっと南の李舜臣像は前からあったけど。

 最後の7枚目はアメリカ大使館前。常に戦闘警察隊(戦警=チョンギョン)のバスがいて24時間警戒が厳しい場所です。デモが盛んな韓国、警察の車両も、これ、軽装甲車といっていいでしょう。「KP」というのは映画にも出てきた略称ですね。「面白い映画」だったかな?韓国映画をたくさん見ている人にはお勧めのB級名作です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

普通の韓国を探して2860 한국Calbee(ヘテ?)の구운양파(焼いた玉ねぎ)

171 181 019 020 021 022

 ハングルの解説は省きますが、オニオンリングスナック、面白いので買って来てみました。韓国のほうがリングが大きくてたくさん入っています。味は似た感じ。一緒に食べなかったのでよくわかりません。科学者失格ですね。でも、面白いでしょ?こういうのも。

 菓子類、たいていは韓国のほうが安いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2859 早朝の鍾路区散策2

069 070 071 072 073 074 075 076

 郵政局路を渡り、鍾路区庁のほうへ向かいます。ソウルへたくさん来た事がある方でもこの辺をぜんぜん知らない人も多いのでは?昔からのソウルの中心。ソウルの心臓とも言われた地域です。1枚目は郵政局路の北方向。2枚目は南、鍾閣交差点とかチョンゲチョン、ウルチロ入り口方面。こんなに車が少ない時間はめったにありません。

 3,4、5枚目は清進洞を裏手から見た写真。まだ古い店舗、路地が残っていますがそれも風前の灯でしょう。すでに再開発された武橋洞方向は大きなビルになっています。7枚目も再開発地区のフェンスの写真でした。最後、漢字の看板で「石炭会館」。前日に鉄岩の大規模な石炭関係の施設を見てきたのでなんか感慨深いものがありました。日本はもうやめてしまいましたが、韓国の炭鉱、どれくらい残っているのかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事546 新潟発仁川行きKE764便の機内食・うなぎご飯

132 133 134 135

 少し前にアップしたエビチリご飯はダメでしたが、暖かい軽食が出る大韓航空、昔の冷たい奴を知る者にとっては充分な食事です。さて、何かな?今日は?って思いながら開けると、うなぎご飯でした。このブログの初期に韓国のウナギの料理の事、紹介しましたが、日本とほぼ同じタレで焼くヤンニョムクイ、日本同様の白焼き、そして日本には無いコチュジャンクイ、3通りといっていいでしょう。1匹単位で食べる事ができる店もありますし、キロ単位で売る店もあります。日本のように串を打たず長いまま焼いたのを切ったのが出てきます。なぜかショウガの千切りが付くことが多く、やはり葉っぱに包んだりしていただきます。 このご飯も、少しの川魚臭さ、泥臭さはありましたが、充分美味しくいただくことができました。たぶん中国産でしょうが、中当たりですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2858 久しぶりの江陵市外バスターミナル

228 229 230 231 232 233 234 235

 カンヌンのターミナルです。初めて来た時は移転直後だったのかな?真冬で、周囲にあまりモテルも無かったと思うのでタクシーで駅前。駅前のモテルで泊まり、暇な時期とあって帳場のおばちゃんにビールをおごり、いろいろ話を聞きました。前にも書きましたが、「駅やターミナルは移転できるけど我々モテル業者は簡単には移転できない。ターミナルの郊外への移転は死活問題だ。」という話を聞いたのです。

 東ソウルから3時間弱、まだ明るい時間に到着し、下車。斜面にあるためか降車場は一段高い場所で、1枚目はそこから見た乗車場です。2,3,4枚目はターミナルに入ったところ。なんか釜山のノポドンが小さくなった感じで真ん中の吹き抜けが1Fの明かりとりになっています。下へ降りて、乗り場を見て、7,8枚目は案内所とターミナルの建物。

 大きなバスがたくさん集まるターミナル。乗り物好きには嬉しい場所。また、一般のお客さんにとってもどこかへ出発するハレの場所。明るい日差しもあっていい気持ちで市内へ向かいました。 旧ターミナルは駅からこっちへ来る途中にある大きな駐車場になっている場所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

とうちゃんの自転車日記360 自分の足で歩く吉田2

109 110 114 11 002 003 004 005

 前の項でも1枚目の写真の向こうにちょっと見えていましたが西川沿いを迂回した部分、古い木造3階建ての建築がありました。それが今回の1,2,3枚目なのですが、どうもここも昔は料亭とかだったのではないかと思われる立派な建物です。周囲には閉店した古い飲み屋もありました。この後通った橋畔楼もそうですが、昔の水運が盛んだったころ、この吉田の川の港のあたり、もっとずっとにぎやかな場所だったのかもしれません。

 ちょうどメモリーの交換があり、橋畔楼の写真はありません。上流の次の橋の手前にあった水門というか分岐が4枚目。新潟平野の向こうは弥彦山になります。ここから川を離れ、戻るようにして下流方向へ。そこであったのがかなり立派な吉田諏訪神社。境内の裏手から入って、お参りしました。そろそろ駅の方へと思い歩いて行くと旅館の建物。他の地方都市同様、寂れ気味のこの吉田の町ですが、昔はどういう産業で栄えていたのでしょう?農産物の集まる場所でもあったのでしょう。昔の姿、タイムマシンがあったら見てみたいものです。

 この後、駅へ戻りましたが、ぽつぽつ飲み屋なんかもありました。このシリーズで訪れた柏崎、長岡、小千谷、村上、新発田、、、三条の写真も出したでしょうか?いずれも近いため、泊まって飲んでという経験がほとんどありません。時間とお金に余裕があったら、安いホテルを予約して県内地方都市飲み歩きもやってみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記359 自分の足で歩く吉田1

103 104 105 106 107 108 111 113

 地図で目標にした第四銀行吉田支店の脇を抜けて川に出ます。何度か自転車でこの西川に沿った道を走っていますが、天気のいい事もあって、きれいな感じです。一部、川沿いに行けない部分は少し迂回し、上流へ向かいました。前に和島村の島崎川を紹介しましたが、昔はこんな越後平野の川、水運も盛んだったのだと思われます。

 7枚目、小さな看板で「橋畔楼」とあります。地図にも出ていますが、料亭でしょうか?今は住宅街になってしまっていますが、昔は川を望む、風情のある料理屋さんだったのかな?そんなことを思い浮かべながらそっちの方向へ橋の手前を左へ曲がりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2857 경의선의 건널목

144 145 146 147 148 149 150 151

 タイトル、あってるかな?「京義線の踏切」と書いたつもりです。

 ソウル駅を出ると旧貨物駅を左に見て大きく西へカーブして新村駅方面へ向かう京義線、新村が始発駅だった時代もあり、あまり乗ったことがありません。でも、空港から市内へ向かう車の中などから忠正路から光化門へ向かうあたり、道路の下をくぐる部分があるのを何度も見ていました。ちょっとだけですが古い町並みも残っていますので、マポオクの朝ごはんの後、バスで忠正路下車、少し歩いてみることにしました。

 2号線の駅のあたりにあるバス停から古い町の路地を抜けて5号線の忠正路駅の上へ。大通りを渡ってその京義線の上を通る橋へ。少し先の歩道橋を渡ってまた戻り、ミドン初等学校の脇から線路に沿ってソウル駅方向へ。そんなふうに歩いていたら、西小門路の陸橋の下、かなりの幅の踏切がありました。ご存知の方も多いかもしれませんが、ソウルのど真ん中にこんな踏切があったこと、かなり新鮮で嬉しかったです。

 上を通る道は市庁前から大韓航空本社ビルの前を通って忠正路へ行く道。ここは通っていましたが、下の踏切は直接見たのは初めてかもしれません。韓国独特の、少し間延びした警報機の音、2枚目にありますが、長すぎてたわんでしまう遮断機の棒。ゆっくり走る回送列車とDLのエンジン音。ここをKTXの車両も、セマウルも走るわけです。実際この後、ソウル駅から幸信までのKTXに乗ってここを通った私です。

 3,7枚目に見える緑の部分は西小門公園。前は浮浪者、韓国語だと路宿者(露宿?)がたくさんいたという公園です。ソウル駅まであと500mくらい、そんな場所です。

 新しい発見、嬉しいことです。なんかこれが私の若さの秘訣かな?なんても思いながらソウル駅へ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2856 6月18日・早朝の鍾路区散策1

061 062 063 064 065 066 067 068

 ホテルザソンビーに泊まった翌朝の散歩です。ちょっとわかりにくい場所、道がまっすぐでない場所にあるので初めての時はわかりにくいかもしれませんが、何度か行けば道を覚えてしまいます。最近はご無沙汰でしたが20泊とかそれ以上はしている宿です。

 道がわかりにくい→通り抜ける車が無いので静かだ、とも言えますね。1枚目、マクドナルドのあるビルの裏の入り口。立派なステンレスの屋根がへこんでます。大きなトラックが入ってぶつかったのでしょうが、そのままなのがいかにも韓国です。

 2枚目から7枚目はそのマクドナルドのある一方通行の通りです。2枚目は南の鍾路方向。細い道ですが一本道で鍾閣駅の角の近くまで行けます。遠くのビルはハンファビル。

 3枚目がそのマクドナルド。1枚目の写真と同じビルの表になります。かなりの大型店です。ポジャンマチャのトイレはここのを借りるようになっています。タクシーで帰る時の目標はやはりこのマクドナルドと、インサドンを通るマウルボス一方通行の道となります。うまく説明すると案外多くの技士ニムはわかるようです。「一方通行」がポイントかな?

 前に何度か紹介した行きつけのポジャンマチャ「カタルシス」はなくなっていて、区庁寄りの小さめの2つは残っていました。そんなポジャンマチャの設置場所の端に酔っぱらって寝てる人が。いったいソウルの夏の朝、何人の酔っ払いがこんなふうに寝てるのかな??

 7枚目はヤクルトアジュマ。オフィスの多いこのあたりのビル、早朝から出勤する人も多いし、朝から働くヤクルトおばさんも元気です。4枚目、7枚目、遠くに見えるツインビルはナクチポックム通りの再開発でできた鍾路1街のビルです。

 最後の8枚目は大通りに出たところ。左へ行けば鍾閣とか広橋、そしてロッテ前。まっすぐ行くと中央地図の前を通って鍾路区庁です。

 今日も何とか天気が持ちそうだ、と思いながら歩いた梅雨時のソウル、朝のチョンノ地区の写真、いいでしょう??

ゆえれんさんのコメントをいただき、私も同感だったので1枚追加です。鍾閣駅の出口からホテルへ向かう細くて曲がった、食堂の多い通りです。これはお昼時、韓国OLアガシがお昼に出てきた風景、いかにも鍾路ですな。142

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

とうちゃんの自転車日記358 自分の足で長岡を歩いて、次は?

095 096 097 099 098 100 102_2 101_2

 1,2枚目は長岡市の繁華街というか飲み屋街である殿町の中です。ぐるぐる小路などを歩いて、南へ。3枚目の通りは旧17号線。渡った向こう側の店は長岡小嶋屋の本店です。有名な新潟県の蕎麦屋の一つですが、川西小嶋屋が一番古く、そこからわかれた十日町小嶋屋、長岡小嶋屋があります。新潟市などに多店舗で展開というのを最初に始めたのが、たぶんこの長岡小嶋屋。その後、川西総本店も県内あちこちに支店を出しました。各人それぞれ、私はどこのが一番ウマイだの、話が出ますが、まぁどこでも似ています。

 この後、陳麻婆豆腐で有名な喜京屋という中華の店で辛い辛いマーボー丼を食べて駅へ。4,5枚目は駅前にあった三尺玉の打ち上げ筒のレプリカ?本物かな?例年8月の2日と3日、長岡空襲のあった日に信濃川の長生橋のあたりで大花火大会が開かれる長岡市です。

 さて、長岡駅からどこへ?ということでとりあえず信越線下りに乗りました。夜は国際情報大学の公開講座、韓国語学院があるので夕方までに戻ってシャワーしないといけません。長岡と新潟の間の都市で、短時間で中心部を歩ける所は?と考え、東三条で下車。それが6枚目。0番線から接続する弥彦線に乗って吉田町へ向かうことにしました。

 今は燕市と合併したのかな?その昔は西蒲原郡吉田町。前に自転車で弥彦神社へ初詣に行ったときの写真を紹介しましたが、116号線の道路沿いはそれこそ何度も走っているけど町中はほとんど知らないところです。何度か自転車で来た時に通った西川沿いの景色を、と思い、歩き始めました。7.8枚目が駅舎と駅前です。ちょっと歩けば昔からの通り、そして川があるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2855 ソウル6月17日・市庁前広場4

5651 567 568 571 572 573 574 575

 2010年南ア共ウォルドゥカプ韓国対アルゼンチン戦、3時間前に行って、市庁前広場を見てから北倉洞を抜けて南大門市場で眼鏡の用事。その後ぐるっとロッテ前から広橋、鍾路を通ってまた市庁前広場。7時過ぎですので1時間半前です。

 写真の通り、各所で応援グッズの販売がありましたが、すごいなと思うのは、2,5枚目のように、冷たい水を無料で大量に配っていました。ありがたいことです。

 6,7枚目はプラザからプレジデント前のあたりですが、徐々に車を通行止めにして、この後は完全に道路を閉鎖です。8枚目、トラック露店のトンタク屋も出ていましたが7時半前には追い出されてしまいました。商魂逞しいてのはこのことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2854 鍾路区寛勲洞・「ホテルソンビ」404号室

143 519 524 521 522 523 054 055

 忙しい土曜日です。1枚目は初日、残りの7枚はその翌日の夕方のもの。カバン1つを鍾路のモテルに預けて江陵へ行ってきたのです。ソウルナビという観光サイトで知ったこのホテルソンビ、季節に寄り高いなと敬遠するときもありますが、オフシーズンには安く、また便利な場所できれいなため、昔はけっこう毎回のようにソウル滞在の折には使いました。この時は小さめの404号室。でも充分な広さ、そして清潔さです。

 面白かったのは7,8枚目。ここも、トイレットペーパーは流してはいけないと言いたいのでしょうが、どうも訳が適切でありません。ヒュジ=ちりがみですが、ストレートにトイレットペーパーと書いてくれたほうが日本人にはわかりやすいでしょう。ともあれ、リピーターには推薦できる小さな、でも、快適な宿の一つです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事545 麻浦屋のソルロンタン「特」15000W

941 951 101 102 103

 美味しいものは人を無口にさせるとか言いますが、ここのソルロンタンもそんな食事の一つです。前にも書いたように7時15分頃の到着で、2階のテーブル11個(うち2つは厨房前でいつもはアジョシがネギを切っているので使わない)のうち7つが埋まっています。お客さんは私を入れて21名、初めての混んだ店内でした。

 すでに食べている人は少なく、真ん中の4卓の10人ちょっとのグループが料理が出るのを待っています。案外調理に時間がかかるここのソルロンタン、私もけっこう待ちを覚悟しました。どういう集まりなのか、年齢も様々、おしゃべりでうるさいくらいのお客さんでしたが、ソルロンタンが出ると、急に静かになり、食べる音が中心になります。『美味しいものは人を無口にさせる、その通りですね」といつものアジュマに小声で話しました。

 ほどなくして出てきた私の「特」、塩をスッカラッk半分ほど入れて、ネギを入れて、食べ始めました。3枚目は肉を持ち上げたところ。ヤンジばかりですが、この下にチャドルコギが入っています。写真ではわからない韓牛の肉の味、是非とも実際に食べていただければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

普通の韓国を探して2853 美味しくなかった機内食

450 451 452

 帰国便であるKE763の機内食です。食べ物話3連発です。機内食もずっと「すばらしい~」で掲載してきましたが、このエビチリ(?)ご飯はダメでした。美味しいものも誰よりもよく知っているけど、普通のものも誰よりも美味しく食べる事ができると思ってる私が残しました。なんというか、甘すぎてダメです。味はどう考えてもエビチリ風なのに、、、さらっとしすぎだし、変に甘酸っぱくて、、、大韓航空さん、これだけはご一考いただければ、と思いました。ビビンバのようにしたけど、食えませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事544 江陵端午祭の夜市場(夜店)でトンテジバーベキュー

403 401 402 404 405 406 407 408

 江陵端午祭、韓国最大のお祭りとのことで、露店の数、その他移動遊園地、サーカス、いろんなステージでの出し物、そしてヨッジャンスもある、なかなかの規模です。一昨日から当地新潟でも蒲原祭りと言う露店の数が多いのがウリの祭りをやっていますが、江陵端午祭りのが上です。夕方から見物を始め、一通り歩いてから夕食にしました。

 タイトルのトンは「豚」ではなく、「丸ごと」という意味。テジが「豚」です。モラン市場でなくなってしまった豚の丸焼きの店がいくつも出ています。1匹の半分の巨大な塊が自動的に回転する機械にくくりつけられて、美味しそうな色に焼かれています。値段はどこも一緒で25000Wが小。それでも一人では持て余す量で、2人分というところ。いくつかの店で酒1本合わせて量を減らして20000でどう?と交渉しましたがダメでした。結局25000Wの「小」とマッコリ4000W(これもちょっと高い)で29000Wのご飯になりました。まぁ、美味しかったからいいか。

 8枚目、お祭りの露店食堂の席を回るガム売りのアジュマが写っています。定価500W、たぶんまとめ買いで300Wとかのキシリトールガムを1000Wで売るのですが、中には2000W上げる人もいます。私んとこにも来たので口上は聞いてもわからないし、ということで1000Wあげてガムをもらって、そのまたガムを返しました。まぁ、1000Wあげたことになります。どういう苦労があるのかはわかりませんが、気持ちの1000Wで少しでも役に立てば、世の中少しは丸くなるという感じでの協力でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事543 マポオクのキムチ類

096 099 100 098 097

 ソルロンタンのうまい店、「麻浦屋」の続きです。この店、注文をすると4種類のキムチが出てきます。1枚目左の2つ入るプレートの白菜キムチはよく漬かった発酵が進んだもの、それと、カットゥギです。そして別の皿の白菜キムチはごく浅く漬かったもので、それぞれに味があります。私は古いほうのが好きかな?そして最後は韓国の細ネギのパギムチ。これもあまり発酵していないタイプのものです。

 この店の特徴はいずれも切ってない状態で出てきて自分でトングと鋏で切ること。面倒くさいなぁ、と前は思いましたが、これ、「おかずの使い回しをしていないことを示すためのこと」なのだと思います。たぶん韓国製の安い料理用鋏、トングで持ち上げて割合よく切れる刃の根元の部分を使わないと切れませんのでご注意を。

 延大歯科大の鄭教授もロードレーサーでの運動の帰りに寄るという店。高いけど美味しい、そんな店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »