« 普通の韓国を探して2882 忠正路からソウル駅へ2 | トップページ | とうちゃんの自転車日記375 上野&アメ横 »

2010年7月27日 (火)

普通の韓国を探して2883 江原道江陵の繁華街

241 242 243 244 245 246 247

 江陵バスターミナルに着いてタクシーで駅前。駅前の旅館、旅人宿街はHなとこが多いので少し戻るように旧バスターミナルの向かいの繁華街へとモテルの看板を目印に歩きました。ソウルと違って郊外のアパートを除き、高層建築はありません。まぁ、地方都市では日本でもいっしょです。大通りから夜は賑やかになるであろう飲み屋の多い道を行き、4枚目の写真に屋上の看板が見える「N-ライフスタイルモテル」へ投宿です。前にも書いたように、あまり来たことのない街ですので、一番背の高い、夜でも看板のネオンが目立つであろうモテルを選んだのです。

 韓国、どこの街も同じように見えてしまうという話もありますが、それってたぶん、ハングルが読めないせいだと思います。食堂なら食堂なりに、その土地の流行の表示がありますし、刺身屋とかであれば、東海岸だと「ムルフェ」とか、「カジャミシッケ」だの、そんな表示が目につきます。毎回同じこと言ってすみませんが、韓国を自由に、そして楽しく歩くには、やはりハングルの読みは必須でしょう。

 2枚目、「オウドン」という店です。「うどん」に丁寧語の「お」をつけたみたいな言葉ですが、韓国の歴史に残る稀代の悪女の名前だとか。映画「ボス上陸作戦」で、ルームサロンのホステスさんの源氏名で出てきて以来、知った名前。「おうどん」ってどういう意味?と思って検索したのです。こういう団欒酒店とかよりも、どちらかと言えば花馬車(コンマチャ)というのかな?「洋酒・焼酎」と入り口に書かれた小さな、たぶんHな店の名前なんかによくあります。

 なかなか一人で飲める店が無い韓国ですので、夕食を取った店か、せいぜいポジャンマチャで一杯、後は宿の部屋でテレビを見ながらという私ですが、韓国の飲み屋、行ってみたい気持ちは充分あります。

|

« 普通の韓国を探して2882 忠正路からソウル駅へ2 | トップページ | とうちゃんの自転車日記375 上野&アメ横 »

コメント

右下(6枚目)の写真、パイランの撮影地のひとつじゃないですか。
そんなことは知らずに撮られたのでしょうけど、どこか印象的だったのでしょうか?

投稿: エクスプローラ | 2010年7月27日 (火) 08時02分

コメントありがとうございます

 記事のアップが7時55分でコメントが8時2分。すばやい反応、ありがとうございます。

 パイランの撮影地だとは、まったく知りませんでした。1枚目の道の突き当りで、十字路で無く三叉路の正面にどんっっと建物があったからだと思います。

 この後、江陵端午祭クギョンで5時間ほども歩きましたが、目立った繁華街はやはりこの辺かも。ホームプラスと市場のあるあたりが商業的には真ん中なのかもしれませんが、歓楽街というとこの辺のようです。遊興酒店がたくさんありましたからね。

投稿: おとう | 2010年7月27日 (火) 08時12分

出社前に見て「おっ!」と^^;

夜、パイランがギョンスに引っ張られ、団欒酒店に連れて行かれるシーンです。
http://www.wa.commufa.jp/~chpyas/080326korea.html

投稿: エクスプローラ | 2010年7月27日 (火) 23時45分

ぱっと見てすぐにわかるのは流石ですね。何回見ておられるのでしょう??

投稿: おとう | 2010年7月29日 (木) 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/48986319

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2883 江原道江陵の繁華街:

« 普通の韓国を探して2882 忠正路からソウル駅へ2 | トップページ | とうちゃんの自転車日記375 上野&アメ横 »