« とうちゃんの自転車日記375 上野&アメ横 | トップページ | 普通の韓国を探して2885 鐘岩洞から清涼里へ »

2010年7月30日 (金)

普通の韓国を探して2884 乙支路4街あたり2

552 553 554 555 556

 世運商街だのの並ぶウルチロ4街あたりです。古い昔からの街である鍾路の姿もどんどん変わって行っていますが、この辺はあまり変わらない風。日帝時代も小さな工場だの商店、問屋、部品屋、そんなのがあった場所かもしれません。

 昔はすごく広く感じられたウルチ路もそんなに広くないです。でも、そんな道も日帝時代になって、いいいい方をすれば整備されたのではないかな?市電のある風景、見てみたかったです。60年代くらいの話ですが。

 前にも書いたかもしれませんが、ソウル旧市街を東西に走る大通りは4本。北から鍾路、清渓川路、乙支路、そして退渓路。このうち、チョンゲチョン路はほとんどバス路線がありませんが、他はたくさんのバスが走ります。ソウルの北からも南からもバスが集まる中心部、たいていのバスには数字とともに大通り名が書かれています。ソウルの市内バス乗りこなし、まずはこの中心部でどの通りを走るか?から注目すると良いでしょう。あとは、スユリ、ミアサムゴリ、清涼里、往十里、新村、ソウル駅、麻浦、そんな大きな街の場所を記した地図を頭の中に持つことです。

|

« とうちゃんの自転車日記375 上野&アメ横 | トップページ | 普通の韓国を探して2885 鐘岩洞から清涼里へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/49009762

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2884 乙支路4街あたり2:

« とうちゃんの自転車日記375 上野&アメ横 | トップページ | 普通の韓国を探して2885 鐘岩洞から清涼里へ »