« 普通の韓国を探して2886 鍾路歩き、ラスト | トップページ | 普通の韓国を探して2888 서울 지하철역에서 »

2010年7月31日 (土)

普通の韓国を探して2887 全羅北道イクサン市サムギ面・石仏寺への道

253 254 255 256

 旧百済、彌勒寺址に続いて訪問してみた石仏寺への道の写真、ラストです。韓国の食事の話をするときに、まずは、「基本は飯と汁とキムチ」ってのから始めるのですが、韓国の田舎も、田んぼが基本。初めて地方へ出た時はあっけないくらいに似てる、そんなイメージを持ちました。この写真でも、2枚目の頑丈そうなバス停(バスの時間が書いていないのが困るんです)、3枚目の粗末な教会の塔、4枚目のハングルの標識、そんなのが無ければ日本と変わりないと言ってもいいくらい。

 今回の写真ではわかりませんが、あえて一番の違いを挙げれば唐辛子の畑が多いこと、それくらいです。日本でも昔は当たり前にやっていた田んぼの畦に大豆を植えるのもまだしばしば見かけられます。小さかった田んぼを耕地整理して大きくし、機械が使いやすいようにした点も一緒です。この100年くらい、近代から現代への発展の時期、残念ながら韓国では日帝時代という名前になってしまってますが、一緒に発展してきた歴史の名残がそこらじゅうに残る国が韓国です。

 ソウルの宿に荷物を置いて1番の汽車で地方へ。タクシーで最初の目的地へ行き、徒歩やバスで田舎をめぐる旅。ソウルを何度か歩いた方にはお勧めです。きっとどこへ行っても面白いもの、面白い風景、そして優しい人に出会えると思いますから。

 本日は午前が多忙、午後は、空きが結構あります。ピクチャーズ2という場所の写真を一度全部片付けるつもりですので、またアップします。他ではあまり見る事ができない「普通の韓国」の写真、ご期待ください。

|

« 普通の韓国を探して2886 鍾路歩き、ラスト | トップページ | 普通の韓国を探して2888 서울 지하철역에서 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/49016750

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2887 全羅北道イクサン市サムギ面・石仏寺への道:

« 普通の韓国を探して2886 鍾路歩き、ラスト | トップページ | 普通の韓国を探して2888 서울 지하철역에서 »