« 普通の韓国を探して2914 早朝の江陵・モテルから江陵駅へ | トップページ | とうちゃんの自転車日記388 栗の木川河口の船溜り »

2010年8月23日 (月)

とうちゃんの自転車日記387 中山道板橋宿5

064 065 066 067 068 069 070 071

 初めての道を歩くのは楽しいものです。それが旅行の楽しみとも言えます。何も新幹線に乗ったり、飛行機に乗ったりしなくても、家からちょこっと歩きや自転車で知らない場所へ行く、それも旅です。今回の中山道板橋宿シリーズは、前々から興味を持って見てみたかった歴史の街。楽しく歩くことができた道です。写真からそういうの、わかっていただければ嬉しいです。

 1~4枚目は旧中山道へ戻る途中。お医者さんのお屋敷の塀、かなり立派です。5枚目はその戻ってきた旧中山道です。けっこう賑わっています。東京、まだまだ元気な商店街がたくさんあるようで、そういうのも歩いてみたい場所になっています。

 今度は新道側の裏道へ入ってみました。「宝包で「ポッサム」と読ませるのは面白いですね。宝という感じは韓国語でも「ポ(ボ)」です。そこに固有語で「包む」という意味の「サmタ」をくっつけたわけです。韓国の人の店かな?新潟の韓国家庭料理系、ブームが去ったのか、かなり減少中。残念ながら王子駅前で食事を済ませてきたので韓国料理のランチはパスせざるを得ませんでした。

 7枚目に見える高架は高速道路、その下を新しい国道が走っています。やはり旧中山道に戻ろうと思って突き当りを左へ行ったのが8枚目。旧道の十字路に戻りました。

|

« 普通の韓国を探して2914 早朝の江陵・モテルから江陵駅へ | トップページ | とうちゃんの自転車日記388 栗の木川河口の船溜り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/49226196

この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記387 中山道板橋宿5:

« 普通の韓国を探して2914 早朝の江陵・モテルから江陵駅へ | トップページ | とうちゃんの自転車日記388 栗の木川河口の船溜り »