« 普通の韓国を探して2889 5号線アチャ山駅1番出口前 | トップページ | 2010年8月1日 順天専門の韓国紹介本・「天恵の郷 順天」 »

2010年8月 1日 (日)

普通の韓国を探して2890 清涼里 現代コア周囲のモクチャコルモク

323 324 325 326

 何度もここで紹介している「スグレハルモニチプ」、そしてちょっと前に浮気した「ユッケ専門店」のある清涼里の食堂の多い界隈です。ソナギ(夕立)の後の夕暮れ時、うまくブレないで撮影できるとしっとりした感じのある写真ができる嬉しい時間です。

 1枚目、「土俗スンデクック」と「楊平ヘジャンクック」の間の店が「スグレハルモニチプ」なのですが、上に見える外看板は「スヨンシンバル(シンバル=靴)」ってなっていますね。前は靴屋だった店舗なのでしょう。そんなとこわざわざ看板屋を頼まなくてもケンチャナヨ、というところです。

 2枚目、アクセサリーの屋台と奥は食堂。なんかアジュマがうまい具合に動きを出してくれた1枚。いい感じの1枚です。

 3枚目、左手のビルが現代コアです。自転車のハンドルをフィーチャーしたつもりの1枚。右側の店の並びが、1,2枚目の続きの部分になります。

 安いコンパクトデジカメですので、ファインダーがどうも、、、4枚目、気をつけてはいても斜めになってしまったり。たぶん左の立て看板を目標にフレーミングしたのでしょう。右側がキョンドン市場に続く清涼里在来市場のアーケード。左へ行くと焼肉屋の多い道を抜けて聖パウロ病院前の大通りに出ます。大好きな三叉路です。

 いろんな食堂、屋台併設の居酒屋、どこもそれぞれ固定客がいて、でも、通る人には熱心に呼び込み。うるさいな、と感じるようではまだまだ韓国慣れが足りません。「知ってる店がありますので、そこへ行きます。」と言えばすぐに引き下がってくれますし、呼び込みの声も韓国情緒のうち、そう考えるべきでしょう。

 先日のユッケ250g10000W、やはり安いです。急に知られることとなった広蔵市場 チャメチッpにぜんぜん負けていません。本とか、ネットで有名になると日本人、そこばっかに行きますが、同じような店、もっと美味しい店、探せばいくらでもあると思います。かえって、そんなふうになっての旧来の常連さんへの迷惑、儲かりすぎての店のサービスの質の変化、そんなのが心配になってしまいます。広蔵市場へは今後も行くかもしれませんが、姉妹チッpはもう、私は行かないかも。日本のインターネットでの最初の紹介者(発見者ではありません)の気分、なんか複雑です。

|

« 普通の韓国を探して2889 5号線アチャ山駅1番出口前 | トップページ | 2010年8月1日 順天専門の韓国紹介本・「天恵の郷 順天」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/49025702

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2890 清涼里 現代コア周囲のモクチャコルモク:

« 普通の韓国を探して2889 5号線アチャ山駅1番出口前 | トップページ | 2010年8月1日 順天専門の韓国紹介本・「天恵の郷 順天」 »