« とうちゃんの自転車日記388 栗の木川河口の船溜り | トップページ | とうちゃんの自転車日記389 中山道板橋宿6 »

2010年8月24日 (火)

普通の韓国を探して2915 강릉시 영동선 남대천철교

293 289 292 298 299 300

  釣り好きの人は地元でも、旅行先でも、釣りをやっているのを見かけると、「何が釣れるのかな?」という興味と「今見てる所で釣れないかな?」という期待感を抱くものです。そうでしょ?

 同様に鉄道ファン、汽車好きの人は線路があれば、「どんな列車が走るのだろう?」とか、「今ここに列車が通らないかな?」なんて思うものです。

 タイトルは「江陵市 嶺東線南大川鉄橋」ですが、江陵端午祭会場の河川敷へ出るとすぐそばに嶺東線の鉄橋がありました。余計な鉄骨構造などが無いすっきりした鉄橋、さて、汽車が通らないかな?と思うのは鉄道ファン共通の思いです。祭り見学はまだまだ時間があるし、デイパックから時刻表を取り出して調べてみると10分ほど後に江陵18時31分着の無窮花号1635ヨルチャが通るはず。移動せずに近くをぶらぶら歩いて時間をつぶしていると、、、来ました。

 4枚目、警笛を鳴らして鉄橋にかかり、かなりのスピードで渡って行きました。左手が江陵駅。市街地を抜け、大きく右にカーブして行き止まりホームの江陵駅です。時刻表を肌身離さず持っていて良かった、と思う出来事でした。

 夕暮れ時の韓国東海岸、江陵市の真ん中を流れる川にかかる鉄橋を渡る客車列車、汽車好きにはこたえられない一瞬です。写真はそれほどカッコ良くないですが、「気持ち」をわかっていただければ嬉しいです。

|

« とうちゃんの自転車日記388 栗の木川河口の船溜り | トップページ | とうちゃんの自転車日記389 中山道板橋宿6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/49235693

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2915 강릉시 영동선 남대천철교:

« とうちゃんの自転車日記388 栗の木川河口の船溜り | トップページ | とうちゃんの自転車日記389 中山道板橋宿6 »