« とうちゃんの自転車日記386 新潟の田舎を走る2・山古志 | トップページ | とうちゃんの自転車日記387 中山道板橋宿5 »

2010年8月23日 (月)

普通の韓国を探して2914 早朝の江陵・モテルから江陵駅へ

445 4391 440 441 442 443 444 446

 世界一の健康食だと思っている韓食の研究は私の大事なテーマです。なるべく充実した食事を、と心掛けてはいますが、時には1枚目のような朝ごはんになることもあります。モテルのフロントに鍵を置いてそっと出発し、近くのコンビニであんパン。水飲んでアンパンかじりながら駅へ向かいます。

 2,3枚目はあまり日本には無いもの。なんかの排水のために道路上に空いた穴への溝です。道路の舗装の時に計画的にこうしているのか?それとも、孔をあけるのか?そして孔の中はどうなってるのか?下水はあるのか?まだまだ韓国、珍しいものがたくさんあります。

 4枚目はナイトクラブのポスター。ここでもおなじみですね。「ソチャンフィ」さんという女性の歌手、しばしばナイトの出演案内で見かけます。

そして5枚目は大通り沿いの旧バスターミナル跡地。けっこう広大で、今も市外バスの駐車場にはなっています。ここから駅にかけての線路側は大旅館街。前にも泊まったことがありますが、怪しい宿、地球の歩き方で言う「女人宿」もたくさん。入り口にアジュマがいれば、たいてい客引きの声がかかります。暑い季節だと椅子を持ち寄ってピキアジュマ同士でおしゃべりしていたり。遊びませんが否定するつもりもありません。木浦しかり、旧麗水駅前しかり、晋州駅前しかり、浦項駅前しかり、どうも駅のそばに女ありというのが多いように感じられる韓国です。あの全州だって昔の駅前だという話ですから。

 6,7枚目の旅館がそういう旅館だかどうかはわかりません。誤解されませぬように。そして8枚目は猫。ちょっとぶれていますがこれは早朝で暗かったため被写体の動きです。6時の汽車に乗るべく、歩いた道です。

 追加ですが、3枚目の写真、やはりパイプが見えています。簡単な排水のために舗装の時にも孔を作るようにして工事されたのでしょう。日本ではこういうの、少なくとも公道では無いでしょう。韓国のケンシャナヨのひとつです。

|

« とうちゃんの自転車日記386 新潟の田舎を走る2・山古志 | トップページ | とうちゃんの自転車日記387 中山道板橋宿5 »

コメント

 海外旅行先だと歩きながらパン食べるってできますよね。しかも朝早いし。でもアンパンしかなかったんですか?朝から甘いものって!
 この真っ赤な建物の旅館は普通の旅行者はねぇ・・。
凄い色ですね。

投稿: かがり | 2010年8月23日 (月) 12時54分

コメントありがとうございます

 朝から暖かくて美味しい、栄養バランス充分な食事がとれる韓国ってしばしば言っていますが、ちょっと急いでいたのもありました。韓国の汽車、本数が少ないですし、多くの列車は太白経由です。鉄岩という炭鉱の街の駅を見たかったのと、汽車しか交通手段の無い山村を見るにはこの6時の東テグ行きに乗らないとだったのです。

 もう10年も前に江陵駅前のモテル、旅館街に泊まりましたが、ちゃんとしてるモテルもあります。まぁ、行けば感じでわかりますし、大田駅前の事は書きましたがHな旅館でも、アジュマはがっくりくるかもしれませんが、宿泊も可能ですので。

投稿: おとう | 2010年8月24日 (火) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/49226150

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2914 早朝の江陵・モテルから江陵駅へ:

« とうちゃんの自転車日記386 新潟の田舎を走る2・山古志 | トップページ | とうちゃんの自転車日記387 中山道板橋宿5 »