« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月30日 (木)

普通の韓国を探して2966 往十里・アモーレックスホテルの部屋で

333 3331 335 334 336 337

 1枚目、手持ちのストロボ無しなのでちょっとフォーカスが甘いです。ごめんなさい。で、これ、部屋を出る前に車を準備してもらう機械のようです。韓国の駐車場、土地が狭い場合には、キーを預ける方式の所もたくさんあるため、こんなのがあるのかもしれません。ちょっと面白いでしょう?

 2~5枚目はテレビの画面。宿にいる時は聞きとり練習を兼ね、たいていテレビを見ています。韓国人の方には肩身が狭いけど焼酎をさらに半分の量の水で割ったりしたのを飲みながらです。4枚目の方は去年だか一昨年、偶然お会いしてお話しましたが、お元気でしょうか?またあの山の上に行ってみるのも面白いかもしれません。

 最後はホテルの部屋の見取り図。なんかこれ、違ってるんですよ。内装工事の途中で変更があったけど、面倒だからそのままなのかも。まぁ、風呂の形が違っても非常口の位置が記されていればケンチャナヨではあります。でも、ここ、ごらんの通り、部屋は道路側だけのかなり薄い建築です。ずいぶん前の初めて見つけたときの記事ではすごく立派なホテルに見えましたが、何度か書いたとおり、泊まってみたら「モテル+毛」クラスでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2965 江原道原州・駅前市場から路地へ

075_2 076 077 078

 駅前市場というのは私が勝手に呼んでいるだけ、もしかしたら正式の名前があるのかもしれませんが、青少年通行禁止区域に指定された小路のある小さな市場です。斜めに通り抜けると広い道に出ました。丘の上がり口に市場がある、そんな感じで、坂道になっています。1枚目の写真の道、裁判所とか、法務関係の公的機関があるのか、それ関係の看板が目立ちます。でも、私は左へ、車が出てきた角を曲がり、市場裏手の丘の街の路地を目指します。

 2枚目は左への道に入って少し上がったあたり、振り返っての写真。そして3枚目、市場の区域外なんですがあっけらかんとアガシの店がありました。ここもかなり広い道、よく陽の当たる場所、まさに「朝日の当たる家」です。この店、昔は無かったと思うのですが、、、新規の出店が許されてるのかな? しかし韓国、オープンというかフランクな民族性の国ですね。私は否定しません。かと言って遊びもしませんが。

 最後の4枚目、小さな峠の頂上付近から市場の裏山にあたる街への路地に入りました。韓国全土にこんな道があると思うと嬉しくてたまらない私です。でも、ソウルなんかでは再開発でどんどん無くなっているのでしょう。惜しいけど、でも、そこに住む人のためにはいいことなのかもしれません。少し続きますので、お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月29日 (水)

2010年9月29日 大都市は歩くだけで疲れますな

20100908_162

 こんばんは。 2泊3日で東京というか、横浜行ってきました。日本矯正歯科学会大会の出張です。会場は前と同じ、インターコンチネンタルの隣の、、、あ~、度忘れしましたが、みなとみらい地区のアソコです。

 東京から近いし、鉄道、空の便とも便利な場所だったせいか例年になく盛況で、また講演も面白い大会でした。しかし横浜、東京、ただ歩いているだけで疲れます。空いている時間にちょっと横浜の街を見物したり、夜は医局のOB仲間で飲んだり、楽しい時間になりましたけど、東京はなんだか疲れます。東京とその周辺の人、たぶん基礎的な体力は地方の人間よりもあるのではないかなぁ???駅まで歩いて、階段の上り下り。乗り換えの時も歩くし、電車ではまず座れないし、その割に周囲を見るとみな平気なよう。私も自転車ばかりでなく、歩くとか走るとか、もっと運動が必要だと痛感した出張になりました。

 明日も休みですが雑用がいろいろ。ここの更新もやるつもりです。留守中にいただいたコメントへの回答も明日にさせてください。食って、飲んで、風呂入って、寝ます。

 写真は韓国ロッテのクランキーボール。キシリトール(韓国だとチャイリトル)ガムのボトルの容器みたいなのの中にサイコロ大のクランキーが入っています。空港のデパート売店で箱買いしましたが、なかなか面白いお土産になりますよ。おすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

普通の韓国を探して2964 한국에 있으면 그냥 행복한 나

095

 原州でみつけた消火栓です。誰が塗ったのかな?所轄の消防署の人か?それとも業者さんか?ヴィヴィッドな色がカッコいいです。きまりきまりの日本、ケンチャナヨの韓国。韓国にいさえすればそれだけで幸福で、面白い私です。本日は韓国美容室でカットの後、生涯研修セミナーに出席予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

すばらしい韓国の食事558 청량리 북경반점・ 세우볶음밥

139 140 141 142 143 145

 何度目になるでしょう?清涼里、北京飯店のセウポックムパプ、エビチャーハンです。ここ、チャジャンが絶品なのですが、このチャーハンもなかなか。高いメニューですが、チャジャンのソースとチャンポンのスープが付くのでこれでもチャジャンは味わえるのです。

 4枚目、「美味しいチャジャン」と皿にも入っていますのでやはり一番大衆的、一般的メニューであるチャジャンが売りなのでしょう。ことさら変わったことをしているわけではないですが、とても美味しいチャジャン麺が食える店としてお勧めです。誰にでもウケる味、なんか、ラーメン屋に似ていますね、韓国のチャジャン麺の店って。

 前にも入っている雑居ビルの外観、近況を紹介しましたが、清涼里駅の完成で、もしかしたらこの地域も風前の灯かもしれません。行くなら早めがいいでしょう。

031

 コメントいただいた方のために写真(再掲ですが)を追加しました。左側は清涼里駅の旧駅舎の取り壊し現場。右のビルは必要が無くなった旧ロッテ百貨店清涼里店。真ん中に見える古めの雑居ビルが北京飯店の入っているやつです。その後方588地区も含め、ここ2~3年以内には再開発でなくなるであろうという中華カゲアジュマの話でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2963 江原道原州の中央市場

111 112 113 114 110 109

 写真の順番、5枚目、6枚目、その後が1~4枚目になります。前にも来たことがある中央市場。駅からだと駅前の大通りを左へずっと行った場所。旧市内の中心部でもあります。大通りの鉄道側が市場、右側が飲食店の多いモクチャコルモクになっています。

 屋根の付いた店の集まる部分と通りの露店で食品などを売る部分がありますが、家庭用品、衣料品、そんなのの店はなんだか元気がない感じ。野菜とか食べ物の露店はまだまだ人気、そんな感じに見えました。4枚目は韓国お得意の閉店売りつくしセール。本当に閉店なのかはわかりません。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

普通の韓国を探して2962 ミアサムゴリ4・ソウルの普通の町

067 068 069 070

 ミアサムゴリ駅の西側の市場、北から入って、中での撮影は遠慮して、南側の出口から出ました。駅側は東口、少し前の写真は東です。1枚目は、北側のあたり、2~4枚目は南側の市場周辺です。この辺で大昔、タッカンマリナラヌ、タッ半(パン)マリを食ったり、食いきれないアクチムを食ったりしました。江南や旧市内中心部に比べると何でも安い庶民的な街です。もっとも、日本語が通じない、観光客はあまり行かない街でもあります。

 4枚目はふぐ料理の店の看板です。前にもここで紹介しましたが、フグの店の看板のフグの絵、韓国ではなぜかみなこれです。特徴を残してデフォルメされてはいますが、なんか面白いなって感じる共通する絵です。

 今日明日は多忙。来週、学会出張で長く休みますのでそのしわ寄せでもあります。それではまた。よい週末をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2961 楽園商街から仁寺洞へ

358 359 360 361 362

 鍾路3街(5号線)駅のそばのキムパプ天国へ朝飯を食いに行った時の帰り道になります。ソウル旧市街も乙支路入口駅、鍾閣駅あたり、表通りは大きなビルばかりになりつつあります。再開発再開発、どうも古いソウルが好きな者にとってはあまり面白くありませんので、裏道を抜けて歩くことが多くなりますね。

 地下市場の入り口脇から楽園商街下を横断歩道で渡り、ちょっとだけ古い食堂なんかがある道で仁寺洞へ。忘れられたような感じで、7,8年前に流行ったチムタクのチェーン店が残っていました。前にも書いたとおりハルサメがあまり好きじゃないので好みではない料理でした。同じ理由でチャプチェも苦手な私です。

 4枚目は早朝の仁寺洞。静かなもんです。そして最後は、寛勲洞あたりのビルの1Fに刺繍の店の看板。ちょっと入ってみましたが出来合いのものはお土産品クラスのものでした。昼間は観光客だらけの町である仁寺洞があまり好きでないのは「本物の店」も少しはあるけど、大部分は観光客向けのお土産屋ばかりだってのが理由です。もっとも、本物を買う資金は無い私ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

普通の韓国を探して2960 ミアサムゴリ3・ソウルの普通の町

063 064 065 066

 1,2枚目は議政府街道の東側、3、4枚目は西の市場のある側です。飲食店がたくさん。そんなごちゃごちゃした町の一部をつぶしてロッテデパートができました。地下2階まで売り場があり、駐車場はさらにもっと深い地下です。東京もそうなのかもしれませんが、土地の利用、しつくされてる感じです。地方に住む者には考えられないですね。

 3枚目は市場の脇の道。横断幕の広告、「宝石プル(火)ガマサウナ」というのは汗蒸幕というやつでしょうか?

 4枚目は食堂の前に積まれたプラスティック製の椅子。これもソウルならではの風景の一つと言えます。たいていビール会社の名前が入っています。暑い時期には食堂、焼肉屋、コンビニ、クモンカゲ(シュポ、スーパー)の前には大抵あって、夜になるとサラリーマンや地元の人が道路上でビールをやっていたりします。そんなのもソウルの中心部ではない街の風物詩かもしれません。かなり遅くまで子供が遊んでいたりもするんですよね。そういう周りで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2959 江原道原州駅前から市場へ

070 071 072 073 074

 原州駅前、左右に走る大通りがあり、そこを渡るとすぐにまた並行する大通りがあります。その向こうは小高い丘のようになっていて、小さな市場があるんですが、その辺の写真です。

 1、2枚目が最初の駅前の道、左の中心部方向、2枚目は1軍団とか旧市街バスターミナル、モテル村のほう。3枚目は一つ向こうの大通りの横断歩道のあたりです。

 で、4枚目がその小さな市場なのですが、ここ、普通の店と一緒に女性の店が混じっているのです。最初に行った時はびっくりしました。昼間ですのでソウル辺りとは違い、ひっそり。前に来たのは10年くらいも前ですのでなくなってるかな?と思いきや、まだ営業はしているようです。軍隊があるから需要があるのかな?とも思いますがあっけらかんとした韓国らしい風景、夜になれば見ることができるのでしょう。5枚目はその市場を抜けるあたり。脇道にも女性の店があり、青少年通行禁止区域の表示がありました。市場の通りにもそういう店はあるのですが、そっちはいいのかな?なんても思いました。

 前にも書いたようにソウルから適当な距離にあるためか南側への市街地の発展が目覚ましい原州ですが、旧市街、昔のまま変わっていな感じでした。この後、路地を歩き、大学方面、中央市場を歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

普通の韓国を探して2958 ミッパンチャン(無料のおかず)はありがたい

20100908_104

 写真は最近2回連続で訪問している清涼里の店のユッケのおまけ、レバ刺しとセンマイ刺し(こちらは加熱済み)です。1人客でしたので量は少な目でしたが、全部食べて頼めばおかわり(リピル=refill)をもらえるはずです。日本だとへたすりゃレバ刺しだけで800円だのかかるおかずが無料。もちろん、このほかにもいくつか野菜系のおかずが出ますので、ほんとうに韓国、ありがたいです。

 Wと円のレートにより、普通の食事の金額、たとえば5000Wが、750円になったり380円になったりしますけど、普通のペクパンとかテンジャンの5000Wという価格もおかずのことを考えれば上記の750円だったとしても安いものです。

 こういう価格差、野菜の価格の差が一番の要因ではないかと考えています。日本だと規格に合わない野菜は市場に出せなかったりで、自家消費、もしくは近隣に配る、でなけりゃ漬物用にだの、、、韓国、たぶん形が多少小さいだの大きいだの、曲がってるだの傷があるだの、そんなのも安く利用されてるのではないかと思うのですよ。ここ数年、包装(出荷時の)に関しては厳しくなったと聞いていますが、形が悪いものでも味が変わらなければ安く流通する、そんな部分、韓国の美点だと思います。

 肉で始まり、野菜の話になってしまいましたが、とにかく韓国の「食」、我々日本人が学ぶべき点、まだまだたくさんあります。私も科学者の視点でこれからもずっとこの研究を続けたいと考えています。

 余談になりますが最近ホルモンブーム。そんな店で「レバ刺し」ならぬ「レバたたき」というメニューがしばしば目につきます。これ、「安全レバ刺しモドキ」とも言える刺身ならぬ「料理」なのですが、食中毒を出す危険性を避けるための苦し紛れのメニューなんだと思います。

 屠殺、解体の時に内臓を分ける際、どうしても最初に消化管、すなわち口腔から食道、胃、腸、そんなのと一緒にレバも取り出されるため、腸管の内容物(=細菌だらけ)に触れる可能性が多々あり、それにより、カンピロバクターだの、病原性大腸菌だのに汚染されるのです。ですので、加熱しない刺身は、食中毒の危険性、どうしても付きまといます。

 でも、汚染されたかもしれないレバーでも表面だけ加熱して病原体をやっつければ、中は汚染されていないはず→レバたたきの誕生というわけです。 しかし一部のサイトには消化管と繋がっている胆管経由での汚染も考えられるなんて話もあります。まぁ、各自自己責任で食えばいいでしょう。新鮮なレバ刺し、美味しいですからね。甘くて、濃厚な何とも言えない味。そのまま瞬時に元気に変わる栄養、そんな気がします。

 アップしてから気づきました。ちょっとフォーカスが甘かったです。恥ずかしい。どうかご勘弁願います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

2010年9月22日 雨模様の水曜日です

357

 休みですが、あいにくの雨で、やっと涼しくなってきたのに自転車に乗れません。結局車でスーパー銭湯へと相成りました。

 上の写真、どこだかわかりますか?いろいろ看板の文字があるから明らかなヒントがあるかもしれません(今は小さくて読めません)。普通の観光には役に立たない我がブログですが、逆に言えばほとんどだれも見たことが無い写真が多いとも受け取れます。ガイドブックや普通の観光旅行の報告サイトにあるような名所、繁華街、市場、そんないくらでも見ることができる写真じゃないのがいい所だと思っています。見に来てくれた皆さまには感謝感謝というところです。

 変な自慢になってしまいましたが、先日一気に読んだ本にいいことが書いてありました。自戒の意味も込めて紹介させていただきます。新宿鮫の9番目、大沢在昌さんの名作シリーズの最新作の中での主人公とも言えそうな中国人の美人、でも、悪い側の人の言葉です。今手元に無いので、大体の話になってしまいますが、

「私はあまり話す人を信用しない。自分の力やお金のことを話す人は、たとえそれが本当であったとしても信用できない。」

 とまぁ、そんな言葉です。男でも女でも、中途半端な人間、ついついそういうこと、また、物やなんかを自慢してしまう傾向、あるでしょう?私の場合は韓国のこと、韓国に関する話や経験ですが、ついつい自慢げに書いてしまうこともあるなぁ、って思っています。注意しないといけません。

 さて、準備をして、出かけます。夜は国際情報大学の公開講座の最終回。自分で作って覚えたスピーチの発表会の準備もしないといけません。いくつかネタをメモしてあるにはあるのですが、いざちゃんとした文章を綴ろうとすると、自分の力の無さを感じます。草韓国語の限界を感じてる今日この頃です。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

普通の韓国を探して2957 ルームサロンのごみ

4351

 江陵のとこで紹介したルームサロン(ビジネスルーム)「テンプロ」の店の前のゴミ、洋酒(ヤンジュ=韓国ではあまりウィスキーと言わず、洋酒という言葉をよく使います)の空きビンです。バランタインと、国産のウィンザーかスコッチブルーというのが基本という感じ(今は写真が小さくて見えない)ですが、やはり高級な酒という認識なのでしょう。でも、飲み屋だと人数分出てくるんですよね。日本人目当ての中途半端な駐在員用、観光客用の店では知りませんけど。

 大昔、延世大の先生と新沙洞にある矯正歯科のオフィスを見学した後で、連れて行ってもらった店、ノニョン洞の割合静かな街にあったビルの中の店でしたが、やはり人数分のバランタインが並びます。客の数だけホステスさんがいなかったし、個室ではないのでルームサロンではないのでしょうが、電子オルガンとコンピュータを駆使して何でも伴奏してくれる先生ニムはいました。江南あたり、事情がわかれば高いけれどホステスさん相手に飲めるルームサロンとか歌謡酒店ではない店があるようです。でも、計算は相当高いのだと、後日会った時に延大の先生に聞きました。

 「明日は誰にでもあるんじゃ~い!」という胃薬の宣伝が昔ありましたけど、「酒は酔っ払うためにある」というのが韓国です。ウォンショッ(1ショット=一気飲み)とか、グラスを使ったゲームのような爆弾酒の造り方、、、

 昨日当地では第1回の放映だった韓国ドラマ「華麗なる遺産(初回から荒唐無稽すぎるけどキムミスクとハンヒョジュは好きです)でも、そんなシーン、そして、計算は6~7人で390万Wというお話でした。まだまだ韓国では酒の勉強が足りない私です。あまりする気もありませんけどね。

 余談ですが、月初めの訪問の帰り、古町の行きつけのバーの御主人に話のタネとして、スコッチブルーの12年というのを買ってきました。ちょっと飲ませてもらいましたが箱も瓶もなんだかバランタイン17年のレプリカのような感じ。味は、、、昔の日本国産ブレンドウィスキーの特級という感じ。やはりバランの17年のが美味しかったです。

 明日は天気を見てですが、どこか出かけたいと考えています。もうすぐ上がり、ちょっと嬉しい気分の休み前です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記394 ひまわり日記

001 004 006 008 010 011 012 013 016

 医院の20周年記念で配ったヒマワリの種、ちゃんと発芽するかどうか事前に医院でテストしました。3つくらい脱脂綿の上に置いて水を切らさぬようにして、、、寒い時期でしたが無事発芽。でも、そこで捨ててしまうのもしのびないので一番元気そうなのを家にあったあり合わせの鉢に移植、北向きの窓の所に置いて育てました。4枚目のように危ない時期もありましたが、なんとか回復。さすがに栄養不足なのか花はちょっとしょぼいものでしたがちゃんと咲いてくれました。医院HPに報告しましたが、キレイに咲いたという嬉しい話も聞き、ほっとしています。

1 2月25日

2 3月2日

3 3月17日

4 3月19日

5 3月31日

6 4月9日

7 4月28日

8 5月10日

9 5月15日

 本日は休みの谷間、暇です。そういえば韓国も21,22,23と秋夕休み。週末をつなげて外国旅行される方も多いはず。私みたいに観光地でもない場所を一人で歩いて、なんて人もきっといるはずです。空港へ行ってみるかなぁ??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2956 1年前の清涼里

428 429 430 431 432 433 434 435

 1枚目の写真でおわかりのように、ちょっと前の清涼里です。同じ場所から同じアングルで同じレンズで、ソウルの定点観測をすると面白いだろうなと思います(栗原景さんが名洞でやっておられます)。

 駅前のロータリーとバス換乗(乗り換え)センターの写真ですが、気持ちよく晴れた冬の日の写真、そのままでもきれいでしょう?5枚目のビルの壁面のカーブでここがロータリーになっているのがわかります。

 次回の韓国出張は11月の学会大会。すでに飛行機の予約が難しい日もあったりですが、少し予定を変えて予約出来ました。宿の予約はまだですがそっちももたもたしてると無くなりそう。やはり秋が韓国の一番いい季節なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2955 ミアサムゴリ2・ソウルの普通の町

057 058 059 060 061 062

 ミアサムゴリの続きです。1枚目は横断歩道を東に渡ったところから西側、市場のある側の写真。残りは大通り東側の飲食店の多い街の写真です。最後はまた大通りに出たところかな?ロッテの裏の方をぐるっと回った感じになりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

普通の韓国を探して2954 彌阿サムゴリ(ミア三叉路)・ソウルの普通の町

20100908_054 20100908_055 20100908_056 20100908_057

 2000年代に入り韓国ブーム、いわゆる「韓流」がおき、韓国を訪問する日本人が激増しました。このため、市内中心部のホテルだけでは収容しきれず、離れた場所の安いホテルにも観光客が送り込まれ、観光掲示板などでは、いろいろ不評が見られる状態になりました。シティパレス、今はない田豊、東大門のサムホ、中心部ではありますがセントラル、そしてここ、ミアサムゴリのビクトリアホテルなんかもそのクチでした。3回泊まっていると思いますが、古いのは否定できませんし、ナイトもあってうるさいとかもあるかも。でも、私にはケンチャナヨ。なんか、ここ、ミアサムゴリ、好きな街なんです。

 4号線の駅の真上が幹線バス(ブルーバス)の島式停留所です。1枚目は議政府方向、そして2枚目は左手、古い市場のある方向、その入り口が見えます。3枚目はまたもバス停、この辺、議政府方面、牛耳洞方面へのバス、頻繁に走る大通りです。

 島式停留所の端にある横断歩道で待ちながらさて、どっちへ渡って街を歩こうか考え、結局右へ。旧来の飲食店街、それとマウルボスの発着所、ビクトリアホテル、ロッテ百貨店ミア店のある側へ行くことに決めました。4枚目がそっち側の写真です。ずっと飲食店が並ぶ、夜になるとにぎやかな通りの入り口です。

 前は新世界があったけど小さめで今はなくなりましたが、キルム駅方向へちょっと言った場所に大きめの現代デパートがかなり前にできました。さらに、少し前に上記のロッテデパートも開店。ソウル東北部ではノウォン駅周辺、スユ駅周辺のスユリとともに、大きな繁華街と言えるのがここ、ミアサムゴリです。

 追加ですが3枚目左手向こうに見える大きな建物がロッテのミア店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2953 延世大学校原州キャンパス

090 091 092 093

 江原道の「江」は江陵、「原」はここ原州。だのに道庁はどちらでもない春川にあります。陸軍第1軍団のある原州は駅から軍部隊への引き込み線もあるみたいだし、ちょっと郊外、特に横城、洪川方面へ向かう北側の道路沿いにはいくつもの部隊が配置されており、車窓風景なども撮影できない場所が多い感じです。また、地図には載っていませんし、済州便がわずかに飛んでいるだけの原州横城空港も来たの郊外、峠のたいらになった部分にあります。

 反面、ソウルから割合近いせいか、町の南側には新しいアパート群がどんどん建っており、人口増加、発展が目立つ地方都市の一つです。旧来の町中は案外狭い範囲。前にも泊まって歩いてみたのでその範囲では大体地理をつかんでる、そんなです。4枚の写真はその旧来の繁華街の南、小高い丘にある延大の原州キャンパス。かなりの規模の病院があるので、医科大学はあるのでしょうが、他に何学部があるのか、ちょっとわかりません。

 駅から市場、市場裏手の路地、また大通りに戻って中心部の十字路、そして、この延世大学校、また大通りに戻って中央市場を見物した後、タクシーで新しいターミナル(少し前に紹介済み)へ向かいました。

 本日も休診、ちょっと雑用、買い物で出てきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

普通の韓国を探して2952 江南高速バスターミナル

20100908_043 20100908_044 20100908_045

 私の場合、どっちかっていえば地方旅の半分は全羅道方面。それも行きは汽車か飛行機で、ソウルへの帰りがバスってのが多かったため、嶺東、湖南線ターミナルの利用が多かったんです。昔の全羅道差別のシンボルと言われたぼろっちいターミナルの時代、新しくセントラルシティができて、きれいになった時代、両方見ていますが、とにかく、こっちの京釜線のターミナル、あまり利用したことがありません。最近は東ソウルの利用も多かったし、、、思い出してみると3年ほど前の冬に馬山行き深夜優等高速に乗った時以来でした。

 ガイドブックにもしばしば掲載される三角形の大きなターミナルの建物。さすがに老朽化が目立つ感じです。新しいセントラルシティのが今は完全にきれいだし、マリオットホテルに巨大な新世界デパート、時代は変わる、って感じを受けました。

 降車場で降りて、たいていはまずトイレへ行って歩き出すのですが、3枚目、広い歩道も人影が少な目。午前の早めの時間だったからでしょうか??でも、ここから地下鉄へ降りる地下商街もなんだか改装中とか空きの店も多く、暗くて天井も低い感じです。そろそろ大改修の時期も近いかもしれません。

 韓国の地方交通の主役はバスです。広さでは光州の総合ターミナルでしょうが、発着台数ではまだここかな?移転は難しいでしょうけど、営業しながらの工事とか、できるのかなぁ???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

普通の韓国を探して2951 韓国のスグレもの・地下鉄連結部の車内ドア

049

 今年になって気付いたことですが、ソウルの地下鉄の新しい車両、隣りの号車との間の連結部のドアが自動になったのが走っています。KRの客車とかKTXでも前からボタンを押すと、もしくはレバーを下げると開くタイプの自動ドアがありましたが、この地下鉄のドア、片側のボタンを押せば向こう側の車両のドアもほぼ同時に開くのです。これには感心しました。

 従来の手動のレバー式のものでも、誰かがこっちを開けるということはすぐに向こう側のをまたレバーで開けるわけです。どうせ自動にするなら片側のボタンを押すとその向こう側のドアも開くようにすればいい、これ、当り前のことですが、日本では実現していなかったのでは? どこかの日本の電車でこういうタイプ、あるのかもしれませんが、私は韓国で初めてこれ、見ました。技術的にはそう難しくはないはず、日本でもこういうタイプ、できれば便利なのになって思う一件、韓国のすぐれた点をみつけた気持ちです。この自動ドア、ご存知でしたか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2950 龍仁市外バスターミナルです

027_2 028 029 030 036 038 031 032

 ソウルからの高速バスの最も近い行き先が確かここ、龍仁です。Gバスのターミナルをも兼ねているようで、そちらは通学の高校生でいっぱい。我々韓国の地方旅行者は観光交通時刻表を持っていればオールマイティって思ってしまいがちですが、大都市近郊の座席バスとかの情報は向こうのサイトとかを見ないとわかりません。ソウルから近いここらあたりだと「郡内バス」といういい方は不適かもしれませんが、網の目のようにこのGバス、ソウル近郊を走っているはずです。私も、まだまだです。

 忙しい週末、午前は大忙しです。午後の空き時間にまた続きを書きます。

 1枚目、モテル街から立体交差の下の横断歩道を渡れば角がターミナルです。ここは昔来た時とたぶん変わっていません。2,3枚目は中の様子。大抵バスターミナルには薬局がありますが、ここはかなりの大きさの店でした。3枚目は売票所(メッピョソ)、切符売り場です。4枚目はちょっとフォーカスが甘めですが、1年ほど前に始まったのかな?高速バスの休憩所での乗り換えが可能になったのの案内が出ていました。真ん中の1車線はバス専用レーンですので、時間が確実になったが故の新しいアイデアでしょうけど、どれくらい利用されているのでしょう?日本人でやってみた人いるのでしょうか?

 5、6枚目はGバスの乗り場の方。かなりの本数が走っているようです。7、8枚目は我が高速バス。江南ターミナルまで2800W。この時のレートだと210円というところでしょうか?高速を1時間も走って、そんな値段です。ありがたいもんです、韓国の交通費の安さは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

とうちゃんの自転車日記393 岩船港粟島汽船乗り場

003 004 005 006 007 008 009

 水曜日の早朝ドライブ、行き先は村上市でした。新潟中央インターから神林岩船だったかな?村上の少し手前まで、60キロ弱の区間ですが、無料なのです。何度かお金を払って中条までは行ったことがありますけど、その先は初めて。無料のせいか、思ったよりたくさんの車が走っていました。

 終点で降りて、さてどっちへ行こうかと思いましたが、いつか自転車を持って行きたいと考えている粟島への船の出る港、岩船港へ向かいました。出口から10分もかかりません。船の時間がまだまだ先のせいか、誰もない港。いい天気の朝、きれいな写真になりました。

 外の車が入れない粟島、貸し自転車で島を回ろうなんて広告を見かけますが、かなりの上下があり、普通の人では無理とも聞いています。元気な人なら新潟市から自走でこの港まで来て、船で渡り、島を一周。帰りも自走で新潟市までなんてのも可能かもしれません。最近あまり乗れず、脚が弱くなった私はせいぜい車かJRで輪行+フェリーでしょうか。いつかやってみたいものです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2949 国立中央博物館への道

368 369 370 371 372 373 374 398

 帰国の日、団体の時は別ですが、ついつい時間をもてあましてしまいます。韓国には慣れているほうだとは思いますが、時間の使い方がへたくそです。ちゃんとしたホテルに泊まればそんなことはないのかもしれませんが、何もしないで過ごすことが多いのです。

 この日はでも、前から気になっていた中央博物館へ行ってみました。4号線の駅から、すでに中学生、高校生の人波が続きます。前にもちょっとふれましたが校外授業の一環としての見学が多いようでした。立派な博物館、なんと入場料がかかりませんし、ストロボを使わなければ写真撮影も自由。なんか韓国のいい点、太っ腹なところを見た感じです。急ぎ足なら2時間もあれば一通り見学できます。韓国の宝物、世界の宝物、いいものを見るのはなかなかの快感です。時間が空いた時、ここ、お勧めです。韓国ファンなら一度は行くべき場所のように思えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2948 2010年6月17日・鍾路2街

044 045 046 047 048 050 511

 2010年南ア共(韓国でよく使われた略語=南アフリカ共和国)ワールドカップ、対アルゼンチン戦のあった夜です。場所は鍾路2街から仁寺洞というか寛勲洞。バスで鐘岩洞から戻り、宿へ帰る途中です。まだ試合が続いていた時間ですので、大画面テレビを置いた店にはお客さん多数。でも、残念ながら負けてしまいました。

 4枚目、6枚目にはカップルの姿が写っていますが、「静かな所で~」なんて言ってるのかな?6,7枚目は鍾路の裏通り、マクドナルドのある道の幌張馬車。前は3つあったし、一番大きな「カタルシス」は顔も覚えてもらっていたのに、なくなってしまっていました。変化の速いソウルですので、それも、ま、しょうがありません。

 ハングルの解説は省きますが、読めると本当に韓国行きが楽しくなります。普通の頭で2時間、そう周囲に言ってまわっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

普通の韓国を探して2947 お姉さんに1000Wあげた話

20100908_147

 前に空港バスに乗った時の写真です。女性の脚が見えていますが、この方に私が1000Wあげたのです。

 数年前から安い空港リムジンでもTマネーが使えるようになりました。でも、値上げがしばしばある韓国、たまに機械の調整が間に合わないときもあるみたいで、10000Wなのに9000Wだかしか引かれないという状態のようでした。私は現金マノンで乗りましたが後から来た若い女性、二十歳過ぎでしょうか、短パンをはいた女子大生みたいなひとでしたけど、T-moneyで乗ってきました。すかさず技士ニム、機械の表示が9000Wだったでしょ?現金であと1000W払ってください、と言います。「オットケー?(どうしたらいいの)現金全然無いんです。」とくだんの女の子。

 今までに私自身が出したのは100Wとかが限度ですが、ターミナルの売票所で、前のアジュマがもたもた小銭を探してるところでお金をあげたり、まぁ、韓国では当たり前にあることです。上記の状況に遭遇して、「おっ!!チャンスっっ!」って思った私、「チェガ ネ トゥリルケヨ」と言ってポケットに畳んで入れてある1000Wを1枚、1秒もかからずに差し出しました。

 「感謝します、アジョシ」と言って微笑みながら何の躊躇いもなく1000W受け取って料金箱に投入、私の斜め前の座席に座りました。運転技士さんも別によくあることなのか、無言。女子大生風お姉ちゃんも上記の一言であとは何もなかったように、携帯をいじっていました。もちろん、これを機に仲良くなろうなんて下心はありませんでしたが、とにかく、当たり前のこと、大したことないよくあること、韓国ではそんな感じなのでしょう。あっけないくらい普通の出来事のようでした。

 少し前に書きましたが、日本人はお金をもらうってのには結構抵抗感があると思います。たまたまこんなふうに助けてもらった場合でも、きっとどうにかしてその金額を返すことを考えるでしょう。場合によっては返済プラス気持ちとしてのお礼まで考えるかもしれません。もちろん、その場ででも、オーバーなくらいにお礼を言うでしょう。

 それが、韓国では見知らぬ人に100W、1000Wもらってもその場で一言お礼を言うだけ。もらった側、あげた側ともに、大したことはしていない、ケンチャナヨ、という感じ。この辺、どっちがいいとは単純に判断できませんが、ウリとナムの区別がはっきりしていると本にある韓国、案外「ナム(他人、見知らぬ人)」への優しさもあるのではないかな?と考えています。 優しさ、というのは言い過ぎかも、、、前に書いた「私の余裕のお金の100Wとか1000Wで、その場がうまく収まり、皆が気持ちいい状態を保てる。」そんな気持ちなのかもしれません。

 韓国の人、率直で喧嘩っ早いというイメージもありますが、「その場を丸く収める」というようにする行動、案外多いのではないでしょうか?1秒以内の判断で不足したバス代1000Wを差し出せた私、韓国人に近づくことができたようで、ちょっとうれしい出来事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月16日 あいにくの雨

20100908_162

 本日も休みです。朝早く診療所へ行き、患者さんのレントゲン写真を抜歯をお願いした先生のところへ届け、帰宅。午前中はとうちゃんの休みなのですが、あいにく雨で、自転車に乗れません。でも、大した降りでもないので雨具をつけて乗ってみようかな?とも思います。だいぶ前に買った雨具があるのですが暑いのと、脱いで干すのが面倒で、ほとんど使っていません。雨だと歩きだったりします。

 大半の高校生はママチャリで傘さし運転。違法なのでしょうが学校も黙認なのかな?前記、車で市内の歯医者さんのとこへ行った時も8時半前。たくさんの高校生がみんな傘さして乗っていました。バスの便もあんまりだし、電車は使えない、そんな場所だとしょうがないのかな?とも思います。どうなんでしょう?新潟東高校の先生方、警察の方。

 写真は韓国でしか売っていないロッテのクランキーボール。味はほぼ一緒。面白い土産になります。冷蔵庫で冷たくして食べるとおいしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2946 道峰区双門3洞・ソウルの普通の町2

20100908_080 20100908_081 20100908_082 20100908_083 20100908_084 20100908_085

 ソウル特別市のトボン区サンムン3洞の普通の町です。道峰区の名前はソウルの名山のひとつである道峰山からとったものでしょうが、どっちかといえば道峰山は議政府からの姿が最高、でも、この道峰区あたりでは北漢山が立派に見えます。1枚目、4枚目、北漢山の主峰と仁寿峰がちょうど通りの向こうにのぞいています。フランスパンの半分のようなてろんとした大岩峰、山好き、岩山好きには韓国、楽しい場所です。

 3枚目はちょっと古い、水道タンクが目立つアパートを撮影。老朽アパートというほどでもありませんが、ちょっと古くなってきたタイプ。いい感じが出てきています。5,6枚目は議政府街道(私が名づけた)の大通り。向こう側は倉2洞です。6枚目のアパートはセンピョカンジャン(泉票=泉印醤油)のカンジャンコンジャン(醤油工場)の跡にできたかなり新しいアパートですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2945 京機道龍仁市龍仁・モテルパークの302号室

20100908_013 20100908_015 20100908_016 20100908_018 20100908_019

 龍仁中央市場のスンデコルモク(スンデ通り、スンデ小路)のピョンウォンチプで推薦された市外バスターミナルそばのモテル村(モテル集中地区)の「モテルパーク」です。エレベータなしで、やや古め。おすすめはしません。ターミナルそばならシネマホテル(シネマモテル)、市場のほうの歓楽街ならカメレオンモテル(少し前の写真にあり、2階が遊興酒店のところ)あたりがいいでしょう。

 商売っ気がないのか、ティシュの箱もタバンとか夜食の宣伝のものではないですし、まぁ、ピンク中心の内装ですが、みな古びた感じです。あ、汚いという意味ではないですよ。

 まずモテルに入ると、浴槽にお湯を出し、テレビをつけて、飲み物は冷蔵庫に入れ、一休み。窓の外の景色も見ます。そんな時間の写真と、最後は朝の出発のときのもの。アジョシは寝ているのでしょう。監視カメラがあるのでお勧めできませんが、外から入ってきて、この鍵もって上がって、短時間の休憩使用(H!!)も可能かもなぁ、、、なんて思うおおらかな韓国の安宿です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

2010年9月15日 本日休診

20100908_178

 沐浴湯というか、スーパー銭湯へ行ってきました。休みでもいつもどおり早起き。朝ごはんを食べて、犬の散歩をして、午前中は出かけるよと言って今日は車で外出。7時半頃出発して県北方面へ。期間限定で無料になった高速道路を走ってきました。で、10時のオープンに合わせてスーパー銭湯。早めのお昼を食べて帰宅です。午後は家内が出かけるので、私は夕方まで留守番というわけです。

 夏の暑い時期、家では毎日シャワー。で、週に1,2度、韓国人のように大きな風呂へ行ってよぅく洗います。なんか沐浴湯に慣れると家の狭い浴室で一生懸命洗う気がしなくなってしまいます。富山出身のスタッフの影響か、、、それとも韓国の影響か、、、やはりでっかい風呂のが気持ちがいいもんですよ。

 写真は仁川空港離陸直後の風景。これも、厳密に言えば禁止です。次回、入国を拒否されてもしょうがない写真です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

2010年9月14日 相変わらず人気の韓国旅行

709

 10月の中旬、スタッフの希望で休みができました。連休がらみですので、切符が安くなる後半を使って2泊か、できれば3泊、行ってきたいなぁと思っていました。ところが、昨日旅行社のサイトを見たら、予定していた日の行きが、平日なのに満席です。あ、マズイ、、、と思って11月の学会の時の予約状況をみると、そちらも予定していた日の行きが満席です。結局、絶対行かないといけない11月は1日長い行程にして予約ができましたが、10月は切符がありません。1人ですのでキャンセル待ちで確保できる可能性も無くはないのですが、予定が迫っていると落ち着かないのでやめました。

 我が新潟平野も稲刈りに取りかかっている季節。そういう農業関係のお客さんで、収穫を終えての韓国、もしくは仁川乗り継ぎの外国旅行をする人も多いのかもしれません。この秋の韓国行きをお考えの方は早めに航空券の確保をしておいたほうが良さそうですよ。

 写真は関東鉄道のディーゼルカーの中からの筑波山です。関東平野の広い大地に急に聳え立つ独立峰であるため、実際の標高以上によく目立つ、秀麗な山です。この秋、熊に注意は必要ですが、山もいいかな?って考えています。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2944 서울탁주도매협회 중구합동판매장

403

 ソウル特別市の旧市街、中部市場とか中区区庁のあるあたりでの1枚です。もしかしたら日帝時代からあったかもしれないような古い建築に長寿マッコリの看板があり、木の表札がかかっています。 前に往十里の販売所、倉洞の工場の写真を紹介しましたが、ここもソウル長寿マッコルリの販売所のようです。

 上の看板には

ソウル長寿     長寿米マッコリ 缶マッコリ

ソウル濁酒 中区合販場

とありました。「合販場」ってなんだ?と思って木の表札を読むと、

ソウル濁酒都売協会 中区合同販売場

と書いてありますので、合同販売場の略称なんでしょう。都売は「トメ」と読み、卸売のこと、これに対して一般の小売はそのまま「小売」と書いて「ソメ」と言います。

 サンケイの黒田さんの本で、韓国の酒の代表は?という話がありました。焼酎、マッコリ、ビール、正宗(清酒)、慶州法酒だの、いろんな酒の話、面白く読みました。その中で、マッコリは生きていて保存が効かないので、代表にはなれない、という意見があったのですが、私が選ぶなら、焼酎が代表、マッコリは実力充分の次点、そんなふうに思います。生のマッコリ、飲みたいもんです。2000円とかじゃなく100円くらいでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2943 明洞だって行ったことありますよ

305 307 308 309

 本日はオープンデイ、研究日です。どうしても火曜日という方の予約が2つだけ入っていますが、いろいろ雑務だの掃除だの、そんな日です。もうすぐ日本の矯正歯科学会があるので、材料のチェックがメインかな?

 さて、このブログ、龍仁だの倉洞だの双門洞だの、あまり観光では行かない場所ばっかの最近ですが、明洞だって行ったことあります。前にアップしたのがあるかもしれませんが、縮小した写真の倉庫にあったのを掲載です。5月の連休の時の明洞地べたビュー4連作です。なかなかいいでしょう?

 初めての韓国行きは済州のオリエンタルホテル、まぁ、これはチャーター便の団体でした。初ソウルの2度目は江南、駅三のルネッサンスホテルの裏手のモテル街の山水荘というモテルでした。そしてアジア太平洋矯正歯科学会の時は止むなくグランドインターコンチネンタルのジュニアスイート。次はどこだったかなぁ??けっこうソウルのホテルは高い所を含めて知ってるつもりです。この明洞周辺だとロイヤルホテルに一番泊まってると思いますが、あ、ウェスティンはまだですね。 ここでもホテルの事、書いていますが、旅慣れた方なら中心部だとホテルPJ。あとは、ホテルじゃないけどホテルソンビ。もっと安くていいなら、ま、いくらでもあるか、、、 ま、ホテルのこともご質問いただければアドバイスいたしますので、コメントなどお待ちしております。

 アップして写真を見ました。3枚目、でかでかと「頭皮・脱毛」という看板があります。何度かここでも書いていますが、日本は水が悪いのでハゲが多い説があります(韓国)。でも、映画なんかでもしばしば見るように(ex.猟奇的な彼女等)、韓国人はお洒落でえーかっこしーだから、かつら愛用者も多いのかも。さらには、明洞とかその辺に限らず、こういう「頭皮・脱毛」の店に行くとまたふさふさと回復できるのかな?なんても思います。

 ハングルが読める方、ソウルの町中でちょっと見まわしてください。「頭皮・脱毛」、時にはこれにプラスして「仮髪(カバル=かつら)」という看板、広告、きっと1枚は見えますよ。知らないで撮った写真にこんなふうにでっかく写ってるなんてのもきっとあると思います。韓国行くと「花」、「薬」という看板が多いというのは諸書でもよく書かれている話ですが、「脱毛、頭皮、仮髪」も、日本よりずっと多いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2942 京機道龍仁・朝の風景

019 020 021 022 023 024 025 026

 龍仁のモテルに泊まった朝、フロントに鍵を置いて出発です。バスターミナルから立体交差のある交差点を渡ったあたりがモテル街。大小いくつかのモテルが集まっています。観光掲示板などでは往十里とか、「モテル街で~」と、良くないみたいな書き込みがありますが、別に韓国では普通。もちろん、カップル利用もたくさんあるのでしょうが、普通の安めの宿泊施設のひとつにすぎません。

 1枚目は宿の真正面。駐車場みたい。この龍仁、中央市場ががんばっているという記事があちこちで見られましたが、こんなのも営業努力の一つかもしれません。低い山の間、案外狭い街ですので。2枚目はモテルの駐車場出口で、となりのモテルと共用。大通りからも入れますし、川沿いの道からも入れるようになっています。その川の方の出口へ向かいます。

 3,4,5,6枚目は川沿いの道からのモテル群。ルームサロン併設のモテルもありますが、特別な利用者は階を区別しているはずですので、普通の宿泊も大丈夫。大体韓国のモテルが満室になるなんて滅多なことでは起こりえません。それくらいたくさんありますから。

 7枚目は川。90年代にもここへは来ているのですが、前はこの河川敷、駐車場になっていました。コンクリの平らな場所でした。それが、遊歩道になっています。自然破壊というと大げさですが、韓国の地方へ行くと河原をコンクリートで固めて駐車場にってのは誰でも見たことある風景でしょう?でも、そこをまた剥がして草地と遊歩道にというのはちょっとすごい、韓国ならではの変化だと思います。清渓川高架道路の撤去→河川公園化もそうですし、いいと思ったらすぐにやる、また、なんでもやる。韓国の行政の美点かもしれません。

 8枚目はターミナル前の立体交差の道。向こう側の角が市外バスターミナルです。私が泊まったのは5枚目の「モテルパーク」です。すごいお城みたいですが、薄っぺらい建築で部屋は片側1列しかありません。全室リバービューというと聞こえがいいですが、エレベーターが無いんですよ。マクチャンスンデを食った店、「ピョンウォンチプ」のアジュマと息子さんの推薦だったのだけど、どう考えても一番ターミナルに近くてでっかい「シネマモテル」のが良さそうです。知り合いのモテルだったのでしょうか?まぁ、寝るだけでしたのでケンチャナヨなんですが、、、 知り合いがモテルをやってて最近古くなって客が減り困ってる→旅慣れた風の日本人旅行者に聞かれた→紹介してやれば喜ぶだろう、てな感じだったのかなぁ?? 

 ともかく龍仁の昔からの町、行ってみて損はない、、、かな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2941 双門3洞・ソウルの普通の町1

071 072 073 074 075 076 077 078

 ソウル特別市道峰区サンムン洞です。少し前にアップした倉2洞とは、議政府へ向かう大通りを隔てた反対側の「普通の街」です。しかし韓国、露店を含め、店がたくさんあるのには驚きます。ハルモニが小遣い稼ぎ程度にやっている商売ももちろんありますが、店を借りて保証金と家賃を払っての商売も多いはず、よくやっていけるなって自営業の私は思います。

 駅の前、大通りからちょっと入るとすぐに普通の商店街。コルモク市場という感じでこのサンムン洞もたくさんの店がありました。初めて行く場所、やはりどこでも楽しい韓国です。

 すみません、アップしてから写真を見ましたが、1,2枚目はスユ駅前かもしれません。勘弁してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

普通の韓国を探して2940 龍仁・旧市街の夜

005 006 007 008 009 010 011 012

 安城からの緩行バスで1時間ちょっと。龍仁のターミナルで降りて中央市場。マクチャンスンデとマッコリの夕食を済ませて店を出ました。いろいろ話したスンデ屋のアジュマ、その息子さんに聞いてモテルへの道を歩きます。結局ターミナルの周辺へ戻ることになりました。

 韓国の古い街、どこでも大小の差はあれ、繁華街があります。いちばから出ると狭い区域ですが遊興酒店、ルームサロン、歌謡酒店なんかが密集しているところがありました。2,3枚目は新しいめのモテルの2階のルームのようです。2次(イーチャ)は同じ建物のモテルの部屋でってふうになってるのかな?まぁ1人では行く場所ではないので知りません。

 6枚目はターミナルのある大通りに出たところ。雑居ビルにはやはりいろんな遊興業所が入っています。毎日検索の上位に来る「按摩」もちゃんとあります。8枚目はそこらへんから中央市場のあるほう。昔からの龍仁の町の中心部を眺めた1枚です。

 ソウルと水原に隣接するため、どんどん開発が進みアパートができている龍仁市ですが、昔からの龍仁の邑内はこの辺。川が流れる小さな山の中の街です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2939 道峰区倉2洞・ソウルの普通の町

408 409 410 406 407 411

 ソウルの北東部、道峰区の倉洞です。4号線、1号線(国鉄)の倉洞駅から主に南西側、かなりの範囲が倉洞になります。前に紹介した長寿マッコリの工場、新倉市場、三益サウナタウン、そんなのがある普通の街です。

 ソウル、けっこう細い道、それと、アパート群の中までマウルボスが走っています。一定時間内の乗り換えが無料ですので、マウルボス→地下鉄とか、マウルボス→普通のバスとかの乗り換えで通勤通学、とても便利になっています。

 3枚目、「酒学院」って読んでしまいました。マッコリ工場があるからと言って酒飲みの学校?なんて思いましたが、「美術学院」でした。日本でもそうですが、美術大学への進学のための予備校、ソウルでもけっこう見かけます。

 4,5枚目は倉2洞住民センター、前は洞事務所という名前でしたが区庁の出張所にあった電池の回収ボックス。廃棄物のリサイクルに関してはもしかしたら日本に先行している韓国です。最後はちょっと古いアパート。私の目から見ると、韓国、とても治安のいい国のように思えますが1階部分の窓の格子がやけに厳重。これは一般の独立住宅でも言えますが、門や塀、やけに厳重な家がけっこうあります。やはり泥棒、少しはいるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

2010年9月12日 昼休みです

 お盆休みの4週後ということで、午後は予約が少なめ。早く上がれそうです。大雨という予報ですが、新潟市は今朝からは雨が降っていません。蒸し暑い午後です。

 さて、今日はちょっと前に気づいて嬉しかったことを紹介。

 ここ15年くらいでしょうか?「とんでもございません」という言葉というか挨拶が、「ありがとう」に対して返ってくることがしばしばあります。 何かのサービスへのお礼として「ありがとうございました」とこちらが言うと、主に30代くらいまでの人でしょうか?「とんでもございません」という言葉がよく聞かれます。そういう場合、昔から使われてきた正しい日本語だと、「どういたしまして」が正しいのだと思っていました。まぁ、その「気持ち」は一緒なのでしょうけど、かなり気になるというか気に障る言葉となっていました。「とんでもない」って、どっちかと言えば「法外な」、「常識を外れた」というか、そんな意味で使われることが多い、ややマイナスの意味を含む感じの言葉でしたよね?

 前から、なんかおかしな日本語だなぁ、でも、言葉も変化するのでこれでいいのかなぁ?なんて思いながらも違和感をずっと感じ続けてきましたが、ふと気付いたのは、これ、韓国語の「천만의 말씀입니다。」に相当する言葉なのかなということです。

 천마의は「千万の」 말씀は、말(言葉)の尊大語で目上の人の「お言葉」という意味ですので、「チョンマネマルスmイmニダ」は、直訳なら「千万のお言葉です」ですが、意訳すると「過大な(ありがたい)お言葉、ありがとうございます」という感じ。

 前記日本語の「とんでもございません。」も意味を汲み取って解釈すれば「お礼を言っていただきありがたく思いますが、当然のこと(仕事)をしただけです。」みたいなものです。

 誰にも負けない韓国&韓国語ファンの私、このことに気づいてから、あまり「とんでもございません」も気にならなくなりました。ありがたいありがたい。韓国語を勉強していて良かったなって思う一件です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事557 용인명물 막창순대

128 130 132 133 001 002 003 004

 とっておきの写真と言っても過言ではありません。たぶん日本のサイトでは他には無いと思います。龍仁の名物、マクチャンスンデです。まぁ、似たような高級スンデ、他に無くはありませんが、美味しかったです。

 ハングルで検索できる方は「龍仁中央市場」で探していくつかの記事を見てみてください。全国的に在来市場が衰退傾向にある中、いろいろがんばって活気を保っている市場として紹介された記事がいくつもあります。そこで見つけたのが「スンデコルモク」。市場の中に、これはまぁ、全国どこでもありますが、スンデとか茹で肉、モリコギなんかの店が集まるスンデコルモクがある、とのこと。これはスンデファンなら行かないとと思って安城に泊まるつもりが大雨のせいもあり、龍仁まで遅いバスで移動。宿を決める前にスンデ通りへ行きました。1枚目です。

 たくさんの店が集まっていますが、お目当ての太くて白くて厚い直腸のスンデを置いている店は少ない感じ。もちろん専門店ですから、屋台などでよくある1人前2000Wとかのハルサメばかりのやつではなく、店ごとに中身をいろいろ工夫している様子ではありました。結局1往復半して美味しそうな白いスンデを置く店を見つけて店頭のアジュマと話しました。店頭の現物がマクチャンスンデであることを確認して入店。やはり人気店(帰国後向こうのサイトを見たらアジュマが出ていました)のようで、混んでいます。まぁ、1人で1テーブル、はじっこで何とか迷惑でない感じの席に座れたので良かったです。

 注文は当然マクチャンスンデ、それとマッコリ。ソウルに近いせいか大好きな長寿でした。しばし待って出てきたのが2枚目。茹で肉はコブクロとガツです。美味しいものに説明はいりません。またこれを食いに高速バスに乗ってもいい、そんな美味しいスンデでした。前にもソウルの野菜スンデの表現で書きましたが「美味しい餃子のあん」のような中身と脂を含む分厚い白い腸の味の調和、、、思い出しただけでも唾液が湧き出る逸品でした。

 最後の1枚。韓国ではキムパプでもスンデでも、この端っこの所が一番美味しいとされています。私の韓国料理写真の中の最高の1枚でもあります。しっかりご鑑賞ください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2938 ソウル特別市城北区鐘岩洞

017 016 018 019 020 021 022

 帰国前日はソウルに泊まるのが、なんだか私のきまりになっています。もしも帰れないと翌日の仕事に困るというのが理由でした。でも、ここ数年、新潟行きの763便は夕方の出発ですので、よほど遠くにいない限り2時間前とかまでの到着は可能です。でも、ソウルで行きたい店、会いたいアジュマ、アジョシもたくさんいますので、今もそんなふうにしています。

 この9月初め、どういうわけかソウル市内中心部の1,2級ホテル、混んでいました。なかなか空きがありません。私にしては大奮発の10000円台でも中心部はダメ。結局、これも経験と思い、前は何十回と通っているチョンアム洞のプルティナの前にあるホリディイン城北ソウルを予約しました。久々の贅沢宿でした。

 地方を歩いてソウルに戻り、用事を済ませてチェックイン、その前の写真になります。1枚目はホテル方向。市内から来ると反対側に降りることになりますが、すぐ前に横断歩道があります。2枚目、鐘岩警察署が見えます。金康子署長の話ももう10年にもなるでしょうか?消防署もすぐそばにあります。

 3,4枚目は北方向、狭義のミアリ方面ですが、すでに5分の4は再開発でなくなり、ご覧のような高層アパートができつつあります。バイクは輸入の大型。隼とありました。1100だか1300だか、高そうなやつです。

 入って行きたくなるような5枚目の路地もありますが、裏の道にも市場があります。でも横断歩道を渡り6枚目。ホテル前からのまた北方向の眺め。そして最後はホテル前のバス停の路線図。この3倍くらいのバスがあります。江南方面も案外速く行けますし、旧市内中心部もバス1本。清涼里バス換乗センター方面は少ないけど、ちゃんとあります。ソウル市内、バスに乗れると、ぐっと行動が速く、便利になりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

2010年9月11日 「奥地」と「奥」

 アクティブ(積極的な治療を行っている状態)の患者さんの予約、大体4週間おきになります。今日の4週前はちょうどお盆休みで休診でした。そのせいか、今日の午前はいっぱいだったものの、午後は暇です。

 今回は韓国語を勉強していての失敗の話を一つ。例によって漢字語の話です。

 前に紹介したのは「上達」。「韓国語が上達する」とか言いたい時に、韓国語にも「상달(上達)하다」という漢字語があるものと思い込んで「サンダル」だのいう実際には存在しない韓国語を話し、相手に変な顔をされたりしていました。韓国語で技術や学問が上達するのは「向上(행상)하다」が正しいのでした。

 今回は「奥地」と「奥」なのですが、たくさん集めている韓国の本の中で旅行関係の一冊に「奥地旅行」だかいう言葉が出てきました。「오지」という言葉が韓国語にはあるのだな、日本語だと「おくち」だからちょっと似ているな、って感じていたのです。そんなつもりで、先日の韓国語講座の中で、自分なりのジンクス、という話題が出た時に「男子化粧室の一番奥の小便器」ということを言うつもりで「제일 오에 있는 소변기」と言ったら先生に通じません。

 「奥地」が「오지」なんだから、「奥」は「오」でいいのだろうって思い込みから来た間違いです。ある一定の場所の中の奥は「안쪽」が正しいようで、この一件、ちょっと恥ずかしかったものの「奥」という意味の韓国語を覚えることができたので良しとしないといけません。

 日本人にとって韓国語を学ぶ際に大きな手掛かり足掛かりとなる漢字語ですが、全部がそのまま韓国語にあるとは限りません。まだまだ勉強が足りない私でした。628

 写真は新潟市の信濃川ウォーターシャトルの乗り場です。前にも書きましたが、新潟西港と旧黒埼の新潟ふるさと村を結ぶ船です。自転車も載せることができますが、確か別料金、一時は通勤がどうの、という話も聞きましたが、料金、本数などの点からやはり実用には至らない「遊覧船」だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2937 부속고기・最近韓国で流行るもの

356

 写真はソウル、鍾路3街駅そばというか楽園商街そばの焼肉屋の看板です。「서래(ソレ) カルメギサル、부속고기」とありますが、この「付属コギ」、日本で言う内臓というか内臓肉に近い意味を持つようで、最近韓国でもこの「プソクコギ」の店、増えているようです。

 ハングルが使える人はグーグルで부속고기で検索してみてください。けっこう出てきて、上位にはこの店含め、似たような看板の店がたくさん出てきて美味しそうな焼肉の画像がたくさんあります。

 カルメギサルは昔から割合知られる豚肉の特殊部位で、チェビチュリとかなんかとともに豚の焼肉屋にはありました。また、コプチャン、マクチャンなど、腸の仲間は昔からそれ専門の焼肉の店が豚、牛、ともに知られています。でも、最近よく見るようになった「付属コギ」、まぁ、料理、食材の名称があいまいな韓国ですので、範囲は広いのですが、普通の肉以外の、内蔵、および内臓肉、時には前にここで「トゥンタンジ」で紹介したおっぱい肉だの、そんな安めの肉の総称のようです。

 日本でもここ数年ホルモンブーム。わが新潟でも雨後のタケノコのようにホルモンを売りにした店が続々できました。もともと材料は安いもの。それを新鮮なうちにうまく調味して焼いて食えばまずいなんてことはありません。日本人、韓国人ともに、ホルモン類の美味しさにやっと皆が目覚めた、そんなところなのだと思います。

 この内臓肉系、まだ韓国観光掲示板などでも、個人のサイトでもあまり紹介されていないと思いますが、たぶん半年以内には、あちこちで紹介されることになると予想しています。写真の店でも看板に大きく値段が書かれています。500gで10000~15000Wとか、安さが売り。でも値上げする時はどうするのかな?っても思います。前にここで紹介したトゥンタンジ(右下のブログ内検索をお使いください)の内臓肉盛り合わせも一人では持て余すりょうでしたが、2人いれば大丈夫。安い追加も可能だし、冷麺、テンジャン、そんなのも別料金(高い焼肉の店ではオマケの事も多いです)ですが、楽しめると思います。

 韓国の付属コギ(内臓肉+ホルモン盛り合わせ)焼肉、しばらくは流行ると予想する私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2936 2010年6月17日・WC対アルヘンティナ戦の夜

030 031 032 039 042 043

 南アフリカワールドカップ、韓国対アルゼンチン戦の夜です。市庁前広場を離れ、1号線市庁前駅へ。知り合いのホプへ行くつもりで1号線で新設洞。1,2,3枚目は新設洞ロータリー周辺の様子です。テレビがあるホプなんかではお客さんが歩道まであふれてテレビで観戦、応援しています。そのほかは歩道を歩く人も、車道の車も少ない夜です。

 4枚目はそこからタクシーで向かった鐘岩洞ですが、ここでも広い通り、車が極端に少ない状態です。5,6枚目は試合が終わる頃の鍾路2街。タクシーで宿へ戻ってきた時間ですが、これが鍾路?と思うくらいの車の少なさ。いったい視聴率はどれくらいだったのでしょう?惜しくも負けた試合でしたが、ワールドカップの韓国戦の時、韓国ソウルにいたというのは一生の記念になった、そんな経験でした。

 本日午前は超多忙ですので、朝かここまで。午後は、、お盆休みとのサイクルの関係で割合余裕があります。もう少しアップできたらと思っています。ご期待ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2935 KTX特室でソウル駅から幸信駅へ5

207 208 209 210 211 212 213

 KTXの車両基地がある幸信駅です。できる前はどんな感じだったのだろう?と想像したくなる広々した場所でした。今後、京釜線、湖南線以外の路線もKTXが走るようになるのでしょうから余裕を持って造った感じ。日本で同じような事ができるかな?こんな土地、どこにも無いのではないかな?と思いました。日本よりさらに狭く、人口密度も高い韓国、ちょっと不思議な感じもする光景でした。

 一応改札を抜けて駅前へ出てみました。3,4枚目です。初めての場所ですが、すべてが新しい「つくりもの」という感じがする街です。韓国、どこの町を歩いていてもそれなりに楽しい私ですが、そんな気持ちがあまり湧いてこない、完全に新しい街でした。

 結局、町歩きはせず、今度は電鉄でソウルへ戻ります。こちらも、昔は近郊型DCが1時間に1本くらい走っていた線が電鉄化、新しい線のようになっています。次はどこへ行くかな?と思いながら電車を待ちました。

 ソウル駅から誰も乗らない幸信行きKTXでの短い旅、これでおしまいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

すばらしい韓国の食事556 江南高速バスターミナル「キムパプ天国」でモドゥムキムパプ

046 047 045

 観光交通時刻表の高速バスのページ、一番近い高速バスの行き先はたぶん龍仁というところです。韓国民俗村とかエバーランドがある都市ですが、本来の龍仁は川の流れる小さな田舎町。それが、だんだんソウル近郊のアパート群の拡大により、新都市っぽい部分が出てきて、さらには水原の郊外の開発ともくっついて、そっち寄りの部分は大アパート群、旧来の町は案外そのまま、そんな場所です。

 前置きが長くなりましたが、そんな龍仁の名物、「マクチャンスンデ」を食べに行って宿泊した帰りのソウル、高速ターミナルで遅い朝飯になりました。何を食うかな??と思いながら地下鉄駅の方向へ行く途中、看板の色がなんか違うけど「キムパプ天国」がありましたので、そこに入りました。朝の忙しい時間を過ぎ、先客は女性2名。何を食うかな?軽くでいいなと思いながら壁のメニューを見たら、一番安いのが「野菜キムパプ」2000W。あとは皆2500とか3000Wです。

 本来1000Wの即席(その場で作る)キムパプを売りにたくさんできたこのチェーン、やはり1000Wでは無理ということで多くの店が1500Wになりましたが、家賃が高いせいでしょうか?この高速ターミナル店では普通のキムパプはありません。たかが100円ちょっとの差ですので、一番高い3000Wのモドゥムキムパプ=全部入りを頼みました。

 ほどなくして出てきたのが写真の1、2枚目。なんか、具をたくさん入れたせいか、偏ってしまっています。海苔の長さにも限界があるので、周囲にもご飯を置くとちゃんと巻けないせいなのでしょうが、、、ちょっと食べにくかったです。

 しかし、このキムパプ、大きさの割に空気が多いせいか、案外ぺろっと食えるものです。1本食べても案外軽い、そんなちょうどよいメニューです。どこかのサイトで見ましたがこんな韓国式キムパプ、もっと日本でも普及してもいいと思うのですが、、、いかがでしょう??誰でも美味しく食べられるメニューですものね。日本だと250円以上になると思いますが、純粋に美味しさの点で400円までは許せるか、って私は思います。多少のおかず、クンムルつけて500円!!というところです。

 3枚目は厨房側にあった保温容器。キムパプクンムル(スープ)はセルフだよ、ということでした。あ、あと水もセルフです。日本にもできたらいいのにね、キムパプ天国。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2934 KTX特室でソウル駅から幸信駅へ4

197 200 201 202 203 204 205

 さて、ソウル駅を出たヘンシン行きKTX、時速20キロくらいでごとごと走ります。忠正路のトンネルを抜けると梨大の裏、そして新村の築堤です。何度も行った場所ですが、汽車の中、それも高い所から眺めるのは何だか不思議な感じ・1枚目が延世大キャンパスとセブランス病院です。

 2枚目はもう幸信駅手前。新型KTXが見えました。そして終点のヘンシン駅。降りた人は20名くらいでしょうか?私以外はこの辺に住む人、鉄道関係者、そんなだと思います。7枚目に時刻表がありますが、日に8往復のKTXが来るこの駅、JRの博多南線は在来線扱いだと思いますが、こちらはKTX。高いお金を払っても乗りに来るのは鉄道ファンくらいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2933 原州駅前広場・ちょっと気を付けるべき点

068 069

 ハングルが読めて、ちょっと話せて、そこそこのお金があって常識があれば無理なく地方旅行ができる韓国、いい国だと思うのですが、ちょっとだけ注意すべき点があります。その中の一つが駅前などにたむろする浮浪者、もしくはそこまで行かないまでも働かないで(働けないで?かもしれませんが)ぶらぶらしてる人たち。少しだけいます。

 最近はソウル駅前の浮浪者(露宿者という言葉が多く使われるようです)は減りましたが、100Wとか小銭、時には1000Wくらいをねだったり、煙草をねだったり、しばしば経験があります。今回の写真は中央線原州駅ですが、1枚目の右手の木の下、2枚目の駅舎脇、たぶんお酒が入ってると思うのですが、ごろごろしてる人たちがいました。上記の通り、働けないでしょうがなくという人もいるのかとも思いますが酒の安い韓国、焼酎など昼間から飲んでいる場合が多いので関わりあうとちょっと面倒なこともあります。

 これは常識的なことですが、面と向かって写真など撮ればまず100%怒ってイチャモン付けてくる可能性が高いですし、そうでなくても煙草を吸う人には煙草をねだったり、手のひらに何枚かの100W硬貨を見せながら「協力」を求めて来たり、そんなことがあります。絶対カメラを向けてはいけませんし、韓国語が話せない場合はなるべく離れて通行。自然な感じで目を合わせないように、そうしたほうがよいでしょう。

 韓国、治安もよく、人々も親切で良い国ですが、少しだけ改善すべき点もあります。平気で乞食生活ができるのはそれだけ物やお金をあげる人がいるということでしょう。社会福祉の至らぬ点を一人一人の普通の人がカバーしているとも言えますが、やはり改善すべき点であるのは明らかです。地方を旅行する方へのアドバイスであり、大好きな韓国への提言です。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

2010年9月8日 用意周到ミス申

20100908_174

 今日は休みです。これからちょっと出かけます。新しいネタを集めるのは無理かもしれませんが有意義な出張にと考えています。写真は韓国映画「用意周到ミス申」。ホテルの有線テレビの映画チャンネルでやっていたコメディですが、主演の女優さんがすごくカッコよくて、一発で好きになりました。台風のおかげでソフトを探す時間がありませんでしたが空港の新世界の売店でビデオCDがあったので購入。まだ見ていませんが楽しみです。ハンイェスルさんという方です。それでは、行ってまいります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

普通の韓国を探して2932 설악산 단풍빵って、、、

177

 日韓両国、「どっちが元祖」論争があれこれありますが、これも、「んなの何でもいいじゃんっ」って思う私です。で、今回の写真、「雪岳山 丹楓パン」。後半は、なんか中国地方の有名なお菓子に似ているネーミングですよね。2、3回しか食べたことありませんが、看板の写真を見ると、商品自体も似ているようです。

 時期的にはまだもう少し先ですが、「丹」は赤いという意味、「楓」はカエデですが、「丹楓(タンプンg)」というと「紅葉全般」を言います。「パン」は、ふつうのパンももちろんそうですが、小麦粉を練って焼いたもの全般の呼び名にもなっています。「慶州パン」というのも有名でしょう。

 この「丹楓パン」、1個売りしてたら買ってみればよかったですね。場所はソウル駅の改札内。専門の売店でした。

 本日はちょっと早く終了。もう少ししたら上がりです。朝から久々の雨で、草木や農作物にはありがたいお湿りです。もっとも、韓国へまた上陸するかと予想された台風9号が今度は日本海を横切ってこちらの方へ進行中。降りすぎないよう、祈らないといけません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事555 またまた清涼里でユッケ(ユクフェ)

115 116 117 118 119 120 122 121

 国産牛ユッケ250g10000Wの店を見つけたよ、とホプアジュマに言ったら、それはユッケに使う肉じゃないいいかげんな肉なんじゃないか?って言われてしまいました。でも、また食べたくて清涼里へ。同じ店で、ユッケとマッコリを注文です。12000Wだったかな?ちょうど1000円くらい。いやになるほど生肉が食えます。充分美味しいです。

 1,2,3枚目は食べる前。4枚目5枚目のように混ぜて、6枚目、ニンニクをよけて、食べ始めます。7枚目はなんかもういいやって感じ始めたころ。3分の1位あまっています。この後、ゆっくりですが全部食べたけど、とにかくイヤになるくらいユッケが食えて10000Wはありがたい値段です。

 しかししかし、8枚目、やはり国産牛とは言え、乳牛って表示がありました。アジュマに尋ねたところ、乳牛のオスの子供の牛だから美味しいのだそうです。確かに柔らかい肉、インチキ部位とは思えない味ですもの。色が薄めなのも子供の牛の証拠かもしれません。厳密に言うと仔牛はお乳を飲んでいる状態。その時期だともっと色が薄いはずですが、もう少し育てての時期なのでしょう。「国産牛ユッケ」は「乳牛雄の子供の牛のユッケ」なのでした。

 早い時間だったので入った時間の先客は2名。プルコギで焼酎をやってるおじさん2人。その後1人客のおじさんが来て、やはり頼んだのはユッケと焼酎。1人でも手軽にユッケをたらふく食える店、いい店を見つけたと思っています。そのアジョシの混ぜ方を観察していましたが、チャジャン麺みたいに、箸を1本ずつ持って両側から混ぜていました。4枚目の写真、私はスプーンで混ぜましたが、やはり箸が正統なのかもしれません。次は箸ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2931 KTX特室でソウル駅から幸信駅へ3

176 188 190 192 193 194 195

 いよいよ発車です。光明駅とどっちが近いのでしょう?でも、めったに発行されたことがないであろう特室の乗車券、前にもちょっとアップしました。2枚目は特室の車内。やや暗めの照明です。

 3,4枚目はソウル駅の旧貨物駅。今は貨物扱いをやめているのか、閑散としています。昔、京義線の列車がソウル駅発だった時期があったと思いますが、あまり見ることがない風景、新鮮に感じました。5枚目は変電設備、そして6,7枚目、1時間ほど前に見た踏切をゆっくりと走ります。時速20キロくらいでしたでしょうか?かなりゆっくり走るのだなぁと感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

すばらしい韓国の食事554 やっぱりマッコリは生に限る

129

 昨日は休みの日曜、のんびり過ごすことができました。午後になるとさて、夕食は?だの、家内と話し、おつかいはとうちゃんが出かけました。その時に、最近売られ始めた大手酒造メーカーのマッコリを思い切って買ってみました。

 「思い切って」というのは、やっぱり高いからです。ソウルではごく当たり前の長寿、1000Wかそこらで買えます。100円しません。それが日本だと1本548円。おまけに、殺菌でしょう。やはり「もしもこんなに高いのを買って、美味しくなかったらどうしよう?」という心配が先に立ってしまいます。しかし548円、まぁそれくらいなら外で飲むこと考えればいいか、、、というわけで初購入。冷蔵庫で冷やしておいて、夕食の時に開けてみました。

 結果は、、、やはりだめでした。テレビでも宣伝があったりしますが、これを飲んで韓国のマッコリはこんな酒だと判断してほしくない、そう想いました。甘すぎ、あと、ガスが当然入っていません。底は米の成分か、薄茶色の粉が沈殿して、ちょっとどろどろ。あのソウル長寿マッコリにあるような爽やかさがありません。

 酒は大事にする自分、氷を入れて薄めて、結局1本飲んでしまいましたが、考えたことは、「次はいつソウルで長寿マッコリを飲めるかな?」ということでした。高級な食堂には置いていない安酒ではありますが、韓国の人も好きな人が多いであろうマッコリ。やはり目黒のサンマではないですが、マッコリはソウル(韓国)で生を飲むのに限る、って感じました。

 店で飲んでも3000W、コンビニで買えば1000Wくらい。スッキリ爽やかで飲みやすい、生きた麹菌の酒であるマッコリ。韓国へ行くすべての方にお勧めしたい韓国の美味の一つだと思うのはノンベのとうちゃんだけでしょうか???

 写真は8月31日の夕食の時にとある京機道の地方都市の市場の食堂で飲んだものですが、製造瓶詰は前日の30日です。地方ごとに、特色のあるマッコリがありますが、私はとりあえず、冷えた長寿があれば満足です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2930 原州市外バスターミナル・2009年に移転

116 117 118 115 119

 前に泊まったのは何年前だったか、原州へ行ってみました。いろいろ面白い事もありましたが、そちらはおいおい紹介するとして、バスターミナルが新しい町の方へ移転していました。

 暑い中、ぐるぐる歩いて、大学や市場を見て、さて、他の町へ移動しようと思い、タクシーに乗りました。どうも知らない道、山のあるほうへ向かいます。よく聞く遠回りの話、私はまずそんなこと無く、事情を知らない日本人の誤解だと思っていますが、さて、この私を載せて、どこへ行くの?と尋ねたらば、昨年、移転したとのことでした。

 以前は駅前に出て、左へ行くと昔からの中心地、中央市場とかがある町。右へ行くと陸軍第1軍団の営門を過ぎたあたり左手にたくさんのモテル群とともに市外バスターミナルがあったのです。技士さんの話では1年くらいになるとのことでしたが、ここでも江陵同様、旧ターミナル周辺のモテル経営者は頭が痛いことでしょう。

 1枚目、ターミナルの建物の入り口です。2枚目は隣接する高速バスターミナル。市外バスターミナルよりもちょっと小さめです。3,4枚目、周囲の町ですが、新しい繁華街という感じ。清州しかり、遊興酒店(ルームサロン、団欒酒店)だのモテルだの、按摩だの、派手な商売がたくさん。やっぱり韓国の実業家、フットワークは抜群ですね。

 5枚目はターミナルの中。さて、この後はどこの町へ行ったのでしょう?あ、バスの全面に行き先、書いてありましたっけ?実はこの次の町でも、昔訪問した時とは違い、町の郊外、何もない場所に立派なターミナルができていました。しかしテナントもガラ空き状態。まぁこれも、韓国どこでも見られる地方都市の風景なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2929 아오리ってご存知でしたか?

015

 バスの中からの写真です。果物大好き韓国人、駅前とか市場の周辺、果物の露店がたくさん出ています。いろんな果物を置いて、片付けるのが大変そうな大規模なものから、1種類だけ、その季節のものを置いた小さな屋台までありますが、今回はその後者の写真です。

 タイトル、読める人はもうお気づきでしょうか?「アオリ」って、ちょっと見えにくいかもしれませんが書いてあります。その後もソウル市内、地方都市でなんどもこの「アオリ」という札を目にしましたが、日本では最近見なくなった緑色のリンゴ、今がその季節なのだそうです。「아오리」=「あおりんご」なんですよ。日帝時代の残滓として日本語やめよう運動にはひっかからないのでしょうか?ともかく、ディープな韓国ファンには面白い「アオリりんご」の小ネタです。

 しかしこのこと、知り合いの食堂で話したら、私はもう少ししたら出てくる「홍옥」のが好きだ、新しい種類のリンゴよりも酸っぱいけど「ホンgオk」がいい、という話。これも、お気づきでしょう?日本ではあまり見られなくなった「紅玉」がまだまだ韓国では人気があるようです。

 不幸な歴史という言葉がありますが、一時は一つの国だった韓国と日本、こういう共通点を考えると「世界で一番仲良くなれる、また仲良くしないといけない2つの国」という考えが頭に浮かびます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2928 KTX特室でソウル駅から幸信へ2

173 174 175 178 179 182 185 186

 ソウル駅です。新しい駅になって、かなりの地上との高さの差がある駅になりました。さらには最初の頃、KTXの乗車は通常の窓口がある階からさらに1階上がってから改札という状態だったと思います。そちらは今はやめて、普通に、普通の階から改札無しで入れるようになりました。

 我が幸信行きは普通の発車とは違い、到着ホームに相当する12番線だったかな?当たり前ですが、ほとんど乗る人はいません。車両基地へ行くのであろうKR職員の方と話しながら列車を待ちましたが、かなりウケてくれたようで嬉しかったです。後半3枚が幸信行きのKTX列車の入線です。次回はやっと車内に入れますのでお楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

普通の韓国を探して2927 1/5000 ソウル航空写真地図

199 200

 ちょっと手が空きました。昨夜、帰宅後に自室で5000分の1ソウル航空写真地図を引っ張り出して見てみたら、ありました。発光禁止で手持ちのマクロ撮影、2枚目ちょっとピントが甘くてお恥ずかしいですが、貴重な本の貴重な写真です。左下の四角がこの夏取り壊された仮駅舎です。かなりの規模の扇形庫とターンテーブルであったのがわかります。

 少し前の書き込みの4枚目の写真右手の整備場の建物のあたりが該当する場所のようです。

 この大地図帳、左側ページが地図、右側ページが同じ範囲の航空写真になっており、個々の家家の何番地、何号まで出ています。買って帰った後で気づいたとおり、国外持ち出し禁止、外国人販売禁止の貴重品。私の宝物の一つになっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2926 中央線原州駅 

058 059 060 061 063 064 066 067

 中央線原州駅です。ソウルの清涼里から1時間半。かなりの部分で新線を走るようになり、直線化、高架化されたためかずいぶん速くなりました。ちょうど手元にある2000年10月の時刻表、同じ時間帯である15時発の無窮花だと1時間55分かかっています。これ、鉄道としてはすごい変化だと言えます。 韓国の列車、同じ等級でも停車駅の数がいろいろであるため、単純に比較はできませんが、6月の道渓駅だかにあった「清涼里まで○○分短縮」だのいう横断幕が思い出されました。

 列車を降りて、跨線橋に上がる前に7号車と機関車をぱちり。やはり使える所では新型の電気機関車を使っているのでしょう。嶺東線の鉄岩駅には昔の、あのフランスっぽい姿の旧型電機がたくさん置かれていましたが、すでに廃車が進んでいるのかとも思います。

 ブリッジに上がったらちょうど交換する上りの列車が入線です。やはり同じドイツ風のELけん引でした。この中央線、産業線でもあり、セメント関係の貨物列車もけっこう走っています。停車の度に対向列車との交換が見られる感じです。7枚目は上り列車の最後尾の電源車?遊び心豊富な韓国らしいペイント。8枚目は何を撮ったんだっけな?給水塔でしたっけ?韓国各所に日帝時代からあるような古い給水塔が残っている駅があります。蒸気機関車時代の名残です。

 鉄道の旅、高速鉄道は便利ではありますがトンネルがたくさん。在来線も新線化で増えてはいますが、やはり時間がかかるけど汽車旅行の情緒は在来線です。皆様、汽車に乗るの、楽しいですよ。お勧めです。

 本日も週末激務、昼休みか夕方、時間があればもう少し新鮮なやつをアップいたします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

普通の韓国を探して2925 新しい清涼里駅2

033 034 035 036 037 038

 さて、駅の中に入ります。天井が高く、広々しています。仮設駅の時代が長かったけど、その前の小さな平屋の駅舎の時代を知っている者にとってはなんか、不思議な感じです。

 向こう側にも出られるようになっているようでしたので外へ出てみました。グーグルマップとか、家にあるソウル航空写真地図ではこの清涼里、扇形庫があったはず、と思ってです。2~5枚目がそこらへんの風景ですが、残念ながら確認できませんでした。7000番台のDLがまだ使われていますのでどこかにあるとは思うのですが、どうなんでしょう?

 6枚目はまた駅の中。3階か4階の高さだと思いますがロッテデパートへの入り口もありました。ただ、前と違って売店、軽食の店は減ってしまってます。というか、一つだけ、ホンイク会のコンビニがあるだけです。ロッテとくっついたので、そっちを利用するようにということかもしれませんが、早朝とかはどうなんでしょう?

 今グーグルマップで見てみましたが、ターンテーブルは駅の南にぽつんとあるみたいです。航空写真地図は家にあるのですが、扇形庫、どうでしたっけ?無かったのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2924 新しい清涼里駅1

027 028 029 030 031 032

 この夏開業した清涼里民資駅です。私が行くのは初めてです。1枚目は旧ロッテ百貨店清涼里店前。ここは変わっていませんが、ハンファと財閥の名前が入った新しいビル、そして、2枚目は駅の入り口です。エスカレーター完備です。

 3枚目は駅へ入る途中から見た旧ロッテの建物。トイザらスがロッテデパート6階にと書いてありました。もうできてるのかな?ソウルで3店目になるトイザらスです。

 4枚目は駅前のロータリーの方向。左手に2棟建っている高いビルが現代コアです。タクシー技士さんも大抵知っている清涼里のランドマークの一つです。下の方は商街、上はアパート。地下にあったコラテックは今は休んでます。

 5枚目は旧ロッテの裏側、我がタンゴルカゲである北京飯店とか588方向。真ん中の薄緑の古いビルがその美味しい韓式中華の店が入るビルです。なんか、いつまであるのか、心配になってしまう風景ですね。

 6枚目、空中庭園はまだまだ工事中です。とりあえず、できたとこだけでオープン、いかにも韓国らしいなと思います。、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2923 バスの車内でもTマネー充填可能

124 125 126

 明日の患者さんの技工をやっています。もう少ししたら早めのお昼を食べに出かけます。修理中だった携帯電話の受け取りもやらないといけません。代替機が私のよりもずっと新しく優れているのを借りている間に経験し、こんなことなら5250円の修理代をかけずに新しいのを買えばよかったかなとちょっと後悔しちゃっています。

 さて、新しい写真ですが、ハングルの解説は省きます。勉強になりますので各自読んでみてください。京機道のラーメンで有名なとある都市からスンデで有名な(?)とある都市までの移動の時にソウルでもよく見かける「Gバス」に乗りました。距離は30数キロ、運賃は1500W。韓国の交通費、本当に安いです。

 大雨の中の移動でしたが、退勤時間でもあり、かなりの混雑、そして乗り降りがあり、1時間ちょっと、飽きずに過ごせました。で、本題ですが、私がよく座る右側一番前の座席、ソウルでも最近の新しい車両はそうなってきていますが、席が無くなり、荷物起き場のような台になっています。そこにあったのが3枚目。Tマネーの充填の機械です。今になってやってみればよかったと思っていますが、かなりの地域で使えるようになったICカードの金額充填がバスの車内でもできるようになっていました。電子王国韓国、ほんとうに変化というか、進歩が速いなぁって感じた一件でした。おいおいソウルでも新しい車両から機械が設置され始める可能性があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2922 台風「コンパス」に振り回されたソウル行き

453

 昨夜戻りました。やはり韓国って西にあります。全然頭に想いもしなかった台風、イルボンのオキナワを強打して、韓国に向かっているというニュースばかり。さて、上陸の予想は2日の夕方。ちょうど帰りの飛行機の時間です。前にも一度、新潟便が飛ばずに止むなく最終の成田行きで東京泊という経験がありますが、できればちゃんと今日の仕事に間に合わないとと思い、家内と連絡を取りつつ、いろいろ考えました。いざとなれば2日の午前便ファーストクラスだろうがコスモスリーパーだろうが、何でもいいから日本に戻らないと。場合によっては釜山から九州とか大阪へとも思いました。

 でも、予想よりかなり早く2日朝6時35分に江華島へ上陸。11時前には東海海上に抜けてくれたので夕方のKE763はちょっと出発が遅れた程度でちゃんと飛んでくれました。2泊3日のうち、3分の2は台風に振り回された感がありますが、ちゃんと学会関係の用事、最低限の仕事ができましたし、まぁ、今回もいい経験をしたって考えることにします。

 31日の大雨、1日2日は台風対策、ホテルでの短い時間の停電も経験。ぼちぼち話を紹介してまいります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »