« 普通の韓国を探して2936 2010年6月17日・WC対アルヘンティナ戦の夜 | トップページ | 2010年9月11日 「奥地」と「奥」 »

2010年9月11日 (土)

普通の韓国を探して2937 부속고기・最近韓国で流行るもの

356

 写真はソウル、鍾路3街駅そばというか楽園商街そばの焼肉屋の看板です。「서래(ソレ) カルメギサル、부속고기」とありますが、この「付属コギ」、日本で言う内臓というか内臓肉に近い意味を持つようで、最近韓国でもこの「プソクコギ」の店、増えているようです。

 ハングルが使える人はグーグルで부속고기で検索してみてください。けっこう出てきて、上位にはこの店含め、似たような看板の店がたくさん出てきて美味しそうな焼肉の画像がたくさんあります。

 カルメギサルは昔から割合知られる豚肉の特殊部位で、チェビチュリとかなんかとともに豚の焼肉屋にはありました。また、コプチャン、マクチャンなど、腸の仲間は昔からそれ専門の焼肉の店が豚、牛、ともに知られています。でも、最近よく見るようになった「付属コギ」、まぁ、料理、食材の名称があいまいな韓国ですので、範囲は広いのですが、普通の肉以外の、内蔵、および内臓肉、時には前にここで「トゥンタンジ」で紹介したおっぱい肉だの、そんな安めの肉の総称のようです。

 日本でもここ数年ホルモンブーム。わが新潟でも雨後のタケノコのようにホルモンを売りにした店が続々できました。もともと材料は安いもの。それを新鮮なうちにうまく調味して焼いて食えばまずいなんてことはありません。日本人、韓国人ともに、ホルモン類の美味しさにやっと皆が目覚めた、そんなところなのだと思います。

 この内臓肉系、まだ韓国観光掲示板などでも、個人のサイトでもあまり紹介されていないと思いますが、たぶん半年以内には、あちこちで紹介されることになると予想しています。写真の店でも看板に大きく値段が書かれています。500gで10000~15000Wとか、安さが売り。でも値上げする時はどうするのかな?っても思います。前にここで紹介したトゥンタンジ(右下のブログ内検索をお使いください)の内臓肉盛り合わせも一人では持て余すりょうでしたが、2人いれば大丈夫。安い追加も可能だし、冷麺、テンジャン、そんなのも別料金(高い焼肉の店ではオマケの事も多いです)ですが、楽しめると思います。

 韓国の付属コギ(内臓肉+ホルモン盛り合わせ)焼肉、しばらくは流行ると予想する私です。

|

« 普通の韓国を探して2936 2010年6月17日・WC対アルヘンティナ戦の夜 | トップページ | 2010年9月11日 「奥地」と「奥」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/49414611

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2937 부속고기・最近韓国で流行るもの:

« 普通の韓国を探して2936 2010年6月17日・WC対アルヘンティナ戦の夜 | トップページ | 2010年9月11日 「奥地」と「奥」 »