« 普通の韓国を探して2960 ミアサムゴリ3・ソウルの普通の町 | トップページ | 普通の韓国を探して2962 ミアサムゴリ4・ソウルの普通の町 »

2010年9月25日 (土)

普通の韓国を探して2961 楽園商街から仁寺洞へ

358 359 360 361 362

 鍾路3街(5号線)駅のそばのキムパプ天国へ朝飯を食いに行った時の帰り道になります。ソウル旧市街も乙支路入口駅、鍾閣駅あたり、表通りは大きなビルばかりになりつつあります。再開発再開発、どうも古いソウルが好きな者にとってはあまり面白くありませんので、裏道を抜けて歩くことが多くなりますね。

 地下市場の入り口脇から楽園商街下を横断歩道で渡り、ちょっとだけ古い食堂なんかがある道で仁寺洞へ。忘れられたような感じで、7,8年前に流行ったチムタクのチェーン店が残っていました。前にも書いたとおりハルサメがあまり好きじゃないので好みではない料理でした。同じ理由でチャプチェも苦手な私です。

 4枚目は早朝の仁寺洞。静かなもんです。そして最後は、寛勲洞あたりのビルの1Fに刺繍の店の看板。ちょっと入ってみましたが出来合いのものはお土産品クラスのものでした。昼間は観光客だらけの町である仁寺洞があまり好きでないのは「本物の店」も少しはあるけど、大部分は観光客向けのお土産屋ばかりだってのが理由です。もっとも、本物を買う資金は無い私ですけど。

|

« 普通の韓国を探して2960 ミアサムゴリ3・ソウルの普通の町 | トップページ | 普通の韓国を探して2962 ミアサムゴリ4・ソウルの普通の町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/49554336

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2961 楽園商街から仁寺洞へ:

« 普通の韓国を探して2960 ミアサムゴリ3・ソウルの普通の町 | トップページ | 普通の韓国を探して2962 ミアサムゴリ4・ソウルの普通の町 »