« 普通の韓国を探して3047 韓国の住居表示の変更についての案内 | トップページ | すばらしい韓国の食事569 ロングランチキンのカンジャンチキン »

2010年12月 8日 (水)

普通の韓国を探して3048 宝物18号 忠清南道青陽郡定山面西亭里9層石塔

295

  「여행복(旅行福・旅行運)」という言葉があるかどうかわかりませんが、韓国行くとツキが乗ってくるような気がする私です。困ることも無くはないけど、いい事のがたくさん巡り合う、そんなです。

 写真は見ての通り、田んぼの中の石塔ですが、宝物18号に指定された貴重なもののよう。また、そんなのが田んぼの中にこそっとあるのが韓国の地方歩きの醍醐味でもあります。廣川でお目当ての海苔は買えなかったものの、たまたま行った2度目の青陽では五日市にぶつかり、バスの中でアジュマとも話せたし、そんなのも旅行運。夕方、ソウルの瑞草洞の李準圭先生のオフィスへという約束があったのでそろそろソウルへ戻ることを考えないといけません。

 で、やはりまっすぐ戻るのは面白くないので遅刻しない程度に寄り道をして、と思い、大田西部市外バスターミナル行きのに乗りました。青陽を出て、七甲湖というダム湖の脇を抜けて七甲山の峠を越えると定山面という村です。中距離の市外バスも主な村、町の中心地(邑内)に停車するのですが、定山面のウムネ、西亭里の小さなターミナルでしばらく時間調整の停車をしました。運転技士さんはトイレか、タバコか?外へ行ってしまいました。ちょっと急いで欲しいのだけどしょうがありません。この停留所の発車時刻までは待たないといけないのです。そこで地図をぱらぱら見ていると、現在位置、この定山面のそばに、「9層石塔 宝物18号」という表示があります。石像、石塔好きの私、「どこにあるのかなぁ??時間があれば見に行きたいなぁ。5層とかは多いけど9層というのはあまり無いはずだよなぁ、、、」なんて思いながら発車を待って、いざ次の停留所である公州へ出発。

 と、小さなターミナルのある町の真ん中の十字路を出てすぐの左手にその石塔、見えました。なんとラッキー!!地図上では1キロくらいも距離があるように表示されていたのが、邑内のすぐそばにあったのです。縮尺大きめの地図だったため、文字の大きさで少し離れているように見えましたが、実際は国道36号から50mもない場所でした。急いでカメラを出して1枚、という写真ですが、あまり日本人が行かないような場所の9層石塔、見て、写真に収めることができた幸運を喜ばないといけません。

|

« 普通の韓国を探して3047 韓国の住居表示の変更についての案内 | トップページ | すばらしい韓国の食事569 ロングランチキンのカンジャンチキン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/50242901

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3048 宝物18号 忠清南道青陽郡定山面西亭里9層石塔:

« 普通の韓国を探して3047 韓国の住居表示の変更についての案内 | トップページ | すばらしい韓国の食事569 ロングランチキンのカンジャンチキン »