« 普通の韓国を探して3053 忠清南道青陽郡青陽の五日市 | トップページ | すばらしい韓国の食事570 瑞草洞・日式가게 「漁夫」 »

2010年12月12日 (日)

普通の韓国を探して3054 秋の鍾路を歩く11

450 451 452 453 454 455

 1枚目、安国駅そば、現代ビルディングの脇の道を北へ進みます。案外普通の街です。写真は撮っていませんが、右へ入る坂道は後で地図を見たら少し前に紹介した龍水山、そして昌徳宮、秘園への道でした。その交差点を過ぎて左への路地を入ると、2枚目、またまた素敵な韓屋のとんがった屋根がありました。煉瓦造りの煙突もいい味出しています。

 この辺から、なんか普通のソウルと違った雰囲気を感じ始めました。道にはゴミが無く、周囲の家家、なんか韓屋なんですが、やけにきれいで、特に違うのは塀。それぞれに凝った感じの立派な塀です。3~6枚目、小学校がありますが、やけにお洒落な感じ。この辺で、、、いました。ガイドブックを持った日本人アジュマ3人組。

 後で考えれば当たり前なのですが、安国駅から北へ広い道を行った右手、前に刺繍博物館訪問の項で紹介した「北村」です。今回のルートは1本東の道で北へ。そこから左へ行けば、当り前ですが、ここは「北村」、小さな美術館やら、小奇麗に整備された立派な韓屋。裏側から北村に迷い込んだことになります。約束時間も迫ってきたので来た道を戻り始めた私です。

 北村、整備されたきれいな韓屋の街です。ガイドブックにも載っており、いろんな店、美術館、韓定食の店、そんなのが集まっています。見た目はすごいけど、どうも造られた感じを受けてしまいます。前に行ったことがあるので、ということで折り返したわけです。

 5枚目、小学校の中の木なのですが、赤い実をたくさんつけた棗(なつめ)です。日本でも小さなリンゴみたいな実、たまに見かけますよね。韓国では大事な木の実です。

|

« 普通の韓国を探して3053 忠清南道青陽郡青陽の五日市 | トップページ | すばらしい韓国の食事570 瑞草洞・日式가게 「漁夫」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/50277697

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3054 秋の鍾路を歩く11:

« 普通の韓国を探して3053 忠清南道青陽郡青陽の五日市 | トップページ | すばらしい韓国の食事570 瑞草洞・日式가게 「漁夫」 »