« 2010年12月3日 初冬の日本海・休日早朝ドライブ | トップページ | とうちゃんの自転車日記430 源之助作の馬頭観音にお参り »

2010年12月 4日 (土)

普通の韓国を探して3039 秋の鍾路を歩く3

398 399 400 403 404

 1枚目、料亭「都園」の立派な門です。営業しているのでしょうか?両側の建物も料亭の一部です。夜に来ればお客さんとかが入るために開いているのかな?2枚目はその前のあたりの古いシュポ。こういう店もどんどんソウルでは減っていっています。そして3枚目が取り壊し中の「梧珍庵」。とうとう私が行く前になくなってしまいました。立派な庭園だったという話ですが、一部壊す途中の韓屋の屋根だけでも立派でした。

 4,5,6枚目はそこらへんから北側の細い道に入ったところ。6枚目、前にここでも紹介した「鍾路苑」が見えます。日本人よりも他の欧米などの外国人に人気の安いけど清潔な旅館です。中の表示は英語が中心でした。405

 

|

« 2010年12月3日 初冬の日本海・休日早朝ドライブ | トップページ | とうちゃんの自転車日記430 源之助作の馬頭観音にお参り »

コメント

数えきれないほど韓国にいらしているおとうさんの写真は「晴れ」が多いですね。もっともソナギ以外の雨が少ないのかもしれませんが、晴れ男ですか?鐘路の秋は光りと空気が一体化してますね。光りが強い分影が濃い感じ。6枚目大好きです。
 こういうのも過去の写真になるんでしょうか。残して欲しいなんていうのは勝手な外国人の郷愁にすぎないのかも。

投稿: かがり | 2010年12月 4日 (土) 08時48分

コメントありがとうございます

 ちょっと手が空きました。昔はカメラ、持ち歩かなかったんですよ、私。靴の中まで水がたまるような大雨も経験していますが、やはり韓国、日本より天候が安定している感じは受けます。

 6枚目のピンクの建物がはチョンノウォンという旅館、「普通の韓国を探して1104」にも記事がありますので、ご覧ください。

投稿: おとう | 2010年12月 4日 (土) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/50204720

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3039 秋の鍾路を歩く3:

« 2010年12月3日 初冬の日本海・休日早朝ドライブ | トップページ | とうちゃんの自転車日記430 源之助作の馬頭観音にお参り »