« 普通の韓国を探して3046 秋の鍾路を歩く7  | トップページ | 普通の韓国を探して3048 宝物18号 忠清南道青陽郡定山面西亭里9層石塔 »

2010年12月 8日 (水)

普通の韓国を探して3047 韓国の住居表示の変更についての案内

256

 この秋、韓国を旅行した人である程度のハングルが読める方はきっと気付いた広告ですが、韓国全体で、住所の表示方法の変更が近々あるという案内です。この私もしっかり読んだわけではありませんが、通りの名前を中心に、あとは20mおきにどうのこうのと、機械的に番号が割り振られるだか、、、そんなです。

 これは忠南の廣川から青陽に向かう田舎の中型バスの中の広告ですが、ソウルでもどこでも、全国にこれ、掲示されています。日本の合併もそうですが、効率重視で昔からの伝統ある地名が無くなってしまうのは地図好きとしてもなんだか残念。喜んだのは印刷屋さんだけ、、、なんてことにならなければ良いのですが。

 ハングルが読めるよう、やや縮小程度を下げての1枚アップです。読めるでしょうか?

|

« 普通の韓国を探して3046 秋の鍾路を歩く7  | トップページ | 普通の韓国を探して3048 宝物18号 忠清南道青陽郡定山面西亭里9層石塔 »

コメント

京都市が、正式な新しい住所表記があるにもかかわらず、未だ室町時代からの”通り沿いの住所(〇〇通り上ルなど)”が市民や行政の中では広く利用されている現象がありますが、あれの逆みたいな感じになるんでしょうか。
蛇行交差している道路ではなかなか振り分けも難しそうに感じますが。

しかし地名の「ステイタス」は地価に直結しますから、場所によっては坪単価が大きく変わるようなところもあるのかなと邪推してみます(笑)

投稿: Elekt_ra | 2010年12月 8日 (水) 18時53分

コメントありがとうございます

 地名と地価、韓国ではあまり関係ないようにも思えます。前にここで紹介した城北洞、貞陵洞でも立派な一戸建てと狭い道の山の町が混在すると言っていい地域もありますし。なんか、一戸建て指向は本当に薄く、大部分の人はアパートとその広さに関心がある感じ。もちろん、大きい範囲での場所は大事ですけど。

投稿: おとう | 2010年12月 9日 (木) 08時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/50242813

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して3047 韓国の住居表示の変更についての案内:

« 普通の韓国を探して3046 秋の鍾路を歩く7  | トップページ | 普通の韓国を探して3048 宝物18号 忠清南道青陽郡定山面西亭里9層石塔 »