« 2010年2月28日 - 2010年3月6日 | トップページ | 2010年3月14日 - 2010年3月20日 »

2010年3月13日 (土)

とうちゃんの自転車日記426 うれしい貨物列車

22

 うちから割合近い場所、石山の踏切です。昔は目の前で遮断機が下りると、なんだか損したような気持ちになりましたが、最近は人間ができてきたのか、楽しめるようになりました。天皇陛下も踏切には勝てないはず、いらいらするだけ老化が進みます。

 さて、新潟地区の主流は115系の古めの電車なのですが、その他、特急も走りますし、磐越西線に行くディーゼルカーも走ります。また昼間も少しだけ、貨物列車が走っていますので、こんなのが来ると嬉しくなる私です。夜の9時ころ、東京へ向かう貨物列車が上り線を行きますが、昼間、下りのやつに出会ったのは珍しい出来事でした。この下り列車、けん引機はEF81。すぐ右手にある越後石山駅を過ぎると右へ短絡線を走り東新潟方面へ行くはず。今年は貨物列車時刻表、買うかな?なんて思いながら長い列車が通り過ぎるのを楽しく待ちました。いつもなるべく楽しい気持ち、嬉しい気持ち、感謝の気持ちを持って過ごしたいものです。(テサロニケの手紙より)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2683 オリニ大公園入り口・アチャ山駅前の露店

350 351 352 353

 江原道鉄原郡東松からの帰りのバス、終点は東ソウルターミナルでしたが、ソウル市内に入ってからは主な停留所に停車します。アチャサン駅前で降りてみました。前に来た時もやっていた1番出口前の露店、最高気温も零下10度以下だったと思われるこの日もやっています。スケソウダラ、明太(ミョンテ)も、そのままトンテになってしまう寒さ。冷蔵庫は要りません。また、やはりいつもこの角にいるらしいヤクルトおばさんもカートだけ残して避難中のよう。よく探したら、1,3枚目に移っている靴の修繕とかの店の中にいました。

 野菜も凍るソウルの冬、あまりに寒い日は休む露天商、屋台もかなりあるのをこの冬に知りました。しかし零下10度、20度、案外慣れるものです。大昔、大学勤務時代、医局旅行で行った旭川、富良野、士別、高校生はコートも着ず、学生服で歩いていましたから。首の部分の閉鎖と、耳、手、そんな場所の防寒が重要なようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2682 안산시 원곡본동3

102 103 104 105

 安山市元谷本洞に入ってすぐの公園周囲の風景です。部分的に除雪が行われたようで、雪が山になっています。新潟県とかと比べれば大したことない積雪量ですが何といっても寒さが違いますのでかなりの期間、集められた雪が残るのでしょう。さらに北にこの後進んでいきます。多国籍トンネ、多民俗村、いろんないい方があるのでしょうが、外国人労働者なくしてはやっていけないのは韓国も日本も同じ。やはり不法滞在、不法就労とかの記事も新聞で見かけますが、逆に外国人差別、襲撃事件なんかもある韓国です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

2010年3月12日 新潟市 矯正 たかとう矯正歯科医院・携帯電話用HP公開スタート

004

 携帯用ホームページ、およその制作日数10日で、できました。まぁ、パソコン用HPの内容を削ってですので、当り前か??でも、いろいろ迅速に対応してくれたD-Styleさんには感謝です。仕事がとても速いのは本当にすごいです。当院の携帯HP、パソコン用HP、DスタイルさんのHPなど、右上のリンクから見られますのでお時間のある方はご覧いただけば幸いです。

 ややフォーカスの甘い今回の写真はホワイトデー行事、スタッフ夕食会の寿司です。 新潟市中央区礎町の、知っている人は知っている新潟の名店「寿司清」の「新潟・冬・食の陣」の企画セット「極み」でした。

 昔からの新潟の寿司屋、まず「三大」という感じで思い浮かぶのが、旧県庁、現市役所や新潟大学医学部、歯学部そばの東中通りにある「宮寿司」、古町の老舗「港寿司」、そしてこの礎町の「寿司清」でしょう。この他に競馬関係のお客さんが多いという噂の高級店である古町の「柴木」、沼垂の万代町通り「寿司幸」でしたっけ、まだまだ有名な店がありますが、後の2つは行っていません。大学の医局時代からよく行っていたのが宮寿司とこの寿司清でしたが、かなり久しぶりの訪問でした。

 最初に頼んだこのセットの他にもなんだかんだ寿司だの料理だのいただきましたが、久々の回らない寿司、美味しかったです。キーワード「新潟市 寿司 寿司清」ってとこでしょうか。美味しいもの食べて、しっかり働きましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記425 自転車都市新潟を目指して

167

 写真は東京の品川駅前、昨年秋の写真です。東京って自転車の駐車違反の取り締まりがあるのですね。知りませんでした。ここでも書いていますがどこでも停車、駐車ができるのが自転車の大きなメリットですが、都会では置く場所にもルールがある。この辺、ここ1,2年自転車の活用をいろいろ模索しているわが新潟市、まだ周知徹底されていない部分があるようです。自転車の駐車=無料、そうみんなが考えていますから。

 昨年秋にやはり訪問した福岡市では市内の各所に自転車の有料置き場が設置されていました。また新潟でも、駅前に昔は屋根つきの倉庫のような有料の自転車預かり屋さんがありました。天候のせいと、盗難防止の意味が大きかったのだと思いますが今の新潟市民、私を含め、あまり自転車の駐車にお金を払うってこと、頭に無いように思えます。駅前の自転車置き場には放置自転車もたくさん。盗まれたものもありそうですが、盗まれた側も「安いからまた買えばいいや」ってな感覚があるように思えます。

 歩道の通行の問題、まだ無いけれど自転車専用レーンの進行方向の問題。まだまだ自転車都市新潟を目指す上で、いろいろやらなければいけないことがありそうです。でも、行動無ければ進歩もありません。「まずやってみる」のは大事です。「社会実験」と称してしろいろ試行錯誤が始まっていますが、乗る側のマナー教育、なんとかうまい方法は無いのかな?って思います。私も自転車ファンのはしくれ。何か協力できればと考えています。

 昔は海だった平坦な都市新潟市。冬の気候のことを除けばこんなに自転車の利用に適した街は無いと思いますから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2681 安山市元谷洞2

098 099 100 101

  携帯電話、今や世界に普及したと言ってもいいのではないでしょうか?昔は仁川空港で公衆電話のボタンを押しまくって(なんかタダでできる方法があるのでは?と思うくらい同じ操作を繰り返して)電話してた外国人陵同社の人もみな持っているのでしょう。このウォンゴク本洞、やたらと電話屋が目立つ街です。

 ちょっと歩くと公園があります。だんだん中国語の看板が増えていきます。24時間営業なのか、朝からやってる食堂もあります。マンドゥの店が多いようなのでやはり朝鮮語ができて、韓国にも溶け込みやすい朝鮮族の人が多いのかもしれません。仁川空港のバスの発着を見ているとソウル近郊の都市からもたくさんのリムジンバスがきます。けっこう多くが外国人労働者なのかな?なんて気付きました。

 2枚目はゴミ袋。既定の有料スレギポントゥではないけど、不法投棄なのかな?そんなのが外国人差別の原因にならなかればいいのだけどな、と思います。3,4枚目はその公園。「安山多文化村特区」とあります。いよいよ多国籍トンネへ入ってゆきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記424 旧中原街道3・寄り道

025 026 027  前回の写真の2枚目の案内看板、お読みになれると思いますが、桐ケ谷斎場が近くのようです。江戸時代からの火葬の場所だったのですね。90年代半ばに亡くなった父親の葬儀をやった場所です。ちょっと寄り道で行ってみました。

 誰かが書いていたけれど、死ぬということは「いなくなる」ということなんだよなぁ、、、なんて思いながら意味もなく手を合わせ、会場のほうへ引き返します。同じ道はなるべく歩かない私ですので、方向に見当を付け細い道を行きました。

 1枚目、学校みたいな建築とその裏手にあるグラウンドを結ぶ歩道橋です。土地の狭い東京ならではの風景。でも、学校としても使われていない風でした。古い地図があればなぁ、というところです。2枚目の道を進み、また旧中原街道に出る手前、おでんの屋台でしょうか?そんなのが置いてありました。昔の東京、チンチン鐘を鳴らしてやってくるおでんの屋台、けっこうありました。ラッパを鳴らしてやってくる豆腐屋さんの自転車もありました。故郷を離れてはや30年以上。今はどうなのかな?なんて思いながらセミナー会場へ。それでもだいぶ早くついてしまいました。 東京下町歩きのミニシリーズ、おしまいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

普通の韓国を探して2680 多国籍トンネ・安山市元谷洞

094 095 096 097  アンサン市のウォンゴク洞、安山駅の北に広がる街です。線路の南は大きな工業団地、北側が商業地区+住宅地区という感じです。朝の早い時間から仕事場に向かう人、もしかして夜勤上がりで帰る人?けっこうな人が歩いています。気温は零下10度以下でしょう。数日前の大雪がそのまま残っています。目立つのはまず、携帯電話屋、そして進むにつれ漢字の看板=中国人相手の店が増えていきます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記423 旧中原街道2

022 023 024

 国道1号線と並行する旧中原街道です。大部分は拡幅されて国道一号になっているのでしょうが、部分的に旧道が残っていました。少し自然なカーブがあったり、お地蔵さまがあったり。まっすぐ走る広い道には無い趣が古い道にはあります。本日も雨。家でゆっくり身体を休めるつもりです。また別の風呂に行くのもいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

とうちゃんの自転車日記422 お風呂へ行きます

016 017

 今日明日は休みです。午前中は私の自由時間。晴れていればそろそろ自転車という季節ですがあいにくの雨。沐浴湯でのんびり、しっかり身体を洗ってお昼を食べて戻ります。ちょっと医院へ出てきて、新しく作る携帯電話用HPの打ち合わせメールの確認です。

 今回の写真は品川区の武蔵小山商店街。近所に親戚の家があったため小さい頃はしばしば行っていた場所です。長く続くアーケード、大人になって歩いてみると思ったより短く感じました。懐かしい道です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

普通の韓国を探して2679 京機道安山市元谷本洞

090 091 092 093

 新潟からのソウル行きはKE764便。乗務員は市内のホテルに泊まりますので、新聞は前日のもの。最近は円高で大部分の客は日本人ですから韓国語の新聞はたいてい余ります。中央日報が小さくなって見やすいのでもらって読みます。行き場所を決めないでの場合、そんな新聞記事とか機内誌の記事にある場所を訪問してみたり。そんなのも面白いのでは?

 外国人が一番多いトンネだと言われるアンサン市のウォンゴク洞。早朝の4号線で行ってみることにしました。あれ?3号線でしたっけ?ま、ケンチャナヨです。今回の4枚はアンサン駅前のあたり。新聞記事にあった多国籍トンネである元谷本洞は駅の北側の一帯です。零下、、、たぶん10度以下の街を歩き始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記421 木更津19

118 1191 1201

 木更津歩き、今回でおしまいです。1枚目は駅前のビルの壁面。案内所などには「木更津キャッツアイ」関係のパンフレットがけっこう置いてありました。外国語のものもたくさん。V6の岡田君が主人公で、嵐の桜井君も同じ仲間ですので、台湾とか韓国、中国でも人気が出ていた時期があったのかもしれません。

 2,3枚目は駅から。内房線と言っていましたっけ?毎年夏休みに親戚が集まって海へ行っていたのですが、たいていは伊豆か千葉。両国駅に残っていた行き止まりホームから乗ったこともあります。まだ千葉の先は電化されておらず、キハ28だのの急行で2,3時間かかって天津だの鴨川の海へ行きました。幕張あたりでC58が引く貨物列車の写真を撮ったのが家に残っているはずです。このがらんとしたホームと線路。40年も前に通った場所です。

 4枚目はホームから駅前の空きが多いビル。「アンニョン!木更津」という気持ちで最後の1枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

普通の韓国を探して2678 済物浦駅

877 878 879 880

 月串新都市から仁川の蘇来浦口と歩いて、仁川の市内へ。ソウルへ戻るために電車の駅へ。終点まで行く必要がないのでチェムルポ駅前で下車しました。普通の都市インチョンの普通の街です。

 4枚目は駅のホームから。この京仁電鉄線、沿線に高層建築ではない古いアパートがけっこうあります。でも、そんな建物もどんどんなくなって行くのでしょう。映画「子猫をお願い」の冒頭シーン。早朝、ソウルへ向かうOLの人が出てくるアパートをご存じでしょうか?5人の中で唯一成功したっぽいアガシ。でも、壊された車があったり、夫婦喧嘩かガラスが割られる音がしたり。いい所ばかりではない韓国の、、普通の韓国、庶民の韓国の映像が出てきます。そんな街が私は好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記420 旧中原街道1

018 019 020 021

 先日のセミナーのとき、昔から知っている店でお昼を食べ、歩いて会場へ向かいました。武蔵小山の「自慢亭」という店です。最初に行ったのはたぶん40年も前。当時はタンメンが有名でしたが、今はなんだか焼きそばが人気のよう。店が開く前から並ぶお客さんもおり、焼きそばのテイクアウトなのでした。次回はいつ行けるかわかりませんが、焼きそばを食べてみます。

 写真はその武蔵小山の商店街の南端、国道1号を渡ればまたすぐに戸越銀座商店街というあたり。私は左へ行かないといけません。大きい道は国道1号線、中原街道、五反田の道です。左の道が昔からの中原街道です。三叉路の「味」はなかなかです。

 広くはないけど狭くもない少しカーブした旧道、本当にいい感じです。お地蔵さまがあったり、、、昔から地元の人、旅の人が歩いた道。そんな道が好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

2010年3月7日 韓国を好きになったきっかけ(韓国語だと꼐기)

3661

 日本でも、韓国でも、いろんな人から韓国について聞かれます。特に多いのがどうしてそんなに好きになったのか?なのですが、ここも長くなりました。前にきれぎれには書いたと思うのですが、簡単にお話しします。

 大学勤務時代の最後のころ、矯正の講習会で3週間弱、アメリカに行きました。その大部分はアリゾナ州ツーソンのツイードファウンデーションという機関での研修でした。朝は8時から、夜も遅い時は8時くらいまで、自分の机で実習したり、講義を聞いたり。そんな矯正漬けの毎日を送ったのです。

 その時、たまたま韓国人の先生、ソウル大学校歯科大学の同門の先生のグループもけっこうな人数、参加しており、私の机の向かい側が今でも兄貴分と慕う李準圭先生なのです。ワイヤ曲げの実習中、また一休みの時間、李先生は流ちょうな英語、私はつたない英語でいろんなことを話しました。食べ物のことが中心でしたが、まぁ2週間も毎日顔を突き合わせていれば、仲良しにもなるわけです。

 その後、帰国。年賀状をやり取りするくらいの関係でしたが、1995年、アジア太平洋矯正歯科学会(APOC)の大会がソウルで開催されることになり、その下見と李準圭先生の診療所の見学を兼ねて9月の初め、その年の秋夕休み直前にソウルを訪問したのです。初めての海外一人旅でもありました。会話集片手のソウル。一日で、安全かつ親切な人が多い国だとわかりました。また翌日の飛行機で秋夕休みを利用し、ボストンで開業医をしておられるお兄さんのオフィスに行くという忙しい時間でありながらも大歓迎してくれた李準圭先生、「準圭ヒョン」というところでしょうか、楽しい友人関係が再開というわけです。

 92年に医院が軌道に乗り始めたころ、医院の旅行で済州島へ団体旅行の経験があります。厳密には初韓国はその92年でしたが、やはりソウルを見ずして、、という感じですから、私の韓国旅のスタート、やはり95年9月のソウルと言って差し支えないでしょう。その後は11月にそのAPOC学会大会。96年は3回くらいでしたが、97年以後は3日以上の休みがあれば韓国行きを考える、そんな感じで訪問を繰り返すようになりました。

 また、李準圭先生とお会いした後、90年代最初から独学で韓国語を始めましたが、なかなか上達せず。毎年4,5,6,7月号くらいまでのNHKのラジオ講座、テレビ講座のテキストがたまるばかりでした。実際に韓国ソウルへ行ってから韓国語熱にも火が付き、97年から地元新潟の民団の学校、新潟韓国教育院に週に2回(普通は週1回)通い始め、徐々に力が付いてきた、そんなです。

 写真はこの後の話になりますが、私の韓国語の故郷である、ソウルの新堂駅前。中央市場の入り口付近です。最高気温が零下9度なんていう日でしたので露店も閉めて休業中の店が多い状態。珍しい写真と言えます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2677 大田・儒城温泉の歓楽街の朝

822 823 825 826

 夜はギンギラのネオン輝く韓国の歓楽街も早朝はがらんとしています。宴の後はスッキリさっぱり、静かでした。ナイトクラブ(ディスコ)、歌謡酒店、ルームサロン(ビジネスルーム)、按摩施術所、その他飲食店、夜型の韓国ですので、朝はゆっくり明けていく感じです。ほとんど一人旅、でもって夕食にはお酒、早めに宿へ戻ってテレビ、そんな旅ですので夜の話には本当にうとい私です。

 本日午前は超多忙。午後にはちょっと空きもありますので、もう少しアップするかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記419 木更津18

114 115 1161 1171

 知らない町の街歩き、まっすぐでは面白くないのであちこち寄り道しながら進みます。3,4枚目はもう駅のそば。でっかいマンションが建っていますが全部は売れていないふう。わが新潟も昨年あたりからマンションの売れ残りがニュースになっています。当院の近く、新潟駅南口の高層マンションビル、居住層、テナント層ともに、空きだらけのままオープンしそうです。日本の未来、どうしたらうまくいくのか、真剣に考えるべき時期でしょう。裏金問題だの数億円のお小遣い問題だのをうだうだつつき合ってる時では無いと思うのですが、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月28日 - 2010年3月6日 | トップページ | 2010年3月14日 - 2010年3月20日 »