« 2010年3月7日 - 2010年3月13日 | トップページ | 2010年3月21日 - 2010年3月27日 »

2010年3月20日 (土)

2010年3月20日 開業20周年

81 おはようございます

 忙しい週末です。本日で当院は開業20周年を迎えることができました。矯正歯科専門医院を快く受け入れていただいた周囲の先生方、大学の先輩後輩、そして何よりも今まで来院された千数百名の患者さんたちのおかげです。御礼申し上げるとともに今後とも地域医療のためにがんばりますので、よろしくお願い申し上げます。

 本日より、ささやかな記念品とひまわりの種をお配りする予定です。嬉しい日です。夕方に少し空きがありますので、また記事をアップできたらと思いますが、仕事の準備のため、朝はこれまでとさせていただきます。 皆様、よい3連休をお過ごしください。

 2月末に行ってみた東京でのセミナーの最後にカリスマホスト(褒めています=カッコいいという意)みたいな上級のインストラクターさんが言っていました。まずは「行動」というか院長の実行力。行動がなければ進歩も改善も無い。そして次に大事なのは「スピード」だと言っていました。その辺、韓国人の「まずやってみてダメならそこでまた考える」を見習わないといけませんが、先ほど8時半過ぎに花が届きました。内輪以外には特に案内もしていなかったので、本当にびっくり。でも、とてもうれしかったです。すぐにメールでお礼を申し上げ、写真撮影、読み込んで縮小して仕事の合間に追加アップです。これも、「スピード」ですから。

 D-Style川端政雄さん、本当にありがとうございました。お気遣いと行動力、見習いたいと思います。今後ともよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2696 ソウル市新堂・中央市場から黄鶴洞へ3

376 377 378 379

 馬場路をこえて坂を下ると右手にコプチャンクイの店が並びます。けっこう再開発でなくなったけれど、まだ10軒くらいは残っています。それぞれ、テレビの某番組で取り上げられただの、広告に一生懸命。私の行きつけは「ヨンミネコプチャン』でしたが、最近はちょっとご無沙汰しています。店頭の鉄板でコプチャンを焼くアジュマに受け口の子供の相談を受けたり。金ポラムももう大人になったはず。矯正はしたのかな?

 4枚目、清渓川路に出るとファンハク洞はここまでです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

2010年3月19日 パップダパッパヨ

 おはようございます

 今週は金、土、日と診療。忙しい週末です。ちょっと荷物を持って出てきましたが午前中は家の用事で一度帰宅。お昼過ぎにまた出てきます。月曜は休みですが、3日間、しっかり働かないといけません。

 一昨日の「どこだかわかりますか?」ですが、ソウルの江南、瑞草区の瑞草洞。李準圭先生のオフィスの近所の写真でした。江南大路から1本入った道でけっこう飲食店や遊興酒店があります。昼間はあまり目立ちませんが夜になると立派なネオンが光り、お金のある男性を誘う、そんな感じです。「コレ(くじら)」という店もルームサロンだし、他にもルームの看板が見えたはずです。写真のホテルも、前はコアホテルという名前だったようで、私も一度泊まった宿を改装したもののよう。部屋は広く、高級モテルって感じの宿でした。

 2回目のアップで有名店って言ったのはふぐの絵の看板でもわかるように「サムホポクチプ」の瑞草店。本店は新村にあるかなり高級なふぐの店です。江陵イェンナルチプという韓定食の店に連れて行ってもらったこともありますし、有名なポドゥナムチプもすぐそばです。

 江南大路から1本裏手まではそんな飲食店の多い歓楽街。2本目からは古いけどけっこう高級なウソンアパートだのムジゲアパートだのが並んでいます。できてかなり経つので再建築の話も出ているよう。不動産屋も目立つ感じです。韓国、どこを歩いても興味が尽きませんね。

 さて、一度帰ります。天気もいいのでお昼は自転車で出てきましょう。3連休の皆様、よい休みになりますよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2695 安山市元谷本洞8

1231 124 125 126

 安山市の元谷洞、やはり中心は中国人、特に朝鮮族の方が多い街のよう。「延吉狗肉館」、漢字だともろに誰にでもわかりますね。中国式の狗料理、どんななのでしょう?『セン』という字はたぶん「はさみ」という意味でしょう?美容室かな?って思います。食べて寝て着て、髪を切って、、、日本の韓国人が多い街でも美容室はありますから。

 早朝の訪問でしたが、工業団地、24時間操業のところもあるのか、仕事上がりでワンボックス車から降りる外国人労働者の姿もしばしば見かけられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2694 ソウル市新堂・中央市場から黄鶴洞へ2

371 373 374 375

 今までも何度か紹介している黄鶴洞、馬場路と清渓川路に挟まれた町です。中央市場は在来市場ですが、こちら側は食堂設備、厨房機器、調理器具、食器などの店が集まる専門市場です。中古電気製品の店はかなり減少。コプチャンクイの店も結構減ってしまいましたが、美味しい店もたくさんある面白い地域です。

 大きなアパート群は再開発でできたロッテキャッスル。この一部にはEマートもあるし、チョンゲチョンを越えるといくつか中古ビデオ、DVDの店もあります。何度か韓国へ行って独り歩きに自信ができたら東大門市場の続きみたいなものですので、訪問されてみてはいかがでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

普通の韓国を探して2693 独自の発展を遂げた韓国の「日式」

372江南のほうへ行くと「日式 ○○」だのいう看板を昔はよく見かけました。ルネッサンスホテルの裏あたり、初めてソウルへ行った95年頃の話です。黒田さんの本あたりで大体どんなものかは知っていましたが初めて行ったのは2,3年前の李準圭先生に連れられての時で、やはり駅三洞の「新墨湖」という店でした。

 どんなものかというと、旅館の和食というか、宴会の和食のコース料理、そんな感じで、確かに日本風ではあります。丸ごとの生き造りで食べる刺身のときの多種多様なツキダシにも似ています。刺身が出て、てんぷらが出て、手巻きずしなんかも出て、、、まぁ海産物中心、そんな不思議なコース料理です。でも、最初に胃の粘膜を守り悪酔いを防止するためのお粥が出るのは韓国式。そんなふうに和食が独自の発展を遂げたのが韓国の日式といえましょう。

 今回の1枚はソウル、黄鶴洞の業務用の制服屋さんの店頭での写真です。かなり派手目な制服の中にこんな一着がありました。「寿司」はいいけどちいさく「にぎり」と書いてあるのが面白くてシャッターを切りました。デザイナーさんの一生懸命な気持ちが「にぎり」に出ているような気がしませんか?

 余談ですが、新潟では普通の寿司のこと、「生寿司(なまずし)」と言います。19歳でこちらに来た時は、東京出身で母方の祖父は魚屋だった私、「変だなぁ」とか、「あったりめーじゃねーか」だの、「貧乏くさいな」だの思いましたが、今はなんか済まない気持ちです。日本も、韓国も、世界の他の国もその土地ごとに文化があって、大事に守られている。言葉の使い方とかで、間違ってると思う、おかしく思う、笑ったりするのは良くないことです。うまく言えませんが、最近は「にぎり」と加えた韓国の方の気持ちが理解できるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記428 美味しいもの

123

 2000年をまたぐ前後数年間、飲み食いにかなりお金を使っていました。福岡、大阪、東京、札幌、年に何回も出かけ、美味しい店、美味しいものを探して食べていました。しかし前の記事同様、『美味しい』と感じる「閾値」も割合低いほうだと思っています。安くても美味しいもの、たくさんあると思うのです。これも大いに生きていく上で得な性質だと考えています。

 この写真、古いものでちょっとあやふやなのですが、たぶん京都の有名店の特製ラーメンです。同じ講習会があれば故郷である東京の会場ではなく大阪会場を選択して出かけていた時期ですので。一見普通ですが、それでいて美味しい、他の店にはなかなかない特徴を持つラーメン屋さん。もちろん、他にも工夫を凝らしたような新しい店はたくさんあり、愛好者がいろいろ探して食べ歩きとかしているのでしょうが、長いこと一つの味でやってきた老舗のやり方、見習うべき点が多いと感じています。

 暖かくなったら自転車でも持って関西地方、行ってみたくなりました。やはり渡来人の足跡を追いかけたい私ではありますが。

 本日も休み。午前中は私の時間。ちょっと雑務を済ませて沐浴湯へ行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2692 安山市元谷本洞7

118 1191 1201 1211

 どこへ行くかも決めないで出発、行きの飛行機、KE764便の中で読んだ前日の中央日報の特集記事で見つけた安山市元谷本洞の多国籍トンネの訪問。初めての町ですので新鮮な気分、楽しい散策です。ガイドブックにあるような場所は大体知っているし、2度3度と行きたい場所は行っているし、、、知らない普通の町を歩くのと、人間観察、とても楽しい時間です。

 生物学用語で、あ、生理学かな?「閾値」というのがあります。「生き血」と同じ読みですが、神経とかが反応を起こす最小の値、刺激の大きさを言います。私の場合、特に韓国が好きですからこの閾値が韓国へ行くと低くなる→ごく普通のことでも面白く、うれしく感じる、そんなのがあるように思えます。「感受性」という言葉が一般的な言葉では一番近いかな?ともかく、「嬉しい」とか「楽しい」とか感じやすいのはなんだか得なような気がします。

 元谷本洞住民センターの角を曲がって北へ向かう道、魚屋がありました。やはり韓国の真冬の魚屋、みな店頭は冷凍状態。泥棒も少ない国ですので早朝でしたが商品はみなそのまんま。日本ではありえない風景です。野良ネコとかも少ないのでしょう。もっとも最低気温零下15度、日によっては最高気温も零下10度なんて場所ですので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

普通の韓国を探して2691 2690の続きです

2009_0612ixus820110382 2009_0612ixus820110383 2009_0612ixus820110385

 昼間はオフィス街という感じ。お昼前後は点心食いにけっこう人が出ます。2枚目の茶色いビルの1Fの店は有名店かな?この時点では写真が小さくて見えません。一日留守番で外出できず、足がうずうずしてしまいます。夕方から新潟はみぞれ模様。家内が帰ったらウォーキングにでも出るかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記427 法頂というお坊さんの本・「無所有」

2010_0315ixus820110052  先週、肺がんでなくなった韓国のお坊さんの本です。法頂さんという名前の高僧だとか。日本ではほとんど報道されていなかったと思いますが、韓国では国を挙げてのニュースだったようです。とある方のブログでそれを知り、最初はハングルで検索。その後、日本語でもけっこう出てきていましたが、韓国では知らぬ者のいないほどの徳の高い方だったようです。検索して出てきた記事を見てちょっと興味を持ち、アマゾンで著書を探し、すぐに注文。定価で古本を買うことになりましたが、短文集「無所有」という本です。ぱらぱら拾い読みして置いておいたの、今日の休みに読もうと思っていたのに、委員に置いてきてしまいました。本日は家内が出かけるので留守番。夜にでも取りに行ってくるつもりです。

 日本での大ニュースが韓国では報道されなかったり、そのまた逆もあり。でも、ネットでいろいろ見ることができるようになったのは嬉しいですね。お互い、公正かつ公平な報道を期待したいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2690 どこだかわかりますか?

2009_0612ixus820110379 2009_0612ixus820110380 2009_0612ixus820110381  そんなに新しくないアパート。看板多数。でも、人通りはそんなに無い。観光ホテルでは無いけどけっこうきれいげなホテル、モテルかな?でも、表示はホテル。「コレ」という看板の店。でも、クジラ料理店ではない様子。さて、この町、どこでしょう?簡単かな??私の立ち回り先でよくある場所のすぐそばです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

普通の韓国を探して2689 大田広域市儒城区儒城・朝もやの風景

786 831

 昨年11月、大韓歯科矯正学会で行った大田市のユソン温泉、ホテルレジェンドの8階からの南側の風景です。昔は大田とは別の町みたいだったと聞いていますが平地の多い西のほうへ新しい市街が発展し、今はほとんどくっついた感じの温泉町です。しかし日本の温泉情緒みたいなものはカケラもなく、すでにここで紹介しているように大田の歓楽街という感じの場所です。でも、南側はまだ開発待ち?広大な土地が広がっています。

 朝の遅い初冬の韓国。1枚めは7時前、2枚目は8時前。朝食と散策の前後の写真です。この後ワイシャツ+上着に着替え、学会会場の大田コンベンションセンターにタクシーで移動しました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

すばらしい韓国の食事522 黄狗専門店・개고기チョンゴル

060 061 063

 日本だと一番上等な肉牛は黒毛和牛だの言われていますが、韓国の伝統的肉牛は黄色というか茶色の牛です。いわゆる韓牛ってやつです。犬肉は、、、日本では赤犬が上等とされていますが、要は普通の柴犬とかのような茶色の犬の、色が赤っぽい濃いめのやつが美味しいってことでしょう。で、韓国も犬は一緒で「黄狗」=황구が一番上等とされています。

 清涼里の市場の北のほう、また有名な五日市のモラン市場。また、地方へ行くとあちこちで見られる食用犬の養殖場というか牧場。犬種を見ると様々で、でも、大型が好まれる感じです。肉がたくさんとれるからだと思うのですが、明らかに洋犬の血が入った雑種だったりします。今回の店は場所、店名ともに公開できませんが、純粋な韓国の選りすぐりの黄狗だけを毎日4頭使っているという店。ソウルでもトップクラスの犬肉料理店です。

 蛋白質の組成が人間に最も近いため、手術後の回復期には西洋医学の外科の先生も勧めるという犬肉、もう何度も食べていますが、今回は延世大の解剖の先生がちょっと遠いけど、ということでわざわざ連れて行ってくれた店です。バスに乗って、地下鉄に乗って、また乗り換えてたどり着いた店なのですが、間口は小さな町の食堂という感じ。看板には参鶏湯・栄養湯とあります。予約した我々は通常の店の裏手にある宴会室へ案内されて、楽しい夕食になりました。教授ニムのお話では、補身湯(=四季湯、栄養湯)、スユク、ムチム(薬味あえ)などいろいろ料理法はあるけれど、一番はやはりチョンゴルということで、いろいろ話しながら焼酎を飲み、美味しい犬鍋に舌鼓を打ちました。やっぱケコギ、美味しいです。

 2、3枚目、左下に見えているちょっと長い部分が一番精力がつくという犬の자지の部分です。犬ってアソコにも骨があるんですよ。他の肉は大部分、一番美味しいという腹の肉、ペッサルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2688 安山市元谷本洞6

114 115 1161 1171

 1枚目、元谷本洞住民センターの脇を北へ行く道に入ります。朝からやっている食堂、もしかしたら24時間営業なのかもしれませんが、粉食、饅頭の店が多いようです。中国人と言っても、言葉ができる朝鮮族が多いのかな?と思っていましたが、寒い満州とか、東北部、米がとれず、粉物が主食のところも多いはず。そろそろお腹もすいてくる7時台、どこで食べようかな?なんても考えながら寒い朝の町を歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

普通の韓国を探して2687 ソウル市新堂・中央市場から黄鶴洞

367 368 369 370

 ソウル、中央市場です。真冬の韓国、みな外にある物は凍ってしまいます。逆に言えば腐る心配はありません。魚屋も気楽かもしれませんね。10年ほど前に屋根ができたこの中央市場、そうる最大の在来市場といわれており、地下にはガイドブックにも紹介されている刺身屋村もありますが、ここ数年、どんどん数が減っています。都市中心部の商店街の衰退、韓国でもあるのかもしれません。割合行けば明るいのですが2枚目、外が明るいため、こんな写真になりました。北側、馬場路側の出口です。

 3,4枚目は馬場路を越えた黄鶴洞、ここもロッテキャッスルアパートができて大きく風景が変わりました。中央の道も前は両側がトラックの駐車場になっていました。今は駐車が禁止されたのか中央線には赤いポールが立っています。そのためか、たくさんあった露店も減少、わが友人の果物店(露天商)もなくなり、今は塗装業をやっているとか聞いています。

 日本人、仕事ができなくなり、転職とかいうと、何かしらの苦労があるでしょう。韓国でもあるのでしょうが、ぜんぜん大したことと思わずに生きている感じ。韓国人の人間力の強さを感じます。そういうのも「しょうがない」という意味の強い「ケンチャナヨ」なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2686 安山市元谷本洞5

110 111 112 113

 韓国で一番外国人が多い街という安山市の元谷洞、主に、中国の人が多い、そんな感じです。中国は大きな国、いろんな民族がいろんな言語を話しているとか。朝鮮語が通じるという延辺朝鮮族自治区は行ってみたいと思っています。ガイドさんの後をくっついていくような旅行はしたくありません。外国へ行くなら簡単なその国の言葉くらいは勉強してから、そんなふうに考えています。自分の足で、自分で歩いてこそその国の本当の姿が見えると思います。あまり資本がいらない観光産業はどこの国でもお手軽なお金をもうける方法、なんか、そういうのから離れた旅行をしたいと考えています。そんなわけで、もしも中国へ行くならば、言葉が通じる延吉にと思う私です。

 安山駅前から公園の前を通り、割合広い通りに出たのは4枚目。元谷本洞住民センターとあります。2,3年前でしょうか、洞事務所と言っていたお役所の町毎の出先機関、住民センターという名前に変わりました。日本でいえば出張所にあたるものです。

 普通は「新韓銀行」なんて漢字の表記は無いのに、この元谷洞、とにかく中国語というか漢字の看板が目立つ町です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

普通の韓国を探して2685 韓国の除雪器具

089

 この1月初旬にソウルを襲った観測史上最高の積雪のニュースをご覧になった方も多いでしょう。その直後、11日から訪韓したのですがソウル市内、見事に雪がどけられていました。知り合いのホプアジュマ(ビアホールのおばさん)に聞いたのですが市の条例で住宅、商店、会社、いずれも自分の土地の前の分だけは歩道などの除雪をしないといけない。しないと罰金、という決まりがあるのだそうです。

 で、私もテレビとかで見ていたのですが、韓国は寒いので、除雪には板っきれだの、段ボールだの、そしてこんなほうきだの、そんなのが一般的な除雪用具だったみたい。まt角の雑貨屋の店頭にもわかる人はわかる、あの、緑色中心のプラスティックのほうきがたくさん置かれていました。

 わが新潟の雪は思い雪。ちょっとしまるとスコップ1杯がかなり重たくなります。もっと寒い地方ではもっと軽く、さらさらした雪。そんな雪だとスコップだとこぼれてしまって効率が悪くなる。そんな場合は大きめのプラスティックのスコップだったり。地方ごとに除雪の器具、雪の性質によっても変わります。

 北海道の山間部並みに寒いソウル。最高気温がマイナス10度なんて日も珍しくないためか、雪はサラサラ。そんなわけで、ほうきではいたり、板っきれで押して寄せ集めたり、そんな除雪が行われたとのことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2684 多国籍トンネ・安山市元谷本洞4

106 107 108 109

 公園の片隅に敬老堂という施設がありました。しかし韓国のお年寄り、この辺にどれくらい住んでいるのだろう?なんても思います。だんだん漢字の看板が増えてきます。韓国で最も外国人の密度が高い場所がこのアンサン市ウォンゴクポンドンだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月7日 - 2010年3月13日 | トップページ | 2010年3月21日 - 2010年3月27日 »