« 2010年4月11日 - 2010年4月17日 | トップページ | 2010年4月25日 - 2010年5月1日 »

2010年4月24日 (土)

2010年4月24日 スタッフ休暇のため午後から休診

159

 朝は雨が降りましたが、その後晴れてきて快晴の新潟市です。スタッフが休みたいというので、本日午後は休診です。でも、家内が出かけるため、午後も家で院長が電話番をする予定。夜はどこか遊びに出掛けたいなぁ。 写真は国鉄安山線の安山駅前にある薬局の看板。格闘技の秋山選手です。昔NHKの特集で見ましたが日本の柔道選手だった時のもの、すごいがんばりでした。オイルを塗って失格、という事件もありましたが、その後韓国で人気とか。活躍を期待している、軽いファンです、私。 さて、と、上がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2745 龍山駅前午前5時・国際ビルディング

062 063 064 065

 忠武路からタクシーで行った龍山駅前です。ほんの少し残っている青少年通行禁止区域にはまだ少し灯りがともっていましたが、印象に残ったのは何度かここで紹介している国際ビルディング。なんとほとんど灯りがついています。アメリカもそうですが、韓国も背広族、ものすごく働く人がいるのでしょう。案外朝はゆっくりというイメージがある韓国ですが、出勤前に外国語学院へ行ったりスポーツジムへ行ったりする人も多いはず。でも、それにしても、このビル、いったい何人の人が中にいるのかな?と思いながら駅へ向かいました。

 国際ビル、今は周囲に高層アパート群もできて目立たなくなりましたが90年代のソウルでは龍山といえば国際ビル、そんなイメージもあった大きな、そして面白い格好の大きな建物です。漢江沿いの道からも良く見えるはず、です。

 4枚目は地べたビューでの青少年通行禁止区域のメインストリートです。ニフティの規定によりサムネイルの拡大が不可能になっております。ご了承ください。

067 068 069 070

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2744 전라북도 익산시 왕궁면 왕궁리 5층석답

142 144 145 147 148 149 151

 全羅北道益山市王宮面王宮里5層石塔というタイトルです。7時過ぎにイクサン。駅前で食事をして、タクシーで王宮里へ。実は最初の「初めに行くつもりだった目的地」はここではなく、金馬面東古都里石仏立像だったのですが、駅前で客待ちしていたテクシ技士ニム、そっちの石仏は良く知らないとのこと。車内で話しながら東へ走ったのですが、王宮里5層石塔は良く知っていると言うので、あとは自分で地図を見ながら歩いて探すことにして、こちらへ行ってもらいました。料金は2万ちょっとだったかな?時間の節約、大人タクシーです。

 おろされた場所は公園の入り口みたいなところ。どうやら歴史公園として整備中で資料館なんかもできています。さて、肝心の石塔は??と公園に入っていくと、、、4枚目の写真のフェンスが目に入りました。ちょっとイヤな予感もしましたがそっちへ歩いて行くと、、、ラッキー!5,6,7枚目、裸の赤土の上にかなりの大きさの百済の時代の石塔、ありました。

 やはりこちらもきれいに公園のようにするために整備工事中、近くまで行って触れなかったのが心残りですが、それを除外しても立派な塔です。本当に1400年とか前のものなの?と思うくらいに保存がいいです。いい石を使っているのでしょう。また機会があれば、公開されたときに近くで見て、できれば触ってみたいものです。

 慶州の古墳なんかも宮原さんの本によれば80年代以後に整備されたとか。普通の人が住む普通の町や村の中に百済とか新羅の時代の石造物や古墳が、というほうが好きだけど、まぁしょうがありません。元寇の通り道、秀吉の2度の戦争、そして近い昔の韓国戦争(日本では朝鮮戦争ですが、韓国では韓国戦争と言わないといけません)、いろんな歴史を潜り抜け、昔の石造物が残っているのを喜ぶべきでしょう。 ワングンリ5層石塔、でかくて立派です。

 アップして写真を見ての追加です。2枚目の道、韓国の国道1号線です。全羅道差別とかの話もあったので、なんとなく1号線はソウルから釜山かな?とも思っていましたが、ソウルから木浦のよう。でも、湖南線と並行というわけではなく、論山から益山へは寄らずに山沿いを全州へ向かっている道です。すごい田舎へ来たような気分でしたが、国道1号線の脇、なんだか不思議な感じでした。

 もうひとつ、最後の石塔の写真の左、見えてる山はこの後はるばる1時間以上も歩いて行った彌勒寺址の後ろの山です。地図で見ると標高は430m。でも、平地の多いこの辺では群を抜いて目立つ山です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

2010年4月23日 小雨

 おはようございます

 いつもカバンの中にA4の大判の大学ノートを入れてあれこれメモっています。仕事の上でのアイデアもあるし、しなきゃいけない用事を列挙したり、韓国の行きたいところ、食べたいものをメモしたり、、、昔は韓国語の勉強のための韓国語日記でしたが、最近は総合メモ帳という感じです。

 前の書き込みでその内容をちょこっと書いたのですが、その少し後に面白いメモがあったので紹介します。本文はすべてハングルです。

7時30分マポ駅

  55分5号線

バスの中→景色観察

地下鉄の中→人を観察

・個性的おしゃれをするようになった。(前は流行一色)

・背が高い女性

・ハゲ頭がいない→仮髪?(かつらのこと)

・日本語勉強

・ほとんど素顔の女性が増えた

・薄着

・無料新聞

・寝ている人が多い

・カーキ色が流行している

・5号線も乗客が多い

・MP3音楽聞いている人

・時々すごい美人もいて

  43分 千戸駅 人が多い

      8号線も乗客が多い 車掌さんの挨拶

      「微笑のある幸福な一日になりますよう」

・停車位置の失敗→日本ではまず無い

福井駅9時05分  マポからモランまで1時間半くらい? 遠い所だ。

・地上へ出た

 この後はモラン市場のオリロースクイ屋台でのメモになります。でも、座れればの話ですが、やはりバスのが面白いですねぇ。

 最近英語での設定の方の訪問が多いなと思っていたら、グーグルボットが頻繁にこちらを見に来てくれているようです。前にも一時そういう時期がありましたが、「有用なサイト」としてグーグルが認めてくれているようで嬉しく思います。これからも「普通の韓国」をお伝えできるようぼちぼち続けていきますので、どうかよろしくお願い申し上げます。

写真は旧明宝劇場、現、ミョンボアートホール前です。忠武路の伝統ある映画館でしたが、映画はやめてしまったのかな?雨の中、コンサートの準備か音響機器を搬入していました。昔の韓国映画のVHSソフトの箱には「○○劇場開封作」とかソウルの有名映画館の名前を表示してあります。ここもその一つだったのですが、映画館をやめてしまったとしたら、残念です。015 161

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2743 在庫整理

122 123 176 384

 1、2枚目は江原道華川の山川魚(ヤマメ)祭りのもの。パネルになっている韓服のアジョシは有名な小説家の方で、わざわざこの江原道華川郡の田舎に住んで執筆をつづけておられる方だそうです。

 3枚目は国鉄アンサン駅の入り口、お姉さんはやはり外国人労働者の方のようです。韓国人より外国人のが多い、そんな町でした。

 4枚目はたぶん黄鶴洞、5枚目は友人のアジュマがホプをやっているノウォン区の孔陵洞、サムゴリ(三叉路)という素っ気ない名前のバス停留所のあたり、その名の通り三叉路になっています。せっかく縮小、準備したのでアップです。この他にもあれこれ準備してあるのがありますが、また別の機会に。

 観光とは縁がない、あ、最初の2枚は観光行事ですが、あまり一般の日本人には役に立たない写真ばかりです。でも、そんなのを見に来てくれる方もたくさん。今後の日韓の個人レベルの交流がどんどん増えることを願って止みません。5881

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2742 大好きな風景

648 649 651 659

 2度目になりますが、飛行機の上からの落日、特に、日没後の空の色の変化が大好きです。天気がよさそうでその時間のフライトの場合は窓側を希望しています。3月25日のKE763便からの写真ですが、上空から日没方向の空の色のグラデーション、きれいでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2741 5時20分龍山駅発湖南線KTXに乗ろう

055 056 057 058 059 060 061

 午後は予定があるため、限られた午前の時間を有効に使おうと早起きです。

 1枚目、ティファールの電気ポット、最近あちこちのホテルで見かけます。うるさいけど、案外早くお湯が沸くスグレモノです。3時半に起きて、ケーブルテレビを見ながらお茶、どこへ行こうか考えて、イクサンの百済の旧蹟を訪問することに決め4時半ころに出発です。ちょっと写っている本が韓国の歴史関係の場所を紹介する本「踏査旅行の道標」というシリーズの全北編です。いい本ですよ。

 当然地下鉄は動いていない時間、龍山駅まではタクシーしかありません。フロントの当番アガシに挨拶して笑顔をもらい、まだ真っ暗な外へ出ました。車も人も多いソウルですがさすがに5時前は静かです。ホテルPJの前の道は確か素月(ソウォル)キルという名前、誰か昔の偉人の雅号だったような気もします。ホテル前のその道でタクシーを待ちながら地べたビュー、階段ビューなど含め何枚か。フォーカスさえ決まれば夜の写真、しっとりした感じの光をとらえることができればいい感じになります。

 当時のメモは

*1883W/L ガソリンの値段

*光明駅手前から速くなる

*高興郡にロケット基地

*6時59分 8分遅れで論山出発

*江景タワーがあった

*튤립   츄리프  일본적인 생각

*7時10分ハムヨル駅

*イクサン駅前にある食堂でテンジャン5000W

 なんてA4版の大学ノートにあります。汽車とかバスの中では横にならない限り寝られない私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

2010年4月21日 今日は休み

005 003

 おはようございます。今日明日は休み。明日は家内が出かける予定があるため、私の休みは京の昼間です。実は、早起きして中越の山のほうへでも出かけようとスコップまで積みこんで5時に出発したのですが、あまり天気が良くなさそうなため、戻ってきました。

 スコップ、ふきのとうを掘るためのものです。売っているやつ、完全に栽培のものもありますが、なんだか開いてしまって花が見えているようなのが多い感じ。私にとってのふきのとうは親指の先くらいの大きさのもの。手で出ているのを積むのではなく、残雪の端っこをスコップで掘り、見つけるもの、そんななんです。効率は悪いけど、味は一番、そう思っています。こういう感覚、お分かりの方、おられますよね?

 というわけで、新潟市に戻ったはいいけどこちらは道が乾いています。日帰り温泉かスーパー銭湯に行くか?市内の桜を自転車で見に行くか?それとも、久々に足慣らしで少しだけ遠くへ行くか?この後一度帰宅してから決めます。

 写真は新潟市の昔からの繁華街、昔はよく遊びに行っていた古町でのもの。飲み屋の多い小路の地べたビューと、室外機の脇にちゃんと置かれたふとんの上でのんびりしている太った猫。大事にされている感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

普通の韓国を探して2740 キム・ギチャン先生写真集「골목안 풍경 30년」・うれしい買い物

006

 김기창 사진집 「골목안 풍경 30년 1968-2001」、先日の出張の時にロッテそばの旧「乙支書籍」、現「ブックスリブロ」で見つけました。38000Wですが、即購入。本とチャンスは見つけた時につかまないといけません。

 前にここで紹介したのは「コルモクアン プンギョン 1968~1999」という第5集です。今回の本の最後のほうを見ると、골목안 풍경という写真集は1988年の第1集から1999年までに5巻。その後、「犬のいる暖かい路地」、「駅前風景」というのを出した後、2003年に「コルモクアン プンギョン6」、そして最後のこの「30年」が出たようです。その後は2004年に「失われた風景」、2005年に最後の作品集である「그 골목이 품고 있는 것들」が出たそうです。

 2005年に亡くなられた方ですので、もう新しい作品はなく、残るは在庫のみ。前の本も毎回のように行っていて、確か永豊文庫で見つけました。今回は期待していなかった、何度も見ているソウルのど真ん中の書店。うれしい買い物になりました。

 昔の韓国、ソウル、ぼろい家とかを蔑む気持ちはありません。ただ、日本より少し発展が遅れていたとは思います。うまく言えませんが、私の旅行、写真、そんなのの方向性にぴったりの絵が、この写真家、キムギチャン先生の本にはあります。韓国を説明するとき、「昔は日本もそうであった『良い部分』が今も残っている国」といういい方をします。60年代、自分が遊んでいた頃の懐かしい風景、そんなのが、韓国には90年代初めまで残っていたのだと思います。韓国、ソウル、キムギチャン先生の写真が大好きなんです。

 前にどなたか、ここでコメントいただいたことがある「竹とビニールで作った使い捨ての傘」、それを売る少女2人の写真、1978年のものがこの本にあります。その1ページを見ることができただけでも38000Wの価値があるって感じています。かなりの美人になりそうな小6くらいの少女、今はどんなアジュマになってるかな?幸福な人生を送っているかな?そんなふうにも思います。個人の作品ですので、ここではお見せできませんけど。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2739 나의 방식데로의 사랑 아니 여행

236 233 234 235

 私の韓国語は草韓国語です。ちゃんと基礎から学院で、というタイプではなく、基礎はちゃんと韓国の初等学校のベテラン国語先生ニムに教わったけどそこから中級者に至るまではコプチャンポジャンマチャだのホプで習得したものです。タイトル、わかち書き、つづり、間違っているかもしれませんが、カラオケの18番のひとつだったシンスンフンの歌の題名にかけてます。最近歌ってないから声も出ないだろうなぁ、、、この歌。

 で、写真ですが、ご存知の方も多いであろう現存する韓国最大の石塔がある全北は益山の彌勒寺址です。ずっと前から写真では何度も見ていて、でも、案外交通が不便で行かなかった場所、今回は空いている午前を利用して5時20分のKTXで行ってきました。

 王宮面王宮里の五層石塔から歩き始め、金馬面東古都里の石仏(石像)を見て、ずっと歩いてやってきた彌勒寺ですが、修復工事中。仮設の建物にすっぽり覆われてて、見えたのは広大な元境内の草地と復元されたほうの塔レプリカ、それと、これは本物、タンガン支柱という旗竿の支柱の石の柱です。

 タイトルは訳すと「私の方式なりの愛、ならぬ旅行」ですが、下調べも時には必要かな?と思った一日でした。昔は年に2,3度の旅行、行きたいところもたくさんあったし、事前に本で、ネットで、いろいろ調べて出かけていましたが、最近は一つのテーマを設けることはあることはあるけど、大部分、決めません。行きの飛行機の中で見た新聞記事、機内雑誌の記事、前夜のテレビの番組を見て翌日の仕事の合間の遠足の行き先を決める、そんなことが多い感じです。

 4泊とか5泊、最近はそんな長い日程の旅行もできないですが、そんなケースならどういうふうに回るか?あれこれ検討するでしょう。2泊3日が普通、たまに3泊、時には1泊、そんなだと、、、今のやり方が一番いいような気がしています。どこでも韓国を楽しめる、そんな力がついてきたが故ともいえますので、ちょっと嬉しいです。

 気付いた方もおられるかもしれませんが、実際の撮影順序は2,3,4,1です。2枚目は山を横から見た方向、少し手前の写真です。タクシーをとばして王宮里で降り、歩き始めた時からこの彌勒寺址の裏山、目立っていました。1時間以上かけて歩いた道ですが、常に見えているのです。1500年前も山の形は一緒です。その地方を代表するような高くて形のいい、目立つ山の南側に立派なお寺が造られた。さもありなん、という感じです。

 実は王宮里の立派な五層石塔も周辺の公園の工事中でした。後日アップしますが、あまりに公園化されるのもなんだかなぁ、、て感じます。ずっと前に言ったプヨのあ?、定林寺でも石仏を覆う建物の工事中でした。石造りの像、雨風で傷むのを守るのも大事でしょうが、それも運命、少し食いとめるって感じで四方が開けた屋根だけとか、、そんなだとダメなのかなぁ、、、 みなさん、どう思われますか??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2738 往十里風景

216 217 019 020

 昔はソウルのピョンドゥリ、郊外だったワンシムニ、今はすっかり市街化された一つのターミナルになっています。昨年なくなってしまった田豊ホテル、ベストウェスタンホテルビジョン、結局同じビジョンホテル、合計すれば7,8泊しています。地下鉄とか電鉄線の便も便利だし、写真にあるように、ソウルの北から江南方面へ南北に走るバスの路線もあり、慣れた方ならかなりアクティブに動ける場所でしょう。

 最近のデジカメ、画像の拡大が可能ですので、こんなふうに停留所の路線案内を1枚撮影しておくとその後の移動に役に立ちます。この141番もなかなかのダイナミックな路線です。ソウルの街をつかんでいる方なら、見ればわかりますよね。

 バスというといつもの空港リムジンバスしか乗れないよ、という方も多いでしょうが、時間があるときなら地下鉄よりも景色が見える分面白いと思います。間違ったら戻ればいいのだし、どんどんバスも利用すればソウルの達人への道も近付きます。いざとなれば、タクシーだって安いのですからね。「脱初心者」の第1歩は市内バス、そんなふうに思える私です。

 1,2枚目は駅前の交差点の風景、1枚目の建物は城東警察署です。3枚目はたぶん城東区庁、6枚目が城東区議会で、後ろの大きな建物は屋内型のゴルフ練習場のようです。

021 022

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

普通の韓国を探して2737 スグレハルモニチプ・韓国屋台風景2

045 046 047 048 049

 続きです。2枚目の店がその行きつけの店と私の指定席です。量を減らして3000W分とわがまま聞いてもらえたレバ刺し、結局全部は食べられませんでした。営業時間は麻の7時ころから夜は12時ころまで。名物アジュマ(ハルモニ?)はお昼前に出てきて夜は10時前に上がって南楊州のアパートにバスで帰ります。清涼里、そんな市外バスも頻繁に発着するソウルの東の玄関です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2736 スグレハルモニチプ・韓国屋台風景1

038 039 040 041

 清涼里ロータリー北側、現代コア前の飲食店街の店、「スグレハルモニチプ」です。店頭にスグレ煮込み、ホパ煮込み、テジコプテギの四角い鍋がと冷蔵ケース。その奥はちゃんとした店でテーブルが5~6台あったかな?そして奥にも調理場があります。なんとなく表の屋台席が好きで、空いていればそこで食べて飲みます。この店のいい所、屋台風の席もありながら奥に清潔な化粧室があること。完全な屋台だと、近所の雑居ビルのトイレだったり、、、時には相当アレな場所もあります。まぁ、私は大丈夫ですけど。そんなソウルの下町の雰囲気を感じていただければ嬉しいです。042 044

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

普通の韓国を探して2735 最近ソウルにできたもの

514

 これ、市内中心部の地下鉄駅ごとにあったのですが、1月には無かったものです。グーグルマップのように、地図と航空写真を自由に表示できます。試用期間中のようで、無料でしたが、どう運用するのでしょう?

 写真は2号線乙支路3街駅で、私が中渓本洞の山の町に合わせた状態のものですが、韓国、まずやってみる、そこがいいところです。次回の訪韓の時も、これ、楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事531 またまたたっぷりのレバ刺しをソウルで

033 034 036 037

 ここも何度か紹介している清涼里のスグレハルモニチプです。寒かったけどけっこうお腹が膨れていたので、レバ刺しを特別に頼んで3000W分。本来はなんでも一品5000Wの店ですが常連になったが故のサービスです。250円分とはいえ、たっぷりの量、食べきれませんでしたが、甘いその日に肉にした牛の肝臓、美味しかったです。

 3,4枚目は地べたビューならぬ屋台ビュー、正確に言えば「屋台のベンチビュー」ですが、何軒か似たような飲み屋が続く通りです。4枚目、焼酎の広告ポスター、最初は誰だかわかりませんでしたが、ちょっと髪を切って変わった感じのハ・ジウォン嬢でした。おでこが狭いのが特徴ですが、人気のある美人女優さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2734 3月22日 ソウル下町風景

029 030 031 032

 3月の出張は2日間を延世大で過ごしました。学生と教授の会食にも出席したりして、歯科大学の話をたくさんすることができました。今回の4枚はまた別の夜、何度も紹介していますが、鐘岩洞のホプと清涼里の居酒屋を訪問したときのものです。

 3月22日は雪、午後から降り始めて、少しの積雪もありました。1,2,3枚目はチョンアム洞のホリディイン城北ソウル前、4枚目は清涼里の現代コア前。遠くにオレンジ色のネオンで「ロッテ百貨店」というのが見えますね。

 やっと雪がやんだ夜の写真です。いろんなソウルがある、そう感じる4枚です。なかなかきれいでしょう?夜の写真も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月11日 - 2010年4月17日 | トップページ | 2010年4月25日 - 2010年5月1日 »