« 2010年7月18日 - 2010年7月24日 | トップページ | 2010年8月1日 - 2010年8月7日 »

2010年7月31日 (土)

すばらしい韓国の食事552 アブラガニだって美味しいですよ

297 298 299 300 301

 ネットの世界で有り余る情報が得られる今、有名な話でしょうが、タラバガニとアブラガニってのがあります。ご存知の方も多いでしょう?2枚目の写真の甲羅の部分でもわかりますが、中央やや下のポコっとふくらんだ部分の中のトゲの数が6個だとタラバガニ、4個だとアブラガニという、似た種類の別の蟹なんです。

 ここ、ソウル市のチョンアム洞のホプ、「プルティナ」の店内なんですが、前にここでアップした時、「キングクラブ」、「タラバガニ」って書いたかもしれませんが、アブラガニでした。ごめんなさい。

 知り合いアジュマと別の知り合いアジュマの店へ行き、ビール飲んで話して、で、お客の知り合いアジュマが今回はキングクラブを頼むことになり、写真を撮らせてもらったのですが、上に書いたように、これはアブラガニ。でも、韓国ではたぶん、いっしょくたに「キングクラブ」と呼ばれているのでしょう。日本だって大部分はロシア産です。同じ海ですから北海道産だって一緒です。ロシアからの輸出では、もしかしたら区別がうるさい日本だと、棘6個のタラバが高く売れるので、韓国では大部分が少し安いアブラガニであるなんて可能性もあります。

 ロシア産だから、日本産だから、という差よりも大事なのは新しさと、純粋な個体差。あとは、蒸すか、茹でるか?生きていたのを調理するか?また冷凍かそうでないか? カニの味っていろんな要素がからんできます。ここは全部「蒸し」。けっこう時間がかかりますが、美味しいです。 新しい、元気に生きている蟹をその場で蒸して、すぐに食べる、それが一番だと思います。この時もちょこっと試食させてもらい、ミソの部分で少しですがカニみそポックムパプを作ってくれました。みな美味しかったです。少なくとも日本で食う冷凍したののすべて、もしくは北海道から冷蔵で買ってきて調理後1日2日3日経ったものにも、たぶん勝つ味です。

 同じ条件で調理したタラバとアブラの味、見分けられる人はいるのかな???って思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2888 서울 지하철역에서

328 327

 どこの駅かは忘れました。日付と時間で調べればわかりますが、面倒なのでそのままで。

 前に日本のJRの、列車内に自転車を持ち込む際の案内広告をアップしましたが、「分解、もしくは折りたたんで専用の袋に入れる」というのに加えて

*そのまま車内へは持ち込めません

*折り畳んでも専用の袋に入れないと持ち込めません

*折り畳まないままでは袋をかぶせても持ち込めません

 なんて、イラスト付きで事細かく注意が加えてありました。

 これに対し韓国は、一定の大きさ以下に折り畳めばそのままでもオーケー。また休日、一定の駅からの乗車であれば折り畳まないでも先頭車、および最後方車の運転室側に倒れないように置けばオーケーです。

 私もKHSの折り畳み車、あとは前にここで紹介したように止むなくブルーシートにくるんで、という形での輪行をしていますが、通勤通学で混む時間とかには遠慮しています。細かく規則を制定して他のお客さんの安全、迷惑防止を図ろうというJRの気持ちもわからなくはありませんが、一定の(緩めの)ルールを守れば、あとは各人の良識に任せて、多少の問題が生ずる可能性はゼロでは無いけどそしたらそこで、なんとかなるだろう、ケンチャナヨ、という韓国のやり方のが「大人」って思います。

 イギリスの高級車ブロンプトンで改札をくぐる写真を前にアップしていますし、1枚目、ストライダという組み立てると三角のフレームになる自転車でしょうか?折り畳んでそのままの状態で電車を待つお客さんを見て、なんだか嬉しくなってシャッターを切りました。

 日本の役所、「お客さんの安全のため」というと聞こえがいいですが、「何かあった時に自分たちに問題が回ってこないように」というのをまず第一に、そんなふうにも感じられる規則があると思っています。

 2枚目は今年の春からあちこちに設置された大型ディスプレイ広告。利用者が地図とかを選んで見る事もできます。私が動かして表示させた場所は中渓本洞のタルトンネ。左に山があり、ノウォン区の普通の街からは見えない北向きの広めの谷に広がる町です。

 「中渓本洞」、このブログの検索キーワードでもしょっちゅう上位にあがる言葉です。人権宣言で人間、自由にどこでも行っていいという権利が保障されていますが、そこに住む人の人権とかプライドも考えて行動してほしいと考えています。また可能であれば、5万Wとかでも3万Wでも1万Wでも結構です。誠金に協力しましょう。独り住まいのお年寄りの給食のお金とかになります。福祉会館でも、下の方の真ん中へんにある「ウリイウッ運動」の家でも、また市内の新聞社でも受け付けてもらえますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2887 全羅北道イクサン市サムギ面・石仏寺への道

253 254 255 256

 旧百済、彌勒寺址に続いて訪問してみた石仏寺への道の写真、ラストです。韓国の食事の話をするときに、まずは、「基本は飯と汁とキムチ」ってのから始めるのですが、韓国の田舎も、田んぼが基本。初めて地方へ出た時はあっけないくらいに似てる、そんなイメージを持ちました。この写真でも、2枚目の頑丈そうなバス停(バスの時間が書いていないのが困るんです)、3枚目の粗末な教会の塔、4枚目のハングルの標識、そんなのが無ければ日本と変わりないと言ってもいいくらい。

 今回の写真ではわかりませんが、あえて一番の違いを挙げれば唐辛子の畑が多いこと、それくらいです。日本でも昔は当たり前にやっていた田んぼの畦に大豆を植えるのもまだしばしば見かけられます。小さかった田んぼを耕地整理して大きくし、機械が使いやすいようにした点も一緒です。この100年くらい、近代から現代への発展の時期、残念ながら韓国では日帝時代という名前になってしまってますが、一緒に発展してきた歴史の名残がそこらじゅうに残る国が韓国です。

 ソウルの宿に荷物を置いて1番の汽車で地方へ。タクシーで最初の目的地へ行き、徒歩やバスで田舎をめぐる旅。ソウルを何度か歩いた方にはお勧めです。きっとどこへ行っても面白いもの、面白い風景、そして優しい人に出会えると思いますから。

 本日は午前が多忙、午後は、空きが結構あります。ピクチャーズ2という場所の写真を一度全部片付けるつもりですので、またアップします。他ではあまり見る事ができない「普通の韓国」の写真、ご期待ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2886 鍾路歩き、ラスト

275 276 277 278 279 280

 古いものと新しいものがごっちゃになって混在する都市、ソウル。鍾路あたりがその典型かと思います。鍾閣駅からすぐの場所にあるお寺、曹渓寺の門を出たら郵政局路。すぐそばに三星証券ビルはじめソウルの中心街のビル群が見えます。古い路地の街は消えても曹渓寺は旧王宮とともに残りそうです。またの訪問を誓って歩き始めました。

 2,3枚目はやはり仏教関係の施設のもの。懲りずにまた1冊買ってきた法頂さんのポスターがありました。裏通りを選んでの歩行、最後の7枚目も通路とも言えない通路が市民のために残されています。ここでも何度かアップしてる寛勲洞のマクドナルドのビルの裏手の写真です。

 古い道、新しい道、そして、新しいビルに古い建物、オフィスもたくさん、でも、昔からの飲食店、旅館もたくさん。日本人だらけの明洞から1キロもない場所ですが、まだまだ面白そうな通りがたくさん残る街、それが鍾路です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月30日 (金)

2010年7月30日 曇り時々雨

033 034 035 249 535 536 538

 一昨日の夜にすごい雨。昨日も降ったりやんだり、今朝もそんな感じで、車で出てきました。高い水道代を使って庭の木に水をやっていたのもちょっと休めて、犬の散歩には面倒ですが、ちょうどよいお湿りという感じの昨日今日です。

 今週は今日からずっと仕事。へんなふうに偏ってしまって今週は土曜日曜ともに、それほど大忙しでも無さそうです。今日は午後からで、、これから家賃振り込みなど銀行の用事かな??とまぁ、そんな院長です。

 ブログネタ、整理しきれないくらいなのですが、せっかく縮小して準備した写真、半端になったのがありますので、在庫整理をします。

 1~3枚目はジョイフル三ノ輪商店街。少しだけ目についた空き地と、注文を受けてから包む餃子の店と、都電荒川線終点の駅の様子です。

 家内の兄が独身時代、こっちのほうに会社の寮があり住んでいたのですが、その後結婚して移った田園都市線の青葉台の宿舎と比べ、ずっとこっちの街のが暮らしやすいって言ってたのが記憶に残っています。私も今回の訪問で、そんなこと、しっかり感じ取ることができました。いい所です、荒川区。

 4枚目は西大門駅そばの自転車置き場。どういうわけか子供用のと幼児用のがいっちょ前に置いてあります。小さなきょうだいかな? 置く所、見たかったです。たぶんその微笑ましさ、わかるでしょう?

 5,6,7枚目は延大歯科大の教授ニムと行った新村。繁華街のテジコギチプと帰りに見たセブランス病院です。

 当面は韓国行きの用事は無し。韓国、行きたいなぁ。9月になったら、短い日程ででも学会の手続きをと考えています。中旬になるかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2885 鐘岩洞から清涼里へ

306 307 308 322

 韓国の威勢のいい夕立、「ソナギ」の後の写真です。1枚目はホリディイン城北ソウル前。昔は大した距離でも無いのでということでタクシーを多用していましたが最近はバスです。ミアサムゴリから南へ走るバス、誠心女子大方面から恵化の方へ行くのも多いですが、鐘岩洞、京東市場、東大門区庁前から往十里、鷹峰サムゴリから漢江を渡って江南へというバスもたくさんあります。ですので、ここから南へはとても便利がいいんです。

 直接清涼里へ行くバスは残念ながら少ししか無いので大抵は京東市場で降りて、市場の中を歩いて清涼里へ向かうのですが、この時はたまたま清涼里駅前現代コアまで行くマウルボスが来ました。2~4枚目は清涼里のロータリー北西の食堂が多いあたりになります。

 夕立の後の夕方、すでに一杯やっているお客さんも多数。タンゴル(常連、店側からも客側からも言います)カゲ(店)である「スグレハルモニチプ」へ向かおうかとも思いましたが,少し歩いてみる事にしました。清涼里588に行く観光客は多数いても、大通りの北側、京東市場の続きの清涼里在来市場を見に来る日本人は少ないでしょう。でも、ちょっとの言葉ができれば、どこでも楽しめるのが韓国、ソウルのいいところです。市場の周囲は舌の肥えた客が多いともいいます。ぐるっと歩いて、入ってみたのが4枚目、先日紹介したユッケ250g10000Wの店でした。間口は狭いけど奥に広い店、かなりの人気店のようです。マッコリ1本と嫌になるくらいの量の韓牛ユクフェを楽しむことができました。

 知り合いを大事に、というのは重要なことですが、たまには浮気も、いいもんだなって思えた夏の夕べでした。この辺の街の感じ、なかなかいいでしょう?いかがでしょう?清涼里もいいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2884 乙支路4街あたり2

552 553 554 555 556

 世運商街だのの並ぶウルチロ4街あたりです。古い昔からの街である鍾路の姿もどんどん変わって行っていますが、この辺はあまり変わらない風。日帝時代も小さな工場だの商店、問屋、部品屋、そんなのがあった場所かもしれません。

 昔はすごく広く感じられたウルチ路もそんなに広くないです。でも、そんな道も日帝時代になって、いいいい方をすれば整備されたのではないかな?市電のある風景、見てみたかったです。60年代くらいの話ですが。

 前にも書いたかもしれませんが、ソウル旧市街を東西に走る大通りは4本。北から鍾路、清渓川路、乙支路、そして退渓路。このうち、チョンゲチョン路はほとんどバス路線がありませんが、他はたくさんのバスが走ります。ソウルの北からも南からもバスが集まる中心部、たいていのバスには数字とともに大通り名が書かれています。ソウルの市内バス乗りこなし、まずはこの中心部でどの通りを走るか?から注目すると良いでしょう。あとは、スユリ、ミアサムゴリ、清涼里、往十里、新村、ソウル駅、麻浦、そんな大きな街の場所を記した地図を頭の中に持つことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

とうちゃんの自転車日記375 上野&アメ横

082 081 080 079

 1枚目、ギラギラした暑い日の上野駅前です。眩しい陽光、なかなかカメラでは捉えきれません。先日の東京横浜出張の時のものですが、なんか、東京行くと上野駅に行ってしまうのですよね。新潟県人の性かもしれません。昔の特急とき、急行佐渡の発着する駅でしたから。この日も結局東京駅から新幹線に乗ったのですが、時間があるとついつい、上野から御徒町、その辺を歩くんです。

 2枚目は御徒町駅ガード下の回転寿司。何でこんな写真?って思われる方もおられるかもしれませんが、ここ、韓国のガイドブックに掲載されている店なんです。一人で韓国語のガイドブックを持ってうろうろしている学生風男子をつかまえて、案内しました。美味しい寿司を食えたでしょうか?彼。

 3枚目もアメ横、話に聞く「いそべ巻き」の屋台があったので1枚。あんまり出ていないふうでした。4枚目はわかる人はわかるアングル。人気の餃子と中華の店ですが、どういう状況で撮ったのか??ないしょにしておきましょう。

 本日は休診、午前中はとうちゃんの時間、例によってスーパー銭湯でしっかり洗って早めのお昼を食べて戻ります。皆様、夏負けされませぬよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

普通の韓国を探して2883 江原道江陵の繁華街

241 242 243 244 245 246 247

 江陵バスターミナルに着いてタクシーで駅前。駅前の旅館、旅人宿街はHなとこが多いので少し戻るように旧バスターミナルの向かいの繁華街へとモテルの看板を目印に歩きました。ソウルと違って郊外のアパートを除き、高層建築はありません。まぁ、地方都市では日本でもいっしょです。大通りから夜は賑やかになるであろう飲み屋の多い道を行き、4枚目の写真に屋上の看板が見える「N-ライフスタイルモテル」へ投宿です。前にも書いたように、あまり来たことのない街ですので、一番背の高い、夜でも看板のネオンが目立つであろうモテルを選んだのです。

 韓国、どこの街も同じように見えてしまうという話もありますが、それってたぶん、ハングルが読めないせいだと思います。食堂なら食堂なりに、その土地の流行の表示がありますし、刺身屋とかであれば、東海岸だと「ムルフェ」とか、「カジャミシッケ」だの、そんな表示が目につきます。毎回同じこと言ってすみませんが、韓国を自由に、そして楽しく歩くには、やはりハングルの読みは必須でしょう。

 2枚目、「オウドン」という店です。「うどん」に丁寧語の「お」をつけたみたいな言葉ですが、韓国の歴史に残る稀代の悪女の名前だとか。映画「ボス上陸作戦」で、ルームサロンのホステスさんの源氏名で出てきて以来、知った名前。「おうどん」ってどういう意味?と思って検索したのです。こういう団欒酒店とかよりも、どちらかと言えば花馬車(コンマチャ)というのかな?「洋酒・焼酎」と入り口に書かれた小さな、たぶんHな店の名前なんかによくあります。

 なかなか一人で飲める店が無い韓国ですので、夕食を取った店か、せいぜいポジャンマチャで一杯、後は宿の部屋でテレビを見ながらという私ですが、韓国の飲み屋、行ってみたい気持ちは充分あります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2882 忠正路からソウル駅へ2

138 139 140 141 142 143

 1枚目、ミドン初等学校の校門脇で、左手のフェンスが京義線です。1本1本、路地をのぞきながら西大門公園、塩川橋、ソウル駅方面へ歩きました。この先に、少し前に紹介した高架道路下の大きな踏切があります。ソウルもまだまだ面白い場所があるのだろうな、なんて思いながら暑い朝の道を歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記374 これってシャモ?

008

 自転車であれ、歩きであれ、ゆっくりの移動はいろんなものが目に入ります。これ、先日の高校野球県大会で新発田市の五十公野野球場へ行った時の帰りの写真ですが、草むらにこんなのがいました。後ろはすぐ、鳥小屋のような低い建物でしたので、そこから逃げ出したのでしょうか?とにかくびっくり。でも、ポケットからデジカメを取り出して、そぅっとシャッターを切りました。

 猫とか犬、いたちやタヌキにやられはしないか、ちょっと心配ですが、もともとケンカのために品種改良された威勢のいい鶏ですので、大丈夫なのかな?シャモの雌はすごく美味しいと聞いているけど、こいつはやっぱりオスだよなぁ、、、なんて思いながら暑い田舎道を新発田駅の方へ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

とうちゃんの自転車日記373 技工をやっています

001 009

 今日は午後から仕事の日。でも、技工があるので早く出てきています。暑いですね、ホント。東京や名古屋ほどではないのですが、毎日暑くて大変なのはいっしょです。昨日今日はちょっと曇りがちで少しは楽ですがたくさん汗をかいています。エアコンは快適ですし、医院では患者さんのためにも必要ですが、家では私はあまり使っていません。熱中症になっては困るけど暑い季節はそれなりに汗をかいたほうが、なんか身体にもいいような気がします。ということで毎日自転車通勤、休みにも自転車に乗っています。

 1枚目は19日の休みの朝の信濃川河畔、やすらぎ堤というところ。友人と6時の待ち合わせで自転車に乗ったときのもの。なかなかきれいな新潟市の風景の一つです。

 2枚目は22日だったかな?家から街へ行くときに通った道。信号待ちでしょうかDE10が引く貨物列車が保険医会の事務所のあたりで停車していました。ラッキー!と思っての1枚です。後方の高架は新幹線の車両基地への引き込み線です。

 わが新潟駅、在来線の信越線の上りは東向きに出発して沼垂小学校のあたりで右へ90度曲がり、このあたりを右手へ、新津方向へ向かいます。逆に新幹線の上りは新潟駅から西へと走り出すのが前は何だか不思議でした。効率を考えれば東京は南南西方向、やはり新幹線のが近道を行きます。でも、最近、「一番近い道が一番いい道とは限らない」って思うようになりました。人生、いろいろあるから面白いんですよね。

 さて、石膏も固まったとおもいますので仕事に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2881 忠正路からソウル駅方面へ

132 133 134 135 136 137

 2779の写真、モハ52型さん、正解です。忠正路から西大門駅を経てキョンヒ宮公園、世宗路サゴリから鍾路へ至る道です。線路の周囲にすこしだけ古い町が残っているあたり、歩いてみたかったのです。

 今回はその続き。最近どんどん撤去されてソウルでは少なくなった歩道橋(韓国語では陸橋と言います)の上からの写真で始まりますが、1枚目は忠正路方向、アヒョンの高架のほう。2枚目は西大門駅交差点のほうです。鍾路から麻浦へ向かう、昔からの大事な道だったのだと思います。

 歩道橋を渡り、戻るようにして線路沿いの道へ。ミドン初等学校という小学校のそば、緑のおばさんみたいに、お母さんが当番制で交通安全の運動をやっているようです。ちょうどこの訪問のとき、「初等学校へ誰でも勝手に入れるような状態を改善し、子供たちの安全をはかる」だのいうニュースが盛んに流されていました。日本もいろんな事件があって、、関西の事件が最初かな?最近は勝手に学校に入れなくなりましたが、韓国もかぁ、という所です。学校教育、確かに子供たちの安全は大事ですが、地域と完全に切り離すというのはどうも、、、って感じます。困った世の中になってきたものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2880 乙支路4街あたり

548 549 550 551

 ここも普通の韓国、普通のソウルです。印刷関係、家具内装関係、照明関係、水回り、電気部品、小さな鉄工所だのが集まる街です。日本語は通じませんが日本語付きのサービスで観光客からお金を儲けようという姿勢は皆無。みな自分の仕事に一生懸命、そんな場所を歩くのも私には楽しいんですよね。ハングルが読めると旅行が数倍楽しくなると何度も書いていますが、普通の町歩き、きまりきった観光食堂めぐり、市場や免税店での買い物などに飽きたら、始めてみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年7月25日 (日)

普通の韓国を探して2879 韓国・ソウル・普通の街

122 123 124 125 126 127 130 131

 一部の空港バスの通る道ですのでこの景色、ご覧になったことがある方は多いかもしれませんが、歩いた人はたぶんすごく少ない、そんなソウルの普通の街です。6,7枚目の線路が大きなヒントになります。どこだかわかりますか?

 本日は休みの日曜、午前中は自転車です。もう5時半から乗っていますが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記372 ジョイフル三ノ輪って楽しい

028 029 030 031

 東京横浜出張の空き時間、ちょっと都電荒川線に乗ってみました。唯一残る都電ですので有名ですし、あちこちで記事があると思いますが、私は初めて。まずは終点の三ノ輪橋へ行ってみました。都電の終点につながるように(3枚目のあたりが駅につながる起点)、ジョイフル三ノ輪と言うアーケードの商店街があります。お昼前の時間でしたがけっこう賑わっていました。

 日本でも韓国でも昔からの商店街の衰退がいわれていますが、ここはまだまだがんばっているふう。かなりの人出です。ちょっと歩いてからここ、少し前にテレビで見たのを思い出しました。「都バスで飛ばすぜい」というゲグメン3人があちこちの普通の町を旅する番組、ご存知の方も多いかと思います。それに出てきた注文を受けてから包むという餃子専門店と、小さなてんぷらと総菜の店で気づいたのです。後者は4枚目に幟が見えていますが東京では珍しい紅ショウガのてんぷらで有名な店です。早速買ってお土産にしましたが、細切りの紅ショウガと香ばしい衣がとても良く合い、大変美味しい酒の肴になりました。

 関西では大きいまま、薄切りにしたのを見たことがありますが、ここのはかき揚げ。てんぷらの味の半分は衣だと思いますのでこちらのがなんだか美味しいのではないかって思います。今思い出しても食べたくなる、そんな素朴な美味しさでした。餃子は残念ながら買えませんでしたが、この後は都電で王子に出てお昼を食べ、もうひとつ東京で行きたかった街を歩いて新潟へ戻りました。そっちの記事も近日中にアップします。東京に残された歴史の町です。お楽しみに。032

 と、ここまで打って思いだしました。それが5枚目。商店街の途中にあった公園です。まだまだ元気とはいえ、やはり空き店舗とか空き地も少しだけあります。自転車の多いこと、中高年の多いことから、なんだか前にここで紹介した大阪の鶴見橋商店街に似ていなくもありません。あちらで出てきたアーケード途中の公園と、このジョイフル三ノ輪の公園、雰囲気が似ています。「公園で酒を飲んじゃダメ」と書いていないのがちょっとだけ東京がお上品なところかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月18日 - 2010年7月24日 | トップページ | 2010年8月1日 - 2010年8月7日 »