« 2010年9月12日 - 2010年9月18日 | トップページ | 2010年9月26日 - 2010年10月2日 »

2010年9月25日 (土)

普通の韓国を探して2962 ミアサムゴリ4・ソウルの普通の町

067 068 069 070

 ミアサムゴリ駅の西側の市場、北から入って、中での撮影は遠慮して、南側の出口から出ました。駅側は東口、少し前の写真は東です。1枚目は、北側のあたり、2~4枚目は南側の市場周辺です。この辺で大昔、タッカンマリナラヌ、タッ半(パン)マリを食ったり、食いきれないアクチムを食ったりしました。江南や旧市内中心部に比べると何でも安い庶民的な街です。もっとも、日本語が通じない、観光客はあまり行かない街でもあります。

 4枚目はふぐ料理の店の看板です。前にもここで紹介しましたが、フグの店の看板のフグの絵、韓国ではなぜかみなこれです。特徴を残してデフォルメされてはいますが、なんか面白いなって感じる共通する絵です。

 今日明日は多忙。来週、学会出張で長く休みますのでそのしわ寄せでもあります。それではまた。よい週末をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2961 楽園商街から仁寺洞へ

358 359 360 361 362

 鍾路3街(5号線)駅のそばのキムパプ天国へ朝飯を食いに行った時の帰り道になります。ソウル旧市街も乙支路入口駅、鍾閣駅あたり、表通りは大きなビルばかりになりつつあります。再開発再開発、どうも古いソウルが好きな者にとってはあまり面白くありませんので、裏道を抜けて歩くことが多くなりますね。

 地下市場の入り口脇から楽園商街下を横断歩道で渡り、ちょっとだけ古い食堂なんかがある道で仁寺洞へ。忘れられたような感じで、7,8年前に流行ったチムタクのチェーン店が残っていました。前にも書いたとおりハルサメがあまり好きじゃないので好みではない料理でした。同じ理由でチャプチェも苦手な私です。

 4枚目は早朝の仁寺洞。静かなもんです。そして最後は、寛勲洞あたりのビルの1Fに刺繍の店の看板。ちょっと入ってみましたが出来合いのものはお土産品クラスのものでした。昼間は観光客だらけの町である仁寺洞があまり好きでないのは「本物の店」も少しはあるけど、大部分は観光客向けのお土産屋ばかりだってのが理由です。もっとも、本物を買う資金は無い私ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

普通の韓国を探して2960 ミアサムゴリ3・ソウルの普通の町

063 064 065 066

 1,2枚目は議政府街道の東側、3、4枚目は西の市場のある側です。飲食店がたくさん。そんなごちゃごちゃした町の一部をつぶしてロッテデパートができました。地下2階まで売り場があり、駐車場はさらにもっと深い地下です。東京もそうなのかもしれませんが、土地の利用、しつくされてる感じです。地方に住む者には考えられないですね。

 3枚目は市場の脇の道。横断幕の広告、「宝石プル(火)ガマサウナ」というのは汗蒸幕というやつでしょうか?

 4枚目は食堂の前に積まれたプラスティック製の椅子。これもソウルならではの風景の一つと言えます。たいていビール会社の名前が入っています。暑い時期には食堂、焼肉屋、コンビニ、クモンカゲ(シュポ、スーパー)の前には大抵あって、夜になるとサラリーマンや地元の人が道路上でビールをやっていたりします。そんなのもソウルの中心部ではない街の風物詩かもしれません。かなり遅くまで子供が遊んでいたりもするんですよね。そういう周りで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2959 江原道原州駅前から市場へ

070 071 072 073 074

 原州駅前、左右に走る大通りがあり、そこを渡るとすぐにまた並行する大通りがあります。その向こうは小高い丘のようになっていて、小さな市場があるんですが、その辺の写真です。

 1、2枚目が最初の駅前の道、左の中心部方向、2枚目は1軍団とか旧市街バスターミナル、モテル村のほう。3枚目は一つ向こうの大通りの横断歩道のあたりです。

 で、4枚目がその小さな市場なのですが、ここ、普通の店と一緒に女性の店が混じっているのです。最初に行った時はびっくりしました。昼間ですのでソウル辺りとは違い、ひっそり。前に来たのは10年くらいも前ですのでなくなってるかな?と思いきや、まだ営業はしているようです。軍隊があるから需要があるのかな?とも思いますがあっけらかんとした韓国らしい風景、夜になれば見ることができるのでしょう。5枚目はその市場を抜けるあたり。脇道にも女性の店があり、青少年通行禁止区域の表示がありました。市場の通りにもそういう店はあるのですが、そっちはいいのかな?なんても思いました。

 前にも書いたようにソウルから適当な距離にあるためか南側への市街地の発展が目覚ましい原州ですが、旧市街、昔のまま変わっていな感じでした。この後、路地を歩き、大学方面、中央市場を歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

普通の韓国を探して2958 ミッパンチャン(無料のおかず)はありがたい

20100908_104

 写真は最近2回連続で訪問している清涼里の店のユッケのおまけ、レバ刺しとセンマイ刺し(こちらは加熱済み)です。1人客でしたので量は少な目でしたが、全部食べて頼めばおかわり(リピル=refill)をもらえるはずです。日本だとへたすりゃレバ刺しだけで800円だのかかるおかずが無料。もちろん、このほかにもいくつか野菜系のおかずが出ますので、ほんとうに韓国、ありがたいです。

 Wと円のレートにより、普通の食事の金額、たとえば5000Wが、750円になったり380円になったりしますけど、普通のペクパンとかテンジャンの5000Wという価格もおかずのことを考えれば上記の750円だったとしても安いものです。

 こういう価格差、野菜の価格の差が一番の要因ではないかと考えています。日本だと規格に合わない野菜は市場に出せなかったりで、自家消費、もしくは近隣に配る、でなけりゃ漬物用にだの、、、韓国、たぶん形が多少小さいだの大きいだの、曲がってるだの傷があるだの、そんなのも安く利用されてるのではないかと思うのですよ。ここ数年、包装(出荷時の)に関しては厳しくなったと聞いていますが、形が悪いものでも味が変わらなければ安く流通する、そんな部分、韓国の美点だと思います。

 肉で始まり、野菜の話になってしまいましたが、とにかく韓国の「食」、我々日本人が学ぶべき点、まだまだたくさんあります。私も科学者の視点でこれからもずっとこの研究を続けたいと考えています。

 余談になりますが最近ホルモンブーム。そんな店で「レバ刺し」ならぬ「レバたたき」というメニューがしばしば目につきます。これ、「安全レバ刺しモドキ」とも言える刺身ならぬ「料理」なのですが、食中毒を出す危険性を避けるための苦し紛れのメニューなんだと思います。

 屠殺、解体の時に内臓を分ける際、どうしても最初に消化管、すなわち口腔から食道、胃、腸、そんなのと一緒にレバも取り出されるため、腸管の内容物(=細菌だらけ)に触れる可能性が多々あり、それにより、カンピロバクターだの、病原性大腸菌だのに汚染されるのです。ですので、加熱しない刺身は、食中毒の危険性、どうしても付きまといます。

 でも、汚染されたかもしれないレバーでも表面だけ加熱して病原体をやっつければ、中は汚染されていないはず→レバたたきの誕生というわけです。 しかし一部のサイトには消化管と繋がっている胆管経由での汚染も考えられるなんて話もあります。まぁ、各自自己責任で食えばいいでしょう。新鮮なレバ刺し、美味しいですからね。甘くて、濃厚な何とも言えない味。そのまま瞬時に元気に変わる栄養、そんな気がします。

 アップしてから気づきました。ちょっとフォーカスが甘かったです。恥ずかしい。どうかご勘弁願います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

2010年9月22日 雨模様の水曜日です

357

 休みですが、あいにくの雨で、やっと涼しくなってきたのに自転車に乗れません。結局車でスーパー銭湯へと相成りました。

 上の写真、どこだかわかりますか?いろいろ看板の文字があるから明らかなヒントがあるかもしれません(今は小さくて読めません)。普通の観光には役に立たない我がブログですが、逆に言えばほとんどだれも見たことが無い写真が多いとも受け取れます。ガイドブックや普通の観光旅行の報告サイトにあるような名所、繁華街、市場、そんないくらでも見ることができる写真じゃないのがいい所だと思っています。見に来てくれた皆さまには感謝感謝というところです。

 変な自慢になってしまいましたが、先日一気に読んだ本にいいことが書いてありました。自戒の意味も込めて紹介させていただきます。新宿鮫の9番目、大沢在昌さんの名作シリーズの最新作の中での主人公とも言えそうな中国人の美人、でも、悪い側の人の言葉です。今手元に無いので、大体の話になってしまいますが、

「私はあまり話す人を信用しない。自分の力やお金のことを話す人は、たとえそれが本当であったとしても信用できない。」

 とまぁ、そんな言葉です。男でも女でも、中途半端な人間、ついついそういうこと、また、物やなんかを自慢してしまう傾向、あるでしょう?私の場合は韓国のこと、韓国に関する話や経験ですが、ついつい自慢げに書いてしまうこともあるなぁ、って思っています。注意しないといけません。

 さて、準備をして、出かけます。夜は国際情報大学の公開講座の最終回。自分で作って覚えたスピーチの発表会の準備もしないといけません。いくつかネタをメモしてあるにはあるのですが、いざちゃんとした文章を綴ろうとすると、自分の力の無さを感じます。草韓国語の限界を感じてる今日この頃です。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

普通の韓国を探して2957 ルームサロンのごみ

4351

 江陵のとこで紹介したルームサロン(ビジネスルーム)「テンプロ」の店の前のゴミ、洋酒(ヤンジュ=韓国ではあまりウィスキーと言わず、洋酒という言葉をよく使います)の空きビンです。バランタインと、国産のウィンザーかスコッチブルーというのが基本という感じ(今は写真が小さくて見えない)ですが、やはり高級な酒という認識なのでしょう。でも、飲み屋だと人数分出てくるんですよね。日本人目当ての中途半端な駐在員用、観光客用の店では知りませんけど。

 大昔、延世大の先生と新沙洞にある矯正歯科のオフィスを見学した後で、連れて行ってもらった店、ノニョン洞の割合静かな街にあったビルの中の店でしたが、やはり人数分のバランタインが並びます。客の数だけホステスさんがいなかったし、個室ではないのでルームサロンではないのでしょうが、電子オルガンとコンピュータを駆使して何でも伴奏してくれる先生ニムはいました。江南あたり、事情がわかれば高いけれどホステスさん相手に飲めるルームサロンとか歌謡酒店ではない店があるようです。でも、計算は相当高いのだと、後日会った時に延大の先生に聞きました。

 「明日は誰にでもあるんじゃ~い!」という胃薬の宣伝が昔ありましたけど、「酒は酔っ払うためにある」というのが韓国です。ウォンショッ(1ショット=一気飲み)とか、グラスを使ったゲームのような爆弾酒の造り方、、、

 昨日当地では第1回の放映だった韓国ドラマ「華麗なる遺産(初回から荒唐無稽すぎるけどキムミスクとハンヒョジュは好きです)でも、そんなシーン、そして、計算は6~7人で390万Wというお話でした。まだまだ韓国では酒の勉強が足りない私です。あまりする気もありませんけどね。

 余談ですが、月初めの訪問の帰り、古町の行きつけのバーの御主人に話のタネとして、スコッチブルーの12年というのを買ってきました。ちょっと飲ませてもらいましたが箱も瓶もなんだかバランタイン17年のレプリカのような感じ。味は、、、昔の日本国産ブレンドウィスキーの特級という感じ。やはりバランの17年のが美味しかったです。

 明日は天気を見てですが、どこか出かけたいと考えています。もうすぐ上がり、ちょっと嬉しい気分の休み前です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記394 ひまわり日記

001 004 006 008 010 011 012 013 016

 医院の20周年記念で配ったヒマワリの種、ちゃんと発芽するかどうか事前に医院でテストしました。3つくらい脱脂綿の上に置いて水を切らさぬようにして、、、寒い時期でしたが無事発芽。でも、そこで捨ててしまうのもしのびないので一番元気そうなのを家にあったあり合わせの鉢に移植、北向きの窓の所に置いて育てました。4枚目のように危ない時期もありましたが、なんとか回復。さすがに栄養不足なのか花はちょっとしょぼいものでしたがちゃんと咲いてくれました。医院HPに報告しましたが、キレイに咲いたという嬉しい話も聞き、ほっとしています。

1 2月25日

2 3月2日

3 3月17日

4 3月19日

5 3月31日

6 4月9日

7 4月28日

8 5月10日

9 5月15日

 本日は休みの谷間、暇です。そういえば韓国も21,22,23と秋夕休み。週末をつなげて外国旅行される方も多いはず。私みたいに観光地でもない場所を一人で歩いて、なんて人もきっといるはずです。空港へ行ってみるかなぁ??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2956 1年前の清涼里

428 429 430 431 432 433 434 435

 1枚目の写真でおわかりのように、ちょっと前の清涼里です。同じ場所から同じアングルで同じレンズで、ソウルの定点観測をすると面白いだろうなと思います(栗原景さんが名洞でやっておられます)。

 駅前のロータリーとバス換乗(乗り換え)センターの写真ですが、気持ちよく晴れた冬の日の写真、そのままでもきれいでしょう?5枚目のビルの壁面のカーブでここがロータリーになっているのがわかります。

 次回の韓国出張は11月の学会大会。すでに飛行機の予約が難しい日もあったりですが、少し予定を変えて予約出来ました。宿の予約はまだですがそっちももたもたしてると無くなりそう。やはり秋が韓国の一番いい季節なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2955 ミアサムゴリ2・ソウルの普通の町

057 058 059 060 061 062

 ミアサムゴリの続きです。1枚目は横断歩道を東に渡ったところから西側、市場のある側の写真。残りは大通り東側の飲食店の多い街の写真です。最後はまた大通りに出たところかな?ロッテの裏の方をぐるっと回った感じになりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

普通の韓国を探して2954 彌阿サムゴリ(ミア三叉路)・ソウルの普通の町

20100908_054 20100908_055 20100908_056 20100908_057

 2000年代に入り韓国ブーム、いわゆる「韓流」がおき、韓国を訪問する日本人が激増しました。このため、市内中心部のホテルだけでは収容しきれず、離れた場所の安いホテルにも観光客が送り込まれ、観光掲示板などでは、いろいろ不評が見られる状態になりました。シティパレス、今はない田豊、東大門のサムホ、中心部ではありますがセントラル、そしてここ、ミアサムゴリのビクトリアホテルなんかもそのクチでした。3回泊まっていると思いますが、古いのは否定できませんし、ナイトもあってうるさいとかもあるかも。でも、私にはケンチャナヨ。なんか、ここ、ミアサムゴリ、好きな街なんです。

 4号線の駅の真上が幹線バス(ブルーバス)の島式停留所です。1枚目は議政府方向、そして2枚目は左手、古い市場のある方向、その入り口が見えます。3枚目はまたもバス停、この辺、議政府方面、牛耳洞方面へのバス、頻繁に走る大通りです。

 島式停留所の端にある横断歩道で待ちながらさて、どっちへ渡って街を歩こうか考え、結局右へ。旧来の飲食店街、それとマウルボスの発着所、ビクトリアホテル、ロッテ百貨店ミア店のある側へ行くことに決めました。4枚目がそっち側の写真です。ずっと飲食店が並ぶ、夜になるとにぎやかな通りの入り口です。

 前は新世界があったけど小さめで今はなくなりましたが、キルム駅方向へちょっと言った場所に大きめの現代デパートがかなり前にできました。さらに、少し前に上記のロッテデパートも開店。ソウル東北部ではノウォン駅周辺、スユ駅周辺のスユリとともに、大きな繁華街と言えるのがここ、ミアサムゴリです。

 追加ですが3枚目左手向こうに見える大きな建物がロッテのミア店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2953 延世大学校原州キャンパス

090 091 092 093

 江原道の「江」は江陵、「原」はここ原州。だのに道庁はどちらでもない春川にあります。陸軍第1軍団のある原州は駅から軍部隊への引き込み線もあるみたいだし、ちょっと郊外、特に横城、洪川方面へ向かう北側の道路沿いにはいくつもの部隊が配置されており、車窓風景なども撮影できない場所が多い感じです。また、地図には載っていませんし、済州便がわずかに飛んでいるだけの原州横城空港も来たの郊外、峠のたいらになった部分にあります。

 反面、ソウルから割合近いせいか、町の南側には新しいアパート群がどんどん建っており、人口増加、発展が目立つ地方都市の一つです。旧来の町中は案外狭い範囲。前にも泊まって歩いてみたのでその範囲では大体地理をつかんでる、そんなです。4枚の写真はその旧来の繁華街の南、小高い丘にある延大の原州キャンパス。かなりの規模の病院があるので、医科大学はあるのでしょうが、他に何学部があるのか、ちょっとわかりません。

 駅から市場、市場裏手の路地、また大通りに戻って中心部の十字路、そして、この延世大学校、また大通りに戻って中央市場を見物した後、タクシーで新しいターミナル(少し前に紹介済み)へ向かいました。

 本日も休診、ちょっと雑用、買い物で出てきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

普通の韓国を探して2952 江南高速バスターミナル

20100908_043 20100908_044 20100908_045

 私の場合、どっちかっていえば地方旅の半分は全羅道方面。それも行きは汽車か飛行機で、ソウルへの帰りがバスってのが多かったため、嶺東、湖南線ターミナルの利用が多かったんです。昔の全羅道差別のシンボルと言われたぼろっちいターミナルの時代、新しくセントラルシティができて、きれいになった時代、両方見ていますが、とにかく、こっちの京釜線のターミナル、あまり利用したことがありません。最近は東ソウルの利用も多かったし、、、思い出してみると3年ほど前の冬に馬山行き深夜優等高速に乗った時以来でした。

 ガイドブックにもしばしば掲載される三角形の大きなターミナルの建物。さすがに老朽化が目立つ感じです。新しいセントラルシティのが今は完全にきれいだし、マリオットホテルに巨大な新世界デパート、時代は変わる、って感じを受けました。

 降車場で降りて、たいていはまずトイレへ行って歩き出すのですが、3枚目、広い歩道も人影が少な目。午前の早めの時間だったからでしょうか??でも、ここから地下鉄へ降りる地下商街もなんだか改装中とか空きの店も多く、暗くて天井も低い感じです。そろそろ大改修の時期も近いかもしれません。

 韓国の地方交通の主役はバスです。広さでは光州の総合ターミナルでしょうが、発着台数ではまだここかな?移転は難しいでしょうけど、営業しながらの工事とか、できるのかなぁ???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年9月12日 - 2010年9月18日 | トップページ | 2010年9月26日 - 2010年10月2日 »